終末ロック

夏に聴きたいウキウキロック : ザ・ソニックス – サイコ(1965年)

投稿日:2017年5月24日 更新日:

The Sonics – Psycho a Go-Go 1965

夏になると、アメリカでは大人も子どももみんなこぞって、この曲を流して庭で踊り狂うといわれる伝説の曲であってほしいという幻想が私にはあります。

 

タイトルの Psychoo は、日本語に直訳しますとあれですが、歌詞の内容そのものは、「君はオレをおかしくする」といったような普通の恋愛ものです。

訳すような歌詞でもないですので、英語で載せておきます。

 

The Sonics – Psycho a Go-Go – 1965

Baby, you’re driving my crazy
I said baby, you’re driving my crazy
The way you turn me on
Then you shot me down
Well, tell me baby
Am I just your clown

Psycho!!

Baby, you’re driving my crazy
I said I’m losing my mind
You treat me so unkind

Psycho!!

Baby, you’re driving my crazy
I’m going out of my head
Now I wish I was dead

Psycho!!

Baby, you’re driving my crazy
I’m going out of my head
Now I wish I was dead

Psycho!!
Psycho!!
Psycho!!
Psycho!!







-終末ロック
-, ,

執筆者:

関連記事

終末CDR9:巨漢のモーゼかく語りき・・・リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)

リー・モージス (1941 – 1997年)   Lee Moses – How Much Longer Must I Wait(1967)   1960年代のアメリカ …

終末CDR7:生きていること …… ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)

  ヴァセリンズは、終末カウントダウンロック2でも 2010年の曲を掲げましたけれど、そんな彼らの 30年近く前のイケイケです。 やっぱりいいですね。 いい曲であればあるほど終末感が強くてい …

終末カウントダウンロック1 – ザ・ジャガーズ「イッツ・ゴナ・ビー・オーライト」(1966年)

・elakiri.com   今日から、クレアなひとときをこちらのブログに移すことにしました。 雑談ブログですが、基本的には、 ・終末カウントダウンロックラジオ ・神経症とパニック障害の方々 …

[終末CDR22] 好きすぎるロックの名曲に重なる何かの彼岸… セバドゥー / ディサイド(1999年)

セバドゥー ・stereogum.com   好きな音楽は人それぞれですし、「好き嫌い」という概念にはあまり意味がないとは思っています。 そうは思っていますが、やはり「好き」というものはあり …

終末CDR21:難解なラブソング … ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)

ガイデッド・バイ・ヴォイシズ ・robertpollard.net   好きな歌でも、かつては、ロックの場合は、特に英語の歌詞などは気にして聴いたこともないですが、最近は歌詞の内容も気になる …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)