[「マスクの中がびちゃびちゃ」各地で猛烈な暑さ 熱中症に警戒を]というブレインデッド報道

(※) 「マスクの中がびちゃびちゃ」じゃなくて、なぜ外さない……。38℃ですぞ。

これって、通常の夏以上に体力の消耗が蓄積していきそうで、そこに免疫低下が加われば、もうあっという間に。

(参考記事) 社会の集団催眠は解けることがないまま終末へ進みそうな… (In Deep 2022/06/26)


「マスクの中がびちゃびちゃ」各地で猛烈な暑さ 熱中症に警戒を

TBS 2022/06/28

きょうも全国的に暑い一日となっています。兵庫県豊岡市では5日連続の猛暑日となる見込みで、熱中症への警戒が必要です。

きょう、観測開始以来、最も早く梅雨明けしたとみられる近畿地方。

兵庫県豊岡市では予想最高気温が38℃と、6月としては記録的な暑さとなり、5日連続の猛暑日となる見込みです。

豊岡市民
「暑いので子どもたちもプールに入れて涼しんでもらおうと」

また、京都市でも予想最高気温が35℃と、うだるような暑さとなりそうです。

観光客
「もう汗が拭いても拭いてもだらだらです。マスクの中もびちゃびちゃ」

各地で真夏のような猛烈な暑さが続く見込みで、熱中症への警戒が必要です。

お金で少子化は解決しないことがわかる韓国中央日報の「韓国が絶滅する?」というコラム

 

(※) この記事の最後のほあに以下の記述があります。

> 2005年に低出産高齢社会委員会が発足してから15年間、220兆ウォン(約23兆円)以上の資金を少子化対策に投入した。それでも人口問題は悪化していった。


【コラム】「韓国」が絶滅する?

中央日報 2022/06/27

「空き家」。空いている住宅を意味するこの言葉は日本の人口減少・高齢化の象徴のようだ。急激な人口減少と高齢化のため高齢の家主が死亡しても売れず、相続人が管理をあきらめて放置した家だ。東京だけで空き家の比率が住宅全体の10%を超えるほどであり、深刻な社会問題になって久しい。

日本ではこうした問題を解決するため、地方自治体ごとに「空き家バンク」を運営している。空き家の情報をオンラインなどに掲載し、希望者の売買をサポートする。入居を望めば無料または安く暮らすことができる。しかしこうした自治体の努力にもかかわらず、景気に活気がある一部の地域で取引されるだけで、投資は多くない。

日本総務省によると、2015年から4年間に住民が一人もなく消えた村が164カ所にのぼる。9日ごとに村1つが消えているということだ。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は先月、韓国の人口減少に言及した。

日本の人口が11年連続で減少していることについて「出生率が死亡率を超えるような変化がない限り、日本はいずれ存在しなくなるだろう」と警告した後だ。マスクCEOはツイッターで「韓国と香港は最も速いペースの人口崩壊に直面している」とし、世界銀行の2020年国別出生率の順位表も共有した。

これによると韓国の出生率は0.84人で、200カ国のうち最も低い。世界で人口が最も急速に減少している国が韓国だ。香港は0.87人で199位、日本は186位(1.34人)だった。マスクCEOは「韓国の出生率が変わらなければ3世代のうちに韓国の人口は現在の6%以下に減少するだろう」とコメントした。

最近の韓国経済は風前の灯火のようだ。原油価格が上昇し、サプライチェーン問題で世界はインフレーションの恐怖に包まれている。

各国の中央銀行は物価を抑えようと政策金利を競争的に引き上げて金融を引き締めている。程度の差はあるが、各国の景気沈滞は既成事実化する雰囲気だ。ところが米国など主要国の株式市場の小さな波でも韓国株式市場は大きく揺れる。韓国ウォンも同じだ。少しの衝撃でも為替レートは波打つ。さらに輸出が鈍化し、貿易赤字が拡大している。外部がくしゃみをすれば韓国は風邪をひく状況だ。それだけ韓国経済が外部の衝撃に弱いということだ。

今回の景気沈滞は韓国にとって時期的に良くない。韓国は2020年から人口の減少が始まった。初めて死亡者数(31万人)が出生数(27万人)より多い「デッドクロス」が発生した。人口の減少は成長潜在力を低下させる。さらに世界インフレと景気沈滞という強力な台風が接近している。原材料を輸入・加工して輸出する韓国には大きな打撃だ。

統計庁の将来人口推計によると、総人口は2020年の5184万人から2030年に5120万人、2040年に5019万人、2050年に4736万人に減少する。30年間に釜山の人口(336万人)の1.3倍ほどの448万人(8.6%)が消える。

