「戦争」カテゴリーアーカイブ

ロシアのガスプロムがイタリアへの天然ガス供給を再開

 

ロシアは、ルーブル払いを行わない国にはガス供給をしないと述べていますので、イタリアの新政権はそれを了承したということですかね。ルーブル支払いに応じているのは、EU では、これまでのところハンガリーだけです。


ロシアがEU州へのガスの流れを再開する – ガスプロム

RT 2022/10/05

Russia resumes gas flow to EU state – Gazprom

ロシアのエネルギー大手ガスプロムは、テレグラムに投稿した声明で、オーストリアを介したロシアのガスのイタリアへの供給が10月5日に再開されたと述べた。強制的な停止は、新しい規制の適用をめぐって先週末に発生した。

同社は、ガスプロムが先週末にガス配達を停止せざるを得なくなったオーストリアの法改正の中で、イタリアのバイヤーとガス販売を再開する解決策を見つけることができたと付け加えた。

「オーストリアのオペレーターは、オーストリアを介したロシアのガス供給の再開を可能にする LLC ガスプロム・エクスポート社の輸送指名を確認する準備ができているという」と述べた。

イタリアのエネルギー大手エニ社は、同社の声明で、問題が解決し、10月5日にガスの流れが再開したことを確認した。オーストリアの規制当局も、解決策が見つかったようだと述べた。

先週末、ガスプロムはエニ社に、オーストリア経由での「輸送が不可能」なため、ガスをイタリアに供給することができないと通知した。

ガスプロムは、9月末にオーストリアで導入された規制の変更により、オーストリアのオペレーターが「トランジットの指名」を確認することを拒否した結果、ガスの流れが中断されたと説明していた。

オーストリア当局との論争は、ガスプロムに EU 全体のバイヤーへのガス供給を制限することを余儀なくさせた規制および契約条項に関する一連の論争の最新のものであり、この地域のエネルギー危機をさらに悪化させている。

西側の制裁が課された後、ロシアは、罰則を支持する国のバイヤーにルーブルでロシアの天然ガスを支払うことを義務付け、拒否した国への配達を停止した。

ガスプロムはまた、ノルドストリーム1のタービンの整備に関連する技術的な問題により、ガスの供給を削減しなければならなかった。ロシアに対する制裁により、一部の機器のメンテナンスとスペアパーツの配送が妨げられたため、問題が発生した。

ノルドストリーム1 と2は、一連の海底爆発による両方のパイプラインでの漏れにより、現在運用を停止している。

ロシアの「終末の潜水艦」と呼ばれる原子力潜水艦が、核魚雷『ポセイドン』を搭載して北極海に向けて出航した模様

 

[参考記事] ロシアが構築した「世界終末核装置」。ポセイドンという名のその報復兵器の破壊力は、広島に落とされた原爆の5000倍…
In Deep 2019年2月13日


ロシア原艦が核魚雷搭載し出港、北極で兵器実験の可能性

東亜日報 2022/10/05

北大西洋条約機構(NATO)が最近、加盟国に、「『終末の日の潜水艦』と呼ばれるロシア海軍の原子力潜水艦『ベルゴロド』(K329)が、核魚雷『ポセイドン』を搭載して北極海に向けて出航した。核兵器実験の可能性がある」という情報を伝えたと、イタリア紙ラ・レプッブリカが2日、報じた。

英紙タイムズは3日、ロシア国防省の核装備担当部署の列車が先週末、ウクライナ前方に移動しているのが捉えられたと伝えた。

ウクライナ戦争で守勢に追い込まれたロシアのプーチン大統領が核兵器カードを取り出す可能性があるという懸念が強まっている。

ラ・レプッブリカやタイムズによると、NATOは、ロシアが「ポセイドン」の初の発射実験を北極海で強行する可能性を懸念している。

ポセイドンの破壊力は2Mt級で、第2次世界大戦で日本の広島に投下された原子爆弾「リトルボーイ」(15Kt級)より100倍以上強力だという。

米CNNは3日、「米政府がロシアの戦術核兵器の使用可能性など、核シナリオへの対応策を検討している」と報じた。ウクライナは、プーチン氏がロシア併合を宣言した東部ヘルソン、東部ドネツクのリーマンを奪還した。

[ロシア併合、手続き完了]という報道

 

