nofia のすべての投稿

「謎の突然の嘔吐病」がスウェーデンの首都の住民たちを襲う

 

何ですかね。ノロウイルスとか? いや、「建物は警察によって迅速に封鎖され」とかあるので、違いますね。


「謎の突然の嘔吐病」がストックホルムの住民を襲う

sott.net 2024/02/21

‘Mystery sudden vomiting illness’ strikes residents in Stockholm

アパートから一歩外に出たところで、説明のつかない病気に襲われ、共用階段で嘔吐することを想像してみてほしい。

この悪夢のようなシナリオが、ストックホルム北部のウプランス・ヴァスビー市とクングスホルメン市の住民たちにとって現実となり、謎の病気に対する市全体の懸念を引き起こした。

 

最初の発生

ウプランズ・ヴァスビー市で、父親と二人の子供が、アパートから共用階段に出たところで突然吐き気に襲われ、嘔吐し始めた。その直後、別の居住者が同じ場所で同じ症状を経験した。

建物は警察によって迅速に封鎖され、危険物チームが綿密な調査に乗り出す間、住民は屋内に留まるように指示された。

当局の努力にもかかわらず、病気の原因は謎のままだった。1人は検査のため入院した。彼らの衣服は、さらなる分析のためにウメオに送られた。

 

別の事件が起こる

まるでサスペンス小説のページから抜け出たかのように、ストックホルム中心部のクングスホルメン地区でも同様の事件が起こった。

アパートの階段に足を踏み入れた女性は、突然激しい嘔吐に襲われた。この事件はウプランズ・ヴァスビー市での出来事を反映しており、市は緊張状態に陥った。

警察と危険物処理チームは同様の緊急性を持って対応したが、今回も危険物質は発見されず、この 2つの出来事の間に関連性もなかった。

「これらの突然の病気の発生の原因は何だったのか?」と未知への恐怖と同じくらい明白な疑問が漂い続けた。

 

答えを求めて

これらの事件を受けて、ストックホルム警察は徹底的な捜査を開始し、潜在的な関連性や原因を解明するために事件をつなぎ合わせた。

コミュニティの不安は明白で、憶測が横行していた。住民たちは有毒ガスや隠れた危険についてささやき、専門家たちは答えを出そうと精力的に取り組んだ。

当局による徹底的な分析にもかかわらず、病気の原因は依然として解明されておらず、答えよりも多くの疑問が残された。

ストックホルムがこれらの事件によって引き起こされた不確実性と恐怖と闘う中、この街の回復力とコミュニティ精神は輝きを放っている。近所の人たちはお互いの様子をチェックし、未知の事態に直面してもサポートと安心感を与えている。

病気の原因はまだ特定されていないが、地域社会の反応と当局の献身的な取り組みが希望の光となっている。予期せぬことがいつでも襲いかかる可能性がある世界で、最も暗い時代を乗り越えるのは私たち人類の集合体だ。




「帯状疱疹ワクチンは眼の帯状疱疹の再発リスクを高める可能性がある」という論文

 

カリフォルニア大学の研究者たちによる論文はこちらです。以下は、それを紹介していた記事です。


帯状疱疹ワクチンは眼の帯状疱疹の再発リスクを高める可能性がある

Epoch Times 2024/02/23

Shingles Vaccine May Increase Risk of Ocular Shingles Recurrence

眼帯状疱疹を発症したことがある場合に、組換え帯状疱疹ワクチン(RZV)または Shingrix を接種すると、2回目の帯状疱疹を経験するリスクが高まる可能性があることが最近の研究で示されている。

眼帯状疱疹とは、目の領域に現れるすべての帯状疱疹を指す。眼帯状疱疹の軽度のケースは通常、まぶたの近くに発生するが、より重度のケースでは目の内部に炎症を引き起こし、失明につながる可能性がある。

カリフォルニア大学 サンフランシスコ校の研究者たちは、眼帯状疱疹の病歴がありワクチン接種を受けていない人々と比較して、組換え帯状疱疹ワクチンの接種を受けた人たちは再び眼帯状疱疹を発症するリスクが 1.64 倍高いことを発見した。

「リスクが大幅に増加するわけではありません」と筆頭著者で、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のニシャ・アチャリア博士は語った。

「私の知る限り、これは、すでに帯状疱疹を患っているこの患者集団に対する帯状疱疹ワクチン接種後の再活性化のリスクについて得られた最初のデータです」

眼帯状疱疹の再活性化はウイルスの再活性化ではない可能性がある

帯状疱疹は水痘ウイルスによって引き起こされる。水痘に罹患すると、ウイルスは体内の神経に入り込み、活動を停止する。ウイルスが目に入る神経に潜伏している場合、ウイルスが再活性化する際に眼帯状疱疹を引き起こす可能性がある。

