メモと雑記

ファントム・オブ・パラダイスになっていた「太陽フェイス」

投稿日:

太陽が Xフレアを唐突に噴出したことについては、最近の In Deep の記事で書いたのですけれど、その 12時間後くらいの「太陽の表情」を見ました時に、「ああ、これ」と思いました。

下がその時の太陽です。

2017年9月6日の太陽


・NASA

私は、若い時に『ファントム・オブ・パラダイス』という映画が好きでよく見ていました。これは 1974年に公開されたアメリカ映画ですが、私が最初に見たのは 1980年代です。今でも、たまさな DVD で見ます。

この映画の主人公と上の太陽が何だかそっくりだったのです。

映画『ファントム・オブ・パラダイス』の主人公

この人はどうして仮面をかぶっているかというと、顔に火傷をおってしまったからなのですが、この『ファントム・オブ・パラダイス』は、異常に純粋な恋愛感情というものを描いたカルト・ミュージカルでした。

下のシーンは、声を失った主人公が、機械によって声を取り戻していく当時大好きだった場面です。

 

ストーリーも変な映画で、悪魔に魂を売ったレコード会社の社長と、ひとりの音楽家(主人公)の話で、その社長に自分の音楽と愛した女性を奪われ、顔まで失った主人公が、破壊を伴う暗い大活躍を見せる映画です。

「あの頃は、切なくて楽しくてワクワクする映画がたくさんあったなあ」

と今にして懐かしいです。自分の好きだった映画というのは、根底が恋愛映画であるものが多くて、『未来世紀ブラジル』とか『ブレードランナー』とか『エルトポ』とかもそうですし、『ブレインデッド』とか『麻雀放浪記』なんかも恋愛映画でした。

今は見たい映画がなくて・・・。

そういえば、この『ファントム・オブ・パラダイス』の主人公が好きになった女性の名前が「フェニックス」だったことに気づきました。

フェニックスの因縁については、In Deep の「 5000年におよぶ「血の歴史」を持つフェニックスという言葉の概念を知りたくて・・・」などにも書いたことがありますが、わりと多く出てくる言葉でもありました。

世の中はいろいろと複雑ですねえ。







-メモと雑記
-,

執筆者:

関連記事

金正恩委員長の初めての直々の声明全文 — 「私は米国の老いぼれの狂人を必ずや火で罰するであろう」

  金正恩初代国務委員長が自身の名義で声明を発表したのは、これが初めてのことですので、記録しておきます。 父親の金正日の時にもなかったことだと思われ、相当異例ではありそうです。 ここからです …

豪雨で「橋が滝に」 ウクライナ

2017年6月28日 ウクライナ

こんな虹見たことない

今日 7月18日は、関東全域で悪天候に見舞われたのですが、東京都の足立区で下のような虹が出現したのだそうです。 投稿者は「こんな虹は見たことない」と書かれていますが、私も観たことないです。 twitt …

コロラド州に光と共に舞い降りたマザーシップ

最近、マザーシップ系の雲の出現が多いですが、アメリカで、まさに「天から光と共に降りてきた」感じの雲が撮影されていました。 2017年6月11日 アメリカ・コロラド州の雲 Colt Forney Pho …

シンガポールからオーストラリアまで。1平方キロメートルあたりに住んでいる人の数の比較

  シンガポール : 7698人 香港 : 6553人 バングラデシュ : 1095人 台湾 : 646人 韓国 : 517人 インド : 417人 ベルギー: 368人 日本 : 335人 …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)