ヨルダンがイスラエルを支援した場合「ヨルダンを次の標的にする」とイラン軍が声明

 

それぞれの国の位置関係

「昼なのにヨルダン」とか言っている場合ではなくなってきそうです。大戦争の気配も漂ってきています。


ヨルダンがイスラエル支援なら「次の標的」=イランメディア

ロイター 2024/04/14

イラン軍の関係者は、イスラエルへの報復攻撃中にヨルダンがイスラエル支援に動けば「次の標的」になると警告した。イランの半国営通信ファルスが14日報じた。

軍関係者は「われわれは、イスラエルへの報復攻撃中、ヨルダンの動きを綿密に監視している。ヨルダンが、イスラエル支援につながる行動に参加すれば次の標的になる」と述べたという。




イスラエル政府がイランに対して「前例のない対応」を約束し、テレビは「国民は就寝しないように」と呼びかける

 

「前例のない対応」って何でしょうか。


イスラエル・チャンネル12がイラン攻撃への「前例のない対応」を約束した「イスラエル高官」の談話を引用。イスラエル国民に就寝しないよう呼び掛ける

Times of Israel 2024/04/14

Ch. 12 quotes ‘senior Israeli official’ pledging ‘unprecedented response’ to Iran attack, urging Israelis not to go to bed


2024年4月14日早朝、イランがイスラエルに向けて弾道ミサイルを発射した後、夜空にミサイル迎撃の光が見えるエルサレム旧市街の神殿の丘の頂上にある岩のドーム。

チャンネル12は、「イスラエル高官」がイランの攻撃に対して「前例のない対応」を約束し、イランでこれから起こることを理由に、イスラエル国民に就寝しないよう呼び掛けたと伝えた。




イランがイスラエルへの攻撃を開始。イランがユダヤ人国家に直接軍事攻撃を行ったのは史上初めて

 


イスラエルに対するイランの報復攻撃が始まった

NBC NEWS 2024/04/14

Iran’s retaliatory attack on Israel has begun

イランがイスラエルへの攻撃を開始した。これは地域紛争を引き起こし、米軍を引き込む可能性がある。

この攻撃は、イランがユダヤ人国家に対して直接軍事攻撃を開始した初めてのこととなった。

イスラエル軍当局者たちは、イランの無人機 100機以上がイスラエルに向かって攻撃を開始したと述べた。ドローンが到着するまでには数時間かかるとみられ、イスラエル当局者たちはドローンを迎撃したいと述べている。

バイデン政権の高官は、今回の攻撃には数十発の巡航ミサイルや弾道ミサイルも含まれる可能性があると警告した。

同当局者は、イスラエル政府施設が標的となるが、民間施設や宗教施設は標的にならないと予想していると述べた。同高官は、地域内の米国資産も標的にされる予定はないと述べた。

同高官は、米国とイスラエルは攻撃に対する防御方法について緊密に連携していると述べた。 「イスラエルは準備ができている」




コロナワクチン接種後の「精神病症状」に関してのレビュー論文。半数は回復せず

 

4月12日に、ラトビアの医学者たちによって発表された論文の概要部分です。

ここに、

> 全体として、患者の 50% が完全回復を達成した。

とあり、つまり、半分は「回復しなかった」ようです。


COVID-19 ワクチン接種後に新たに発症した精神病:系統的レビュー

frontiersin.org 2024/04/12

New-onset psychosis following COVID-19 vaccination: a systematic review

目的:私たちの系統的レビューは、COVID-19 ワクチン接種後に新たに発症した精神病の症例を調査することを目的とした。

方法: 2019年12月1日から2023年11月21日までの期間に、PubMed、MEDLINE、ClinicalKey、ScienceDirectを使用して、COVID-19 ワクチン接種後に新たに発症した精神病に関する症例報告と一連の症例の系統的レビューを実施した。

結果:合計 21の論文で、COVID-19 ワクチン接種後に新たに発症した精神病症状の 24例について説明した。

これらの症例のうち、54.2% が女性で、平均年齢は 33.71 ± 12.02 歳だった。症例の 33.3% で mRNA BNT162b2 ワクチン(ファイザー社ワクチン)によって精神症状が誘発された可能性があり、ウイルスベクター ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン(アストラゼネカ社のワクチン)接種後の 25% で精神病症状が現れた。

平均発症時間は 5.75 ± 8.14 日で、ほとんどが 1回目または 2回目の投与後に報告された。精神病症状の持続期間は 1~ 2か月で、平均は 52.48 ± 60.07日だった。

症例の 50% で血液検査の異常が認められ、主に軽度から中等度の白血球増加症と 反応性タンパク質の上昇が認められた。磁気共鳴画像検査の結果は 20.8%で異常であり、多くの場合、白質(脳の領域)における流体減衰型反転回復高信号が示された。

治療には、症例の 83.3%に非定型抗精神病薬、37.5%に定型抗精神病薬、50%にベンゾジアゼピン、20.8%にステロイドが投与され、25%に抗てんかん薬が処方された。

全体として、患者の 50%が完全回復を達成した。

結論:COVID-19 ワクチン接種後の精神医学的副作用に関する研究は限られており、ワクチンの利点または欠点について結論を出すのは困難だ。

ワクチン接種は一般に安全だが、データは、若年層、mRNA、ウイルスベクターワクチンと、ワクチン接種後 7日以内に新たに発症する精神病との間に潜在的な関連性があることを示している。

