終末ロック

嘔吐中枢は世界の源 – 篠崎順子 (1981年頃)

投稿日:

篠崎順子さんという方は、1980年代初頭に、アンダーグラウンド音楽界のアイドルだった方で、「ロリータ順子」というステージ名で有名でした。

戸川純さんの人気があった時代ですが、同じような人気を持っていました。

彼女は風邪が原因と思われる衰弱で死亡したとされています。享年25歳。

彼女の歌「嘔吐中枢は世界の源」の内容が彼女の生活とリンクしていた内容なのかどうかはわからないですが、私自身、その後、拒食症だのリストカットだのの女の子とたくさん知りあうことになり、わりとこういう現実はあると知ります。

私は十代の終わりにこの曲のレコーディング版をよく聴いていました。

ここから、わりと稀少なライブ盤の歌と、その歌詞です。

嘔吐中枢は世界の源 – 篠崎順子 (1982年頃)

食べて 吐いて また食べて
吐いて 吐いて 吐き続ける

嘔吐中枢ぶっ壊れ
吐けずに 苦しい それでも食べる

そのうち ぶくぶく太りだす
しまいに ぶよぶよブタになる

自分の汚物が 自分の食事
楽しい お地獄
便器に アタマから 突込んで
吐いたものを 再び食べる

食べて 吐いて また食べて

食べて 吐くのか
吐くために 食べるのか
生き続けるためにはき続ける

嘔吐中枢ぶっ壊れ
楽しい お遊戯

食べて 吐いて また食べて
吐いて 吐いて 吐き続ける

嘔吐中枢ぶっ壊れ
吐けずに 苦しい それでも食べる

そのうち ぶくぶく太りだす
しまいに ぶよぶよブタになる

自分の汚物が 自分の食事
楽しい お地獄
便器に アタマから 突込んで
吐いたものを 再び食べる

食べて 吐いて また食べて

食べて 吐くのか
吐くために 食べるのか
生き続けるためにはき続ける

嘔吐中枢ぶっ壊れ
楽しい お遊戯







-終末ロック
-, ,

執筆者:

関連記事

終末カウントダウンロック3 – イントクシカ『ザ・センチュリオンズ』1963年

1972年のアメリカ映画『ピンクフラミンゴ』は、好き嫌いは人により相当わかれるとは思いますが、若い頃に「ああ刺激的だなあ」と思わせてくれた映画ではありました。 この映画、悪趣味だけが売りのようなイメー …

終末CDR17:いろいろカルチャーは死にましたが…。ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)

ザ・バッグズ   「ディスコは死んで、ロックンロールは長く生きる (Disco’s dead, long live Rock ‘n’ Roll)」とリフレ …

終末カウントダウンロック4 – アウトサイダーズ(米国)『サマータイム・ブルース』1966年

今日一日、このアウトサイダーズというバンドのサマータイム・ブルースのカバー曲ばかり聴いていました。 The Outsiders – Summertime Blues (1966) &nbs …

終末CDR12:繊細なパンドラ気配の中で。フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)

フィオナ・アップル(1996年) ・tmz.com メダカの水を替える作業をしながらラジオを聴いていた時に、ある曲が流れた時、ピピーンと作業が止まりました。 「何この曲? よすぎる」 と、思わず曲に集 …

終末CDR19:消えていくロックを葬送するような… アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)

アート・ベアーズ   ロックというのは、十数万年に及ぶと思われる現世人類の歴史の中で、ほんの数十年の「瞬間」の産物だったわけで(音楽そのものの歴史は長いでしょうけれど)、そして、「これから消 …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)