現物のプーチン大統領が相変わらず出てこない

 

(※) ロシア正教のクリスマスである1月7日に、受胎告知大聖堂で礼拝するプーチン大統領以来、どうも、本人の姿が報じられません。

今日の RT に久々に名前は出てきましたが、「プーチン大統領:ウクライナにおけるネオナチの犯罪は、歴史の忘却を証明している」という報道では、

> …とイベントの主催者と参加者への電報で述べた。

とあり、また「プーチン大統領:勝利への我が国の貢献を再考する試みは、ナチズムの犯罪の正当化だ」という報道でも、

> 主催者と参加者への電報で述べた。

とあり、本人の姿がなかなか見えません。

どうしたんでしょうかね。

事態は緊迫しているようにも思うのですけれど。

韓国で「生後 6か月から4歳までのコロナワクチン接種」が開始

 

いきなり、「武漢型×武漢型×武漢型」という免疫の刷り込みが行われることになります。


乳幼児へのコロナワクチン接種 来月13日開始=韓国

聯合ニュース 2023/01/27

韓国で2月13日から新型コロナウイルスのワクチン接種対象が拡大され、生後6カ月~4歳の乳幼児に対する接種が始まる

疾病管理庁の新型コロナウイルス予防接種対応推進団は27日、冬の再流行が続いており、新たな変異ウイルスも懸念されるとして、感染時のリスクが高い乳幼児を守るためワクチン接種を実施すると説明した。

防疫当局は専門家による諮問会議と予防接種専門員会の審議を経て、乳幼児のワクチン接種計画を策定した。

接種には今月12日に国内に導入された米ファイザー製の乳幼児用ワクチンを用いる。8週間の間隔を空けて3回接種する

一般的に乳幼児が新型コロナに感染して重症化、死亡するリスクは成人ほど高くないが、すでに接種対象となっている小児(5~11歳)、青少年(12~17歳)に比べるとリスクが高いことが分かっている。

疾病管理庁の疫学分析結果によると、国内で初めて新型コロナ感染者が確認された2020年1月以降、新型コロナによる0~4歳の死者は17人で、このうち3人は基礎疾患があった。診断当日に4人が死亡し、6日以内に全員が死に至った。

同庁は、乳幼児は症状が現れたか診断されてから死亡するまでの時間が短く、適期の処置が難しいこともあるため、ワクチン接種が特に重要だと説明した。

アメリカのコロナワクチン接種は「初回から二価ワクチンへ」となります

 

オミクロン株とだけ強調されていますけれど、二価のうちの一価は、今は存在しない武漢株対応です。


コロナワクチン、初回からすべてオミクロン株対応へ 米FDAが見解

朝日新聞デジタル 2023/01/27

米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は26日、最初の接種と追加接種で使い分けられている新型コロナウイルスのワクチンについて、1種類に統一するべきだという見解をまとめた。

FDAはこの見解を尊重し、今後は従来株対応のワクチンは使用せず、初回から全てオミクロン株対応の2価ワクチンに置き換える判断をするとみられる

米国では現在、従来のウイルス株に対応したワクチンを通常2回打つ。その後の追加接種ではオミクロン株の系統の「BA.4」と「BA.5」に共通するmRNAを含む2価ワクチンを使うことになっている。

米疾病対策センター(CDC)によると、米国人の81%が少なくとも1回のワクチン接種を済ませている。

現在、国内で検出されるのはオミクロン株から派生した変異株「XBB.1.5」が約半数で、従来株は検出されなくなっている

「東京都の感染症以外の病床使用率は、ほぼ100%」という報道

 


新型コロナ「5類」で東京都が本当に心配していること

FNNプライムオンライン 2023/01/27

感染者減でも警戒するワケ

26日、東京都の新型コロナウイルス専門家会議が開かれ新規陽性者数の7日間平均は、前回の9771人から、5,993人に減少した、との分析が示された。

ただ、これまで主流であったオミクロン株BA.5 が49%まで減少、国立国際医療研究センターの大曲貴夫国際感染症センター長は「BF.7 」や「BQ.1.1」など亜系統への置き換わりが進む中で「新規感染者数が再び増加する可能性がある」と警戒感を示した。

