HPVワクチン接種後2年半の闘病の末に亡くなった13歳の少年と親の思い

Jessica Rojas

ノア君は HPV ワクチンの接種により短い命を落としたとき、まだ13歳だった。

ノア・テイト・フォーリー君は、11歳の誕生日のわずか 2日後の 2018年5月7日に、最初で唯一のガーダシルの接種を受けた。

ノア君は父親と一緒に狩りや釣りをしたり、妹とゲームをしたり、レゴを組み立てたり、ドラムセットを演奏したりすることを楽しむ子だった。学校が大好きで、教会でも活動的だった。何よりも、ノア君は家族を愛し、家族と一緒に過ごす時間を大切にしていた。

ガーダシルの接種を受ける前、ノア君には自己免疫疾患も自律神経系の問題もなかった。健康診断で健康診断結果に問題がないと診断され、非常に健康だった。

ガーダシルの接種から約 2週間後、ノア君は最高 39.4度の発熱を経験した。症状が続いたため、1週間後、単核球症やその他の原因による発熱の可能性を除外するために血液検査が行われた。検査の結果、2018年の夏を通して繰り返し起こった発熱の「原因」は見つからなかった。

2018年10月10日、ノア君はノースカロライナ州ダーラムにあるデューク大学医療センターの緊急治療室を受診した。

診察と血液検査の後、ノア君の母親ケリー・フォーリーさんは、息子の炎症マーカーが上昇しており、おそらくウイルス感染によるものだと知らされた。その後、ノア君はデューク大学感染症科に紹介され、血液検査の結果、ノアの白血球数が 2週間で 3倍になっていることが判明した。

ノア君は何カ月もの間、CTスキャンや腫れたリンパ節の生検など、数え切れないほどの医師の診察と検査に耐えてきた。

ケリー・フォーリーさんは、リンパ節の腫れが発見されてから癌ではないという診断結果が出るまでの35日間を「長く苦しいもの」だったと振り返った。それでも、ノア君の健康問題の根本的な原因については、家族には答えがなかった。

2019年5月7日、ノア君は体重の診察を受けたが、ノア君の体重は31キロ、BMIは 14.79、炎症マーカーは高いままだった。

2019年5月21日の小児消化器科の診察では、「自己免疫または炎症プロセス」についての評価が議論された。

2020年9月29日の午後、ノア君の左足が麻痺した。

母親が彼を救急室に急いで運んでいる間、ノア君の顔と舌が麻痺した。救急室に到着した頃にはノア君は嘔吐し、午後6時までに完全に反応しなくなった。ノア君はデューク大学医学部病院に搬送されたが、容態は急速に悪化した。

2020年9月30日、ノア君はほぼ完全に脳死状態だった。2020年10月8日、ノア君は呼吸チューブが外されてから 4時間後に亡くなった。 13歳だった。

フォーリー夫妻の訴訟の申し立てによると、ノアさんは自己免疫/自己炎症の調節異常プロセスによって引き起こされた脳炎で死亡したが、これは実際には 2018年に受けたガーダシルワクチン接種によって引き起こされたと述べている。

「私たちの信仰は非常に強いので、ノアの不在で家族が苦しみ続けているにもかかわらず、彼の死を無駄にはしません」とケリー・フォーリーさんは言う。

「私たちは、ノアに対してメルクが行ったことに対して正義がもたらされるよう、ノアのために戦います」

「私は釣りや狩猟の仲間を失い、娘は親友を失いました」とノア君の父親のクリフ・フォーリーさんは言う。

「時間はすべての傷を癒すと言いますが、息子を失うことは決して癒えるものではありません。私たちは毎日、喪失感を感じており、決して楽になりません」




X に古代中国の女神ヌーワ(女媧)のことが書かれてあった

ヌーワは、十数年前に知った女神で、今でも大変に好きな神様です。以下の 13年前の記事にエポックタイムズの記事を翻訳しています。ここでは「女カ」と記していますが、当時のインターネットでは、「女媧」の「媧」は文字化けしてしまったからです。

中国の天地創造神話 – 女カ(Nuwa) 2011/06/11

(おそらく一人で寂しかったので)土で人間を作り始めた女神ヌーワですが、原初の頃の人間は、すぐに死んでしまう。それで、ヌーワは、以下のようなことを初めて、人間はそれなりに生きるようになったという神話が残っています。

> そこで、女カは人間にさらに知恵を与え、そして、彼らのために楽器を作製した。歌と音楽と、そして踊りが人類の間に浸透していった。
それ以来、人類は歌って踊ることで感情を表現できるようになり、人類に感情が発達していった。