米国神経学会によると、帯状疱疹にかかった人のおよそ 10~ 20パーセントが眼帯状疱疹を発症する。

皮膚での帯状疱疹の再発は一般的であり、通常は潜伏ウイルスが活動している兆候だが、一部の眼での再発を説明する別のメカニズムがある可能性がある。それは、「以前の感染の一部の残存物に対して免疫系が反応していること」であるとアチャリヤ博士は言う。

ワクチンは免疫系を活性化するため、体が反応して目の中のウイルス関連の残存物を攻撃し、眼帯状疱疹の再発につながる可能性があると同氏は述べた。

「活動的な複製ウイルスはもう存在しないかもしれませんが、免疫系がいわゆるウイルス抗原、または以前の感染に関連するウイルスの一部や部分に対して反応するため、炎症が起こることもあります」とアチャリヤ博士は述べた。




米ウォルマートでシステムの障害により、数千の店舗の営業が一時停止

サイバー攻撃ではないとのことですが、最近のアメリカはこういうのが多いですね。

(参考記事)アメリカ全土の処方箋を取り仕切る企業のシステムがサイバー攻撃を受け、「全米の薬局が営業停止状態」に
地球の記録 2024年2月26日


ウォルマートの停電により、数千の店舗で販売と返品が一時停止された

SUN 2024/02/29

Walmart outage sees shoppers walk out of stores as sales and returns brought to temporary halt at thousands of locations

2月28日、ソフトウェアの不具合によりレジやその他の機器が停止し、ウォルマートの何千もの店舗が混乱に陥った。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ウォルマートでは、早朝から大規模な停電が始まり、販売や返品が一時的に停止された。不具合を感じた店舗の従業員たちは、一部のレジが完全に操作不能なままになっており、一部の顧客はそのまま店から出て行ったと述べた。

この問題は数時間後も数百の店舗で問題を引き起こし続け、ウォルマートはシステムの技術的修正を見つけるために大慌てとなった。

同報道によると、ウォルマートの広報担当者は同日遅く、この問題は解決したと述べた。

一方、ウォルマートの店舗のうち 6店舗は、障害がまだ続いており、完全に営業停止に陥っている。

ウォルマートは全米に約 4,700店舗を展開している。

同社はシステム停止の原因はまだ不明だが、内部の問題によるものであることがわかったという。広報担当者は、この不具合が外部の問題によって引き起こされた可能性を排除することができたと述べた。

企業のシステムに影響を与える技術的な問題は、小売業者では前代未聞のことではないが、事業を保護するために最新テクノロジーに投資できる規模とリソースを備えたウォルマートのような大企業では珍しい。




シンガポールの出生率も過去最低となり、合計特殊出生率が1.0を下回る

 

シンガポールも大変にワクチン及びブースター接種率が高い国で。


シンガポール、出生率が過去最低 0.97、コロナ禍が影響か

共同 2024/02/28

シンガポール政府は28日、女性1人が生涯に産む子どもの数を示す合計特殊出生率が、2023年は0・97だったと発表した。地元メディアによると、独立した1965年以来、初めて1を割り、過去最低の水準を更新した。

ラジャ首相府相は国会答弁で、コロナ禍での婚姻数の減少などが要因だと説明した。出生率低下による労働力減少で「活力の維持と、グローバル企業を引き付けることが難しくなる」と危機感を示した。

シンガポールでは高齢化と少子化が急速に進行している。物価が高騰し教育負担も重く、政府は支援策を拡充しているが、思うように効果が出ていない。




オランダの果物と野菜の4分の1以上から「PFAS」が検出される

PFASについては最近、以下の記事に書きました。 PFASは、男性の生殖機能を効率的に破壊します。

(記事)廃棄された数百億枚のほぼすべての「マスク」は永遠に PFAS を垂れ流し続ける。そして、PFASもまた血液脳関門を破壊する
In Deep 2024年2月28日


オランダの果物と野菜の4分の1以上に PFAS の痕跡がある

dutchnews.nl 2024/02/27

More than a quarter of Dutch fruit and veg has PFAS traces

欧州農薬活動ネットワークの調査によると、オランダとベルギーは他の EU 加盟国 25か国すべてよりも、PFAS 残留農薬を含む果物や野菜を生産する可能性が高いことがわかった。