ワクチン関連の精神医学的影響に関するデータの収集は予防のために重要であり、包括的な管理にはワクチン接種後のメンタルヘルス反応を監視および治療するためのアルゴリズムが必要だ。




トリニダードの新生児集中治療室で「4日間で7人の乳幼児が細菌感染症で死亡」

 

トリニダード・トバゴの場所

Google Map


トリニダードの病院で7人の子供が細菌感染で死亡

saltwire.com 2024/04/12

Seven children die from bacterial infection at Trinidad hospital

トリニダードのポート・オブ・スペイン総合病院で、4日間で 7人の幼児が細菌感染症により死亡したと島の保健当局が発表した。ポート・オブ・スペイン総合病院は、島の首都の主要な医療施設だ。

病院の管理を担当する同国の北西部地域保健局の発表によると、集団感染は同病院の新生児集中治療室で発生した。

子どもたちは遅発性新生児敗血症で死亡した。新生児敗血症は急速な発症と潜在的に壊滅的な結果をもたらすことで知られる疾患だ。

トリニダード保健当局によると、犠牲者は全員、生後 32週未満であり、早産で集中治療の支援が必要な子どもたちだった。

保健局によると、検査室の調査により、病棟内に少なくとも 3種類の懸念される細菌、セラチア・マルセセンス、ESBL肺炎桿菌、およびクレブシエラ・エアロゲネスが存在することが判明したと述べた。

保健局は昨夜の声明で、「高用量の抗生物質を投与し、高度かつ集中的な心肺サポートを提供したにもかかわらず、この感染症が早産児の一部の命を奪った」と述べた。

保健局によると、病棟には細菌を殺すための化学薬品が散布されており、4月7日以来新たな死者は出ておらず、流行は抑えられているという。

トリニダード政府は汎アメリカ保健機関(PAHO)に対し、乳児の死亡に関する調査への協力を要請したと、同国のテレンス・デヤルシン保健大臣が 4月12日、同島の議会で明らかにした。

同氏は、政府は何が起こったのかを調査したいと考えており、独自の内部調査とは別に、地域団体の協力を求めていると述べた。




フランスが自国民に「今後数日間はイラン、レバノン、イスラエル、パレスチナ自治区への渡航を絶対に控える」よう警告。フランス外交官の家族も退避

 


フランス政府、「イラン、レバノン、イスラエル、パレスチナ領土への渡航を断固として控える」ように国民に要請

france24.com 2024/04/12

France ‘imperatively’ urges against travel to Iran, Lebanon, Israel and Palestinian territories

フランス政府は 4月12日、自国民に対し「今後数日間はイラン、レバノン、イスラエル、パレスチナ自治区への渡航を断固として控える」よう警告したと外相の側近が AFP に語った。

イスラエルが、4月1日にシリアのイラン総領事館を襲撃し、将軍 2名を含むイラン革命防衛隊 7名が死亡したことを巡り、イランはイスラエルへの報復を警告しており、中東での暴力激化への懸念が高まっている。

フランスのステファン・セジュルヌ外相は危機会合で、イランにいるフランス外交官の家族を退避させることと、フランスの公務員をこれらの国への任務に派遣しないことを要請した。




カタールとクウェート政府が、米国による対イラン攻撃のための空軍基地・空域の使用を禁止

 


カタールとクウェート、米国による対イラン攻撃のための空軍基地・空域の使用を禁止

defencesecurityasia.com 2024/04/12

Qatar and Kuwait Prohibit US from Using Its Air Bases, Airspace for Strikes on Iran

カタールとクウェート政府は米国に対し、米国の戦闘機がこれらのアラブ諸国の空軍基地を使用してイランを空爆することは認められないとの指令を出したと伝えられている。

米戦闘機の軍事基地使用が禁止されただけでなく、カタールとクウェートは、イランに対するいかなる軍事行動にも領空の使用を禁止した。

この措置は、イランに対する米国の攻撃能力を大幅に制限する。

イランと国境を接するカタールとクウェートは両国とも中立の立場を強調し、地域での紛争を回避したいとの意向を示している。

米国はクウェートのアリ・アル・サレム空軍基地とアハメド・アル・ジャベル空軍基地、そして中東最大の米空軍基地であるカタールのアル・ウデイド空軍基地に軍用機を駐留させている。

アラブの主要な空軍基地、特に湾岸諸国には、戦闘機、偵察機、給油機、武装無人機など、多数の米国および同盟国の軍事資産が駐留している。

ポリティコなどの米メディアは、アラブ首長国連邦を含む湾岸アラブ諸国が現在、米国と同盟国の戦闘機がイランの代理組織に対する空爆を目的として空軍基地を出発することを制限していると報じた。

イスラエル戦闘機がシリアのダマスカスにあるイラン大使館を爆撃し、イラン軍高官3人が死亡したことへの報復として、イスラエルがイランから攻撃された場合、米国はイスラエルを「守る」と期待されている。

最近、ジョー・バイデン米国大統領は、イスラエルの安全保障に対する米国のコミットメントは依然として堅固であり、テルアビブをイランとその代理組織による攻撃から守るためにあらゆる必要な措置を講じると述べた。

この声明は、イランがテルアビブに対して軍事行動をとった場合、米国がイランに対する攻撃に参加する可能性を高めている。

一方、メディア報道によると、イランは複数のアラブ諸国に対し、イスラエルがイランから攻撃された場合には介入しないよう米国に勧告するよう通知したとのこと。

イランは、米国がイスラエルを支援して介入すれば、イランは中東の米軍基地を標的にするだろうと警告した。