コロナ以外の病床はほぼ満床

感染症以外の病床は100%近い状況になっていますから」 東京都医師会の猪口副会長は、冬は通常医療の患者が増えるのでコロナ以外の病床は満床に近い状態、との現状を明かした。

今後の見通しについては「外国の例をみてもなかなか救急のひっ迫状態はなかなか変わらず、この現実をどうこなしていくかっていうのは我々の今の課題になっている」とコロナ対応と一般医療の両立の難しさを改めて訴えた。

「救急車が一日あたり20台から多い日は30台きます」

都の担当者によると都立病院でも、コロナ病床を確保するなかで一般医療の病床で利用率は95%ちかくまで上がる日もあるという。特に1月に入ってからは更に救急搬送が増えているという。

以下略。オリジナルはこちらにあります。

伊豆諸島の「ベヨネース列岩」に海底噴火の警報

 

ベヨネース列岩


海底火山「ベヨネース列岩」で変色水、噴火の可能性 気象庁が警報

朝日新聞デジタル 2023/01/26

気象庁は26日、伊豆諸島にある海底火山「ベヨネース列岩」付近で変色水が見られたとして、噴火警報を発表した。

火山活動が活発化していると考えられ、海底噴火が起きる可能性があるという。海上保安庁は、航行警報を出し、付近の船舶に噴石などに注意するよう呼びかけている。

海保が同日、上空からの定例の観測で周辺に、直径約100メートルの黄緑色の変色水を確認した。噴火に伴う噴石やベースサージ(横殴りの噴煙)などに警戒が必要という。

気象庁によると、ベヨネース列岩では1971年以降、噴火は確認されていない。噴火警報が出るのは2017年3月24日以来。その時は18年10月31日に解除された。

ベヨネース列岩は東京の南約400キロ、青ケ島の南南東約65キロにある。

デンマーク政府が「女性の徴兵制を検討」という報道

 

(※) 現在、女性も徴兵の対象となっている国は、イスラエル、マレーシア、ノルウェー、北朝鮮、スウェーデンなどです。今後も増えそうです。


デンマークは、NATOがウクライナ支援を深める中、女性の兵役義務を計画している

zerohedge.com 2023/01/27

現在、NATO 同盟は加盟国に対し、防衛準備と支出を強化するよう強く求めており、デンマークは、国軍の規模を大幅に拡大するために、女性に強制徴兵を導入することを計画している。

デンマークの国防相で副首相のヤコブ・エレマン=イェンセン氏は、放送局 TV2 とのインタビューで、女性の徴兵制を導入する意向を表明し、ブルームバーグはその後コメントについて報じた。

彼は、現在のレベルでは、デンマークの国防軍はデンマークを本当に守ることができないため、国はより多くの人員を確保する必要があると強調した。

防御を強化できるようにするためには、それを強化するための基盤が必要です。女性も男性と同じように兵役に召集されなければなりません」とエレマン氏は述べた。

「この新しい措置は、いくつかの女性団体の支持を得ており、デンマークは、ヨーロッパの他の地域と同様に、ロシアを国から追放するための戦争において、ウクライナへの支援のレベルを高めている」と報告書は付け加えた。

隣国のノルウェーでは、NATO 加盟国としては初めて女性の徴兵制度が導入されており、2021年時点で軍隊の 20%が女性で構成されている。

アフガニスタンで160人以上が凍死。気温が -34℃まで下がる

 


アフガニスタンの寒波で160人以上が死亡

Al Arabiya 2023/01/26

アフガニスタンは、過去10年以上で最悪の冬を迎えている。

今月、寒さのため、160人以上が死亡したとタリバン当局が 1月26日に発表した。

災害管理大臣のスポークスマンであるシャフィーラ・ラヒミ氏は、「 1月10日から 26日まで、162人が寒さのために死亡した」と述べた。死亡者のうち約 84件が先週発生した。

気温は、マイナス 34℃ まで下がり、過去 15年間で最も寒い冬となっており、深刻な経済危機の最中にあるアフガニスタンに大きな影響を与えている。

タリバン政権下で、ほとんどの女性 NGO 労働者たちが働くことができず、多くのプログラムを運営することができなくなったため、多くの援助団体がここ数週間活動を部分的に停止している。

[小惑星、地球に記録的接近 マイクロバスの大きさ]という報道

 