この研究は、国の監視プログラムからの公式データに基づいている。これは、PFAS 残留農薬が検出されたヨーロッパの果物と野菜の量が 2011年から 2021年の間にほぼ 3倍に増加し、その増加率は果物で 220%、野菜で 274%であることを示している。

この研究では、オランダとベルギーの果物と野菜のサンプルの 27% に PFAS 農薬が存在していることも示された。次にオーストリア(25%)、スペイン(22%)、ポルトガル(21%)が続いた。

分析には、基準として少なくとも 1キログラムあたり 0.01 ミリグラムの濃度レベルの PFAS 残留物が含まれているが、これは必ずしも EU の上限制限に違反するものではない。

それにもかかわらず、「土壌、水、食物連鎖におけるPFASの継続的な蓄積は、他の化学物質または「化学カクテル」とともに、人間の健康と環境に長期的なリスクをもたらす」とキャンペーングループは述べた。

オランダでは、ガンやその他の健康問題に関連する複雑な化学物質群である PFAS による汚染に対する懸念が高まっている。

EU は多くの産業で、有害な PFAS の使用を停止する予定だが、農薬への使用は EU の別の規制に該当するため停止しない。

2年前、オランダの公衆衛生研究所 RIVM は、化学汚染のため、趣味で釣りに行く人々に対し、ウェスタースヘルデ河口で獲れる魚、エビ、牡蠣、ムール貝の摂取量を大幅に減らすよう警告した。

RIVM は当時、河口で獲れた魚介類には、店頭で販売されている同様の製品に含まれる PFAS の 8~ 10倍の量の PFAS が含まれている可能性があると発表した。




遺伝子編集された「蚊」が昨年大量放出されたブラジルで、デング熱症例が400%増加

 

これで漁夫の利を得たのが、日本の武田薬品で、デング熱ワクチンがブラジル政府によって大量に購入されています。デング熱ワクチンは、ADEの問題をクリアしていません。何だかね。

ちなみに、「イベルメクチンが蚊を殺虫する」ことについて以下の記事で書いています。

(記事)…イベルメクチンは、デング熱の治療薬として有効な可能性があるだけではなく、「蚊への殺虫作用」さえあることを論文で知る
In Deep 2023年6月22日


遺伝子編集蚊が放出された後、ブラジルでデング熱が400%急増

infowars.com 2024/02/26

Dengue Fever Surges by 400% in Brazil After Bill Gates-Backed Gene-Edited Mosquitos Released

国連の世界蚊計画によって遺伝子編集された数百万匹の蚊が放出されたことを受けて、 2024年にブラジルでデング熱が 4倍に急増した。

ブラジル保健省によると、2024年の最初の 5週間で 36万4,000人以上のデング熱感染者が報告されており、これは 2023年の同時期の感染者数の 4倍となっている。

デング熱症例の劇的な急増を受けて、ブラジルは数百万回分のデング熱ワクチンを購入することになった

ガーディアン紙より:

同省によると、デング熱の急速な蔓延により40人の死亡が確認され、さらに265人が調査中である。

…ブラジルは日本の製薬会社武田薬品が開発したデング熱ワクチン「クデンガ」520万回分を購入し、さらに132万回分が政府に無償で提供された。

ブラジルの3州は非常事態を宣言しており、その中には2番目に人口の多いミナスジェライス州と、首都ブラジリアが位置し前例のない感染者数の増加に直面している連邦管区も含まれる。

ブラジリア市は 10歳から14歳の子供たちにクデンガのワクチン接種を開始すると地方政府が 28日に発表した。

年初以降のブラジリアのデング熱感染者数は 2023年全体の感染者数を上回り、人口 10万人当たりの感染者数は 1,625人となっている(全国平均は170人)。

 

国連の世界蚊計画は 2023年、国内のデング熱撲滅を目的として、10年間にわたってブラジルに数十億匹の遺伝子編集された蚊を放す計画を発表した。

ハーバード大学公衆衛生局は 2023年8月、「ブラジルの 5都市の保健当局が、ボルバキア菌に感染した、実験室で増殖させたネッタイシマカを大量に放出しており 、これがデングウイルスの人への感染を防ぐ」として以下のように報告した。

「この国は、ボルバキア改変蚊を全国的に放出するプログラムを初めて開始する予定であり 、今後 10年間で最大 7,000万人をデング熱から守ることが期待されている。(遺伝子編集した)蚊の生産を拡大するための工場を建設中だ。2024年から、この工場では年間 50億匹の蚊が大量生産される予定だ」

蚊に対する取り組みが始まってから1年が経った現在、デング熱の症例数は減少するどころか急増している。