「ニュース」カテゴリーアーカイブ

[バンド「 GAUZE 」が解散]という報道

 

あーついに……。日本というか世界で唯一無比のハードコアパンクバンドでした。

まあお年もあるでしょうが、私の二十代の貴重な音楽体験でもありました。

最も好きだった曲と、その歌詞など。

Pressing on 歌詞

敵を作れ どんどん作れ
八方美人で 誤魔化してんじゃない
人に憎まれ 生きてみろ
誰もが何かを恐れているのが見える

Pressing on

敵を作れ どんどん作れ
敵を作って 負けない自分を作れ
小さなところで 偽らず 諦めず
怒りを 涙を溜めて 生きろ

Pressing on


GAUZEが解散

音楽ナタリー 2022/11/27

GAUZEが本日11月27日に解散することを発表した。

昨年7月に13年7カ月ぶりのアルバム「言いたかねえけど目糞鼻糞」をリリースしたGAUZE。

突然の解散の理由について「現メンバーになって以来、一人でも脱退したら解散と決めていましたが、この度それが現実となってしまった為」とTwitter公式アカウントで説明している。

GAUZEは1981年に結成されたハードコアパンクバンドで、結成以来ライブイベント「消毒GIG」を主催。

日本のハードコアシーンを代表するバンドとして海外のリスナーからも熱狂的な支持を集めており、近年はフグ(Vo)、シン(B)、モモリン(G)、ヒコ(Dr)の4人でライブ活動を行っていた。

 

(追記) 検索していたら、自分でもすでに忘れていた10年くらい前の自分のサイトの記事が出てきました。11月28日とあります。

> 受験とかもそうですが、スポーツとか、もっというと「国家」とか、そういうものすべてにおいて「敵を作りなさい」という教育を私たちはずっと受けてきて、今もそれは続いている。 

などと書いていました。

若気の至りですね(10年前なら全然若くねえだろ)。

 

タリバンが1990年代以来初めて公開むち打ち刑を実施

 

(参考記事) タリバン指導者がアフガニスタンで「シャリア法」の厳格な施行を要求。公開処刑、手足の切断、投石による死刑等の実施を裁判官たちに命令
地球の記録 2022年11月15日


タリバンが1990年代以来初めて、サッカー スタジアムで公開むち打ちを実施

zerohedge.com 2022/11/26

Taliban Conducts 1st Public Whipping In Soccer Stadium Since 1990s

今週、タリバンは 1990年代以来初めて、サッカースタジアムで公開むち打ち刑を行った。

アフガニスタン東部において、タリバン最高裁判所が男性11人と女性3 人 に、同性愛者との性行為を含む「姦通、強盗、その他の形態の腐敗を含む、さまざまな罪」で有罪判決を下した後のことだった。

この 14人のグループは、ロガル州で 11月23日に群衆の前でむち打たれた。タリバンの声明は誇らしげに、「罰を目撃するために、スタジアムには学者、当局、および一般の人々が立ち会った」と述べた。

この不穏な光景は、タリバンが、全土で「シャリア法をより完全に実施する」と発表したと同時に行われた。

タリバンはまた、1990年代の支配下で、姦淫の罪に問われた女性への投石を含む公開処刑で有名だった。女性や囚人たちが、群衆の前で至近距離から撃たれることもあった。

タリバンがカブールに侵入した2021年に米国が同国から撤退して以来、このイスラム主義政府がイスラム教の「重大な罪」を破ったとして切断などの罰を復活させたという広範な報告がある。

サッカースタジアムでの公開処罰を復活させることは、そのような暴力的で極端な司法措置が「道徳的犯罪」に対して再び一般的になろうとしていることを強く示唆している。

日本で異例のペースで鳥インフルエンザが拡大。すでに、275万羽の鶏が殺処分

 


鳥インフル、異例のペースで感染拡大 世界的流行に起因か

産経新聞 2022/11/23

強い毒性を持つ高病原性鳥インフルエンザが猛威を振るっている。22日現在、1道9県の養鶏場で14例が確認され、ニワトリの殺処分数は275万羽を超えた

過去最多だった2シーズン前を上回るペースで感染が広がり、国内では初めて3季連続の感染が確認された。

欧州で過去最大の発生が続くなど世界的流行に起因するとみられるが、日本でも今後毎シーズン発生する懸念が高まる。

環境省によると、今季の1例目は9月25日、神奈川県に飛来した野鳥から採取し、確認された。

例年であれば、海外から多くの渡り鳥が飛来する10月下旬以降に最初の感染がみられるが、今季は1カ月以上も早かった。

以降、北海道や岡山、香川、鹿児島県など1道9県の養鶏場に飛び火し、自治体では家禽の殺処分や消石灰の配布などの防疫対策に追われている。同省の担当者は「もはや全国どこでも発生のリスクがある」と話す。

