「経済崩壊」カテゴリーアーカイブ

ソフトバンクグループが出資する米ウィーワークが連邦破産法を申請

 

(参考記事)「地球規模のシステミック・メルトダウン」
In Deep 2023年3月12日


ソフトバンクグループ出資 米ウィーワークが経営破綻

NHK 2023/11/07

ソフトバンクグループが出資するアメリカのシェアオフィス大手、ウィーワークは、コロナ禍を背景としたオフィス利用の減少に伴って経営が悪化し、日本の民事再生法にあたる連邦破産法第11条の適用をアメリカの裁判所に申請して経営破綻しました。

会社は2010年の設立以来、日本を含む世界でシェアオフィスを展開し、日本のソフトバンクグループが出資していました。

しかし、コロナ禍を背景にオフィス需要が落ち込む中で利用が減少して会員の解約が相次ぎ、経営が悪化していました。

ことし8月、6月までの3か月間の決算を発表した際には、最終赤字となったことに加え、会社として事業を継続する能力に「重大な疑義がある」と明らかにしていました。

傘下の投資ファンドを通じて出資していたソフトバンクグループは、今回のウィーワークの経営破綻で業績に影響が出る可能性もあります。



韓国政府、株式の空売りを2024年6月まで禁止に

 

空売りを禁止するとですね、市場から流動性が失われまして、過去の例では、中長期で市場は活気のないボロボロの状態になります。


韓国、株式の空売りを2024年6月まで禁止へ

japantimes.co.jp 2023/11/05

South Korea to ban short-selling of stocks until June 2024

韓国金融委員会は、規制当局が規則や制度を「積極的に」改善できるよう、韓国は 2024年6月まで株式の空売りを禁止すると発表した。

同委員会は 5日、コスピ200指数とコスダック150指数の株式について、11月6日から 6月末まで借株による取引が禁止されると発表した。

金融委員会のキム・ジュヒョン委員長は会見で、「市場が混乱する中、世界の投資銀行による大規模な違法なネイキッド空売りとさらなる違法行為の状況を発見した」と述べ、「違法な空売りが弱体化する深刻な状況だ。公正な価格形成を妨げ、市場の信頼を傷つける」と語った。

当局は違法な空売り行為に対する処罰の強化も求める。11月6日に特別調査チームを導入し、世界銀行の空売り取引の調査を継続する予定だ。

金融監督院のイ・ボクヒョン総裁は記者団に対し、韓国の空売り取引の大半を占める世界的な銀行10行が捜査を受けることになると語った。

空売りは 1兆7000億ドルの国内株式市場のうちごく一部を占めており、取引所のデータによると、コスピの時価総額の約 0.6%、コスダックの時価総額の約 1.6%に相当する。

規制当局の発表は、4月に国会議員を選出する総選挙に先立って行われた。一部の与党議員は、空売り行為に抗議活動を行った個人投資家たちの要求に応え、株式の空売りを一時的に中止するよう政府に求めた。

投資家たちは、空売りは外国人投資家や機関投資家に不公平な利益をもたらすと主張している。



アイオワ州の銀行シチズンズ・バンクが閉鎖。全米で今年5番目の銀行破綻

 


アイオワ州エメッツバーグのアイオワ信託貯蓄銀行がアイオワ州サックシティのシチズンズ銀行の預金をすべて引き継ぐ

連邦預金保険公社 (FDIC) 2023/11/03

Iowa Trust & Savings Bank, Emmetsburg, Iowa, Assumes All of the Deposits of Citizens Bank, Sac City, Iowa

アイオワ州サックシティにあるシチズンズ・バンクは本日、連邦預金保険公社(FDIC)を管財人に任命したアイオワ銀行局によって閉鎖されました。

預金者を保護するために、FDIC はアイオワ州エメッツバーグのアイオワ信託貯蓄銀行と売買引受契約を締結し、シチズンズ・バンクのすべての預金を引き継ぐことにしました。

シチズンズ・バンクの2支店は月曜、通常営業時間中にアイオワ信託貯蓄銀行の支店として再開します。今晩から週末にかけて、シチズンズ・バンクの預金者は小切手を書くか、ATMやデビットカードを使用して自分のお金にアクセスできます。銀行で振り出された小切手は引き続き処理されます。ローンをご利用のお客様は、通常どおりお支払いを続ける必要があります。

シチズンズ・バンクの預金者は、アイオワ信託貯蓄銀行の預金者となるため、顧客は預金保険の適用範囲を維持するために銀行関係を変更する必要はありません。シチズンズ・バンク の顧客は、アイオワ信託貯蓄銀行から、支店でも口座を処理できるようにシステム変更が完了したという通知を受け取るまで、既存の支店を引き続き使用する必要があります。

2023年9月30日の時点で、シチズンズ・バンクの総資産は約 6,600万ドル(約98億円)、預金総額は約 5,900万ドル(約 88億円)でした。アイオワ信託貯蓄銀行は、預金の全額を引き継ぐことに加えて、破綻した銀行の資産の実質的にすべてを買い取ることに同意しました。