人口が減れば創業する人が減り、雇用も減少する。こうなると成長が鈍って所得が減る。収入が減れば若者が結婚を避け、子どもを持とうとしない。結局は「人口減少→成長率低下→所得減少→人口減少」の悪循環に入る。英国の人口学者ポール・ウォーレス氏は人口減少が大地震に劣らずマイナスの影響を与えるとし、これを「人口地震」と表現した。

状況がこれほど深刻であるにもかかわらず、政府も民間も総体的な対応をしない。

政策決定権者が主に暮らす大都市では人口減少を肌で感じることができないからだ。また、未来に大きな困難として近づく問題だが任期内には顕著な成果を出しにくい事案であるため優先順位も低い。政権の序盤期にはあれこれと政策を出すと言って騒ぐが、結局はうやむやになる。

2005年に低出産高齢社会委員会が発足してから15年間、220兆ウォン(約23兆円)以上の資金を少子化対策に投入した。それでも人口問題は悪化していった。最悪の状況になればその時には打つ手がない。

いま韓国は徐々に温まっていく水の中のカエルと同じだ。新政権も24日、人口危機対応TFを設置した。過去の前轍を踏まないためには国を救うという使命感をを持って取り組む必要がある。韓国という国を存続させるために。

鳥取県の神社の境内にある「樹齢1000年以上のご神木」に落雷、炎上

 


神社に落雷 樹齢1000年以上の「ご神木」が火事に

山陰放送 2022/06/27

27日午後、鳥取県鳥取市の神社の境内にある樹齢1000年以上の「ご神木」から、煙が上がる火災が起きました。落雷が原因とみられています。

6月27日午後3時40分頃、鳥取市の倉田八幡宮の境内にある、大イチョウの木から煙が上がっているのを、神社関係者が発見し、消防に通報しました。

大イチョウの木は本殿のすぐ横にあり、高さおよそ40メートル、木の周りはおよそ11メートルの巨木で、樹齢1000年は超えていると言われています。

火事の原因は落雷によるものと見られています。

午後8時時点ではまだ鎮火しておらず、消防による消火活動が続いています。
なお類焼や、けが人などはありません。

島根県で過去最多の新型コロナ感染確認

 


【新型コロナ】島根県で新たに過去最多305人感染確認 出雲で158人

山陰放送 2022/06/28

島根県は28日、新たに305人が新型コロナウイルスに感染したと発表。出雲158人、松江100人、雲南35人、益田6人、浜田3人、県央2人、隠岐1人です。累計は、1万8,942人となりました。

サンドイッチ店でマヨネーズの量が多すぎるという理由での発砲殺人

 

(※) 殺人の理由としては、世界で初めての事象ではないでしょうか。「少なすぎる」というのならわかりますが…(わかってどうする)。


「マヨネーズ多すぎ」客の男が店員に発砲2人死傷

テレ朝news 2022/06/28

アメリカ南部のジョージア州でサンドイッチのマヨネーズの量を巡るいざこざから客が発砲し、撃たれた店員が死傷する事件が起きました。

店のオーナー:「信じ難いが、マヨネーズが多過ぎると文句をつけた客が激怒して一気にエスカレートした」

現地の警察によりますと、ジョージア州アトランタのサンドイッチチェーン店で26日夜、客の男(36)が「サンドイッチのマヨネーズが多すぎる」と怒りだし、店員に向けて銃を乱射しました。

店で働いていた女性2人が撃たれ、26歳の女性が死亡し、24歳の女性は重体だということです。

客の男は店から逃走しましたが、数時間後に逮捕されました。

アトランタ市では去年を上回るペースで殺人事件が起きていて、「口論」から殺人に発展するケースが最も多いということです。


 

(参考動画) 米映画『フォーリングダウン』(1993年) ※ 字幕なし

韓国ソウルで6月としては史上初の熱帯夜

 

(※) 日本と違って、韓国はほとんど雨ですけれども。


tenki.jp


韓国各地で熱帯夜 ソウルは6月で史上最も暑い夜

朝鮮日報 2022/06/27

韓国気象庁によると、ソウルの27日朝の最低気温は午前5時前に25.4度を観測し、6月としては史上初めて、最低気温が25度以上の熱帯夜を記録した。その他の地域でも記録的な暑さの夜となった。

