地上の銀河を歩けば…

NOFIA

ニュース マッド・ジャパン・ダイアリー

ガン腫瘍がなくても抗ガン剤を投与できる時代になりそうなニュース

投稿日:

ガンとの戦いというより、時代は抗ガン剤との戦いという新しいステージに突入。
医学検診の恐怖度がさらにアップする予感。

7月24日の読売新聞より。

血液1滴、がん13種早期発見…3年めど事業化

読売新聞 2017/07/24

国立がん研究センターなどは、血液1滴で乳がんなど13種類のがんを早期発見する新しい検査法を開発し、来月から臨床研究を始める。

同センターの研究倫理審査委員会が今月中旬、実施を許可した。早ければ3年以内に国に事業化の申請を行う。

一度に複数の種類のがんを早期発見できる検査法はこれまでなく、人間ドックなどに導入されれば、がんによる死亡を減らせる可能性がある。

検査法では、細胞から血液中に分泌される、遺伝子の働きを調節する微小物質「マイクロRNA」を活用する。がん細胞と正常な細胞ではマイクロRNAの種類が異なり、一定期間分解されない。

同センターや検査技術を持つ東レなどは、がん患者ら約4万人の保存血液から、乳房や肺、胃、大腸、食道、肝臓、膵臓すいぞうなど13種類のがんで、それぞれ固有のマイクロRNAを特定した。血液1滴で、がんの「病期(ステージ)」が比較的早い「1期」を含め、すべてのがんで95%以上の確率で診断できた。乳がんは97%だった。




-ニュース, マッド・ジャパン・ダイアリー
-,

Copyright© NOFIA , 2019 All Rights Reserved.