第三次世界大戦…。


ロシア併合、手続き完了=「住民投票」発表から2週間―ウクライナ東・南部4州

時事 2022/10/04

ロシア上院は4日、ウクライナ東・南部4州の「併合条約」の批准法案を可決した。

プーチン大統領が署名して法が成立。既にサンクトペテルブルクの憲法裁判所による2日の「合憲」判断や、下院での3日の批准を済ませており、ロシア側の法的手続きがすべて完了する。国際社会の懸念は無視される格好となった。

親ロシア派がロシアによる併合に向けた「住民投票」実施を9月20日に発表して丸2週間。プーチン政権としては、あらかじめ計画したシナリオに沿ってスピード決定し、停戦交渉に応じないウクライナ側に圧力をかける狙いがあるとみられる。 

[リマン奪還 ロシアに相当な打撃]という報道

 

リマン・ショック (← それ書きたかっただけだろ)


ウクライナの軍事専門家“リマン奪還 ロシアに相当な打撃”

NHK 2022/10/04

ウクライナ軍が東部ドネツク州の要衝リマンをロシア軍から奪還したことについて、ウクライナの軍事専門家は3日、NHKのインタビューに対し「ロシア軍は重要な補給拠点を失った。さらにロシアの政治的・軍事的な指導力のイメージに相当な打撃を与えた」と分析しています。

インタビューに応じたのは、ウクライナ軍に長年在籍し、現在は軍事専門家として活動するセルヒー・ズフーレツ氏です。

ズフーレツ氏は、ロシア軍にとってリマンは「装備や兵器、それに燃料を補給し、けがをした兵士を一時的に受け入れるための重要な拠点となっていた」と指摘しました。

そのうえで、ウクライナ軍が奪還したことについて「極めて重要だ。ドネツク州のウクライナ軍兵士を南北から包囲しようとするロシア軍の計画は頓挫した」と強調しました。

一方で、ロシア側にとっては「政治的・軍事的な指導力のイメージに深刻な打撃を与えた」と分析しています。

そして、今後のウクライナ軍の動きについては「奪還したリマンから隣のルハンシク州の町へ、また、ハルキウ州からもルハンシク州の町に向かうだろう」と述べ、ウクライナ軍の攻勢が続くという見方を示しました。

また「冬になると、補給や兵器の移動が難しくなる。ウクライナ軍は秋のうちに可能なかぎりの前進を目指すだろう」と述べました。

一方、ロシアのプーチン大統領が先月30日の演説でウクライナ側に対して交渉に応じるよう呼びかけたことについては「戦闘を冬まで長引かせることで、欧米の足並みが乱れることを期待しているのだろう。しかし、期待どおりにはなっておらず、時間稼ぎには意味がない」と指摘しました。

[パイプラインのガス漏れ、最大の容疑者はロシア アメリカ高官]というCNN報道

 

こんな報道を信じる日本人が1人でもいれば、もうみんな、そういう頭になっているという話です。

> 仮にロシアが今回の爆発などに絡んでいた場合、自らが権益を持つノルドストリームのパイプライン2本の破壊工作に携わったことを意味する。

そんな馬鹿な話が世界のどこにある。

次第に、プロパガンダの知的レベルが下がってきている。記者たちへのスパイクタンパク質の影響?


パイプラインのガス漏れ、最大の容疑者はロシア 米高官

CNN 2022/10/02

ロシアから欧州に天然ガスを供給するバルト海の海底パイプライン「ノルドストリーム」で起きた不可解な爆発やガス漏れで、米政府高官と米軍当局者は2日までに、原因解明の捜査での最大の容疑者は依然、ロシアであるとの判断を示した。

巧妙な破壊工作との見方が強まっている欧州側の分析を念頭に置き、そのような工作を仕掛けられる能力を持つと疑われる相手はほかにいないとの認識に基づく。

ガス漏れが起きた海域を持つデンマークの軍当局者も「この種の行為をこなせる能力を保持し実行への関心も持つほかの利害関係者を地域内で見つけ出すのは難しい」との見解を示した。ガス漏れはスウェーデンの海域内でも発生したとされる。欧州では原因究明の捜査態勢も敷かれつつある。

ロシアはガス漏れ発生やパイプライン損傷を受け先週、国連安全保障理事会の招集を要請した。ただ、米政府高官はこの対応自体にも疑いの目を向けている。

ロシアは通常、安保理会合の開催要求をこれほど迅速に求めるほど組織立った行動を示していないとし、それだけに今回の処置は事前に準備されていたことを示唆するともみている。