(※) 以下のようなことを書かれても……。

> 記録に残る中では最も地球の近くを通り過ぎる小惑星の一つという。

ああ……まあ、報道には「記憶に残る中では」とありますね。記憶だけなら仕方ないですね。

私の記憶では、もっと近くを通過した(地球の大気圏に衝突した)小惑星は、2014年1月と、2020年5月にありました。もっとあったかもしれないですけれど、覚えているのはこのあたりまでです。

それぞれ以下の記事に当時のデータと共にあります。

[記事]2020年5月5日に、「小惑星が地球の大気圏に衝突」していた
地球の記録 2020年5月6日

[記事]「元旦に発見された小惑星はその翌日に地球を直撃した」 : そんな始まりを告げた 2014年
In Deep 2014年01月04日

いずれにしても、今回の共同通信のもそうですが、これくらいの大きさの小惑星は、大気圏で爆発して消滅しますので、一般的には何のリスクもないです。


小惑星、地球に記録的接近 マイクロバスの大きさ

共同 2023/01/26

米航空宇宙局(NASA)は25日、マイクロバスほどの大きさの小惑星が26日午後(日本時間27日午前)に南米大陸の南端の上空約3600キロをかすめると明らかにした。

地表から静止衛星までの距離の約10分の1という近さで、記録に残る中では最も地球の近くを通り過ぎる小惑星の一つという。衝突の危険はない。

幅は推定3・5~8・5メートル。円を描くように太陽の周りを一周していたが、接近した地球の重力で軌道が変形し、周期が359日から425日になる見通し。

クリミアのアマチュア天文家ボリソフ氏が21日に発見、各地の観測で軌道が分かった。

幻のイギリスのコロナ死者

 

(※)1月21日の記事で、感染者数、死者数の発表をやめていた英国のグラフ(ジョンスホプキンス大学の集計)が、突然、「1377人の新たな死者数を示す」ということを、こちらで取りあげました。

2023年1月19日に発表された英国の新たなコロナ死者数

ourworldindata.org

その後どうなったか?

5日後の 1月24日に発表されたグラフは以下のように示されていまして、死者は「消滅」しました。同期間のものです。

2023年1月24日に発表された英国の新たなコロナ死者数

ourworldindata.org

(苦笑)

このような「何も発表しない」というのが、今後の世界的なニューノーマルになりそうです。

そして、「[英国のコロナ事情「医療がカオス」]という報道」という記事のような方向に向かうということのようです。

[英国のコロナ事情「医療がカオス」]という日本の報道

 

(※)イギリスは「感染数と死者数の発表をやめる」という画期的なコロナ対策で、すでにパンデミックは終わっていますからね。In Deep の参考記事:ジ・エンドに向かう欧州、そして日本

先日、システムの誤作動でもあったのか、「1日の新たな死者数が 1377人」という壊滅的なデータが突如発表されていたことを記事にしましたが、今は訂正されていて、「また0」に戻りました


英国のコロナ事情「医療がカオス」人手不足が深刻に、EU離脱も要因か ロンドン在住の日本人女性に聞く

よろず~ニュース 2023/01/26

あまり報道されることはないが、英国のコロナ禍が深刻な状況だという。ジャーナリストの深月ユリア氏がロンドン在住の日本人女性に現地の様子を聞いた。

今冬、イギリスでは新型コロナウイルス感染が拡大している。米ジョンズ・ホプキンス大学のシステム科学工学センターが発表した「新型コロナウイルス リアルタイム情報」によると、コロナ禍における英国での累計死者数は23日時点で20万人を越えているという。

イギリスのロンドン在住の日本人ジャーナリスト、チカコ・オオサワ・ホロウィッツ氏によると、「イギリスはロックダウン明け直後に新型コロナの感染者数発表もやめています。今まで無料だった簡易検査薬も薬局で9ポンド(約1450円)以上で売られるようになりました。『買ってまで検査したくない』という方が多いです」

しかし、このような「放置」政策は失敗し、現在、イギリスの医療は「カオス」状態にあるという指摘もある。ホロウィッツ氏は次のように語る。

「去年秋頃からインフルエンザもはやり、インフルエンザなのか新型コロナなのか不明のまま、国民が相互に感染し合っている状態だと思います。医療崩壊が進み、年末から医療関係者のストが続いていて、病院に行っても治療もしてもらえないなど、少々カオスですね