今季のこれまでに発生した家禽の鳥インフルエンザは、いずれも致死率の高い「H5型」が検出された。生きたニワトリがウイルスを増殖し拡散させる恐れがあるため、養鶏場からの移動は制限され、家畜伝染病予防法に基づく殺処分の対象となる。

国内では平成15年度の冬シーズンに79年ぶりとなる高病原性鳥インフルエンザが発生、この年は約27万羽が殺処分された。

その後は数年に1度のペースで起こっていたが、令和2年度には過去最大の約987万羽、翌年度は約189万羽を殺処分するなど、近年は発生周期が短くなり、感染規模も拡大の一途をたどっている。

感染経路は、ウイルスに感染した渡り鳥を通じて海外から日本に持ち込まれると推定されるが、飛来シーズンである10月下旬から3月下旬にかけて頻繁に発生する。

ただ、欧州を中心に2季連続で世界的な感染拡大が続いており、韓国でも感染に歯止めがかからない状況が続く。

5年間、街のゴミを拾い続けるスウェーデンの猫

 

「分別はしないニャン」


近所のゴミを拾う猫のデクスター

nyadagbladet.se 2022/11/25

Katten Dexter plockar skräp i grannskapet

猫のデクスターはゴミを拾って主人を幸せにするのが好きだ。彼は5年間、アイスクリームの包み紙からソーセージの包み紙まで、あらゆる街頭のゴミをゆっくりと、しかし確実に掃除してきた。

オスタルスカル地区に住む 9歳の飼い猫デクスターは、過去5年間、この地域で大量のゴミを拾い、それを主人と母親の元に持ち帰り続けている。

デクスターは、以前は他の多くの猫と同様に、死んだネズミや鳥を家に持ち帰っていて、それは主人たちに感謝されていなかったが、 ある日、デクスターは、ネズミの死骸ではなく、アイスクリームの包装紙を持って家に帰ってきた。飼い主であるフレドリック・ワイステンさんは喜んでそれに反応した。

「最初は、また鳥の死骸かと思ってため息が出ました。しかし、デクスターが持ってきたのは、アイスクリームの包み紙だったのです。その後、多くのゴミをデクスターは家に持ち帰るようになりました」

最初は、地元のビーチからゴミを持ち帰ってきたところから始まった。アイスクリームの包装紙、ビニール袋、ソーセージのパッケージなどだ。

それ以来、デクスターは地域の捨てられたゴミを片付けてきた。フレドリックさんと妻のスザンヌさんは、それらのゴミを 125リットルの黒いゴミ袋に入れている。その袋はほぼ 1年でいっぱいになるという。

「デクスターは珍しい趣味を持つただの猫に過ぎないですが、彼のしていることで、近所が清潔になっています」

デクスターは2匹の猫と一緒に住んでいるが、現時点では、他の2匹はゴミ拾いに興味はないようだ。

ウクライナ政府が「薪」の輸出を禁止

 


ウクライナ政府は薪の輸出を禁止した

RT 2022/11/25

Правительство Украины запретило экспорт дров

ウクライナのデニス・シュミハリ首相は、ウクライナの内閣が薪の輸出を禁止することを決定したと述べた。

シュミハリ首相は、テレグラムで、「政府は薪の輸出を禁止することを決定しました」と述べた。

首相によると、暖房の主な資源として薪を蓄積する必要がある。

現在、被害をまったく受けていない火力発電所や水力発電所は、すでにウクライナ国内には残っていないと首相は言う。

一方、欧州委員会はEU諸国に高電圧変圧器と発電機をウクライナに送るように要請した。

11月23日、ウクライナで稼働中の 3つの原子力発電所が国のエネルギーシステムから切断された。南ウクライナ原子力発電所とリヴネ原子力発電所は緊急停止モードにあり、フメリニツキー原子力発電所は停止した。

真夏を迎えたオーストラリアで「本格的な雪」。例外的な異常気象が続く

 

