終末ロック

終末CDR10:本当の終末の日に聴くなら。ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)

投稿日:

ザ・ディヴィアンツ
deviants

 

下のような雲を見まして、何だかビックリな今日。

water-tornadovk

 

そして、そんな今日、いい歌を見つけました。ディヴィアンツというイギリスのバンドの 1967年の下の曲であります。

The Deviants – Child of the Sky(1967)

 

その時とぴったりの心境の曲ってのは、100曲や200曲聴いても、たどり着かないことが多いですので、この日、ぴたっとこの曲が聴けたのはラッキーでした。







-終末ロック
-, ,

執筆者:

関連記事

20年目のヒップホップ – Public Enemy Megamix (1989年)

・パブリックエネミーのDJ、ターミネーターX   先日の記事で書きましたように、ミックス・マスター・マイクという人のターンテーブルプレイに大変な衝撃を受けまして、ターンテーブルやスクラッチ音 …

終末カウントダウンロック4 – アウトサイダーズ(米国)『サマータイム・ブルース』1966年

今日一日、このアウトサイダーズというバンドのサマータイム・ブルースのカバー曲ばかり聴いていました。 The Outsiders – Summertime Blues (1966) &nbs …

終末カウントダウンロック1 – ザ・ジャガーズ「イッツ・ゴナ・ビー・オーライト」(1966年)

・elakiri.com   今日から、クレアなひとときをこちらのブログに移すことにしました。 雑談ブログですが、基本的には、 ・終末カウントダウンロックラジオ ・神経症とパニック障害の方々 …

終末CDR12:繊細なパンドラ気配の中で。フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)

フィオナ・アップル(1996年) ・tmz.com メダカの水を替える作業をしながらラジオを聴いていた時に、ある曲が流れた時、ピピーンと作業が止まりました。 「何この曲? よすぎる」 と、思わず曲に集 …

20年目のヒップホップ – Battle For The Mind (1998年)

思えば、もう 2017年もそんなに残りがなくなっていることに気づきまして、そして、音楽を聴いていて、ふと、 「そういえば、初めてヒップホップを聴いてから 20年になるのだなあ」 と気づきました。 その …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)