関連記事

終末CDR23:30年経っても色あせない悪魔ソング … トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)

トム・ウェイツ ・pulled-up.it   トム・ウェイツという人をどう表現していいのかわからないですが、Wikipediaの説明をお借りすれば、 1973年にレコード・デビュー。「酔い …

グランドキャニオンにかかった二重の虹

2017年5月22日 Tina Wright

終末CDR13:東京に出てきた年の気持ちは大事にしよう。レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)

レベル・トゥルース   北海道から東京に出てきた1982年という年は、たとえば、太陽活動などからいっても、すでに活動最大期は終わっていた頃でした。思い出してみても、全体として「興奮の時代」は …

終末CDR18:失われた生命へのラブレター … イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)

イールズ ・Eels_(band)   イールズというのはアメリカのロックバンドで、この「ゴーイング・フィータル」(Going Fetal / 胎児になっていく)という曲は、とても好きなポッ …

終末CDR25:青春のきらめき。フレッド・フリス / ダンシング・イン・ザ・ストリート(1980年)

23歳の頃ですから、もう30年前ですが、演劇のような公演を2度おこなって、「もう思い残すことはない」と思っていた頃、何の偶然か覚えていませんが、このフレッド・フリスというイギリスのギタリストの曲「ダン …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)