地上の銀河を歩けば…

NOFIA

終末ロック

終末CDR7:生きていること …… ヴァセリンズ - DUM-DUM (1989年)

更新日:

ZB3009_168262_0171

 

ヴァセリンズは、終末カウントダウンロック2でも 2010年の曲を掲げましたけれど、そんな彼らの 30年近く前のイケイケです。

やっぱりいいですね。

いい曲であればあるほど終末感が強くていいです。

The Vaselines - Dum-Dum(1989)

 

ヴァセリンズは、Wikipedia によれば、

> 1986年から1990年にかけて活動。ニルヴァーナのカート・コバーンがヴァセリンズのファンであったことから、解散後に再評価された。

とありますが、カート・コバーンは現世にはもう生きていません。

でも、ヴァセリンズは生きている。

文化の連なりと共に、生と死の連なりというようなものも何となく感じます。

もちろん、死ぬのが悪いという意味ではないです。

「生きている」ということは「生きていること」だと言いたいだけといいますか。




-終末ロック
-, ,

Copyright© NOFIA , 2019 All Rights Reserved.