57年ぶりの夏の寒波らしく、しかしオーストラリアは現在、農業の最盛期に向かっていると思われるので……大丈夫でしょうか。


夏が始まる数日前にオーストラリアの3州で雪が降る

news.com.au 2022/11/23


ニューサウスウェールズ州アルパインのペリッシャーは、一晩でゲレンデに 25cm という驚異的な積雪を記録した。

夏が正式に始まるまであと数日だが、オーストラリアのいくつかの州の住民たちは、氷点下の気温と一面の新雪と共に目覚めた。

気象局によると、ニューサウスウェールズ州の高山地帯での寒波は 11月24日まで続くと予想されている。

ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、タスマニア州のスキーリゾートでは、10月の降雪シーズンが終わって以来、最も大きな降雪量が報告された。

11月23日の朝、ニューサウスウェールズ州アルパインのペリッシャーは、一晩でゲレンデに 25cmという驚異的な雪が降ったことを記録した。

最新のパウダーダンプでは、過去 1週間で合計 42cm の驚くべき積雪があった。

あと 1週間で、季節は夏を迎える。

ペリッシャーの 11月24日の日中の最高気温は 12℃になるが、夜は 1℃ まで下がり降雪があると予測されている。

ペリッシャー近くのスレドボのリゾート地では、スキーシーズンが終わってから 1か月以上経った11月23日、住民たちは、氷点下の気温と 16cmの新雪で目覚めた。

これらの場所では、今週、気温が再び氷点下になると予測されており、さらに雪が降る可能性があると予測される。

キャンベラの住民たちは、11月23日日に 9℃という極寒の気温で目が覚めた。

さらに南にあるビクトリア州ブラー山では一晩で 19 cm の雪が降り、住民は翌日にもまだ雪が降っていると報告した。

夏が近づいているという事実にもかかわらず、ビクトリア州のブラー山では過去 2日間で 30cmの新雪を記録した。

オーストラリア国内の他の場所では、人々が、極端な洪水、熱波、モンスーンの脅威と戦っている。

気象学者のアリソン・オズボーン氏は、新年に向けて厳しい天候がオーストラリアのすべての地域に影響を与えると警告した。

「今シーズン、それがオーストラリアのどこであっても、ある種の極端な気象現象から免れられることはほとんどありません」と彼女は警告した。

中国、2万カ所をロックダウン

 

[参考記事] 中国のロックダウンは「第三次世界大戦の延長」かと。目的は「西側の食糧、エネルギー供給と流通システムの混乱による経済の崩壊」
In Deep 2022年4月18日


中国、ロックダウン2万カ所 コロナ感染最多で厳戒態勢

共同 2022/11/24

中国政府は24日、新型コロナウイルスの封じ込めを目指し、全土の計約2万カ所でロックダウン(封鎖)を続けた。

1日当たりの新規感染者数が23日に約3万人と最多を記録。今後感染が拡大する恐れがあるとして、各地で臨時の隔離施設を設営するなど厳戒態勢を敷いた。市民生活に多大な影響が出ている。

習近平指導部は10日、感染を徹底的に抑え込む「ゼロコロナ」政策の継続と一部緩和の方針を決定。

11日には、隔離期間短縮などの緩和策を発表した。

ところがその後、感染者の増加傾向が続き、封鎖への不満から大規模な抗議活動が発生。習指導部は的確な対応を迫られている。

好調なロシア経済。税収が昨年比で77兆円増加する見込み

 


連邦税務局は、ロシア予算への税収が 27.4 兆ルーブルに増加したと発表した

RT 2022/11/21

В ФНС заявили, что поступления налогов в бюджет России выросли до 27,4 трлн рублей

ロシア連邦税務局の責任者であるダニール・エゴロフ氏は、ロシアの連結予算への税収は、10月までの期間で昨年比 18%増加し、27.4兆ルーブル (約62兆円)に達しており、今年末までに 33.3兆ルーブル (77兆円)に達すると予想されていると述べた。

エゴロフ氏は、ロシアの予算における税収の状況は順調に進んでいるとプーチン大統領に述べた。

これに先立ち、プーチン大統領は、 2023年から 2025年にかけてガスおよび石油産業の税負担を増加させる法律に署名した。

カタール政府が中国と「史上最長」となる「27年間の天然ガス供給」の契約を締結

 

と、カタールの国務相は語ーる。


カタール、中国と天然ガス供給27年契約締結 「史上最長期間」

AFP 2022/11/21

カタール国営エネルギー企業「カタールエナジー」は21日、中国と天然ガス供給で「史上最長期間」となる27年契約を締結したと発表した。欧州がロシア産ガスの代替調達先を求めて奔走する中、カタールはアジアとの関係を強化している。

