大平洋の海洋ゴミの最大の出所は日本

 


太平洋のゴミの 92%は 6つの国から来ている

nyadagbladet.se 2022/09/13

92 procent av Stilla havets skräp kommer från sex länder

科学者たちは、太平洋で収集された何千もの破片をテストし、それらがどこから来たのかを突き止めた。特定されたゴミの 92% 以上は 6 か国で発生しており、その半分近くは 20世紀のものだ。

太平洋にゴミが散乱していることは古くから知られている。科学者たちは、海に浮かぶゴミの巨大な「島」を特定しており、これを北太平洋ゴミベルトと呼んでいる。

ゴミの島は実際には海流に巻き込まれたプラスチックの小さな破片で構成されている。ゴミはしばしば底に沈むため、「島」の表面の下にはさらに多くのゴミが集まっている可能性がある。

現在、オーシャン・クリーンアップ・プロジェクトが、オランダのワーヘニンゲン大学の研究者グループと協力して、北太平洋ゴミベルトで収集されたゴミを収集し、テストしたと ZME Science が報告している。

研究者たちは、それがどこから来たのかを突き止めることを目的として、約 6,000個の破片を集めました。

ゴミの 3分の 1については、出所を特定できなかったが、232個のごみの出所が見つかり、これらの 92%以上がわずか 6か国からのものだった。

最大のシェアは日本で 33.6% だったが、次が中国で 32.3% と僅差だった。韓国のゴミは 9.9%、アメリカは 6.5%で4位、台湾は 5.6%、カナダは 4.7%だった。

ゴミの 49%が 20世紀に発生したと判断でき、最も古いものは 1966年のブイだった。ゴミの大部分は特定できなかったが、大部分はさまざまな漁具からのものだった。