仮にロシアが今回の爆発などに絡んでいた場合、自らが権益を持つノルドストリームのパイプライン2本の破壊工作に携わったことを意味する。ロシアの国営天然ガス企業「ガスプロム」はノルドストリーム1の株式の大半を、ノルドストリーム2では単独の保有権を握っている。

ただ、最新の諜報に通じる米政府当局者らは、ウクライナ支援で欧州諸国が背負う負担が大きくなるのであればロシアは今回のようなパイプライン破壊工作は相応の価値があると判断する可能性があると指摘した。

米国や西側諸国の情報機関当局者は、プーチン氏は電気代が値上がって冬場が近づけば、欧州諸国の住民はロシアを経済的に孤立させる西側の戦略に異議を唱え始めることに賭けているとの見方も示した。

米政府当局者の1人は、パイプラインの破壊工作は「ロシアにできることを見せつけている」可能性もあるとした。

この中でロシア大統領府のペスコフ報道官は、ロシアがパイプラインを狙ったとする一切の主張は「馬鹿げている」と一蹴。今回のガス漏れの「前代未聞の特徴」などを踏まえれば「テロ攻撃」の結果だった可能性にも触れた。

[ロシアに一段の経済的代償を G7外相]というロイターの記事

 

あー…本当にヨーロッパは自死するつもりだ……。

何なの、この馬鹿たち(あるいはピュアな悪意)。「G7」ということは、日本も入っているわけですかね。こんなことしてたら、ワクチン以上に死ぬぞ。


ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはNATO加盟申請

ロイター 2022/10/01

ロシアのプーチン大統領は30日、ウクライナ東・南部のルガンスク、ドネツク、へルソン、ザポロジエ4州の併合を宣言し、4州の親ロシア派代表と併合条約に署名した。戦闘がなお継続する中、ウクライナは北大西洋条約機構(NATO)に対し迅速な加盟を可能にする手続きを正式に申請すると表明

米英などが追加制裁を発表したほか、主要7カ国(G7)外相はロシアを非難する共同声明を発表した。

プーチン大統領は条約署名に先立ちクレムリンで演説し「併合は数百万の人々の意思である」と述べ、「ルガンスク、ドネツク、へルソン、ザポロジエに住む人々は永遠にわれわれの同胞となる」と表明。

「全力を尽くしてわれわれの土地を守る」と述べ、ウクライナ政府には「敵対行為を直ちに停止し、交渉のテーブルにつく」よう要求した

その後、プーチン大統領はモスクワ中心部の赤の広場で開催された併合を祝うテレビ中継のコンサートで、ロシアがウクライナにおける「軍事作戦」で勝利すると誓った。

主要7カ国(G7)外相は、ロシアによるウクライナ4州併合宣言や偽りの「住民投票」結果を決して認めず、ロシアに一段の経済的代償を負わせるとする共同声明を発表した。

米国は併合宣言を非難。ロシア中央銀行のナビウリナ総裁や議員を含む数百の個人・団体を対象とする大規模な追加制裁を発表。英国もナビウリナ中銀総裁を制裁対象に追加し、資産を凍結し渡航を禁止すると発表した。

また、NATOのストルテンベルグ事務総長は、ロシアによる最近の行動はロシア軍が2月にウクライナに侵攻して以来の「最も深刻なエスカレーション」だと述べた。

ただ、国連安全保障理事会がこの日に開いた会合で、プーチン大統領によるウクライナ4州の併合宣言を非難する決議案がロシアの拒否権行使により否決された。

こうした中、ウクライナのゼレンスキー大統領はNATOに対し迅速な加盟を可能にする手続きを正式に申請すると表明。

ロシアと「対等な関係」で共存するという考えを変えていないとし、ロシアとの交渉の用意があるとしながらも、プーチン氏ではなく「別のロシア大統領」とのみ交渉は可能との考えを示した

プーチン大統領が併合を宣言する中でも、ウクライナ東部では戦闘が続いている。ウクライナ国防省はこの日、ウクライナ軍が東部ドネツク州北部の要衝リマン北東10キロの地点にあるドロビシェベ村を制圧したと表明。ゼレンスキー大統領はリマンに言及し、ウクライナ軍が東部で「重要な成果」を上げたと述べた。

インド、中国、ブラジルが、ロシア併合を非難する国連投票を棄権

 