韓国では午後6時から翌日午前9時までの最低気温が25度以上の場合を熱帯夜とする。

ソウルは前日の最低気温(24.8度)が6月としては25年ぶりに最高記録を更新したが、27日朝はこれを上回り今年初の熱帯夜となった。

大田の最低気温も25.3度、京畿道・水原が25.1度と、ソウルと同じく2日連続で最高記録を塗り替え、今年最初の熱帯夜だった。

江原道・江陵は28.8度で、6月としては11年ぶりに最高記録を更新。仁川(24.5度)、江原道の原州(25.7度)と束草(25.4度)、忠清南道の保寧(26.1度)と扶余(25.4度)も6月では過去最高となった。

光州(25.8度)と慶尚北道・浦項(27.5度)、済州(27.8度)も熱帯夜だった。

暖かく湿った空気の南西風が吹く一方、雲に遮られて地表の熱がとどまり、昼間に上昇した気温が夜も下がらなかった。

気温はしばらく平年を上回り、東海岸側と済州を中心に熱帯夜になると予想される。

[コメ農家「この暑さで稲も夏バテ」]という報道

 


コメ農家「この暑さで稲も夏バテ」関東甲信は過去最も早い“梅雨明け”

テレ朝news 2022/06/27

気象庁は27日、「関東甲信、東海、九州南部が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。どの地域も、統計開始以来、最も短い梅雨となりました。

関東甲信については、最も早い梅雨明けで、暑さに拍車がかかりました。東京都心では、6月として観測史上初となる3日連続の猛暑日を観測しました。一番暑かったのは、栃木県佐野市。観測史上最高となる39.8度まで上がりました。

埼玉県熊谷市では、37.8度を観測。地元の病院には、熱中症の患者が、次々と運び込まれました。

埼玉慈恵病院・藤永剛副院長:「いらっしゃる患者のパターンが全然違う。もう真夏の熱中症の患者。特に高齢者の方、暑さ、蒸し暑さに弱いから、その時、室内で熱中症になってしまって運ばれてくるというのが、7月下旬、8月上旬くらいに出てくるパターンだが、それがまだ6月の時点で出た。そういう患者が1人じゃない。複数運ばれているので、正直言って驚いている」

……千葉市で、東京ドーム4個分、約90枚の田んぼを持つ平川洋平さん(72)。過去最短の梅雨と異例の暑さは、コメの生育に大きなダメージを与える可能性があります。

コメ農家・平川洋平さん:「穂が出たあと、この暑さだと実に栄養がいかなくて、稲も夏バテしちゃう。出荷できない白い米がいっぱい入っちゃう。(梅雨が)今年は早く上がったので、ちょっと心配はしている。(売り上げ)何百万も違う。おそらく3割くらい違う。(今で)生産費よりちょっといいか、いかないかギリギリの所なので、それより下がるとお手上げ」

全米で730便が欠航に。原因はどうにも不明

 

(※) この報道では、原因がよくわかりません。730便となると、広いアメリカとはいえ、結構な数だと思います。


全米で730便が欠航に

CNN 2022/06/27

米各地で26日夜までに、少なくとも730便が欠航となったことがわかった。運航情報サイト「フライトアウェア」の情報で明らかになった。

26日はデルタ航空だけでも欠航は少なくとも224便に上った。ユナイテッド航空の欠航は71便、アメリカン航空は66便が欠航した。

デルタ航空の広報担当は、同社が、一部の業務グループの予定以上の欠勤や天候、航空管制の制限など、週末の業務に影響を与えた複数の要因への対応を安全に継続していると説明。「欠航は常に最終手段であり、旅行の計画になんらかの支障が及ぶ利用者に心から謝罪する」と述べた。

26日の欠航で最も大きな影響を受けたのは、ジョージア州のハーツフィールドジャクソン・アトランタ国際空港だった。

ユナイテッド航空は25日に56便、26日に70便を欠航していた。

[負債1,000万円以上の飲食業のコロナ破たんが576件で最多]という報道

 


負債1,000万円以上の飲食業のコロナ破たんが576件で最多、小規模含めると600件超え

TSR 東京商工リサーチ 2022/06/27

6月27日は16時時点で「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1,000万円以上)が6件判明、全国で累計3,535件(倒産3,387件、弁護士一任・準備中148件)となった。

2021年の年間件数は1,718件に達し、2020年の843件に比べて2倍に増加した。2022年に入っても毎月100件以上の高水準で、5月までの累計は前年同期の約3割増の817件(前年同期比29.2%増)、6月も27日までに157件とハイペースが続いている。

倒産集計の対象外となる負債1,000万円未満の小規模倒産は累計186件判明。この結果、負債1,000万円未満を含めた新型コロナウイルス関連破たんは累計で3,721件に達した。

