「食糧」カテゴリーアーカイブ

インド首都圏の気温がついに観測史上経験したことのない 52.3℃を記録

(前日の記事)インドの首都デリーで観測史上最高気温となる 49.9℃を記録
BDW 2024年5月29日





北インドで猛暑、ニューデリーで史上最高気温52.3度を記録

aljazeera.com 2024/05/29

New Delhi records highest-ever temperature of 52.3C as north India swelters

インド政府気象局によると、北インドの人々は数週間にわたる容赦ない熱波に苦しんでおり、首都の気温はインドの観測史上最高の 52.3度に達した。

インド気象局は「深刻な熱波」を報告した。5月29日の午後にニューデリー郊外ムンゲシュプールで過去最高気温を記録し、ラジャスタン州の砂漠におけるこれまでの国内記録を 1度以上も上回った。

ラージャスターン州のファロディ町は、2016年に気温 51度を記録し、これまでの最高気温記録を保持していた。

インドでは気温が 45度を超えると熱波が宣言される。

厳しい天候のため、いくつかの都市では学校が休校となり、屋外で働く人々の熱中症の危険が高まっている。また、猛暑は 6週間にわたる総選挙と重なり、人々が投票のために長い列に並ぶことで健康リスクが高まっている。投票は土曜日に終了する。

焼けつくような暑さは動物たちにも大きな負担をかけており、脱水症状や熱中症の危険にさらされている。ラジャスタン州ビーカーネール市の動物保護活動家シタラム氏は、絶滅危惧種のインドガゼルが水不足に直面していると語った。

4月、5月、6月は、モンスーンの雨が降って気温が下がる前の、インドのほとんどの地域で暑い時期ではある。しかし、この 10年間で温暖な気候がさらに激しくなり、深刻な水不足を伴うことが多く、猛暑は急速にインドにおける公衆衛生上の危機になりつつある。

インドの人口 14億人のうち数千万人が水道水を利用できない。首都があまりにも激しい暑さに見舞われているため、ニューデリー当局も水不足の恐れがあると警告し、一部地域への給水を停止している。




日本企業が開発した「ゲノム編集トマト」がフィリピンで承認

食べ物のゲノム編集は最終的に人体に良くないことを以前、以下の記事で書きました。どの程度良くないのかまではわかりませんが、まあ、ガンは増えます。

(記事)遺伝子編集を発端としたヒトを含めたあらゆる生物種の完全な絶滅への道筋が見えてしまった
In Deep 2021年9月29日





ゲノム編集高GABAトマト フィリピン農務省植物産業局のプロセスを完了

sanatech-seed.com 2024/05/24

サナテックシード株式会社(現・サナテックライフサイエンス株式会社)のゲノム編集高 GABA トマトは、フィリピン植物産業局により、JDC1(遺伝子組換え植物およびその植物製品の規制方針を定めた通達)の規制の対象とならないことが確認されました。

この手続きは、フィリピン農務省の Memorandum Circular No. 08 Series of 2022(新たな植物育種技術を評価するための規則と手順を規定する通達)に則って進められたもので、これにより、弊社のゲノム編集高 GABA トマトが植物有害リスクをもたないこと、外来遺伝子が組み込まれていないことが確認されました。

ゲノム編集技術を使用した植物がフィリピンで規制対象から除外されたケースは、褐変抑制バナナに続く2例目で、日本企業が開発したものとしてはこれが初めてとなります。




インドの首都デリーで観測史上最高気温となる 49.9℃を記録

インド人もびっくりですね。…それにしても、ここまで気温が上がると、農作とかへの影響はどうなんですかね。





デリーの熱波:デリー首都圏で摂氏49.9度を記録、史上最高気温に

businesstoday.in 2024/05/28

Delhi heatwave: Delhi-NCR records 49.9 degrees Celsius, hits all-time high temperature

5月28日のデリーで、デリー首都圏の気温が摂氏 49.9度に達し、史上最高気温を記録した。

最高気温を記録したのは 3つの地域で、ムンゲシュプールが平年より 8度高い摂氏 49.9度、ナジャフガルが平年より 8度高い摂氏 49.8度、ナレラが摂氏 49.9度だった。

これらの地域はすべて、ここ数日、厳しい熱波に見舞われている。過去 100年間のデリーの最高気温記録は、2022年5月15日~ 16日に観測された摂氏 49.2度である。

インドの首都は、過去 3日間にわたり猛暑が続いており、28日には非常事態警報が発令された。

ピタンプラとプサの最高気温は 48.5度に達し、ジャファルプルでは 48.6度を記録した。サフダルジャン、パラム、チョー、リッジ、アヤナガルでも気温は 45度から 48度に及んだ。

パラワット氏は、気温は46度または46.5度まで上がり、47度に達する可能性もあるが、首都の標準気温を測定するサフダルジャンのような標準観測所では49度には達しないだろうと付け加えた。

