大阪と埼玉で「数十年に一度の開花」といわれるリュウゼツランが開花。どちらも2年連続

 


大阪

数十年に1度、アオノリュウゼツランが開花へ 河内長野・花の文化園

朝日新聞デジタル 2022/06/28

数十年に一度だけ花を咲かせるとされるアオノリュウゼツランが、大阪府立花の文化園(大阪府河内長野市高向)で7月下旬に開花する見通しになった。8月中旬まで咲き続けるという。同園では別の株が昨年開花しており、2年連続で花を楽しめることになりそうだ。

アオノリュウゼツランは開花までに最短30年ほどかかり、薄い黄色の花を一度咲かせると枯れてしまう。茎は開花までに10メートルまで伸びることもあるという。メキシコなどが原産で、現地の品種は酒のテキーラの原材料にもされる。

同園では昨年に1株が開花。今年は別の2株が開花する見込みで、茎はすでに8メートルほどの高さにまで伸びたという。担当者は「次に咲くのは数十年後かも。この機を逃さず、直接見てほしい」と話している。

 

埼玉

「リュウゼツラン」が2年連続で開花/埼玉県

テレ玉 2022/07/01

数十年に一度花が咲くと言われるリュウゼツランが、ふじみ野市の大学で開花の兆しを見せています。

ふじみ野市にキャンパスを置く文京学院大学では、大きく伸びた2本のリュウゼツランが開花の時を待っています。

葉の形が「龍の舌」に見えるということから名付けられたリュウゼツランは、メキシコ原産の多肉植物で数十年に一度花を咲かせる「奇跡の花」といわれています。

大学関係者によりますと、1998年ごろにこの場所に植えられたリュウゼツランは、20年以上経った去年の春ごろから茎の1本が急に伸び、去年7月およそ7メートルの茎に美しい黄色い花をつけました。

文京学院大学のリュウゼツランは、7月30日まで一般公開される予定です。

アメリカで「1週間で2社のペース」で日刊紙が廃刊

 


米国で日刊紙が激減 1週間で2社が廃刊 地方ニュースの“過疎地”が増加

スポニチ 2022/07/01

基本的に地方紙しか存在していない米国内の日刊紙が、電子メディアの普及の影響で、1週間に2社のペースで廃刊に追い込まれていることが明らかになった。

AP通信が、ノースウエスタン大(イリノイ州シカゴ)のジャーナリズム・スクールの情報として伝えているもので、2005年に8891社あった地方紙は今年の5月末までに6377社にまで減少。2019年末以降だけで360社が消滅し、2006年に7万5000人いた記者の数は、半分以下の3万1000人になったとしている。

この間の業界全体としての収益も500億ドル(約6兆8000億円)から210億ドル(2兆8560億円)に縮小。日刊紙の大手100社のうち、40社が少なくとも週1回以上、電子版だけにしている実情も明らかになった。

この結果、地方ニュースの届かない“情報過疎地”が増加。国民全体の2割に相当する7000万人が、地方紙がひとつか、もしくは皆無の状態で日々の生活を送っていると報じられている。また信頼できる情報を伝える地方紙の届かないエリアでは貧困、高齢化、教育水準の低下が見られるという結果も公表された。

岐阜で樹齢170年の「守り神の木」が倒れる

(※) この報道でちょっと興味深かったのは、

> 1852年に1代目が枯れた後に今回倒れた2代目が植えられ…

という部分で、この1852年って「ペリーが黒船でアメリカから出航した年」なんですよね。翌年、日本に到着します。

先日は、鳥取県でもご神木で火災が起きていました。

(参考報道) 鳥取県の神社の境内にある「樹齢1000年以上のご神木」に落雷、炎上 (2022/06/28)


樹齢170年の守り神「御薗の榎」倒れる 幹が腐食し空洞化、岐阜市史跡

岐阜新聞 2022/07/01

岐阜市は30日、織田信長が保護した「楽市場」の場所を伝える同市若宮町の市指定史跡「御薗(みその)の榎(えのき)」が、根元から2・5メートルの高さで倒れたと発表した。