同社によると、中国石油化工(シノペック)に対し、新たに開発されたノースフィールドイースト輸出基地から年間400万トンの液化天然ガス(LNG)を供給する。

エネルギー担当国務相であり、カタールエナジー最高経営責任者(CEO)のサアド・シェリダ・カアビ氏は「LNG業界史上最長期間となるガス供給契約」だと述べた。

日本、中国、韓国をはじめとするアジア諸国は、カタール産天然ガスの主要な輸出先となっている。ロシアのウクライナ侵攻開始以降は、欧州諸国も取引を模索しているが、ドイツなどはアジア諸国とは異なり長期契約には消極的であるため、交渉は難航している。

ノースフィールドイースト輸出基地は、カタールのLNG生産拡大プロジェクトの中心的存在。生産量は2027年までに60%超増加し、1億2600万トンに達すると見込まれている。同輸出基地からの供給契約を結んだのは、中国が初めて。

中国で半年ぶりにコロナ死者が発生。ゼロコロナ政策が厳格化する可能性

 


アジア株は下落 中国ロックダウン拡大懸念広がる、半年ぶりにコロナ死者でゼロコロナ緩和期待は消滅

Kabutan 2022/11/21

アジア株は下落 中国ロックダウン拡大懸念広がる、半年ぶりにコロナ死者でゼロコロナ緩和期待は消滅

東京時間14:04現在
香港ハンセン指数   17589.65(-402.89 -2.24%)
中国上海総合指数  3072.09(-25.16 -0.81%)
台湾加権指数     14460.20(-44.79 -0.31%)
韓国総合株価指数  2413.70(-30.78 -1.26%)
インドSENSEX30種  61262.90(-400.58 -0.65%)

アジア株は総じて下落、中国ロックダウン拡大懸念が広がっている。

中国の20日の新規感染者は2万6000人を越え、2名がコロナ感染により死亡した。19日に5月下旬以降で初めてのコロナ死者が出たことでゼロコロナ緩和期待は消滅。

死者が出てしまったことで、中国政府はロックダウンなどの厳しいコロナ規制を拡大する可能性が高まっている。経済活動停滞となれば中国をはじめ世界的に景気が冷え込む恐れがある。

北京市では人口が最も多い地域で自宅待機などのコロナ規制が21日以降も継続される。

広州市では新たに一部地域でロックダウンを実施、石家荘市の一部地域では大規模なコロナ検査が実施される。

香港の李家超行政長官が先週末にタイで開かれたAPEC首脳会議後に受けたコロナ検査で陽性と判明した。なお、行政長官はAPEC会議の際、中国の習近平国家主席の隣に座っていた。

香港株は2.24%安、2週間ぶりの日中下落率を記録。ハイテクや消費者サービス、不動産、医療品など幅広い銘柄が下落している。特にカジノ関連の下げがきつい。サンズチャイナは6.3%安、ギャラクシーエンターテイメントは6.1%安。

カナダ上空に小惑星が突入。地表に衝突する前に空中で爆発、崩壊

カナダ上空で爆発した小惑星2022 WJ1

spaceweather.com


小さな小惑星がカナダ上空で崩壊

spaceweather.com 2022/11/21

SMALL ASTEROID DISINTEGRATES OVER CANADA

11月19日、最近の歴史で 6回目となる、地球に衝突する軌道をもつ小惑星が発見された。

天文学者のデビッド・ランキン氏は、11月19日にアリゾナ州レモン山で定期調査を行っていた際、小惑星帯から入ってくる 0.7メートルの小惑星を発見した。 3時間後、その小惑星はカナダの上空で燃えて崩壊した。

小惑星が大気圏に突入した後、地上の気象レーダーは、地表から 850メートルの深さまで、崩壊しつつある小惑星の破片を追跡した。崩壊した小惑星の隕石は、オンタリオ州グリムズビーの東の地面に到達した可能性がある。

NASAの天体物質研究・探査科学部門によると、落下の大部分はオンタリオ湖に落ちたが、グリムズビーの東に小さな塊があり、マクナブの近くに大きな塊が見つかった可能性がある。

小惑星センターは、この小惑星を2022 WJ1 と命名した。

米ニューヨーク州が前例のない過去最大の大雪に見舞われている。1日の積雪量が2m以上

 

11月18日 NY州ハンブルグ

sott.net


2メートルの雪の吹きだまりと放棄された車の数々 – 前例のない降雪がニューヨークを襲った

InoTV 2022/11/21

NBC: двухметровые сугробы и брошенные автомобили — на Нью-Йорк обрушился небывалый снегопад

