終末ロック

終末カウントダウンロック3 – イントクシカ『ザ・センチュリオンズ』1963年

投稿日:

1972年のアメリカ映画『ピンクフラミンゴ』は、好き嫌いは人により相当わかれるとは思いますが、若い頃に「ああ刺激的だなあ」と思わせてくれた映画ではありました。

この映画、悪趣味だけが売りのようなイメージもありましたが、音楽が最高なんです。

監督のジョン・ウォーターズさんの初期の映画はどれも音楽は良いですが、ピンクフラミンゴは「ご機嫌ロックの集大成」となっていまして、その中から、イントクシカというバンドの『ザ・センチュリオンズ』をご紹介します。

映画を見ながらノリノリになることのできる一曲でした。

Intoxica -The centurions (1963年)

 

これ、1963年の曲なんですけど、私の生まれた年なんですよね。

それで、これが収められたアルバムのタイトルが「サーファーズ・パジャマ・パーティ(Surfers’ Pajama Party)」という、要するに、

「ビーチでパジャマでサーファー感覚で躍ろうぜ」

というような、そういう腑抜けな流行があった時代でした。

アルバム『サーファーズ・パジャマ・パーティ』
Surfers-Pajama-Party

 

楽しければ・・・それでいいと・・・。

そんな時代に生まれた私であります。

昨日(2016年3月15日)の報道などで印象的な出来事

特になし







-終末ロック
-, ,

執筆者:

関連記事

嘔吐中枢は世界の源 – 篠崎順子 (1981年頃)

篠崎順子さんという方は、1980年代初頭に、アンダーグラウンド音楽界のアイドルだった方で、「ロリータ順子」というステージ名で有名でした。 戸川純さんの人気があった時代ですが、同じような人気を持っていま …

夏に聴きたいウキウキロック :ザ・リヴィエラス – Church Key (1965年 / チューニングがなぜか436Hzの曲)

リヴィエラス(The Rivieras)というのは、1960年代のバンドで、それほど有名ではないかもしれないですが、それほどマイナーでもないです。 この Church Key (教会の鍵)という曲を聞 …

終末CDR23:30年経っても色あせない悪魔ソング … トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)

トム・ウェイツ ・pulled-up.it   トム・ウェイツという人をどう表現していいのかわからないですが、Wikipediaの説明をお借りすれば、 1973年にレコード・デビュー。「酔い …

終末CDR18:失われた生命へのラブレター … イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)

イールズ ・Eels_(band)   イールズというのはアメリカのロックバンドで、この「ゴーイング・フィータル」(Going Fetal / 胎児になっていく)という曲は、とても好きなポッ …

グランドキャニオンにかかった二重の虹

2017年5月22日 Tina Wright

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)