「救急車は、12月の一番忙しく人手の少ない時で、90分以上待たなければならない状況でした。都心でも田舎でも、救急車がなかなか来ないので、多くの方が自力で病院に行きます。自分が運転できないのなら家族親戚、近所の人に頼んで連れってもらっています。また、緊急であれば、999番(警察、消防、救急いずれもつなげる緊急通報)に電話するという方法もあります」

医療が「カオス」状態となっている原因について、新型コロナとインフルエンザの感染爆発のみならず、イギリスがEUを離脱し、海外からの労働者が激減したことも一因だという。

「イギリスの医療現場はアングロサクソンの白人医師や看護師よりも欧州やインド、看護師はフィリピンなどから移住していた人が多かったのですが、EU離脱の影響で、イギリスに滞在延長できない人たちがいなくなってしまったから、医療のみならずあらゆる業種で人手不足です。農家は困っているという話も聞きます。さらに、エネルギー不足で、物価が高騰、賃金が上がらず、デモを長期期間やれば、救急隊もおらず、医者も看護師もいないのであれば、医療崩壊になりますね」

医療の「カオス」状態で、 高齢者は警戒して屋外でもマスクをつけている人もいるが、若者は屋内でもマスクを着用していない人も多いという。いずれにしても「医療がカオス」状態にも関わらず、イギリスの街はにぎわってそうだ。同氏は「欧米人はたくましいので、しれっと生きてる状態なのかもしれません」と私見を述べた。

また、同氏は「中国の新型コロナの感染拡大については時々報じられるのですが、自国の新型コロナについては報じられません。イギリスのメディア報道のトピックは、首相が代わったこと、ウクライナ戦争、エネルギー問題、フィリップ皇太子崩御、エリザベス女王のジュビリー記念、エリザベス女王の崩御、チャールズ王誕生、ハリー王子の暴露本、スコットランドやアイルランド問題等ですね」という。

イギリスはジョンソン前首相の時から、厳しいロックダウンから「経済重視・新型コロナ軽視」の政策に移行したという。だが、コロナの「放置」は、多くの労働力でもある人命が失われることにつながる。

中国の1日の新たな感染者は、ピーク時で約700万人だったと保健当局が発表

 


ピーク時で1日694万人がコロナ感染=死者は4200人超 – 中国

時事 2023/01/25

中国疾病予防コントロールセンターは25日、同国での1日の新型コロナウイルス感染者数について、昨年12月9日以降は同月22日の694万人がピークだったと明らかにした。全国のPCR検査結果に基づく数字で、今月23日には1万5000人まで減少した。

医療機関での新型コロナ関連死は1月4日の4273人が最多で、今月23日は896人だった。12月以降の感染例はすべてオミクロン株の派生型で、「BA.5・2」が約70%、「BF.7」が約28%だった。

日本政府が「フェイク情報に対抗する組織」を設立へ

 

まあ、来春ですが。


“偽情報”に対抗 政府が新組織を来春に立ち上げへ

テレ朝news 2023/01/25

政府は、ロシアや中国などによる偽の情報の拡散に対抗するため、来年春を目指して新たな組織を立ち上げる方向で調整しています。

松野官房長官:「偽情報の拡散は普遍的価値に対する脅威であるのみならず、安全保障上も悪影響をもたらし得るものです」

松野官房長官は、外国による偽情報の拡散への対処能力を強化するため、「政府全体で対応する」と強調しました。

去年8月には岸前防衛大臣を装ったツイートに、ウクライナを非難する偽の内容が書き込まれ、ロシア側に拡散されたという事案がありました。

こうした偽情報を分析し、正しい情報を速やかに対外発信するなど政府内外の連携を強める方針です。

新たな組織は、来年春をめどに内閣官房に立ち上げる方向で調整しています。

中国の北京で、45年ぶりの最低気温が記録される

 