インド、中国、ブラジル、ロシア併合を非難する国連投票を棄権

zerohedge.com 2022/10/01

India, China, Brazil Abstain From UN Vote Condemning Russian Annexation

9月30日、ロシアは、物議を醸した国民投票に続いて、占領されたウクライナの4つの地域の併合を非難する西側の投票に拒否権を行使した。

そして、中国、インド、ブラジル、ガボンは棄権した。この動きはクレムリンから予想されていた。

ロシアの拒否権は、ウラジーミル・プーチン大統領が、ロシアが組織した国民投票に続いて侵略中に押収されたウクライナの地域をモスクワが引き継ぐと発表した数時間後に、米国とウクライナが共同で決議案を後援した後に行われた。

タリバンがロシア政府と石油製品、ガス、小麦の独占契約に署名

 


アフガニスタンのタリバンがロシアの石油製品、ガス、小麦の独占契約に署名

REUTERS 2022/09/29

Exclusive-Afghan Taliban sign deal for Russian oil products, gas and wheat

タリバンはロシアとの間で、ガソリン、ディーゼル、ガス、小麦をアフガニスタンに供給する暫定協定に調印したと、アフガニスタン商工大臣代理のハジ・ヌールディン・アジジ氏はロイターに語った。

アジジ氏は、同省は貿易相手国の多様化に取り組んでおり、ロシアはタリバン政権に対し、世界の商品価格の平均値に対する割引を提案したと述べた。

この動きは、タリバンが 1年以上前に権力の座に戻って以来、最初の主要な国際経済取引であり、世界の銀行システムから実質的に切り離されたタリバンの孤立を緩和するのに役立つ可能性がある。

タリバンを正式に認めている国は現時点では存在しない。

ロシアは公式にはタリバン政権を認めていないが、ロシア政府はカブール陥落の直前まで運動の指導者を受け入れており、ロシアの大使館はアフガニスタンの首都で業務を続けている数少ない大使館の1つだ。

アジジ氏によると、ロシアは年間約100万トンのガソリン、約100万トンのディーゼル、50万トンの液化石油ガス(LPG)、200万トンの小麦を供給する。

ロシアの国営タス通信社は、ロシア政府のアフガニスタン担当特別代表ザミール・カブロフ氏の言葉を引用し、カブールへの燃料と食料の供給に関して「予備的合意」に達したことを確認した。

ドイツの元首相メルケル氏が「プーチン氏の発言の意味を真剣に受け取るべきだ」とスピーチで発言

 

[参考記事] 「私たちは西側の軍事機構全体と戦っています」 : ロシア連邦政府ウェブサイトに掲載されたプーチン大統領による部分的動員に関しての国民への演説:全文
In Deep 2022年9月25日


メルケル首相はプーチン大統領の言葉を真剣に受け止めるよう促した

RIA 2022/09/28

Меркель призвала серьезно относиться к словам Путина

メルケル元首相は、プーチン大統領の言葉を真剣に受け止めることは政治的知恵の表れだと述べた

ドイツの元首相アンゲラ・メルケルは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の言葉を真剣に受け止めるよう促したことを、ドイツのメディア Süddeutsche Zeitung が引用している。

メルケル元首相は、コール財団の開設式典に参加した。スピーチの中で、メルケル元首相は、現在の政治課題に触れ、ロシアの指導者の言葉を真剣に受け止めるべきだと、かつて自らが述べたことにふれ、今再びその重要性を強調した。

彼女は以下のように述べた。

「それら(ロシア大統領の声明)をはったりとして却下するのではなく、真剣に受け止めることは決して弱さの兆候ではなく、策略の余地を維持するのに役立つ政治的知恵の兆候です」

ウラジミール・プーチン大統領は、ロシア人への演説の早い段階で、核兵器でロシアを脅迫しようとしてい人々に、「風向きが彼らの方向に変わる可能性がある」と警告した

ロシアの8月の失業率が統計開始以来の低い数値に

 


ロシアの8月失業率、過去最低3.8% 直近インフレ率は上昇

ロイター 2022/09/29

ロシアの失業率は8月に過去最低の3.8%に改善した。一方、名目賃金は前月比で下落し、週間インフレ率が上昇するなど、経済指標は強弱入り混じった数字となっている。

ロシア連邦統計局が28日発表した週次の消費者物価指数(CPI)は、26日時点で前週比0.08%上昇した。それまでの11週間は下落しており、上昇は5月以来初めて。

8月の失業率は3.8%で、1992年の統計公表以来の低水準となった。

プーチン大統領の部分動員令を受けて出国者が急増しており、来月の統計にこの影響が出る可能性がある。

8月の小売売上高は8.8%減少した。アナリスト予想は8.5%減だった。

7月の実質賃金は前年比で3.2%下落し、前月と同水準の落ち込みとなった。アナリストは5.2%の下落を予想していた。

名目賃金は6万2200ルーブル(1083ドル)と前年比で上昇。ただ、6月の6万6572ルーブルからは下落した。

余裕の米大統領:死亡した議員を探し続ける

 

