新型コロナワクチン後遺症 患者の会の調査で、医師から受けた診断名の最多は「うつ病」

 

以下のような記事にもありますが、理屈としては、接種後のうつ病などのメンタル疾患の発生は、ごく普通に考えられることです。

数年後の社会 : 双極性障害、大うつ病性障害、統合失調症、アルツハイマー病… HHV-6の再活性化が及ぼす広い影響に戸惑うばかり
In Deep 2021年9月16日

「データでみる実態 – 患者の会データ」より


​新型コロナワクチン後遺症 患者の会




オーストラリアのビクトリア州で心停止率が5年間で20%上昇

 

5年間という括りですが。


ビクトリア州で心停止率が20%上昇、生存率は低下

Epoch Times 2024/04/14

Cardiac Arrest Rates up 20 Percent in Victoria, Survival Rates Fall

ビクトリア州の突然の心停止は過去 5 年間で 20% 増加しており、患者の 95% 以上が死亡している。

オーストラリアのビクトリア州では、突然の心停止とその死亡率の驚くべき上昇が記録されている。過去 5年間で、影響を受ける人の数は 20%増加し、95%以上が死亡している。

ビクトリア州救急車心停止登録簿(VACAR)の 2022/23年の最新統計によると、心臓が突然停止した 7,830人のうち、生き残ったのはわずか 388人だった。

地方在住者は、首都圏より発作に見舞われる可能性が 50%高く、の結果死亡する可能性が高かった。


100,000 人あたりの突然の心停止の発生率の推移。

このうち 2,800件近くは地方で発生しており、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが始まって以来、心停止率は 15%上昇していた。

ビクトリア州全体の突然の心停止の数は、2018/19年に 6,519件が記録されて以来毎年増加しており、その間に生存率もほぼ 1%低下している。




調査で、英国の医師の3分の1が海外に移住する可能性があると回答

 


調査で、英国の医師の3分の1が海外に移住する可能性があると回答

Epoch Times 2024/04/12

A Third of Doctors Say They Are Likely to Move Abroad: Survey

一般医療評議会の世論調査によると、医師の13%が海外移住する可能性が「非常に高い」と答え、さらに17%が海外移住する可能性が「かなりある」と答えた。

Screenshot

一般医療評議会(GMC)の調査によると、英国で勤務する医師の3分の1近くが、今後12カ月以内に移住する可能性が高いと述べている。

4月12日に発表されたGMCの調査によると、現役医師の 13%が来年移住する可能性が「非常に高い」と答え、さらに 17%が「かなりその可能性がある」と答えた。

GMCのチャーリー・マッシー最高経営責任者(CEO)は、この調査結果は「英国が直面している課題をはっきりと思い出させるものだが、医療指導者、雇用主、労働力計画担当者がどのように状況を改善するための介入を目標にできるかについて貴重な洞察も示している」と述べた。

「2023年に実際に海外で開業する医師の数は比較的少なかったが、これらの調査結果は、状況が改善しない場合のすべての人への警告となる。」

この研究は IFF リサーチによって昨年末に完了し、4月12日に発表されたもので、現在英国で勤務している医師、海外で開業するために英国を離れた医師、またはその後英国を離れた 3,000人以上の医師を対象とした調査結果に基づいている。

医師たちに移住を検討する理由を尋ねたところ、「給与の増加」が 79%でトップとなった。

4分の3(75%)が、「職業的に過小評価されていると感じている」ため、海外での練習を検討していると答えた。また、「生活の質の向上」を望む割合が高かった(72%)。

その他の理由としては、「役割の要求が幸福に悪影響を及ぼす」(62%)、「非労働時間の増加」(61%)が挙げられた。

英国の開業医の 10人に 1人(13%)以上が自宅に帰りたいと考えていた。海外に行って戻ってきた人のうち、33%は母国または出身国に行きたいと考えていた。



4月14日の一晩で、イスラエルのミサイル防衛にかかった費用は「1500億円以上」

 


