終末ロック

終末CDR7:生きていること …… ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)

投稿日:2016年3月19日 更新日:

ZB3009_168262_0171

 

ヴァセリンズは、終末カウントダウンロック2でも 2010年の曲を掲げましたけれど、そんな彼らの 30年近く前のイケイケです。

やっぱりいいですね。

いい曲であればあるほど終末感が強くていいです。

The Vaselines – Dum-Dum(1989)

 

ヴァセリンズは、Wikipedia によれば、

> 1986年から1990年にかけて活動。ニルヴァーナのカート・コバーンがヴァセリンズのファンであったことから、解散後に再評価された。

とありますが、カート・コバーンは現世にはもう生きていません。

でも、ヴァセリンズは生きている。

文化の連なりと共に、生と死の連なりというようなものも何となく感じます。

もちろん、死ぬのが悪いという意味ではないです。

「生きている」ということは「生きていること」だと言いたいだけといいますか。







-終末ロック
-, ,

執筆者:

関連記事

ザ・スターリン – 革命的日常 (1981年) 歌詞

革命的な一日 労働 学習 生殖 睡眠 革命的な日常

終末CDR12:繊細なパンドラ気配の中で。フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)

フィオナ・アップル(1996年) ・tmz.com メダカの水を替える作業をしながらラジオを聴いていた時に、ある曲が流れた時、ピピーンと作業が止まりました。 「何この曲? よすぎる」 と、思わず曲に集 …

終末CDR20:カオスの時代にカオスの音楽。フリッパー / Ha ha ha (1984年)

フリッパー ・benoise.com   「好きな曲ベスト10」みたいな順位というものは、自分の中でもあまり付けたことがないですが、あえてそういうものがあるとすると、このフリッパーの曲は、そ …

終末CDR24:地球が変わる日に … キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)

キリング・ジョーク ・FLAMING PABLUM   最近は、好きだった曲の「歌詞を確かめてみる」というようなことをやっていて、こういうことは、以前はおこなうことがありませんでした。 でま …

嘔吐中枢は世界の源 – 篠崎順子 (1981年頃)

篠崎順子さんという方は、1980年代初頭に、アンダーグラウンド音楽界のアイドルだった方で、「ロリータ順子」というステージ名で有名でした。 戸川純さんの人気があった時代ですが、同じような人気を持っていま …

unchain

Sponsored Link



終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)