(※) 見えていたと思うのですけどね。

(参考文献) 認知症による幻覚や錯覚への対応法

> 死んだはずの配偶者や親せきが見える場合もあります。
> 周囲の方からすると、ご本人が誰もいない空間に向かって話しかけているように見えたり、誰もいないところにお茶を出そうとしているように見えます。


バイデン氏、議員の死去忘れる? 「ジャッキーはどこだ」

AFP 2022/09/29

ジョー・バイデン米大統領は28日、首都ワシントンで開かれた食の問題に関する対策会議で、先月死去した議員が出席者の中にいると思い込んでいるかのような発言をした。

バイデン氏は客席に向けて「ジャッキー、ここにいるか? ジャッキーはどこだ」と呼び掛け、「彼女は出席する予定だったと思うのだが」とこぼした。会議を推進した超党派議員グループの一人で、交通事故で先月亡くなった共和党のジャッキー・ワロースキー下院議員を探していたとみられる。

バイデン氏は先月3日、ワロースキー氏死去を受け出した追悼コメントで、「ショックを受け、悲嘆している」と表明。同会議の開催へ向けた同氏の協力に感謝していた。

バイデン氏は現在、米国の歴代大統領で最高齢の79歳。ホワイトハウスは今回の件に関し、コメントの要請に応じていない。

[ロシアがウクライナ経由の供給止めると警告]というブルームバーグ報道

 


欧州ガス先物、2日続伸-ロシアがウクライナ経由の供給止めると警告

Bloomberg 2022/09/28

欧州の天然ガス先物は28日の取引で上昇。ロシア産ガスの西欧向け供給で唯一稼働しているウクライナ経由のパイプラインを止める可能性があると、ロシアがけん制した。

欧州ガス先物の指標、オランダ期近物は一時14%高と、2日連続で大きく上げた。ロシアの国営天然ガス企業ガスプロムは27日、ウクライナ国営ガス会社ナフトガスとの法的係争により同国経由のガス供給がリスクにさらされていると警告した。

中国の習近平主席が公の場所に姿を現し、クーデターの噂を払拭

 

[参考記事] 中国でクーデターの噂 : その内容は「習近平氏は解任され逮捕された模様」というもので
In Deep 2022年9月26日


習主席が公の場に姿を現し、中国の動乱とクーデターの噂を払拭

Epoch Times 2022/09/28

2022年9月27日に北京展示ホールの展示会を訪れる中国の指導者習近平氏。

中国共産党の指導者である習近平氏は、ほぼ 2週間ぶりに公の場に姿を現し、彼の所在に関する根拠のない噂の嵐を終わらせた。

中国国営メディアによると、中国共産党の総書記として中国を率いる習氏は、9月27日に北京で開催された展示会を訪れた。

このイベントは、今月初めにウズベキスタンで開催された上海協力機構のサミットから中国に戻って以来、習主席が初めて公の場に姿を現した。

習主席はこの首脳会談で、非公式の同盟国であるロシアのウラジーミル・プーチン大統領と会っていた。両首脳は、中国の台湾計画とウクライナでのロシアの戦争計画に関して西側諸国からの抵抗が高まっていることに直面して、互いの国家の支持を再確認した。

中国共産党政治局員は、「中国側はロシア側と協力して、両国間のハイレベルな戦略的協力を継続的に実施し、共通の利益を守り、国際秩序の発展をより公正かつ合理的な方向に促進することを望んでいる」と述べた。

この渡航は、2年前に COVID-19 のパンデミックが始まって以来、習氏の中国からの最初の遠征でもあり、中国に戻った後の彼の失踪は、オンラインでうわさの渦に拍車をかけた。

一部の報道機関と専門家たちが、習近平氏が中国軍によって解任され、週末に自宅軟禁されたという根拠のない主張を発表した。9月24日までに、「Xi」は Twitter のトップ トレンド トピックとなった。彼の名前はハッシュタグに 42,000 回以上表示され、「中国クーデター」という言葉は 9,300回以上出回った。