前例のない規模の冬の嵐が米国北東部を覆ったと 米 NBC が報じた。ニューヨーク州の西部では、1日で 1.5メートル以上の雪が降り、観測史上最大の記録となった。全体が外の世界から遮断され、280人が緊急サービスの助けを必要とした。

この歴史的な嵐は、11月20日もニューヨーク西部を飲み込んでいる。ニューヨーク州オーチャード パークだけでも少なくとも 77インチ (約2メートル)の積雪があり、わずか 24時間で推定 66インチの積雪となり、ニューヨーク州の史上最高記録を打ち立てた。

NBC ニュース特派員: これが長く続くほど、問題は大きくなりますか?

ニューヨーク州ラッカワナ市長: そうですね。今夜の予報にある別の降雪があれば、状況は予測不能になります。

五大湖地域の被害は壊滅的だ。当局によると、雪かき中に心臓発作を起こし、ニューヨーカー2人が死亡したという。また、当局によると、インディアナ州で除雪車の運転手が車の横転の事故により死亡した。

今夜、6つの州の 900万人が厳しい気象警報を受け取った。ウィスコンシン州とミシガン州の一部では、2フィート (60cm)以上の積雪があった。一方、バッファローは吹雪から抜け出そうとしている。

地元住民: 私は長い間ここに住んでいますが、これは私が今まで見たことのないものです.。

予報によると、今後さらに数インチの降雪が降る見込みという。

国連のロシア非難決議に「反対した19カ国」に対して、日本政府は無償の資金提供を決定した

 

なんか……こう……よくわかんないですが、ロシア RT もこれを速報で報じていました。


ロシア非難の国連決議 反対の19か国に計128億円の無償資金供与

NHK 2022/11/21

ロシアのウクライナ侵攻を非難する国連決議に反対した国に対し、政府が、合わせて128億円の無償の資金供与を決めていたことが、財務省の調べで明らかになりました。

財務省の調査によりますと、ウクライナ侵攻を継続するロシアに対する国連の非難決議などに反対した19か国に対し、今年度のODA=政府開発援助のうち、返済を必要としない無償の資金供与が決定されていたということです。

金額の多い順にラオスに29億円、ベトナムに17億円、イランに16億円などとなっていて、総額は128億円にのぼります。

財務省は、所管する外務省に対して「ODAの戦略的活用を図りながら、国際社会の平和と安定に重要な役割を果たし、国としてプレゼンスの向上につなげていく必要がある」と指摘し、見直しを求めています。

これに対して外務省は、「供与の対象には、国際機関経由の支援や、現地のNGOへの支援も含まれている。政府が対象の場合も外交的意義や人道開発状況など、事業ごとに妥当性を判断しており、直ちに不適当だとは考えていない」としています。

新型コロナの影響で各国の財政状況が悪化する中で、ODA予算の見直しに動く国もあり、人権上の観点も含めて政府の対外援助の在り方が一段と問われることになりそうです。

米国の中古住宅販売が「リーマンショック以来最速のペース」で急落

 

米国の中古住宅販売の「前年比減少率」の推移

zerohedge.com


米国の既存住宅販売が、「リーマン以来」最速のペースでクラッシュしている

zerohedge.com 2022/11/19

US Existing Home Sales Are Crashing At Their Fastest Pace ‘Since Lehman’

10月の米国の住宅市場 (9月の低迷後) については、10月の米国既存住宅販売が前月比 5.9% (予想の 6.6% をわずかに上回る) に急落したため、あまり良い感じではなかった。これで 9か月連続の売上減少となる。

この毎月の減少により、中古住宅販売の前年比減少率は -28.4% となり、2008年以来の最悪の水準となった

新型コロナウイルスによるロックダウンのどん底を除けば、これは 2011年 12 月以来の最も低い住宅販売数だ。

NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏は、「住宅ローン金利が上昇したため、10月には住宅ローンの資格を失う可能性のある住宅購入者が増えた」と述べた。

「この影響は、国内の物価の高い地域や、近年住宅価格が大幅に上昇した市場でより大きくなると見られます」

10月末に登録された総住宅在庫は 122万戸で、9月と1年前(123万戸)の両方から0.8%減少した。

10月のすべての住宅タイプの中古住宅価格の中央値は379,100ドルで、すべての地域で価格が上昇したため、2021年10月(355,700ドル)から6.6%上昇した。これは 128 か月連続の前年比増加であり、記録上最長の連続記録です。