外国人観光客の受け入れ再開、旅行補助「県民割」対象拡大の見通しなど、消費回復への期待も膨らんでいる。

一方、経済活動が活発化すれば運転資金の確保も経営課題に浮上するほか、アフターコロナへの対応に伴う資金需要も発生する。政府主導の「中小企業活性化パッケージ」の関連施策など、企業支援は拡充されている。だが、業績不振の長期化で過剰債務に陥った企業は増加している。

コロナ関連融資を得ながらも息切れするケースも散見され、コロナ破たんは引き続き高水準で推移する可能性が高い。

【都道府県別】(負債1,000万円以上) ~ 大阪府が350件目、100件以上は8都道府県 ~

都道府県別では、東京都が743件と全体の2割強(構成比21.0%)を占め、突出している。以下、大阪府350件、福岡県178件、愛知県173件、神奈川県154件、兵庫県150件、北海道142件、埼玉県133件と続く。

27日は東京都と大阪府で各2件、栃木県と愛知県で各1件判明し、大阪府で350件目となった。10件未満は1県、10~20件未満が4県、20~50件未満が24県、50件以上100件未満が10府県、100件以上は8都道府県に広がっている。

【業種別】(負債1,000万円以上)~飲食が最多の576件、建設、アパレル、食品卸、宿泊が続く ~

業種別では、来店客の減少、休業要請などで打撃を受けた飲食業が最多で576件に及ぶ。営業制限が続いた地域を中心に、経営体力の消耗やあきらめによる飲食業の新型コロナ破たんがさらに増加する可能性も強まっている。

次いで、工事計画の見直しなどの影響を受けた建設業が389件、小売店の休業が影響したアパレル関連(製造、販売)の268件。

このほか、飲食業などの不振に引きずられている飲食料品卸売業が155件。インバウンドの需要消失や旅行・出張の自粛が影響したホテル,旅館の宿泊業が134件と、上位を占めている。

【負債額別】(負債1,000万円以上)

負債額が判明した3,495件の負債額別では、1千万円以上5千万円未満が最多の1,304件(構成比37.3%)、次いで1億円以上5億円未満が1,120件(同32.0%)、5千万円以上1億円未満が678件(同19.3%)、5億円以上10億円未満が201件(同5.7%)、10億円以上が192件(同5.4%)の順。

負債1億円未満が1,982件(同56.7%)と半数以上を占める。一方、100億円以上の大型破たんも9件発生しており、小・零細企業から大企業まで経営破たんが広がっている。

【形態別】(負債1,000万円以上)

「新型コロナ」関連破たんのうち、倒産した3,387件の形態別では、破産が3,019件(構成比89.1%)で最多。次いで民事再生法が142件(同4.1%)、取引停止処分が136件(同4.0%)、特別清算が72件、内整理が14件、会社更生法が4件と続く。

「新型コロナ」関連倒産の約9割を消滅型の破産が占め、再建型の会社更生法と民事再生法の合計は1割未満にとどまる。業績不振が続いていたところに新型コロナのダメージがとどめを刺すかたちで脱落するケースが大半。

先行きのめどが立たず、再建型の選択が難しいことが浮き彫りとなっている。

【従業員数別】(負債1,000万円以上

「新型コロナ」関連破たんのうち、従業員数(正社員)が判明した3,378件の従業員数の合計は3万3,169人にのぼった。

3,378件の内訳では従業員5人未満が1,917件(構成比56.7%)と、半数以上を占めた。次いで、5人以上10人未満が662件(同19.5%)、10人以上20人未満が424件(同12.5%)と続き、従業員数が少ない小規模事業者に、新型コロナ破たんが集中している。

また、従業員50人以上の破たんは2021年上半期(1-6月)で17件、下半期(7-12月)で15件。2022年は23件発生している。

[“タンス預金”過去最高の105兆円]という報道

 

(※) ところが、日本の債務から考えると「複数年の利子程度」なんですね。日本の負債は、105兆円くらいなら 3、4年くらいずつのペースで増えています。Let’s go 預金封鎖。

(参考報道) 国の借金、過去最大の1241兆円 – 22年3月末 : 赤ちゃんから100歳超まで国民1人あたり1011万円 (2022/05/10)


今“タンス預金”過去最高の105兆円 コロナ禍で消費抑制の中…

FNN プライムオンライン 2022/06/27

自宅に置いてある「現金」いわゆる「タンス預金」が105兆円となり、年度末としては過去最高になった。

日銀が発表した「資金循環統計」によると、2022年3月末時点での家計の金融資産の合計は、前の年に比べ2.4%増えて、およそ2,005兆円となった。

このうち、「現金・預金」は2.9%増え、1,088兆円。

コロナ禍で消費が抑えられ、貯蓄が積み上がる傾向が続いているとみられる。

自宅に置いてある「現金」いわゆる「タンス預金」は、105兆円となった。

いずれも、年度末としては過去最高だった。

[今年1~3月〝死者数激増〟の謎 厚労省データ SNSでは「ワクチン接種で」との声も]という報道

(※) 本番はこれから数年ですね。ワクチン AIDS については、以下の記事をご参照下さればと思います。医者の方々も「わかってて否定している」あたりが(わかっていないのならアチャラカ)。