気象予報士たちによると、熱波は今後数日間続くと予想される。デリーの一部は特に、この熱風の早期到来の影響を受けやすく、すでに厳しい天候がさらに悪化する見込みだ。




「暖冬で梅が不作 取引価格も1.6倍に」という報道

 

これは、佐賀県の報道ですが、和歌山でも、今年の収穫は例年の半分だったことが報じられています。

1年か2年に一度くらい梅酒と梅干しを作るのですが、今年は高くつきそうです。





「収穫量は3分の1 今年は全くダメだった」暖冬で梅が不作 取引価格も1.6倍に

RKB毎日放送 2024/05/21


梅は冬に5度以下の気温に700~800時間さらされると、花を咲かす。

伝統的な保存食「梅干し」。これからの季節、熱中症予防にもなります。その原料となる梅の実が今年、記録的な不作となっていて、価格が高騰しています。

ここは、佐賀県伊万里市の伊万里梅園です。シーズンには約6500本の梅の花が咲き誇る西日本最大級の農園です。

梅は2月に花が咲き、実をつけながら、成長していきます。今年は5月から収穫が始まりました。

こちらで栽培している梅は3種類。カリカリ梅になる小梅、梅酒などに使われる古城、そして、肉厚の梅干しになる南高です。

梅農家・木須治紀さん
「小梅の収穫量は去年と比べて3分の1。今年はダメ全くダメだった。消毒する時に見てまわったら、実がなってないところは全くなってない」

不作の最大の原因は暖冬です。

梅は冬に5度以下の気温に700~800時間さらされると、花を咲かせます。

しかし、今年は暖冬の影響でうまく成長することが出来ず、メシベが短かったりなくなったりするなど、花が思うように咲きませんでした。そのため、梅の実ができず不作になってしまったということです。

 

1キロ500円→800円に

伊万里市のJAが取り扱う梅は年間約300トン。しかし今年は150トンから200トンと半分近くにまで減る見込みです。

流通が始まった小梅の価格は、1キロ約800円。去年は1キロ500円でした。1.6倍に高騰しています。

古城や南高も含め、全ての品種の価格がほぼ同じ上げ幅になるということです。

JA伊万里・営農畜産部 中島勝博さん
「量が少なければ値段が上がることになる。ただ半分しかとれなくて倍の値段で売れることにはならないので、単価は高いが例年の販売高にはならないと思う」

 

全国シェア6割の和歌山県も

全国の梅の生産量の6割を占める和歌山県も記録的な不作にみまわれています。

不作の原因は、暖冬と3月にひょうが降り傷がついてしまったこと。JA紀南によると、今年の生産量は平年に比べ、小梅54%、古城49%、南高62%になる見通しです。

価格への影響について、JA紀南の担当者は、「梅は保存がきき、各メーカーで在庫を抱えているため、その量次第。早ければ来年、値上げの可能性もある」と話しています。

この冬は1989年の統計開始以来、平均気温が2番目に高い暖冬でした。

こうした暖冬が今後も続けば作物への影響はさらに広がるかもしれません。




「日本のリンゴ生産量が過去最低」という日本農業新聞の記事





リンゴ生産量が過去最低 23年産 凍霜、高温響き18%減

日本農業新聞 2024/05/19

2023年産のリンゴ生産量が前年比18%減の60万3800トンとなり、過去最低となったことが農水省の作物統計で分かった。高齢化や担い手不足で栽培面積の減少に歯止めがかからない上、春先の凍霜害と夏場の高温などの影響で不作だった。担い手確保や夏場の高温対策が急務であることが改めて浮き彫りになっている。

今回公表した作物統計では、23年産のリンゴ、ミカンそれぞれについて、結果樹面積、生産量、出荷量をまとめた。

リンゴの生産量は60万トン割れ目前となり、データのある1973年以降最低。出荷量も同18%減の54万8400トンで過去最低だった。生産量と出荷量の前年からの減少幅は、ともに凍霜害が深刻だった21年産の減少幅(13%減)を上回る。

春先の開花期に発生した凍霜害による着果数の減少や、果実肥大期に当たる夏場の高温・少雨による日焼け果の発生などが響いた。結果樹面積も同1%減の3万4600ヘクタールとなり、減少傾向が続く。

 

ミカンも減少傾向

ミカンの結果樹面積は同2%減の3万5400ヘクタールとなった。生産量は前年並みの68万1600トン、出荷量は同1%増の61万7100トン。ただ、面積減少に加えて夏場の干ばつによる小玉傾向で、一昨年と比べると生産量と出荷量はともに1割減となった。

生産量、出荷量の減少傾向で、需要に対する供給不足が続く中、ミカン、リンゴともに価格は上昇傾向にある。日農平均価格(各地区大手7卸のデータを集計)は、この10年でリンゴは3割高、露地ミカンは5割高になった。

品薄高が長引けば消費者離れも懸念される。生果に加え、果汁原料などへの仕向けも不足感があり、生産基盤の維持・強化が一層重要な課題となっている。