樹齢は推定170年で、「幹内部の腐食による空洞化が原因」とした。幹の空洞化でさらなる倒木の恐れがあるため、根元から1メートルの高さで伐採した。

エノキは樹高10~15メートル、幹の太さは高さ1メートルの箇所で直径1メートル。橿森神社の前にある。1957年に史跡の指定を受けた。

車道側に倒れ、けが人や周辺の民家への影響はなかったという。業者が、害虫駆除と枝切りで年2回、木の状態を確認していた。最近、幹の腐食がひどくなったため、29日に樹木の専門家らと処置を話し合ったという。

市の担当者と現場を訪れた岐阜大社会システム経営学環教授の肥後睦輝さんは「根元から高さ3メートルにかけて内部が腐り空洞化していた。幹の表面の厚さ約10センチの部分で木全体を支えている状態だった」と説明。

ここ数日の猛暑の影響については「木の生育に環境が関係してくるのは年単位なので、暑さの影響はゼロパーセントと言っていい。樹齢が進んだ木は、雨水から菌が侵入するなどして空洞化していくもの」と語った。

エノキは楽市場の入り口に、市を守る神として植えられていたと伝わる。1852年に1代目が枯れた後に今回倒れた2代目が植えられ、明治初期に数百メートル離れた現在地に移植された。

台湾の2021年の死亡者数が前年比1万人増

 

[参考記事] 全国民の90%がワクチンを接種している台湾で「1年前との比較で出生率が23%減少」という通常ではあり得ない衝撃的な報告… (In Deep 2022/06/28)


2021年の死亡数18万4172人 前年比増も新型コロナとの関連性低い/台湾

フォーカス台湾 2022/06/30

衛生福利部(保健省)は30日、国民の死因に関する2021年の統計を発表した。死亡数は18万4172人で前年より1万1105人多くなったが、新型コロナウイルスの流行との関連性は低いとする見方を示した。

同部統計処の劉訓蓉副処長は、死亡数の増加について、高齢化と同年1月に気温の低い日が多かったことが原因だと説明した。ただ、コロナ禍で社会活動が大幅に減少し、交通事故による死者は3032人となり、前年比85人減となったと明かした。

死因別ではがんが5万1656人で最も多く、心臓疾患が2万1852人、肺炎が1万3549人と続いた。これに加え、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、不慮の事故、慢性下気道疾患、腎炎・ネフローゼ症候群・腎病変、慢性肝炎・肝硬変を含めた十大死因による死亡数は14万1123人で、全体の76.6%を占めた。がんが死因のトップとなるのは1982年以降40年連続。

65歳以上の死亡数は全体の93%を占めた。この世代の人口は最近5年間で毎年約16万〜17万人増えており、死者も増加したとみられる。

中国江西省で666台のドローンが光のショーを展開

 


滕王閣でドローン666台の光のショー 江西省南昌

人民網 2022/06/18

6月16日、江西省南昌市東湖区の滕王閣景勝地で、ドローン666台が織りなすきらびやかな光のショーが行なわれ、極めて現代的なテクノロジー感あふれる手段により、夏の夜を大いに盛り上げた。

ドローンは夜空を飛び回り、集まってはいろいろな図柄や文字を描き出し、ライトアップされた滕王閣の優美な姿と引き立て合っって、素晴らしい眺めを作り出した。

このイベントは文化観光消費イベント「ワン・ナイト・イン・東湖」の一環で、東湖区の夜の消費を活性化し、区内の商業施設の営業再開をサポートし、夜の東湖の文化観光消費圏のムードを盛り上げることが狙いだ。中国新聞網が伝えた。

[『歩行困難』『たびたび高熱』コロナワクチン後遺症を訴える患者たち…一方で国が認めた例はゼロ]というMBSの報道

 

(※) 最近、MBS毎日放送の報道はいいですね。走り始めている感じがします。先日の、アニサキスのもよかったですし。

この記事に出て来る長尾クリニックの長尾和宏院長は、

「今回、僕がワクチン後遺症と診断をしている人は、因果関係が100%。元々あった持病とかで悪くなったんじゃない。ワクチンが原因」

と明確に述べているのですが、それが大手のメディアで報じられるのは大変なことです。


『歩行困難』『たびたび高熱』コロナワクチン後遺症を訴える患者たち…一方で国が認めた例はゼロ 検討部会長「因果関係は検証しにくい」

MBS NEWS 2022/06/30

6月29日に発表された新型コロナウイルスのワクチン接種率は、1回以上が81.9%、2回完了が80.8%、3回完了が61.7%で、これまでの総接種回数は2億8476万2731回となっている。