著者で中国の専門家であるゴードン・チャン氏は、主張の根拠のない性質にもかかわらず、習氏の失踪の異常な性質と中国国内での旅行スケジュールの継続的な不規則性は、中国共産党指導部の上層部内のある種の陰謀を示していると述べた。

「ここ数時間の中国からのニュースの欠如は、クーデターの噂が真実ではないことを示唆していますが、過去 3日間に中国軍の内部で起こったことが何であれ、明らかに異常なことが起こったことは、共産党の上級指導部の内部に混乱があることを示しています」とチャンはツイートで述べた。

しかし、ベテランジャーナリストで中国ウォッチャーのビル・ガーツ氏は、この誤った情報は、中国などの諜報機関が国家の危機対応プロトコルを監視するために使用することを意図した策略である可能性があると示唆した。

[ノルドストリーム、3本のガスパイプラインが損傷 「前例ない」]というロイター報道

 

(※) これが本当の損傷だとすると、結構危ないのですよね。2021年7月に、メキシコ湾で、メキシコの国営石油会社ペメックスのパイプラインが損傷して、海上に炎の塊みたいなのが出ていることが報じられていました。


CNN


ノルドストリーム、3本のガスパイプラインが損傷 「前例ない」

ロイター 2022/09/27

シアと欧州を結ぶ天然ガスパイプラインを運営するノルドストリームは27日、3つのパイプラインが同じ日に損傷したと発表した。こうした事例は「前例がない」としており、復旧の見通しは立っていない。

デンマークの海運当局は26日、「ノルドストリーム2」でガス漏れが発生したと発表。これに続きスウェーデン海事局は27日、「ノルドストリーム1」で2カ所のガス漏れが見つかったと明らかにした。

ノルドストリームは、3本のパイプラインが同日に損傷するのは前例がないと指摘し「ガス輸送インフラの復旧時期を予想することは現時点で不可能だ」と述べた。

ノルドストリーム1は、並行する2本のパイプラインで構成され、それぞれ年間275億立方メートルの輸送能力を持つ。2011年にロシアからドイツへのガス供給を開始した。7月以降は能力の20%しか稼働していなかったが、8月末に停止しメンテナンス後も再稼働していない。

ノルドストリーム2は、21年9月に建設されたが、ドイツが計画を停止したため稼働しなかった。

ロシア、戦時中の脱走、兵役拒否に対してさらに厳しい刑罰を導入。最大懲役15年

 


ロシア、戦時中の脱走、兵役拒否に対する厳しい罰則を導入

Moscow Times 2022/09/24

Russia Introduces Harsh Punishments for Wartime Desertion, Refusal to Serve

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は 9月24日、脱走や「自発的な」降伏を含む戦時中の行為に対する長期の懲役刑を導入する法案に署名した。

この動きは、プーチン大統領がウクライナでの戦争のための「部分的な」軍事動員を 宣言した3日後に行われた。

法改正により、ロシア刑法に初めて「動員、戒厳令、戦時」の概念が導入された。

法律の下では、「自発的な」降伏は最高 15 年の禁固刑に処せられる。しかし、下院のウェブサイトに掲載された法案によると、初犯者は「釈放のための措置を講じ、所属する部署または勤務地に戻り、拘束中に他の犯罪を犯さなかった場合、刑事責任を免除される可能性がある」という。

動員中または戦時中の脱走は最大 10 年の懲役、良心的兵役拒否者は最大 3年の懲役に処せられる。

法律はまた、戦時中の略奪に対して最大 15年の懲役刑を義務付けている。

この法案は、7月に議会に出席したすべての政党の議員によって提出されたもので、今週、ロシア議会の両院で迅速に可決された。

木星が、59年ぶりに地球に最接近。月以外のすべての天体で最も明るい惑星に

 

(※) いやあ、この59年前の1963年って、私が生まれた年なんですよ。「木星が最も地球に近い時に生まれていたんだなあ」と知りまして、何だか印象的でした。

(関係記事)スウェーデンの政党「ニャン」が苦境に立たされている ← 関係ないだろ。


木星との接近遭遇

spaceweather.com 2022/09/26

A CLOSE ENCOUNTER WITH JUPITER

今日、木星は1963 年以来、地球との最接近を迎えています。それは思ったよりも近い。

マレク・ニコデムさんは今朝、ポーランドのシュビンの近くで以下の写真を撮りました。「彼女と街の外に出て、木星の素晴らしい接近を観察しました」とニコデムさんは言う。「なんて素晴らしい光景でしょう、木星は暗闇の中でランタンのように空に輝いていました」