中国の 13の省都が今冬の最低気温を記録。北京は -16.7°C

epochtimes.com 2023/01/25

中国13省会气温创新低 北京低至-16.7℃


2023年1月16日、中国山東省煙台

中国本土の多くの場所で気温が急激に低下し、中国の13の省都で最低気温が記録的な低さを記録した。

このうち、 1月25日の北京の最低気温は-16.7℃で、1978年以来の1月下旬の最低値となった。

25日、「北京日報」は、気象庁が北京で過去2日間の低温が続き、日中は氷点下の気温が続いていることを気象庁が検知したと報じた。

報道によると、25日朝、13の省都の気温が冬以降の最低気温を記録した。

北京のほか、吉林省の長春市が-27.3℃、瀋陽市が-27.3℃、遼寧省は-21.8℃、内モンゴルのフフホト市は-28.6℃、山西省の太原市は-19.4℃、天津市は-15.2℃、河北省石家荘市は-11℃、陝西省西安市は-6.6℃、甘粛省は-6.6℃だった。

蘭州 -15.6°C、寧夏銀川 -18.8°C、青海西寧 -21.5°C、新疆ウルムチ -23.6°C、済南 -13.6°Cなどとなった。

黒竜江省大興安嶺区茂河市アムール鎮にある金島気象台では、1月22日、最低気温が -53℃と測定され、中国の気象記録以来の最低気温記録を破った。

[ワクチン接種年1回案は「有力な一つの選択肢」]という日本医師会の方の意見の報道

(参考記事) …今や社会は「武漢型、武漢型、武漢型、武漢型…」の抗原の亡霊に攻撃され続けて
In Deep 2023年1月24日


日医・釜萢氏、ワクチン接種年1回案は「有力な一つの選択肢」

産経新聞 2023/01/25

日本医師会の釜萢敏常任理事は25日の記者会見で、今後のワクチン接種のあり方について「米国やイスラエルで年1回の形の方向性が出されている。それを軸に政府の(コロナ対応を協議する)基本的対処方針分科会でも議論されると考えるが、有力な一つの選択肢だと思う」と述べた。

新型コロナの感染症法上の位置付けを「2類」相当からインフルエンザ並みの「5類」に引き下げる措置については「コロナ患者の動線確保や診察、会計などの流れをどうするか。各医療機関で工夫し、感染防止を高めることに尽きる」と語り、引き下げに向け準備を急ぐ考えを示した。

ウクライナの首都キエフ上空を「カラスの大群」が覆い尽くす

 

キエフではあまりないことだそうです。以下は、動画つきのツイッターの投稿です。

最近、中国でもありました。

[記事] 中国東北部の各都市が無数のカラスで覆い尽くされる
地球の記録 2023年1月14日

北朝鮮が「呼吸器疾患の蔓延」のためピョンヤンで5日間のロックダウンを実施と報道

 


北朝鮮、「呼吸器疾患」により首都を5日間封鎖

ndtv.com 2023/01/25

North Korea Puts Capital In 5-Day Lockdown Over “Respiratory Illness”: Report

北朝鮮の首都平壌の当局は、不特定の呼吸器疾患の症例が増加しているため、5日間の封鎖を命じたと、ソウルに本拠を置くNKニュースが 1月25日に政府の通知を引用して報じた。

通知ではCOVID-19については言及されていない。

北朝鮮を監視しているNKニュースによると、この通知は COVID-19 には触れていないが、市内の住民は 1月29日の終わりまで自宅にとどまる必要があり、毎日複数回体温チェックを受けなければならないと述べている。

NKニュースは、平壌の住民がより厳しい措置を見越して商品を買いだめしているように見えると報告した。

平壌以外の地域に新たな封鎖を課したかどうかは不明だ。

北朝鮮は昨年、最初のCOVID-19の発生を認めたが、8月までにウイルスに対する勝利を宣言した。しかし、同国は、COVIDに感染した人の数を確認していない。

これは、広範囲にわたるテストを実施する手段がないためと思われる。

代わりに、約 2500万人の人口のうち、約 477万人に増加した発熱患者の毎日の数を報告した。しかし、7月29日以降、そのような事例は報告されていない。

北朝鮮の国営メディアは、インフルエンザを含む呼吸器疾患と闘うためのパンデミック対策について報道し続けているが、封鎖命令についてはまだ報道していない。

国営通信社KCNAは、韓国との国境に近い開城市が「すべての労働者が仕事と生活の中で自発的に防疫規制を遵守するように」広報活動を強化したと述べた。

スペイン全土で異様な低温。温暖なカタルーニャ地方でも多くの地域で「最高気温が氷点下」

 