このうち死亡や障がいにつながる恐れのあるものなど重篤な副反応が報告された割合はファイザー社製で0.003%、モデルナ社製で0.0016%だ。では新型コロナウイルスワクチンによる長引く副反応いわゆる「後遺症」はあるのか?ワクチン接種後に長引く症状に悩む人たちを取材した。

 

歩行困難な症状が出た中学1年の女子生徒

去年10月に兵庫県尼崎市内の「長尾クリニック」を受診した中学1年の女子生徒は、1回目の新型コロナウイルスのワクチン接種後から歩くことも困難な症状に見舞われていた。

(女子生徒を診察する医師)
「ちょっと歩いてみ、ゆっくり。ああ、なんやそれ、そんな歩き方…。バックして椅子に座って、椅子に戻って、元の姿勢に。倒れそうか」

(女子生徒の母親)「(接種翌日に)学校に行くときに、なんかちょっと胸が息が苦しい気がするんやけど気のせいかな、と言って」

(医師)「お医者さんいろいろ行ったんかな?どのくらい行ったの?なんて言われた?」

(女子生徒の母親)「全然何も…」

(医師)「異常なし?異常やんか」

総合病院など複数の病院を受診したが、検査をしても「異常はない」と言われたという。女子生徒はこの病院で初めて『新型コロナワクチン後遺症』と診断された。

「長尾クリニック」では去年10月ごろから150人以上の患者を『ワクチン後遺症』と診断してきたという。

(長尾クリニック 長尾和宏院長)
「動悸がするとか、頭痛とか、ブレインフォグといいまして認知機能の低下、あるいは足が動かない・手が動かない・歩けなくなった、多様な症状が出て、そのために日常生活から脱落する。ワクチンを打ったためにそうなったことが確実であろうという人、そういう方を『ワクチン後遺症』と呼んでいます」

 

たびたび高熱に悩まされるようになった40代男性

取材した日、診察に訪れた40代の男性。去年8月に2回目のワクチンを接種してから高熱に悩まされるようになったという。

(高熱に悩まされる男性患者・40代)
「去年11月4日からだったんですけれども、熱を測りはじめたのがここからで。(Q熱は39℃とか?)はい。ずっと熱が。この時はずっと足も動かなかったので、足を引きずりながら歩くような感じですね」

ワクチン接種後にたびたび1週間以上続く高熱に悩まされていた。基礎疾患などはなく、長尾医師はワクチン接種が不調の原因ではないかとみている。

(長尾クリニック 長尾和宏院長)
今回、僕がワクチン後遺症と診断をしている人は因果関係が100%。それまで元気だった。元々あった持病とかで悪くなったんじゃない。ワクチンが原因である」

 

重篤な副反応の報告7000以上…国が後遺症と認めたのはゼロ

厚生労働省によると、これまでファイザー社製とモデルナ社製の新型コロナウイルスワクチンを接種した後に、重篤な副反応があったと医療機関から報告された事例は7276例。しかし、その症状が『ワクチン後遺症』と認められたケースは1例もない。

さらに、厚労省のホームページにはワクチン接種後に死亡した人が1726人いると記載されているが、そのうち99.3%が「γ」と記載されていて、「情報不足等によりワクチンと死亡との因果関係が評価できないもの」とされている。つまり国は公的にはワクチン後遺症を認めていないのだ。

 

副反応検討部会の部会長「因果関係は検証しにくい」

国が認めていない『ワクチン後遺症』。本当に患者たちの症状と因果関係はないのか?今回取材班はワクチン副反応について国の副反応検討部会で部会長を務める森尾友宏医師に話を聞くことができた。

(厚労省・副反応検討部会 森尾友宏部会長)
「副反応検討部会で毎回、重要な副反応だなという形で検討させていただいているのは心筋炎・心膜炎という副反応です。脳出血や突然死の方とか、心筋梗塞みたいな形であがってきている。もちろん重篤なものとしてあがってきているんですけれども、これに関しては因果関係についてなかなか検証がしにくくて」

ワクチンの副反応を巡っては、国は複数機関でチェックを行っている。副反応の疑いがあるケースが出た場合、まず医療機関や製薬会社からPMDA(医薬品医療機器総合機構)という国が委託する機関に報告が上がる。PMDAで患者の病歴やワクチン接種との関連など情報の精査が行われる。さらに外部の専門家が因果関係を評価した後、最終的に厚労省の検討部会で検証されるのだ。