ただ、今週の住宅ローン金利が 0.5%近く急落し、1981年11月以来最大の週比での下落を記録したことから、11月の中古住宅販売には明るい兆しが見える可能性がある。

「ウクライナ軍は10万人以上死亡している」:元米陸軍大佐のダグラス・マクレガー氏

 


米軍の元大佐:ウクライナ軍は10万人以上が死亡した

RT 2022/11/20

Экс-полковник ВС США: ВСУ потеряли более 100 тысяч убитыми

元米陸軍大佐のダグラス・マクレガー氏は、現在の紛争中にウクライナ軍が10万人以上を失ったと述べた。

「彼らウクライナ軍は(ロシアには)勝てない。…彼らは10万人以上が死亡しており、数十万人が負傷した」とマクレガー氏はグレイゾーンとのインタビューで語った。

マクレガー氏によると、ウクライナ軍は「最後の足で」立っており、「粉砕される」壊滅的な打撃を待っている状態だという。

以前、米軍の統合参謀本部議長であるマーク・ミリー将軍は、ウクライナ軍はロシア軍をウクライナから追い出すことはできないだろうと述べた。

ミリー将軍はまた、冬の始まりが ウクライナ危機の政治的解決の「窓」を開く可能性があることを認めた。

スイスが33年ぶりとなる大規模軍事演習を実施

 


スイスは30年以上ぶりに大規模な軍事演習を開催 – 政府

urdupoint.com 2022/11/18

Switzerland To Hold Large-Scale Military Drills For First Time In Over 30 Years – Gov’t

スイスは来週、5,000人の兵士が参加する軍事演習「 PILUM 22 」を開催する。これは、33年ぶりのこのような規模の軍事訓練だと政府は11月18日に述べた。

スイスは来週、5,000人の兵士が参加する軍事訓練 PILUM 22 を開催する。

スイス当局によると、演習は11月22日から 29日まで、ベルン、ゾロトゥルン、アールガウ、ルツェルン、チューリッヒの各州で開催される。

この PILUM 22 の計画には 2年かかったと政府は述べる。

最後の同等のスイスでの軍事演習は 1989年に開催された。PILUM 22 演習中、軍隊は機械化された旅団のさまざまな要素の相互作用をチェックする。訓練には、陸上を含む武力紛争の中で国とその住民を保護する能力の評価が含まれると政府は声明で述べた。

5,000人の兵士とは別に、演習には1つの兵站 (後方支援部隊)と4つの機械化された大隊が含まれる。

アメリカのインフルエンザの入院率が過去10年で同時期では最大に

 

(参考データ)2016年から今シーズンまでの米国のインフルエンザ入院数の推移の比較

CDC


この時期のインフルエンザ入院率は10年以上で最高:CDC

Epoch Times 2022/11/19

Flu Hospitalization Rate Highest in Over a Decade for This Time of Year: CDC

米国疾病管理予防センター (CDC) は11月18日、最新のデータが、この時期のインフルエンザによる入院率が、過去 10年以上で最も高いことを示していると指摘した。

CDC が 11月18日に更新した週間米国インフルエンザ入院監視レポートによると、累積入院率は、 2010年から 2011年までのすべてのシーズンの第 45週で観察された率より高かった。

これは、呼吸器合胞体ウイルス (RSウイルス) を含む他の呼吸器系ウイルスの蔓延の中で起きている。

インフルエンザに関連する入院率に関する重要なデータの CDC の情報源の1つであるインフルエンザ入院監視ネットワークシステムのデータによると、人口10万人あたりの全体的な累積入院率は8.1だった。

この割合は、2010年から 2011年までさかのぼる前のシーズンの第 45週で観察された値よりも高く、それらの時期では、0.1 から 0.9 の範囲であったと CDC は述べている。

2022 年時点で人口 10万人あたりの入院率が最も高いのは 65歳以上の成人 (18.6) で、続いて、0歳から 4歳の子供 (13.6)、50歳から 64歳の成人 (8.0)、5歳から 17歳の子供(7.3)および18〜49歳の成人(4.2)が続いた。

国内インフルエンザサーベイランスの CDCチームリーダーであるリネッテ・ブラマー氏は、11月4日のメディアブリーフィングで「時期として(通常と比較して)早い」と述べた。

