終末ロック

終末CDR23:30年経っても色あせない悪魔ソング … トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)

投稿日:2016年5月14日 更新日:

トム・ウェイツ
tom-waits-01pulled-up.it

 

トム・ウェイツという人をどう表現していいのかわからないですが、Wikipediaの説明をお借りすれば、

1973年にレコード・デビュー。「酔いどれ詩人」という異名で知られ、特徴的な嗄れた歌声、ジャズ的なピアノ演奏、しがない人々の心情をユーモラスに描きながらも温かい視線で見つめる独特な歌詞世界、ステージ上での軽妙な語り口でカルト的人気を博した。

という人なんですが、二十代の初めの頃、ラジオかなんかで聞いた曲は、トム・ウェイツの曲としては異質な曲で、私はその時、トム・ウェイツという人を知らなかったのですけれど、その曲を聞いて「かっけー」と思いまして、音源を探しに行った記憶があります。

それがこのハングオン・セント・クリストファーという曲で、意味は「聖クリストファーを吊るせ」という意味で、内容的にも何だかとても激しいものですが、それにしても、30年経ってもなおカッコイイ。

Tom Waits- Hang On St.Christopher(1987)

 

下が1番目あたりの訳詞ですが、こんな意味だと知ったのは最近です。

 

トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー 歌詞

聖クリストファーを吊そうぜ
油と煙で燃やしちまおう
二輪車に括りつけて沸騰したラジエーターをかけるんだ
ヤツの頭を焼きトウモロコシにしちまえ

85個の家と85個の丘を通りながら
助手席に聖クリストファーを吊しちまえ
悪魔がドライブできる夜にするために

犬小屋の犬と一緒に聖クリストファーを吊しちまえ
ハゲ山が霧の中でオレを鼓舞する
あのアホの腹に穴を開けて心臓をこんがりと焼こうぜ
ブドウ樽で死ぬほど叩きのめそうぜ

さあ始めよう
聖クリストファーを後ではなく今やっちまおう
ボロ屋の地下で

 

ちなみに、「聖クリストファー」というのは、こちらのページによりますと、

聖クリストファーという名前はギリシア語で「キリストを運ぶ人」という意味で、本来は人名ではありません。そのため歴史上実在した人物とみなされず、人気がある聖人であるにもかかわらず、ローマ・カトリックの教会暦では祝日を持ちません。

クリストファーが誰であるのか、古来学者の間で議論が為されてきましたが、現在ではコプト教徒のあいだで崇敬されている殉教者、聖メナス (285 – c. 309) のことではないかと考えられています。

とのことです。

このことも、今回の文章を書いていて初めて知りました。それを吊して悪魔に道を譲れという内容というわけですね。

トム・ウェイツの1987年の未来への予測は現実になっているのかもしれません。







-終末ロック
-, ,

執筆者:

関連記事

ザ・スターリン – 革命的日常 (1981年) 歌詞

革命的な一日 労働 学習 生殖 睡眠 革命的な日常

終末CDR25:青春のきらめき。フレッド・フリス / ダンシング・イン・ザ・ストリート(1980年)

23歳の頃ですから、もう30年前ですが、演劇のような公演を2度おこなって、「もう思い残すことはない」と思っていた頃、何の偶然か覚えていませんが、このフレッド・フリスというイギリスのギタリストの曲「ダン …

終末CDR8:伝承された日がやって来る …… レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)

・pinterest.com   ラジオを聴いていたら、レッド・ツェッペリンの「カシミール」という曲が流れたんです。 「若い時はよく聴いていたなあ」と懐かしく思いましたけれど、最近は長く聴い …

終末CDR7:生きていること …… ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)

  ヴァセリンズは、終末カウントダウンロック2でも 2010年の曲を掲げましたけれど、そんな彼らの 30年近く前のイケイケです。 やっぱりいいですね。 いい曲であればあるほど終末感が強くてい …

夏に聴きたいウキウキロック : 突然段ボール – 変なパーマネント(1980年)

これはもう、この YouTube の説明欄に この曲は高校生の時に私が初めて聞いた当時の東京のロックシーンの曲で、私にとっては、大事な曲のひとつです。 とある通りの曲です。 もう 37年とか経つんです …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)