終末ロック

終末CDR16:「平和のために殺せ」… ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)

投稿日:

ザ・ファッグス
the-fugs

 

最近、ふと気づくと「知らぬ間に口ずさんでいることがある」という歌がありまして、それが今回ご紹介する「キル・フォー・ピース」という1966年の曲です。日本語にすれば、「平和のために殺せ」というような意味だと思いますが、こんな深そうな意味のタイトルの歌のプロモの作りが安いこと安いこと・・・。

でも、なぜか頭に「こびりつく」かのように、この「キル キル キル・フォー・ピース」というメロディが口について出るのですよね。

いい歌ということなのでしょうか(苦笑)。

The Fugs – Kill For Peace (1966)

https://www.youtube.com/watch?v=HuAcvKcg0RM

 

ちなみに、Wikipediaによれば、

> ファッグスは1960年代のアメリカ合衆国ニューヨークの現代詩人三人によるフォーク、ロックバンドである。

とのことで、詩人たちによるバンドなのだそう。

それにしても、このプロモを見ていますと、1960年代のアメリカは、何だかんだと今よりはるかに平和だったことがわかります。

プロモは、モデルガンの自動小銃を持ったメンバーが、銃を持ってワシントンらしき町をうろつくという内容で、周囲の背広の人々はプロモでは笑っていますが、今なら笑われないような気がしますし、それどころか、下手すると撃たれちゃいそう。

まあ、今はこの「平和のために殺せ」というフレーズが「洒落にならない」レベルにまで肥大していますしね。

 

どこの国の人だって「自分の国が良くなりますように」と生きてきたのかもしれないけれど、良くなった国ってないような・・・。

 

たとえば、日本人も、みんな「日本という国が良くなればいいな」と思っていたけど、今みたいになっちゃった。

アメリカ人だって、みんな、「アメリカという国が良くなればいいな」と思って、いろいろなことをしてきて、結局こんなんなっちゃった。

 

そして、音楽を含む「自由な表現」というものは今、敗北したのかもしれません。

それらは「何か」によって掻き消されようとしています。

もうじき完全に掻き消されるのだと思いますが、それもまた、ひとつの宇宙の在り方でもありそうです。







-終末ロック
-, ,

執筆者:

関連記事

終末カウントダウンロック1 – ザ・ジャガーズ「イッツ・ゴナ・ビー・オーライト」(1966年)

・elakiri.com   今日から、クレアなひとときをこちらのブログに移すことにしました。 雑談ブログですが、基本的には、 ・終末カウントダウンロックラジオ ・神経症とパニック障害の方々 …

終末CDR17:いろいろカルチャーは死にましたが…。ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)

ザ・バッグズ   「ディスコは死んで、ロックンロールは長く生きる (Disco’s dead, long live Rock ‘n’ Roll)」とリフレ …

ドイツ・ラインラント=プファルツ州の空に現れたキノコ雲

vk.com   2017年5月30日 ドイツ・ラインラント=プファルツ州

夏に聴きたいウキウキロック : 突然段ボール – 変なパーマネント(1980年)

これはもう、この YouTube の説明欄に この曲は高校生の時に私が初めて聞いた当時の東京のロックシーンの曲で、私にとっては、大事な曲のひとつです。 とある通りの曲です。 もう 37年とか経つんです …

終末カウントダウンロック4 – アウトサイダーズ(米国)『サマータイム・ブルース』1966年

今日一日、このアウトサイダーズというバンドのサマータイム・ブルースのカバー曲ばかり聴いていました。 The Outsiders – Summertime Blues (1966) &nbs …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)