プーチン大統領が、北朝鮮と「西側の統制受けない決済システムを発展させる」と声明





24年ぶり訪朝のプーチン氏 北と「西側の統制受けない決済システム発展させる」

聯合ニュース 2024/06/18

ロシアのプーチン大統領は18日、24年ぶりの北朝鮮訪問を前に朝鮮労働党機関紙、労働新聞に寄稿した文章で「われわれは共同の努力で相互協力をさらに高い水準へと引き上げることになるだろう」と述べ、北朝鮮と「西側の統制を受けない貿易と相互決済システムを発展させ、一方的かつ非合法的な制限措置に共同で反対する」と明らかにした。朝鮮中央通信が報じた。

国際社会の金融制裁を受けるロシアと北朝鮮が、米国中心の国際金融システムと基軸通貨であるドルの影響を受けないよう、独自の貿易・決済システムを構築するという意味とみられる。

またプーチン氏は、北朝鮮を今後も変わらず支持するとして「国際関係をより民主主義的で安定的な関係にするために、密接に協力する用意がある」と強調した。

そのために

▼ユーラシアにおける平等で不可分的な安全構造の建設

▼人道主義的な協力発展

▼ロ朝の高等教育機関間の科学活動活性化

▼相互の観光旅行、文化・教育、青年、スポーツ交流の活性化― 

も計画していると説明した。

このような内容は、プーチン氏と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が署名すると予想される「包括的戦略パートナー協定」に盛り込まれる見通しだ。

プーチン氏はまた、ロシアのウクライナ侵攻を固く支持し、国連など国際舞台で共同の路線を歩む北朝鮮に謝意を表明。ロシアも北朝鮮の側に立つという意志も示した。

プーチン氏は18日から1泊2日の日程で北朝鮮を国賓訪問する。同日夕刻に平壌に到着する予定。