イランの攻撃に対するイスラエルの一夜の防衛には「10億ドル以上の費用がかかった可能性がある」

Middle East Eye 2024/04/14

Israel’s defence against Iran attack overnight ‘likely cost over $1bn’

一晩の防衛にかかった費用は、イランが攻撃を開始するために支払った費用よりも大幅に高いと見られている。

イスラエル軍の元財務顧問によると、 イランの大規模な無人機とミサイル攻撃を一夜にして迎撃した防衛システムを稼働させるために、イスラエルは 10億ドル(約1500億円)以上の費用がかかったという。

「今夜の防衛費は一晩あたり 40~ 50億シェケル[ 10~ 13億ドル]程度だった」とリーム・アミノアック准将は、イスラエルの Ynet ニュースのインタビューで推定した。

アミノアック氏は、この驚異的な費用は、イランが攻撃を開始するために費やした比較的低額とは対照的であると強調し、イランが攻撃に費やした額はイスラエルが攻撃を阻止するのに要した費用の 10パーセント未満であるとの試算もある。

イランは今月初めにイスラエルがシリアの総領事館を攻撃し、イラン革命防衛隊の上級司令官 2人が殺害されたことを受け、4月13日、イスラエルに向けて 300機以上の無人機とミサイルを発射した。

イスラエルは、自国軍とその同盟国がミサイルの 99%を迎撃したが、弾道ミサイルの一部はイスラエルの防衛を突破し、イスラエル南部のネバティム空軍基地に着弾したと発表した。

「アローシステムで撃墜する必要がある弾道ミサイル、他のミサイルで撃墜する必要がある巡航ミサイル、そして実際には主に戦闘機で撃墜する UAV(無人航空機)について話している」とアミノアック准将は述べた。

「それらのコストを合計すると、アローミサイルに 350万ドル、デビッド・スリングに 100万ドル、そして、ジェット機にかかる費用などだ。合わせると、40~50億シェケル(約 1500億円〜 2000億円)という桁違いの額になる」

デビッド・スリングは、中長距離のロケットやミサイルを迎撃することを目的とした兵器システム。アローシステムは、イランが 13日に発射した種類の弾道ミサイルやイエメンのフーシ派が発射した長距離ミサイルを含む長距離ミサイルを阻止するように設計されている。




どうも小惑星が一つ地球に衝突していた模様。そして3日の間に「月より近い位置」を5つの小惑星が通過していた

 

この「LD」という単位は、月から地球への距離(384,401 km)の単位で、1未満ということは、 月から地球への距離より近いところを通過していたということです。

どれもきわめて小さな小惑星ですので、地球の大気圏に衝突しても、すぐに燃え尽きて実害はまったくないのですけれど、4月11日に小惑星が地球に衝突していたには、していたようです。


spaceweather.com


spaceweather.com




「コンピュータモニターやテレビモニターからの電磁場による神経系の操作」という米国特許

 

2021年6月に特許の期限は切れているようです。


モニターからの電磁場による神経系の操作

Google Patents 2001

Nervous system manipulation by electromagnetic fields from monitors

概要

感覚共鳴を興奮させるためなど、1/2 Hz または 2.4 Hz 付近の特定の周波数でパルスされる弱い電磁場による皮膚の刺激に応答して、人間の被験者で生理学的効果が観察されている。

多くのコンピュータモニターや TV管は、パルス画像を表示するときに、そのような励起を引き起こすのに十分な振幅のパルス電磁場を放射する。

したがって、近くのコンピューターモニターまたはテレビセットに表示される画像をパルスすることによって、被験者の神経系を操作することが可能となる。

後者の場合、画像パルスをプログラム素材に埋め込むことも、RF信号またはビデオ信号としてビデオストリームを変調することによってオーバーレイすることもできる。

コンピュータのモニタに表示される画像は、簡単なコンピュータプログラムによって効果的にパルス化される場合がある。

特定のモニターでは、表示された画像がサブリミナル強度でパルス化されている場合でも、近くの被験者の感覚共鳴を励起できるパルス状の電磁場が生成される場合がある。