CDC によると、季節性インフルエンザの活動性は全国的に上昇しており、米国南東部と南中部地域で最も高いレベルのインフルエンザ活動性が報告されている。

今シーズンこれまでに、インフルエンザに起因する少なくとも 440万人の感染発症、38,000人の入院、および 2,100人の死亡があったと推定されている。

今週、インフルエンザに関連した小児の死亡がさらに 2人報告され、今シーズンこれまでに合計 7人の小児のインフルエンザによる死亡が報告された。

サウジアラビアの指導者が韓国と「戦略的パートナーシップ」を確立 (日本への訪問はキャンセルされた)

 

サウジのムハンマド皇太子は、この翌日に来日するはずでしたが、あっさりキャンセルされています。…何でしょうね、この流れ。

(参考報道) 岸田総理と週末会談予定のサウジ・ムハンマド皇太子の来日がキャンセルに 日本の最大の原油調達先 (TBS NEWS DIG 2022/11/18)


サウジのムハンマド皇太子が韓国と300億ドルの協力協定を締結

Cradle 2022/11/17

MbS signs $30 billion cooperation agreement with South Korea

韓国とサウジアラビアの指導者は、11月17日に防衛、建設、エネルギー関係を強化することを約束し、サウジアラビアドはソウルを拠点とする企業と「戦略的パートナーシップ」を確立するために 300億ドル (約 4兆1000億円)にのぼる契約に調印した。

韓国のユン・ソクヨル大統領は、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子に、両国が二国間協力を拡大できることを望んでいると語り、サウジと韓国はエネルギーと経済の安全保障の重要なパートナーであると付け加えた。

ユン氏は声明の中で、韓国は国営企業をサウジアラビア北西部の 5,000億ドル (約70兆円)規模の NEOM スマートシティプロジェクトなどのプロジェクトに組み入れ、原子力エネルギー協力を拡大することを目指していると述べた。

事務所は「特に防衛産業、インフラ、建設分野で韓国との協力を抜本的に強化したい」と明らかにした。

合意の中で、韓国電力公社と他の 4つの韓国企業は、サウジアラビアの公共投資基金との間で、サウジアラビア王国で水素とアンモニアの生産プラントを建設し運営するための覚書に署名したと同社は述べた。

サウジアラビアの石油大手アラムコも、韓国の石油化学プロジェクトに 70億ドルを投資する計画だと述べた。

ムハンマド皇太子は現在、G20に参加するためにインドネシアに立ち寄った後、東アジアを訪れている。サウジの国営報道機関アル・リヤドによると、皇太子は次にタイと日本を訪問し、エネルギーと二国間協力について話し合う予定だという。

OPECが石油生産を日量 200万バレル削減することを決定した後、アメリカとサウジとの関係が緊張した結果、サウジアラビアは経済拡大のために東に傾くことを決定した。

10月、中国外務省は、BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)戦略的同盟の拡大に対する中国の支持を表明した。以前、南アフリカのラマポーザ大統領は、ムハンマド皇太子がグループに参加したいという願望を表明したと述べた。

OPEC の創設メンバーであるサウジアラビアは、世界最大の原油輸出国の 1つだ。

[ウクライナ首都の電力網「完全停止」の恐れ]という報道

 

(※) 最近の報道を見ていますと、この記事にもありますように、

> 首都キーウ(キエフ)の…

と、わざわざキエフと注釈することが多くなりました。改名直後はしていなかったのに。


ウクライナ首都の電力網「完全停止」の恐れ、国内インフラ半分が停止

ロイター 2022/11/19

ウクライナのシュミハリ首相は18日、国内のエネルギーシステムのほぼ半分がロシア軍の攻撃により機能停止状態に陥っていると明らかにした。首都キーウ(キエフ)の当局者は、首都の電力網が「完全に停止」する可能性があると警告している。

シュミハリ首相は欧州委員会のドムブロフスキス委員との会談後「ロシアはウクライナの重要インフラへのミサイル攻撃を続けており、エネルギーシステムのほぼ半分が使用不能になっている」と述べた。

首都キーウはロシア軍のミサイルやドローンによる攻撃で大きな被害を受けた都市の一つで、電気、暖房、水道などが影響を受けている。

キーウ市のミコラ・ポボロズニク次官は「(電力網の)完全な停止を含むさまざまなシナリオへの対応を準備している」と述べた。電力網が完全に停止した場合の措置については言及しなかったが、キーウ当局者はこれまでに住民の他の都市への避難は検討していないと明らかにしている。

