self defence studio

Suram-in Deep

ワクチンニュース

韓国で12 - 17歳の児童・生徒たちに対してもコロナワクチンを接種

更新日:

韓国で12-17歳の新型コロナ感染者急増

朝鮮日報 2021/09/01

8月3100人…累積感染者数は1万1601人に達する

韓国国内では最近、12-17歳の年齢層で新型コロナウイルス感染者が大幅に増えていることが分かった。

政府は9-12月期から12-17歳の児童・生徒たちに対しても新型コロナワクチンを接種する方針を明らかにした。

防疫当局が先月31日に明らかにしたところによると、新型コロナウイルス感染症発生以降、国内の12-17歳の累積感染者数は1万1601人に達し、このうち3人が重症で状態が悪化したことが分かった。

月別感染者数を見ると、新型コロナ流行初期の昨年2月は30人程度だったが、流行第3波がピークだった昨年12月に971人に増えた。そして、第4波開始と相まって7月に2211人に急増、8月には3100人に達した。流行の規模に応じて12-17歳の感染者も急増しているということだ。

一部の保護者たちの間で子どものワクチン接種の安全性に対し懸念の声が出ると、防疫当局は「米国・カナダ・日本・シンガポールなど海外における12歳以上の接種事例と研究を通じ、安全性と有効性が検証された」と述べた。

新型コロナ予防接種対応推進団のキム・ギナム接種企画班長は「米国で実際に接種した事例を分析すると一般的な副反応がほとんどで、死亡事例の中に心筋炎やワクチンとの因果関係が示唆される事例はなかった」と語った。

-ワクチンニュース

Copyright© Suram-in Deep , 2021 All Rights Reserved.