[記事] コロナの後天性免疫不全は「エイズより悪い」ことがイタリアの研究によって突きとめられる。膨大な数の人々が「強化されたスパイクタンパク質」を接種した日本の未来は (In Deep 2022/06/20)


今年1~3月〝死者数激増〟の謎 厚労省データ SNSでは「ワクチン接種で」との声も「乱暴な議論、複合的な要因と考えられる」

夕刊フジ 2022/06/27

今年1~3月の死者数が前年と比べ、10%近く増えていることが厚生労働省のデータで明らかになった。新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)等重点措置は実施されていた時期だが、どんな原因が考えられるのか。

厚労省の人口動態統計(速報値)によると、1~3月の全国の死者数は前年同期比3万8630人(約10%)増の累計42万2037人だった。

初の緊急事態宣言が出る直前の20年1~3月の累計死者数累計36万2526人より多い水準だ。

一方、新型コロナウイルスによる死者数は昨年12月末から今年3月末の間に9704人増にとどまっており、コロナ以外の死者も増えたとみられる。

SNSでは、《ワクチン接種による死者の増加を隠せなくなってきています》など、ワクチン接種の影響を指摘する声もあるが、東北大学災害科学国際研究所の児玉栄一教授(災害感染症学)は「ワクチン接種が理由ならば、接種回数と比例して死者が増えていくはずで、乱暴な議論だ」と否定する。

厚労省が公表した昨年2月から今年5月15日までのワクチンの「副反応疑い報告」で、死亡報告数は1324件だった。

昨年末から今年の初めは全国的に人出が増加し、徐々に活動も増え始めた時期だった。その後、感染者数の増加を受け、1月27日から3月21日まで、蔓延防止等重点措置が適用されていた。

死者の増加について児玉氏は「例年冬場は死者数が多く、元に戻った形にもみえる。高齢者では行動制限により肺炎など新型コロナ以外の感染症が抑えられていたが、人流の活発化で徐々に増えたことも考えられる。また、コロナ禍では外出が減り事故死も少なかった分、外出が増えると逆の現象が起きた可能性もあり、複合的な要因と考えられる」と指摘する。

児玉氏は「通院や受診を控えていたことで、進行の度合いが分かりにくい糖尿病や高血圧の患者が亡くなるケースも増えるかもしれない。今後2~3年は、同様の傾向に注意が必要だ」と語った。

ロシア政府が「穀物輸出税」をドルからルーブルに切り替える可能性

 


ロシアは穀物輸出税をルーブルに切り替える可能性がある

world-grain.com 2022/06/24

Russia may switch grain export tax to rubles

ロシアは、穀物とヒマワリの種の輸出税を、商品トレーダーの要請により、米ドルからルーブルに段階的に切り替えることを検討している、とロイター通信は、インターファクス通信の報道を引用して報じた。

2つの業界筋はロイター通信に対し、トレーダーはロシアの農業省が設定した小麦輸出税のメカニズムを変更するよう政府に求めていたと語った。これは現在の為替レートでは6月22日から28日まで1トンあたり7,568.61ルーブルになる。しかし、当局間の合意はなかった。

世界最大の小麦輸出国であり、ヒマワリの種の主要な供給国であるロシアは、2月24日に、ウクライナに軍隊を派遣するという政府の決定を受けて、米国とヨーロッパの制裁措置に直面している。

ロシアの穀物輸出は、食品、農産物、医薬品の取引は免除されているものの、高い輸出税、強いルーブル、貨物の問題、制裁による先物販売の欠如の中で、7月1日に新しいマーケティングシーズンが始まるために制限されている。

インターファクス通信によると、政府筋は、「政府省庁は、ロシアの農家の収益性と投資の魅力を維持するために、穀物とヒマワリの種の税制の近代化について話し合っている」と述べた。「生産の収益性を低下させるリスクを考慮し、輸出税に一定の割引を与えることが議題だ。これは国内価格には影響しないが、輸出に影響する」

関東甲信、東海、九州南部などが史上最短の梅雨明け。東京の6月の降水量は平年の半分以下

 