(厚労省・副反応検討部会 森尾友宏部会長)
「いろんな疾患がありますけども、ワクチンを打たれて数時間後、1日2日後に何か症状が起きた時、この時間的な関係性と、打ったことによってこういう症状が出たという関係性は、全く別のものだと考えていただいていいんじゃないかと思うんですね。因果関係を解明するのはやはり統計学的な手法だと思います」

検討部会の森尾部会長は、顕著な心筋炎・心膜炎以外は症例が少なく、現状ではワクチンとの因果関係を解明するのは難しいと話した。

 

『100万人のデータ』で検証を進める研究者

一方で、新型コロナワクチンの安全性について、独自にデータを集めようとしている研究者がいる。

(九州大学大学院・医学研究院 福田治久准教授)
「ワクチンを誰がいつ打ったのかという『ワクチンに関するデータ』、コロナを発症した方について『いつ発症したのかというデータ』、さらに各自治体における対象者さんの『健康状態に関するデータ』。この3つの情報を組み合わせることで、ワクチン接種した方と接種していない方との間で心筋炎(などの有害事象)がどちらのほうが高いのか、このことが検証できるようなデータになります」

福田准教授らの研究チームは現在、4つの自治体の協力を得て、ワクチン接種の日時・年代・副反応の情報など約100万人分のデータを集めている。

(九州大学大学院・医学研究院 福田治久准教授)
「自治体さんがお持ちなのは、お名前付きのデータになっておりますので、市役所の中で全ての情報を匿名化する作業を現地でしています」

福田准教授らの下には、ワクチン接種後に死亡したケースの情報なども集まっていて、今年度中には25の自治体の協力を得て500万人分のデータを集めて分析結果を公表する方針だ。

(九州大学大学院・医学研究院 福田治久准教授)
「日本はワクチンデータベースについては国家レベルの収集は全くされていないという状況になっています。私ども研究チームがまずはプロトタイプみたいなものをしっかりと作って、国もそのシステムを作ろうというふうに繋がっていくかなと考えています」

未だ解明が進まないワクチン後遺症。ワクチン接種を推し進める国の方針から、その実態に目を背けていると指摘する専門家もいる。原因不明の体調不良に悩まされている患者たちは原因の究明を求めている。

四国のダムに渇水危機。このまま雨が降らない場合、7月中旬に枯渇の恐れがあると発表

 


“四国の水がめ”に「渇水の象徴」旧役場 雨降らなければ“枯渇”の恐れも…貯水率「平年の半分以下」

TBS NEWS DIG 2022/06/29

高知県内は雨の少ない状態が続いています。今後もしばらくはまとまった雨が見込まれず、懸念されるのが「水不足」。大川村の「早明浦ダム」では、渇水の象徴とも言われる旧村役場が3年ぶりに姿をあらわしています。

15日間という観測史上最も短くなった今年の梅雨。高知地方気象台によりますと、県内は雨の少ない状態が続いていて降水量が平年の半分以下となっているところもあります。

(リポート:三上アナウンサー)
「大川村のダム湖に来ているんですが、平年ですと木のすこし下まで水が来ているはずなんですが、現在は岩肌が見えています」

香川県などに水を供給する四国の水がめ、「早明浦ダム」では、水位が低下し、渇水の象徴ともいわれる旧大川村役場が、3年ぶりに見えています。高知分水管理所によりますと、6月に姿をあらわしたのは2009年以来、13年ぶりだということです。

(高知から)
「今年の梅雨、もう少し雨がほしかった」

(香川から)
「(渇水が)やばいなと思って見に来ました。生活への不安がありますね」

貯水率は29日午前0時時点で35.1%。平年を52.1ポイント下回っています。
(平年6月29日:87.2%)

早ければ、7月2日以降に取水制限の段階をあげる可能性があり、香川や徳島の市町村によっては家庭などへの水の供給が50%カットされるところもあります。

四国地方整備局によりますと、このまま雨が全く降らない状態が続いた場合、7月中旬には貯水率0%=「枯渇」状態になるおそれもあります。高知への供給は少なく現時点で生活用水などの影響はないとしています。

気象庁によりますと、今後も10日程度はまとまった雨が見込まれず、「少雨」の状態が続くということです。お風呂の水の活用や、こまめに水道を止めるなどの『節水』や『農作物の管理』に注意を呼びかけています。