関連記事

終末CDR7:生きていること …… ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)

  ヴァセリンズは、終末カウントダウンロック2でも 2010年の曲を掲げましたけれど、そんな彼らの 30年近く前のイケイケです。 やっぱりいいですね。 いい曲であればあるほど終末感が強くてい …

夏に聴きたいウキウキロック : ザ・ソニックス – サイコ(1965年)

The Sonics – Psycho a Go-Go 1965 夏になると、アメリカでは大人も子どももみんなこぞって、この曲を流して庭で踊り狂うといわれる伝説の曲であってほしいという幻想 …

終末CDR13:東京に出てきた年の気持ちは大事にしよう。レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)

レベル・トゥルース   北海道から東京に出てきた1982年という年は、たとえば、太陽活動などからいっても、すでに活動最大期は終わっていた頃でした。思い出してみても、全体として「興奮の時代」は …

終末CDR23:30年経っても色あせない悪魔ソング … トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)

トム・ウェイツ ・pulled-up.it   トム・ウェイツという人をどう表現していいのかわからないですが、Wikipediaの説明をお借りすれば、 1973年にレコード・デビュー。「酔い …

終末カウントダウンロック4 – アウトサイダーズ(米国)『サマータイム・ブルース』1966年

今日一日、このアウトサイダーズというバンドのサマータイム・ブルースのカバー曲ばかり聴いていました。 The Outsiders – Summertime Blues (1966) &nbs …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)