FDICは、預金保険基金(DIF)のコストは 1,480万ドル(約22億円)になると見積もっています。他の選択肢と比較して、アイオワ信託貯蓄銀行の買収は、全国の銀行の預金を保護するために 1933年に議会によって設立され、FDICによって管理される保険基金である DIFにとって、最も低コストの決議となりました。

シチズンズ・バンクは今年全米で破綻した 5番目の銀行となります。アイオワ州における最後の銀行の破綻は、2011年11月18日のアイオワ州ジョンストンにあるポークカウンティ銀行でした。

FDIC: PR-91-2023



アメリカの複数のメガバンクで「全面的な機能停止」が発生し、混乱中

イランが米国に対して大規模なサイバー攻撃を準備しているという話は、ずいぶん以前からありましたが、それと関係しているかどうかはわかりようがありません。


トラスト、バンク・オブ・アメリカ、チェース、USバンク、ウェルズ・ファーゴの直接預金システムがダウン

irishstar.com 2023/11/03

Truist, Bank of America, Chase, US Bank, and Wells Fargo direct deposit systems down

バンク・オブ・アメリカ、チェース、USバンクの直接預金システムがクラッシュしたため、機能停止している。

顧客たちによると、銀行大手のトラスト、バンク・オブ・アメリカ、チェース、USバンク、ウェルズ・ファーゴが機能停止に直面しているという。伝えられるところによると、混乱は東部時間(米国)午前 8時頃に始まったという。

報告によると、電子資金移動や直接預金に一般的に使用される自動手形交換所(ACH)ネットワークを通じた取引処理の遅延により、直接預金が更新されなかったという。

バンク・オブ・アメリカは顧客にこの問題について警告したが、口座は安全であると保証した。同銀行は、この問題が他の金融機関に影響を与えているため、11月4日からの一部の預金が一時的に遅れる可能性があると警告した。

ウェルズ・ファーゴとバンク・オブ・アメリカは、ソーシャルメディアなどを通じた顧客へのメッセージで、この失態が起こったことを認めた。

彼らは解決に向けて取り組んでいると述べ、口座は引き続き安全であることを保証した。



トルコ政府がイスラエルとのエネルギー協力を中止。両国と欧州への影響は必至

 


トルコ、イスラエルとのエネルギー協力を中止

mx.news 2023/10/27

Turkey cancels energy cooperation with Israel

トルコは最近ハマスへの支持を繰り返しており、この動きは両国関係の悪化を示す最新の証拠である。

NATO加盟国のトルコは、中東で紛争が続いていることを理由に、イスラエルとのすべてのエネルギー協定を停止した。

トルコ政府の決定は、国連総会の傍らで開催されたトルコのレジェップ・エルドアン大統領とイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相との会談後に下された。この動きは両国にとって非常に大きな影響をもたらす可能性がある。

東地中海での共同エネルギー掘削とトルコからヨーロッパへのエネルギー送電線の運営に関する両国の合意とは全く対照的に、エルドアン大統領はイスラエルがトルコの善意を利用したと主張し、イスラエルへの失望を表明した。

ガザでの戦争は世界中に衝撃を与え、ウラジミール・プーチン大統領のウクライナ紛争によって引き起こされた複数の危機を増幅させている。

イスラエルとのエネルギー協定の終了は両国関係悪化の最新の証拠であり、トルコのアルパルスラン・バイラクタル・エネルギー大臣が今後予定されていたテルアビブ訪問をキャンセルしたことに続くものである。

以前に計画されていたトルコとイスラエルの協力には、地中海東部での大規模なエネルギー掘削とトルコからヨーロッパへのエネルギー送電線の運営が含まれていた。

イスラエルには 7,500億立方メートルのガス埋蔵量が確認されており、この地域の主要なプレーヤーであり、昨年は約 220億立方メートルのガスを生産した。

特に欧州市場におけるロシアの支配力が低下していることから、同国は EU へのガス輸出を優先してきた。

しかし、最近米国が地中海東部の欧州ガスパイプラインプロジェクトから撤退したことを受け、イスラエルは欧州へのガス輸出の代替ルートを模索し始めており、その戦略的位置からトルコが際立っていた。

火に油を注いだのは、党会議でのエルドアン大統領の最近のハマスに関する発言で、欧州連合、英国、米国で禁止されているテロ組織であるハマスを「自分たちの国を守るムジャヒディーン」と表現し、物議を醸した。

同氏のイスラエルに対する鋭い批判と予定されていた同国訪問のキャンセルは、すでに緊張していた関係をさらに悪化させた。

トルコとイスラエル間のエネルギー協定の停止は、エネルギー供給に深刻な混乱をもたらし、両国の経済に影響を与える可能性がある。

エネルギー協定の停止による衝撃波の影響はすでにトルコ経済に現れ始めている。