> 人類が次々と死んで滅びていく問題に対処するために、女カは、「男性」と「女性」というそれぞれの生命を作り、その男性と女性が結婚をして世代を残していくという方法を樹立して、死にやすい人類の絶滅の問題を解決した。

以下は、今日、X に投稿されていたものです。


Open Minded Approach

伏羲(フギ)と女媧(ヌーワ)の、半蛇半人の体が絡み合った描写は、神聖な女性と男性のエネルギー、または精神のバと生命力のカ (古代エジプト)、マカバまたは Mr/Mir (ピラミッド) + カ + バ (カバラ) の融合を表しています。女媧は精神を表し、伏羲は生命力のカで、中国人がエネルギーのチと呼ぶ雄牛と関連しています。そのため、いくつかの描写では伏羲に角があります。

彼らの絡み合った体は DNA を表し、彼らの一体性は DNA が完全に活性化し、一つになることを象徴しています。彼らは創造の道具、定規とコンパスを持っています。これらは後にメイソンが使用する 2つの主要なシンボルです。

彼らは人類の創造主とみなされており、神話をつなげると、原始人である盤古(バンコ、中国語ではパンク)は陰と陽、男性と女性の神の力を分離して世界と人間を創造しました。アダムとイブの分離と似た物語です。

右側の伏羲の描写では、雄牛と男性的なエネルギーを象徴する角が見られます。彼の後ろには神性を表す虹の光輪があります。チベットの信仰の虹体とセフィロトの虹、ティフェレト、ネツァク、ホド、ケセド、ゲヴーラの間には興味深いつながりがあります。伏羲は神性の道具である易経の創始者です。

伏羲と女媧の上には太陽を表す法輪があり、その下には月があります。この2つは上から見るとDNAを表しており、太陽は男性的なエネルギー、月は女性的なエネルギーです。

伏羲と女媧の間の真ん中の三角形は、下向きに降りてくる神の力を直接表現したもので、ヒンズー教の下向きのトリコーナに似ており、物質宇宙の創造を表しています。これはマカバにも存在し、下向きの四面体は神聖な女性エネルギーを表しています。

物質世界は、宇宙の創造主である神聖な母、シェキナによって支配されています。すべての生命は母親の子宮から生まれ、私たちは子宮から出てこの物質的な幻想の中で物質化します。

あらゆる象徴が根源的な真理と秘教的な知恵に結びついていることに気づけば、現実を理解できるようになります。



中国の習近平主席が、欧州委員会委員長に「アメリカは中国を台湾侵攻に駆り立てようとし続けているが、私たちはそのエサには乗らない」と発言

アメリカは、とにかく世界全体を戦争に巻き込みたくて仕方ないようです。





習近平主席は、米国は中国に台湾攻撃をさせようとしていると主張

FT 2024/06/16

Xi Jinping claimed US wants China to attack Taiwan

中国国家主席は欧州委員会委員長に、米国政府は中国を戦争に駆り立てようとしていると伝えた

事情に詳しい関係者によると、中国の習近平主席は欧州委員会のフォンデア・ライエン委員長に、米国政府は中国を台湾攻撃に駆り立てようとしていると伝えた。

ある人物によると、習近平主席は自国の国内当局者にもこの警告を伝えた。

習主席は 2023年4月にフォンデア・ライエン委員長と会談した際にこの警告を発し、数人がフィナンシャル・タイムズに伝えた。習主席は、米国は中国を騙して台湾侵攻させようとしているが、自分は餌には乗らないと述べた。別の人物は、習主席が同様の警告を自国の当局者に発したと述べた。

この発言から、米中関係で最も厄介な問題である台湾に対する習主席の考えを垣間見ることができる。

一部の中国の学者や退役軍人は、米国が台湾に武器を提供し、中国を軍事的対立に誘い込む他の手段を推進することで中国を挑発しようとしていると主張している。

元駐ワシントン中国大使の崔天凱氏は 1月にアジア協会で講演し、米国を暗に指して「誰かが我々のために用意しているかもしれない罠にはまらない」と述べた。

フォンデア・ライエン氏に対する習氏の発言は、習氏が外国の指導者にそのように主張した最初の例として知られる。

習氏はまた、米国との衝突は中国の多くの成果を破壊し、2049年までに「偉大な復興」を達成するという自身の目標を損なうだろうと述べた。

この暴露は、台湾海峡の緊張が高まっている中で行われた。中国は、5月に頼清徳氏が台湾の新総統に就任したことに応えて、台湾周辺で大規模な軍事演習を行った。中国は台湾の頼氏を「危険な分離主義者」と評している。