関東甲信、東海、九州南部が梅雨明け
各地で史上最短の梅雨に

weathernews.jp 2022/06/27

今日6月27日(月)、気象台から関東甲信地方、東海地方、九州南部の梅雨明けが発表されました。各地とも平年より早い梅雨明けで、梅雨の期間は史上最短を更新しています。

今年は猛暑や水不足等が心配な夏となりそうです。

梅雨の期間と梅雨明けの平年・昨年比

九州南部 16日間
 平年より18日早く、昨年より14日早い

東海地方 13日間
 平年より22日早く、昨年より20日早い

関東甲信地方 21日間
 平年より22日早く、昨年より19日早い

関東甲信地方の梅雨期間降水量(6月6日から6月26日まで)

     降水量    平年値
長野    76.0 mm    76.2 mm
宇都宮   67.0 mm   131.6 mm
前橋    95.5 mm   111.3 mm
熊谷    82.0 mm   115.0 mm
水戸    67.5 mm   100.6 mm
甲府    55.0 mm    85.1 mm
銚子    62.0 mm   129.0 mm
東京    59.0 mm   127.5 mm
横浜    87.5 mm   144.7 mm
千葉    73.0 mm   114.9 mm

またもロシア大儲け: [英米日加、ロシア産金の輸入禁止へ]という報道

 

(※) ここまで来るとワザとっぽいで。石油と同じで、金価格が上昇して、ロシアがさらにリッチになる。そもそも現在のロシアの中央銀行は「金の売り手ではなく、買い手」です。以下は米ゼロヘッジの報道からの抜粋です。

> 近年の金の最大の購入者はG7諸国(米国、フランス、カナダ、ドイツ、日本、英国、イタリア)ではなく、その多くはすべてではないにしても多くの金を素朴に売っている。購入はすべて、ロシアが行っていることを非ドル化することによって静かに準備している発展途上国の中央銀行(インドやトルコ、そしてもちろん中国)によって行われている。ロシアに関しては、中央銀行は売り手ではなく積極的な金の買い手であり、どちらかといえば今回の G7の決定は、金市場を石油市場の二の舞にするだけだろう。そしてロシアの友人にとっては金は安くなり、ロシアの敵には金は高くなる。 (zerohedge.com

(参考報道) ロシアはまだヨーロッパへの石油販売から毎日1億ドル以上を稼いでいる (2022/06/24)


英米日加、ロシア産金の輸入禁止へ 制裁強化の一環=英政府

ロイター 2022/06/27

英政府は26日、英米日とカナダがロシア産の金の新規輸入を禁止すると明らかにした。ウクライナ侵攻を巡る制裁強化の一環。

英政府が主要7カ国(G7)首脳会議に先立ち発表した声明によると、禁輸措置は近く発効し、新たに採掘または精錬された金に適用される。既に輸出済みのロシア産金は対象とならない。

英政府によると、昨年のロシアの金輸出は126億ポンド(約2兆円)。ロシア人富裕層は西側の制裁による影響を和らげるため金塊を購入しているという。

ジョンソン英首相は声明で、禁輸について「ロシアのオリガルヒ(新興財閥)に直接打撃をもたらし、プーチン(ロシア大統領)の軍の心臓部を攻撃する措置だ」とし、「プーチン政権の資金源を断つ必要がある。英国と同盟国はまさにそれを行っている」と述べた。

[インフル、日本でも流行警戒 免疫減少か、豪州で急増]という報道

 

(※) このタイトルは、「インフル、日本でも流行警戒 (コロナワクチンの影響による)免疫減少か」にしてほしかったですね。ワクチンによる免疫抑制が理由の感染拡大だとすれば、いつもと違い、重症化する人(特に子ども)が、ものすごく増えるはずで、単なるインフルエンザが SARS のような致命的な病気となってしまう。

以下は、オーストラリアの2019年からのインフルエンザの感染者数の推移です。


ABC


インフル、日本でも流行警戒 免疫減少か、豪州で急増 – コロナと同時拡大懸念

時事 2022/06/27

南半球のオーストラリアでインフルエンザ患者が急増している。

過去2年間に流行せず免疫を持つ人が減ったことや、新型コロナウイルス対策が緩和されたことが要因とみられる。両者が同時流行する「ツインデミック」と言える状況で、専門家は「日本でも同様のことが起きる恐れがある。特に今季はインフルエンザのワクチン接種を受けてほしい」と訴える。

豪州は北半球の日本と季節が逆で、間もなく本格的な冬を迎える。豪州のインフル患者数は日本の流行を予測する重要な指標とされる。

豪州保健省によると、同国の患者数は例年6~9月ごろにピークを迎える。2020、21年は流行しなかったが、今年は4月末から患者報告数が急増。既に過去5年間で最も流行した17年8月を超えた。世界保健機関(WHO)によると、同じ南半球の南米チリやウルグアイでも患者が増えている。

