終末ロック

終末CDR11:何つったって名曲、ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)

投稿日:

ザ・プリティ・シングス
pretty-things

おはようございます。今朝はこの曲から1日が始まりました。

The Pretty Things – S.F. Sorrow Is Born (1968)







-終末ロック
-

執筆者:

関連記事

終末CDR17:いろいろカルチャーは死にましたが…。ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)

ザ・バッグズ   「ディスコは死んで、ロックンロールは長く生きる (Disco’s dead, long live Rock ‘n’ Roll)」とリフレ …

終末CDR16:「平和のために殺せ」… ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)

ザ・ファッグス   最近、ふと気づくと「知らぬ間に口ずさんでいることがある」という歌がありまして、それが今回ご紹介する「キル・フォー・ピース」という1966年の曲です。日本語にすれば、「平和 …

終末CDR15:日本を代表する終末ガレージバンドといえば…。The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)

The 5.6.7.8’s   日本人のバンドなのに、アメリカやヨーロッパでは妙に有名なのだけれど、日本ではあまりよく知られることのないバンドというのはわりとあります。 この T …

夏に聴きたいウキウキロック : 突然段ボール – 変なパーマネント(1980年)

これはもう、この YouTube の説明欄に この曲は高校生の時に私が初めて聞いた当時の東京のロックシーンの曲で、私にとっては、大事な曲のひとつです。 とある通りの曲です。 もう 37年とか経つんです …

終末CDR23:30年経っても色あせない悪魔ソング … トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)

トム・ウェイツ ・pulled-up.it   トム・ウェイツという人をどう表現していいのかわからないですが、Wikipediaの説明をお借りすれば、 1973年にレコード・デビュー。「酔い …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)