米国は台湾関係法に基づき、台湾の自衛を支援する義務がある。しかしバイデン政権は長い間、台湾の独立を支持しておらず、現状の一方的な変更に反対していると強調してきた。

近年、米国の意図に対する中国の不安が高まっており、米国も台湾周辺での中国の軍事行動を懸念している。

ある中国の学者は、米国は「台湾の独立勢力を積極的に奨励している」と述べ、独立宣言という一線を越えれば中国は軍事行動を取らざるを得なくなることを米国は知っていた。

ワシントン駐在の中国大使館は習近平主席の発言についてコメントしなかったが、米国は台湾に武器を販売し、「独立分離主義勢力」を支援していると述べた。

フォンデア・ライエン氏の報道官は、非公開の会合について詳細は明らかにしなかったと述べた。ホワイトハウスはコメントしなかった。



世界銀行の推定値によると、2024年のGDP(購買力平価ベース)は、日本はロシアに抜かれて世界第5位に

 

世界銀行とIMFが公表した購買力平価ベースの国別GDPデータ

worldeconomics.com

以下は、数値が異なりますが、世界銀行の他の推定値ですかね。いずれにしても、2023年の時点で、ロシアが日本を上回っていたようです。


globalresearch.ca

世界銀行の数値を見ますと、日本はトップ国の中でダントツに成長予測が低いですので、今後厳しいですね。現状の数字からは、インドネシアに抜かれるのもすぐのように見えます。




中国各地の銀行で、日本円で数十万円以上程度の現金引き出しには「事前予約や警察の承認が必要となっている」模様

中国では、以下にありますように、すごいペースで銀行からの引き下ろしというか、取り付けに近い状況があらわれているようです。日本でもいつかは起こり得る話でもあります。

(銀行)中国で4月に「史上最大の銀行取り付け」が発生していた模様
BDW 2024年6月11日





深センの多くの銀行では、5万元を超える引き出しには予約が必要だというトピック

ntdtv.com 2024/06/15

深圳多家银行超5万元取款需预约 民众有说法

 

最近、「深センの多くの銀行で 5万元を超える現金の引き出しには予約が必要」というトピックがホットな検索リストに上がり、中国国民の激しい議論を引き起こしている。

「南方都市報」の報道によると、6月13日、深セン市内のいくつかの銀行店舗を訪れたところ、2万元(約43万円)未満の現金は ATM でお金を引き出すことができた。

20,000元から 50,000元までは窓口で直接引き出すことができた。

ただし、50,000元 (約 108万円)を超える金額を引き出すには事前に支店への予約が必要で、それ以上の金額を引き出すには実際の使用の証明が必要だ。

たとえば、中国光大銀行は 20,000元を超える引き出しには事前の予約が必要であると規定し、深セン農村商業銀行は 100,000 元を超える引き出しには事前の予約が必要であると規定している。

預金者が 20万元 (約 430万円)以上を引き出す場合、杭州銀行は使用証明を要求し、中国建設銀行は引き出しの予約とモバイルAPPでの審査を要求する。

その理由について、北京銀行、興業銀行、中国光大銀行の深セン支店の職員は、窓口で現金が足りなくなる恐れがあるため、5万元以上の引き出しは前日に予約する必要があると回答した。

実際、「 5万元を超える銀行引き出しには予約が必要」というのは新しいルールではない。 2022年1月26日、中国共産党当局は金融機関に対し、預金者に対し、人民元で 5万元以上、または外貨で 1万米ドルを超える現金の入出金を一度に行う際には、顧客の本人確認を行うよう義務付けた。

上記の規制に対し、業界関係者はメディアに対し、これは「マネーロンダリングの防止」を目的としていると語った。

中国メディアは、深センに加えて、6月14日に広州の多くの銀行支店を現地訪問したところ、広州のほとんどの銀行支店で 5万元を超える事前予約の要件があることが明らかになったと報じた。

 

中国の銀行は人々のお金の借り入れを困難にしている

中国経済は悪化し続けており、多くの銀行は不良債権の急増と深刻なキャッシュフロー不足を経験しており、預金者は現金を正常に引き出すことができなくなっている

最もとんでもないことは、中国本土の人々がお金を引き出すには警察の同意が必要だということだ。

本土メディアの報道によると、吉林省長春市の住民は 6月11日、お金を引き出すために吉林銀行にキャッシュカードと証明書を持って行ったが、地元の警察署の許可が必要だと言われたという。