2023年1月25日のカタルーニャ地方の「最高気温」

aemet.es

(観光サイトより) バルセロナの年間平均気温は約15度。平均最高気温は約20度で、平均最低気温は約11度と、一年を通して比較的温暖な気候です。6月〜9月は平均気温が20度を超え、12月〜2月は平均気温が10度前後となります。tripnote.jp


スペインの極地凍結により、気温は -15°Cに低下。イビサ島では雪が降る

EuroWeekly 2023/01/23

Polar freeze in Spain brings temperatures of -15°C and snow in Ibiza

スペインのある地域で、マイナス 15 度の気温が記録され、バレアレス諸島のイビサ島でも雪が降った。

気象庁である AEMET が確認したように、バレアレス諸島のイビサ島は、現在スペインに影響を与えている極地の凍結のおかげで異常気象に見舞われている。

1月23日の今朝、海抜 475 メートルに位置するタライア・デ・サン・ジョセップの町の住民たが目を覚ますと一面が雪で覆われていた。この町では、夜に -1.8°Cを記ました。

AEMET によると、夜間およびこれまでに記録された最低気温はピレネー山脈だった。カル・デ・バケラのリェイダの町では、-15℃まで下がった。

また、リェイダのポート・アイネでは -14.3°C を記録した。ウエスカではセルレルが -13℃、アストゥンで -12.9℃まで下がった。

石川県の1カ月のコロナ死者数が過去最多に

 

(参考報道) [東北でコロナ死者数が急増]という報道 (2023/01/24)


1カ月の死者が過去最多に「第8波の感染者は第7波を越えた」金沢市保健所は独自に情報収集【石川発】

FNN 2023/01/25

石川県内で2022年12月、新型コロナで亡くなった人は69人と1カ月あたりで過去最高だった。そして2023年1月は19日時点で59人。このまま行けば過去最多を更新する。なぜここまで死者が多いのか、現場を取材した。

金沢市の保健所。2022年9月に全数把握が簡素化された事を受け、65歳以上の高齢者や基礎疾患がある人など、重症化リスクが高い人を優先的に対応している。

昨年9月から全数把握をしなくなった事から、金沢市保健所は独自に情報を収集して、感染拡大がみられる施設に出向いているという。そこで、感染対策を指導するほか重症化の兆候がある患者がいれば入院調整を行っている。

厚生労働省の調べでは、2022年12月1日から18日までに全国で新型コロナ感染により亡くなった人は1万7676人。新型コロナで亡くなった人の約2割がこの1カ月半で亡くなった。

また、年代について先週、加藤厚労相は次のように述べている。

加藤勝信厚労相:
死者は80代以上の高齢者の割合が多い。特により高齢者、年齢の高い高齢者のリスクが高い。

しかし、18日開かれた厚生労働省の専門家会議で、脇田座長は「現時点ではウイルスが変化して、重症率や死亡率が上がっているというデータはない」と指摘している。

ウクライナ戦争勃発後も、実際には90%以上の西側企業がロシアに残り続けていることが判明

 


西側企業の90%以上がロシアに残っている

rmx.new 2023/01/23

Over 90% of western firms have remained in Russia

スイスのローザンヌにあるザンクト・ガレン大学と IMD ビジネス スクールの調査によると、ウクライナでの戦争にもかかわらず、EU と G7 の全企業のうち、実際にロシアを離れたのはわずか 8.5% にすぎないことがわかった。

戦争が勃発する前は、2,400を超える企業の支店と、EU および G7 からの 1,400の企業がロシアで活動していた。

そのうち、昨年 11月末までにロシアを離れたか、あるいはロシアで会社を売却した企業は 120社に過ぎなかった。

この研究は、西側企業がロシアから大量に流出したというニュースが、かなり誇張されていたことを示している。

ほとんどの企業は、ビジネスとスタッフを失うことを恐れてロシアを離れることに懐疑的であり、消極的だ。ルノーや日産の場合のように、ロシアを去った企業は、最終的に資産をロシアの手に渡してしまっただけだった。

フォーブスによると、最大の受益者はオリガルヒのウラジミール・ポタニン氏であり、彼のインターロス社はソシエテ・ジェネラルからロスバンクを買収し、その過程で約 500億ルーブル (約 930億円) を稼ぎ出した。

ロシア国営研究センター FSUE NAMI は、ルノーと日産が所有する工場を買収し、350億ルーブル (約 650億円)弱の資産を獲得した。