軌道上のこの近くでは、木星が夜空のすべての星より明るく、シリウスの4倍以上の明るさがあります。

[ヨーロッパを2つに分割するバイデンの計画がイタリアで明らかになった]という報道

 


ヨーロッパを2つに分割するバイデンの計画がイタリアで明らかになった

mk.ru 2022/09/26

В Италии раскрыли план Байдена разделить Европу на две части

イタリア連合軍のタスクフォースの元司令官であるマルコ・ベルトリーニ将軍は、アンティディプロマティコとのインタビューで、ジョー・バイデン大統領はヨーロッパを分割し、ロシアを「流血」させ、ウクライナでの紛争を長引かせたいと考えていると語った。

ベルトリーニ氏によれば、米国の首脳はウクライナでの平和を望んでおらず、ウクライナで「消耗戦」を開始することを望んでいるという。彼は、バイデン氏が冷戦中のように分離を切望していると指摘した。

将軍はバイデン氏の計画は不道徳だと考えている。

ベルトリーニ氏によると、ロシア政府は当初、ウクライナの状況をできるだけ早く解決することを決意していた.

彼は、ウクライナの状況を「米国が代理エージェントを通じて行っている戦争」と呼んだ。彼の意見では、現代の出来事は 20世紀における NATO と社会的ブロックとの間の対立の継続であり、その理由はロシアに対する西側の伝統的な警戒心にある。

2月24日以来、ウクライナの非武装化と非ナチス化のための特別軍事作戦が進行中だ。

ウラジミール・プーチン氏は、その任務を「キエフ政権による8年間のいじめと大量虐殺の対象となった人々の保護」と呼んだ。プーチン氏によると、最終的な目標はドンバスの解放と、ロシア自体の安全を保証する条件の作成だ。

元ロシア大統領メドベージェフ氏の9月22日のテレグラムへの投稿 「後戻りはできない」

 

(※) 以下のプーチン大統領の声明の翌日の投稿です。

[記事] ロシア連邦政府ウェブサイトに掲載されたプーチン大統領による部分的動員に関しての国民への演説:全文
In Deep 2022年9月25日


ドミトリー・メドベージェフ

Telegran 2022/09/22

2022年 9月21日の最高司令官の決定の結果

1. 国民投票が行われ、ドンバス共和国およびその他の領土がロシアに認められる。

2.参加したすべての領土の保護は、ロシア軍によって大幅に強化される。

3. ロシアは、動員能力だけでなく、戦略核兵器や新原則に基づく兵器を含むあらゆるロシアの兵器をそのような保護に使用できると発表した。

したがって、将軍の記章を身に着けている引退した馬鹿どもは、クリミアに対する NATO の攻撃について話すことで私たちを怖がらせる必要はない。極超音速兵器は、ヨーロッパと米国のターゲットにはるかに速く到達できることが保証されている。

西側の支配層と、一般の NATO 諸国のすべての市民は、ロシアが独自の道を選んだことを理解する必要がある。

後戻りはできない。

プーチン大統領が、学生の徴兵を免除する政令に署名

 

(※) なんかもう本格的な「戦時」なんですね。ただ、敵前逃亡が懲役刑というのは現代風です。昔はどんな国でも、すべて銃殺刑でした。


プーチン大統領、学生の動員を免除する政令に署名

RT 2022/09/24

Putin signs decree exempting students from mobilization

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は 9月24日、大学と専門学校の学生に動員の延期を与えた。この動きは、ロシアで予備兵の部分的な動員が発表されてから 3日後に行われた。

クレムリンのウェブサイトに掲載された大統領令によると、国家認定の職業教育機関または高等教育機関に在籍している学生には延期が認められた。この命令は、国営教育機関および研究機関に通う学生のみを対象としている。

「この政令は、署名日から発効し、2022年9月21日以降に発生した法的関係に適用される」と、部分的な動員が発表された日付について言及している。

一方、9月24日の早い段階で、プーチン大統領はロシアの刑法を修正する新しい法律に署名した。

武力紛争中に敵軍に「自発的に降伏」した軍人は、帰国後、最長で 10年の禁固刑に直面することになる。ただし、初犯の場合は、捕われの身から逃げて部隊に戻る場合、処罰を回避することが認められている。