ウクライナの送電網運営会社ウクレネルゴによると、ロシア軍は10月10日、11日、17日、31日、11月11日、15日に大規模なミサイル攻撃を実施。ウクレネルゴはこの日、修理のためにすでに予定されていた送電削減に加え、緊急停電を宣言した。

ウクライナ全土ですでに気温は0度以下に低下しており、冷え込みが厳しくなる冬季の状況悪化が懸念されている。

イタリア政府が「顔認証の使用を禁止」

 


イタリア、犯罪対策以外は顔認識技術を禁止

reuters.com 2022/11/15

Italy outlaws facial recognition tech, except to fight crime

イタリア政府は、11月14日、顔認証と「スマートグラス」の使用を禁止した。イタリアのデータ保護庁は、この技術の実験を行っている2つの自治体を非難した。

生体認証データを使用した顔認識システムは、特定の法律が採択されるまで、または少なくとも来年の終わりまで許可されないと、イタリアのプライバシー監視機関は述べている。

例外は、そのようなテクノロジーが司法捜査や犯罪との戦いで役割を果たす場合のみだ。

「モラトリアムは、比例性の原則に従って、顔認識に関連する資格要件、条件、および保証を規制する必要性から生じる」と、当局は声明で述べた。

欧州連合とイタリアの法律の下では、公的機関がビデオデバイスを使用して個人データを処理することは、公共の利益に基づいて一般的に許可されており、公的機関の活動に関連している場合に限られ使用される。

ただし、それらを使用したい地方自治体は、中央政府の代表者と「都市安全保障協定」を結ぶ必要があると付け加えた。

同機関は、当局が顔認識に基づく技術の使用を開始すると述べたイタリア南部の都市レッチェで講じられた措置に対応した。

レッチェ市は、採用されたシステム、その目的と法的根拠、および監視デバイスがアクセスするデータベースのリストの説明を提供するよう命じられた。

プライバシー監視機関は、地元警察が車のナンバープレートを認識できる赤外線スーパーグラスを装備する予定だったトスカーナの都市アレッツォも標的にした。

ソフトバンクGの孫会長の個人負債が6600億円に

 

(※) 今年、フォーブスから発表された孫会長の資産は、2兆7920億円ですが、孫会長の純資産は、95%がソフトバンクGの株だそうですので、ソフトバンクG株に何かあると、大変そうです。


ソフトバンクGへの孫氏負債47億ドル、ノーススター損失負担含め-報道

bloomberg.co.jp 2022/11/18

ソフトバンクグループへの孫正義会長兼社長の個人負債が、合計47億ドル(現在の為替レートで約6600億円)に上ると英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。ソフトバンクGの最近の開示資料や同社が確認した情報に基づき、独自に分析した。

ソフトバンクGの上場株投資運用子会社「SBノーススター」の損失を考慮すると現時点でその数字になると同紙に対し、ソフトバンクGが確認した。

ノーススターの投資損失は9月末時点で合計60億ドル近くに上り、孫社長が損失の3分の1を個人的に負担する必要があるという。

このほか「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」2号ファンドとラテンアメリカ・ファンドへの出資の際、孫氏は現金で支払いを行っておらず、多額の未決済残高が存在する。

テキサス州で非常にまれなマグニチュード5クラスの地震が発生。同州で史上3番目の強さ

 


珍しいマグニチュード 5.3 の地震がテキサス州西部を襲う

Gateway Pundit 2022/11/16

Rare 5.3 Magnitude Earthquake Hits West Texas

めったにないマグニチュード 5.3 の地震が、11月16日午後3時30分頃、メントン近くのテキサス州西部を襲った。

これは、テキサス州を襲った史上 3 番目に強い地震となる。

アメリカ地質調査所によると、テキサス地震の震源地はトヤの西約30マイル (48キロメートル)だった。

NewsWest9が報じたところによると、アルパインまで揺れが感じられたという。地震に続いて、いくつかの余震があった。

これまでのところ、破損や怪我の報告はない。

NewsWest9は次のように報告した。

米国地質調査所は、マグニチュード 5.3 の地震が11月16日午後3時30分頃に、テキサス州西部の大部分を揺るがしたと報告した。

地震は、ペコスの北西約 35マイル、メントーンの西南西、深さ約 5.5マイルで発生した。その後、マグニチュード 2.8とマグニチュード 2.6余震が 2回発生した。

これは、テキサス州を襲った史上 3番目に強い地震であり、1995年以来最も強い地震となる。州史上最も強い地震のリストにある他の西テキサス地域には、フォートデービス、アルパイン、ラビング郡が含まれる。