厚生労働省によると、日本でも過去2シーズンは流行せず、免疫のない人が増えているとみられる。新型コロナの水際対策緩和により、今月から訪日観光客の受け入れも再開され、インフル流行の条件がそろったとの指摘もある。

既に集団感染事例も発生した。東京都立川市の小学校で3年生14人がインフル陽性となり、21、22日に学年閉鎖となった。

[記録的な暑さで62人搬送 熱中症か]という報道からわかること

(※) 以下のようにあるのですが……。

> 80代が最も多く19人。70代が12人と続き、90代も4人いるなど、高齢者が搬送されるケースが目立っている。

この62人中のうちの 27人は高齢者ではないということですね。

今日も 3歳くらいの子どもにマスクさせている光景見ましたし、小さな子どもの熱中症が頻発しそうです。


記録的な暑さで62人搬送 熱中症か、都内各地で6月最高気温を記録

朝日新聞デジタル 2022/06/25

東京消防庁によると、東京都内(稲城市と島嶼部を除く)では25日午後3時現在、熱中症とみられる症状で5~92歳の計62人が救急搬送された。このうち80代男性と50代女性の2人が重症で、入院して治療が必要な状態だという。ほか19人が中等症、41人が軽症だった。

救急搬送された62人の年代別では、80代が最も多く19人。70代が12人と続き、90代も4人いるなど、高齢者が搬送されるケースが目立っている。

気象庁によると、都内では25日午後3時現在、9地点で今年最高気温を記録。うち青梅市(38・3度)や八王子市(38・1度)、練馬区(36・8度)、奥多摩町(35・3度)の4地点で6月の観測史上最高となった。

アフガニスタンで「夏の氷点下の気温」により12人の子どもが寒さで死亡

 


夏の雪と氷点下の気象がアフガニスタン東部で12人の命を奪う

watchers.news 2022/06/24

Summer snowfall, freezing weather claims 12 lives in eastern Afghanistan

過去数日間、夏の雪と氷点下の天候がアフガニスタン・クナル州のチャウカイ地区を襲った後、12人の子供たちが命を落とした。

アフガニスタンの多くの地域では、最近モンスーンによる大雨と洪水が発生し、少なくとも400人が死亡している。

この大雨により、泥やその他の天然素材で作られた伝統的な家屋は被害を受けやすくなり、その後、6月21日にM5.9の浅い地震が発生したときに多くの家屋が倒壊した。その結果、少なくとも1,000人が死亡した。

このアフガニスタンの地震は国際的に報じられたが、夏の降雪と氷点下の気象がクナル州で12人の子供たちの命を奪ったことについては報じられていない。

犠牲者は、すべて遊牧民の家族に属しており、放牧のために動物を山につれていっていた際に起きた。

大雪は、アフガニスタン中央部のバーミヤン州にも影響を及ぼした。州のさまざまな地域で、夏のシーズンの初めとしては異常なレベルの低い気温と雪を報告した。

バーミヤンは肌寒い山岳地帯だが、この時期の雪は 20年ぶりだという。

アメリカの 5歳未満向けのコロナワクチン配布が400万回分超に

 


米5歳未満向けコロナワクチン配布が400万回分超に=米厚生省

ロイター 2022/06/24

米厚生省報道官は23日、ロイターに対し、17日に全米の薬局や診療所や子ども病院に配布を開始した生後6か月から5歳未満向け接種用の新型コロナウイルスワクチンが、配布実績で400万回分を超えたと明らかにした。

数週間前に事前注文を受け付け始めて以来、厚生省が受けた注文は計約430万回分に達しているとし、さらに注文受け付けを続けていくと表明した。米政府としてまず1000万回分を入手できるようにしており、さらに入手を増やすという。この年齢層への接種でワクチン供給面での障害はないと強調した。

米食品医薬品局(FDA)の緊急使用承認を受けて、米政府はただちに各地への配布を開始している。

国勢調査局のデータによると、2019年の5歳未満人口は約2000万人。

[しちりん使用でガス代節約を タイ政府呼び掛け]という報道

 

(※) 七輪があったか…。買っておこうかな…と思ってしまいました。


しちりん使用でガス代節約を タイ政府呼び掛け、国民そっぽ

時事 2022/06/25

燃料価格が高騰しているタイで、政府がガス代節約のため、木炭を使うしちりんの利用を家庭や飲食店に呼び掛けたところ、都市部を中心に「木炭も値上がりしている」「時代遅れ」と反発する声が広がっている。