関係銀行職員は 12日、管轄警察署の規定により、2万元を超える引き出しは警察署に届け出る必要があり、警察署は本人確認を行った後にのみお金を引き出すことができると認めた。警察はこれは「通信詐欺(特殊詐欺)を防ぐため」だと主張した。

この事件は広く注目を集めた。実際、吉林省だけでなく、中国の多くの地域の銀行でも同様の状況が存在しており、大規模かつ頻繁な引き出しが発生すると、引き出し者は関連書類の提出が求められる。

中国メディアの記事は、引き出しの自由は預金者の基本的権利であり、銀行や警察署を含むいかなる組織や個人も法的手続き以外に障害を設ける権利はないと述べた。法令遵守の場合、預金者の出金に規制を超えて恣意的に引き出しに障害を設けることはできない。




[謎の深海魚「リュウグウノツカイ」また生きた状態で捕まる…2週連続2匹目]という島根県の報道

河口で捕獲されるのは世界的にも珍しいですね。リュウグウノツカイは、直近の地震などと関係するものではないようですが、「中期のスパン」では、やや何かと関係しているようです。以下のような資料があります。

東海大学海洋研究所の調査より

indeep.jp

あと、関係のないことですが、2019年1月に 6匹連続でリュウグウノツカイが打ち上げられたのは、今年1月に地震があった能登半島の領域でした。

2019年1月に 6匹のリュウグウノツカイが打ち上げられた富山湾

indeep.jp





珍事 謎の深海魚「リュウグウノツカイ」また生きた状態で捕まる…2週連続2匹目 ほぼ完全に近い綺麗な個体 今度は河口で

BSS山陰放送 2024/06/15

珍しい生き物が今月、連続して発見されています。

島根県江津市の江の川河口で、深海魚「リュウグウノツカイ」が生きた状態で捕まりました。

深海魚「リュウグウノツカイ」が見つかったのは、15日午前11時頃。深海ではなく、島根県江津市の江の川河口で、釣りをしていた人が、泳いでいるリュウグウノツカイを発見しました。

正午頃、駆けつけた島根県立しまね海洋館アクアスのスタッフらが捕獲。生きていたため、アクアス一階の展示水槽に移しました。

見つかったリュウグウノツカイは体長約2メートル50センチ前後。ほぼ完全に近い綺麗な個体です。

捕獲された時にはまだ元気に泳いでおり、アクアスに搬送された際も泳いでいたとのことで、一階の「しまねの深い海」水槽に展示し、来館者に見てもらうことにしました。

アクアスで生きたリュウグウノツカイを展示するのは初めてです。

リュウグウノツカイは太平洋側の水深800メートルから1000メートルに住む深海魚で、その詳しい生態はほとんどまだ解明されていません。

来館者
「剥製のやつは見たことあるんですけど、生きたリュウグウノツカイは貴重だなと思います」

しまね海洋館アクアスのスタッフ 周藤愛弥さん
「生きている状態で展示するのはたいへん珍しいです。今は水槽の下に沈んで微かに呼吸がある状態なんですが、発見時は泳いでいて、自力で攻撃をする場面もみられました」

「リュウグウノツカイ」は、同じ江津市で今月3日にも生きたまま捕まりました。市内の定置網に3日、生きた状態でかかり、漁業関係者からアクアスに連絡がありました。

体長は約1メートル70センチ。トサカのように赤く長い背びれ、そして胸びれが特徴的。この時捕まったリュウグウノツカイはまだ若い子どもと見られ、尾ビレの先端が欠けていましたが、ほぼ完全に近い綺麗な個体でした。

しまね海洋館アクアス 獣医師 田中議顕さん
「もともと深海魚であることと日本海には生息していないものなので、日本海まで来ているというのはすでに弱っている。展示までもっていけないのは残念だなというところでした」

職員
「表面はザラザラしていますね…」

リュウグウノツカイ、表面は少しザラザラしているようです。

今回見つかったリュウグウノツカイもだんだん弱っているということで、死んだ後は冷凍保存して研究者に提供する予定ということです。




宮崎市の高校2年〜27歳の子宮頸がんワクチン接種率が「50%」に達している模様

 

以下の宮崎市長の投稿に書かれてあります。

このワクチンの「主な作用」は以下の記事等にあります。

(参考記事)アルミニウムとポリソルベート80の饗宴。作用と影響
In Deep 2023年3月6日

さらに、参考記事です。

(参考記事)子宮頸がんワクチン「ガーダシル」の添付文書より。接種した女性の2.3%が半年後に自己免疫疾患を発症
BDW 2024年6月13日