メモと雑記

世界各国の「初婚年齢」

投稿日:

初婚が遅い順に主要国のうちのいくつかをピックアップしてみました。

ヨーロッパは代表的な国をピックアップしていますが、どこの国も遅いです。日本はかなり遅いかとおもっていましたが、主要国との比較では、カナダやイスラエルなどとほぼ同じ約 30歳でした。台湾や韓国のほうが遅いですね。

スウェーデンやスペインのレベルは、出産可能年齢などとの兼ね合いでは、やや深刻かも。

世界の初婚年齢

List of countries by age at first marriage

  • スウェーデン 34.6歳
  • スペイン 33.4歳
  • ドイツ 32.2歳
  • モロッコ 32.1歳
  • イギリス 31.6歳
  • 韓国 31.3歳
  • 台湾 30.9歳
  • カナダ 30.1歳
  • 日本 30.1歳
  • イスラエル 30歳
  • アメリカ 28.2歳
  • ロシア 26.2歳
  • イラン 25.6歳
  • 中国 24.8歳
  • インド 24.1歳
  • ミャンマー 22.3歳

ちなみに、統計がある中で、世界で最も初婚が「早い」上位3カ国は、

  1. チャド 19.2歳
  2. モザンビーク 19.6歳
  3. バングラデシュ 19.9歳

遅い上位3カ国は、

  1. スウェーデン 34.6歳
  2. アイスランド 33.7歳
  3. スペイン 33.4歳

でした。







-メモと雑記
-, ,

執筆者:

関連記事

2015年9月 これまでで最も派手な光学現象「スプライト」の記録

スプライトについての説明は、2011年8月に、In Deep で翻訳したスペースウェザーの記事を写真の後に乗せておきます。 2015年9月1日 チェコ共和国上空 Martin Pope   …

ワンフレームの中のさまざまな光(ロシア連邦アディゲ共和国)

ロシアのアディゲ共和国首都マイコープで2017年6月10日に撮影された写真 instagram.com 全景   満月   何だかわからないもの   落雷   …

アリゾナ州フェニックス(北緯33度線)にあらわれた二重の虹

2017年8月2日 米国アリゾナ州フェニックス Stone Cruz [参考記事] ・北緯33度線が「血を象徴している」ことがさらに明白になっているような2016年前半の世界を振り返る:暴力の蔓延が定 …

こんな虹見たことない

今日 7月18日は、関東全域で悪天候に見舞われたのですが、東京都の足立区で下のような虹が出現したのだそうです。 投稿者は「こんな虹は見たことない」と書かれていますが、私も観たことないです。 twitt …

生涯で7回の落雷に直撃され、そのすべてを生きのびた米国人ロイ・サリヴァン。その最後は

ロイ・サリヴァン ロイ・サリヴァンさんという写真の方がいて、1983年9月に 71歳で亡くなったアメリカ人なのですが、彼は、「人生で7回の落雷の直撃に遭って、すべてで生きのびた」という記録を持つ人でし …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)