エネルギー省はしちりんならガスを使った場合より「1家庭当たり年500~600バーツ(約1900~2300円)節約できる」と説明。しちりんは「有害な煙も出さない」と利点を強調した。

これに対し、野党・前進党のナチャー下院議員は「ばかげた解決策。政府はエネルギー危機に対応できないと認めるべきだ」と非難した。

ロシアのヨーロッパからのガス輸出の収益が「 1日で 135億円」に達している

 


ロシアはまだヨーロッパへの石油販売から毎日1億ドル以上を稼いでいる

zerohedge.com 2022/06/24

Russia Is Still Earning More Than $100 Million Every Day From Oil Sales To Europe

ブルームバーグが引用した Independent Commodity Intelligence Services(ICIS)のデータによると、ロシアは、過去1週間にEUの主要消費者への配送が大幅に削減されたにもかかわらず、ヨーロッパに販売するガスから毎日 1億ドル (135億円)以上の収益を上げている。

天然ガス価格の高騰により、ロシアのガス輸出による収入は、昨年の、まだロシアがヨーロッパへのガスの流れを制限していなかった収入と等しいと考えられている。

「ガスプロムによるヨーロッパへの毎日の供給が75%削減されたにもかかわらず、毎日の収益は1年前と同じであり、コロナ以前の時代よりも高いことは衝撃的です」と ICISのガス分析責任店頭者はブルームバーグに語った。

過去1週間、ロシアは、ロシアが 望む方法で支払いを処理するためにガスプロムバンクでルーブルに口座を開設するというプーチンの要求に買い手が屈したにもかかわらず、最大の顧客であるドイツとイタリアを含む主要なヨーロッパの消費者への供給を大幅に減らした。

さらに、ノルドストリームの年次メンテナンスが予定されており、7月の2週間、パイプラインを介した配送が完全に停止され、ヨーロッパは冬の前にガス貯蔵サイトを適切なレベルまで満たすためにさらに購買を続ける。

EUがロシアの海上石油の禁輸を年末までに発効し、パイプラインのガス供給が大幅に減少したにもかかわらず、ロシアは石油とガスの高価格の恩恵を受け続けている。

ロシアの石油収入と戦争の財源を傷つけるように設計された西側の制裁にもかかわらず、ロシアは依然として石油とガスの収入でさらに多くの数十億米ドル (数千億円)を獲得している。

ロシアのウクライナ侵攻以来、エネルギー商品価格が上昇したため、ロシアは6月だけで 63.7億ドル (約 8600億円)もの追加の石油とガスの収入を受け取ると見込んでいると財務省は今月初めに述べた。

岡山県の旭川水系ダムの貯水率が減少し、20年ぶりの第一次取水制限へ

 

岡山の今後の天気予報。雨は少なそうです。

RSK


旭川水系ダムの貯水率減少 このまま回復しなければ約20年ぶりの第一次取水制限へ【岡山】

RSK山陽放送 2022/06/24

梅雨にも関わらず雨が少ない状況が続き、ダムの貯水率も減少しています。水不足が顕著になるなか、旭川流域では来月4日から第一次取水制限が実施される事になりました。

岡山市北区建部町と吉備中央町にまたがる旭川ダムです。岡山県では今年5月以降の降水量が、ここ10年の平均の5割ほどにとどまっています。

旭川流域にある2か所のダムの合計貯水率は35.6%と、渇水の目安である40%を下回っています。

24日、国や県などで行われた会議では「今後調整を行わなければ、来月中に貯水量がゼロになる」として、農業用水などを30%カットする第一次取水制限を行う事を決めました。

(岡山河川事務所 大作和弘所長)
「やはり水資源には限りがありますので、県民には節水に取り組んでいただくとか、水を大切に使っていただけたら」

このまま貯水量が回復しなければ、第一次取水制限は来月4日から始まります。旭川水系で取水制限が行われた場合、2002年以来、約20年ぶりです。

オーストリア、成人のワクチン義務廃止

 


オーストリア、成人のワクチン義務廃止 「接種促進にならず」

ロイター 2022/06/24

オーストリアのラウヒ保健相は23日、成人に対する新型コロナウイルスワクチン接種義務を廃止すると表明した。欧州最低水準の接種率向上にはつながらないと判断したという。

記者会見で「複数の世論調査では、市民の13%が義務化されてもワクチン接種しないことが示されており、強制措置は接種促進につながらない」と述べた。

ほぼ例外なく全成人に接種を義務付けるこの措置は、欧州連合(EU)域内唯一の厳格なものだった。しかし2月の導入時には違反者への罰則はなく、政府は3月の罰金導入前に措置を停止した。