新しい法律のその他の規定には、武装敵対行為への参加を拒否した軍人、および徴兵を逃亡または回避した軍人に対する最大 10年の懲役が含まれています。戦時中または軍事作戦中の略奪は、最長で 15年の懲役刑を言い渡される。

ウクライナ政府が「ロシアの住民投票に参加した場合、最高5年の禁錮刑とする」と発表

 


ウクライナの副首相、将来の国民投票の参加者を投獄すると脅迫

TASS 2022/09/21

Ukrainian deputy premier threatens participants of future referendums with jail

ウクライナのイリーナ・ヴェレシュチュク副首相は、投票の主催者たちは5年から10年の懲役と財産の没収に直面すると述べた。

ウクライナのイリーナ・ヴェレシュチュク副首相は、ロシアへの加盟をめぐる住民投票に参加する人々は、最高で 5年の禁錮刑に直面すると述べた。

「一部の弁護士は、これらの行為はウクライナ刑法第 110 条第 1 項「ウクライナの領土保全に対する侵害」に該当し、最高 5年の懲役刑に処せられると考えている」とヴェレシュチュク副首相は 9月20日、 ウクライナのメディアに語った。

副首相は、管理されていない地域の住民は、参加せず、「可能であれば去る」よう呼びかけた。

副首相の意見では、投票の主催者は 5 年から 10 年の懲役と財産の没収に直面している。

ウクライナの非統制地域の再統合省の報道機関が述べたように、ロシアの市民権を取得した場合は、最大 15年の懲役刑を導入するための法案がキエフで作成された。

法案によると、ロシアのパスポートを取得することは、それを受け取った人がロシアと第三国を経由してウクライナに戻る場合にのみ正当化される。

以前、ウクライナ大統領府の顧問であるアレクセイ・アレストヴィッチ氏は、ロシアの市民権を取得したウクライナ人は反逆罪で起訴されるだろうと述べている。

ドネツク人民共和国人民評議会のデニス・ミロシニチェンコ議長は 9月20日、ロシアとの統一に関する国民投票が 9月23~ 27日に共和国で行われると述べた。その後、デニス・プシリン長官も、同時期にドネツク人民共和国でそのような国民投票が行われると発表した。ヘルソンとザポリージャ地域でのロシアへの加盟に関する国民投票も、9月23~ 27日に組織される。

[プーチン大統領の元側近「英国への核攻撃ありえる」]という報道

 

(※) 英国トラス首相は、グリグリの世界経済フォーラム・メンバーですが、アメリカの恍惚の人より、こちらが危険ということなのかもしれません。


プーチン大統領の元側近「英国への核攻撃ありえる」

テレ朝news 2022/09/23

ロシアのプーチン大統領の元側近がイギリスがロシアに強硬な姿勢を続ければ、ロンドンに「核の脅威」があると発言しました。

地元メディアによりますと、21日、プーチン大統領の元側近で政治学者のセルゲイ・マルコフ氏が「トラス首相がまだロシアを破壊する計画を持っているなら、ロンドンに住む人たちは核兵器の脅威を理解すべきだ」とBBCのラジオ番組で話したということです。

また、マルコフ氏は「あなたの街がターゲットとなるだろう」とも発言し、イギリスメディアは「驚くべき警告が発せられた」と報じています。

これに先立ちプーチン大統領は国民向けの演説で核兵器の使用を示唆し、「これははったりではない」と強調していました。

モスクワが「外国人のための軍人募集センター」を開設。契約した外国人はロシア市民権を容易に取得可能

 


モスクワ、外国人のための軍人募集センターを開設へ

Moscow Times 2022/09/21

Moscow to Open Military Recruitment Center for Foreigners

モスクワ市は 外国人のための軍人募集センターを開設すると、市長は 9月20日に発表した。

「モスクワ政府はサハロボに本格的なインフラを展開し、ロシア国防省が外国人を兵役に採用するのを支援する」と、セルゲイ・ソビアニン市長はテレグラムのメッセージアプリへの投稿で述べた。

モスクワ当局は「契約の署名を可能な限り便利にするために必要なすべてのことを行う」と公式声明で述べた。

採用センターは、外国人にサービスと書類を提供するモスクワ郊外のサハロボ移住センターに開設される。

9月20日の早い段階で、連邦議員は、ロシア軍との1年間の契約に署名した外国人たちは、ロシア市民権を取得するプロセスが簡素化される法案を可決した。

法案は現在、ロシア連邦議会の上院である連邦評議会によって承認され、ウラジーミル・プーチン大統領によって署名されてから法が成立する。