終末ロック

終末CDR20:カオスの時代にカオスの音楽。フリッパー / Ha ha ha (1984年)

投稿日:

フリッパー
Flipper-in-Italiabenoise.com

 

「好きな曲ベスト10」みたいな順位というものは、自分の中でもあまり付けたことがないですが、あえてそういうものがあるとすると、このフリッパーの曲は、そこに入るものです。

そして、彼らこそ「これこそパンク」と思わせる曲をたくさん作った人たちでした。

Flipper – Ha ha ha (1984)

https://www.youtube.com/watch?v=x6bfoSVUPuQ

 

フリッパーは、アメリカ西海岸の一種の伝説のバンドで、ニルヴァーナの故カート・コバーンらが彼らのファンで、カートがフリッパーのTシャツを着ていたことは有名らしいです。

まあ、このフリッパーの音楽は、こCDショップのサイトの解説の表現が合っているのかもしれません。

下はそこにある CD レビューですが、

伝説のサンフランシスコパンク”NEGATIVE TREND”の暴走リズム隊により結成された80年代の暴走する「アメリカン・ハードコア」な連中の中に置いても一際ズッコケてた狂気のZ級カルトパンク軍団”FLIPPER”師匠1981年リリースのカルト1stアルバム!!

というような表現がとてもふさわしい音を作り出したバンドで、これは誰でもできるようで、実は「狂気の混沌」を作り出して、それを継続することは難しいのです。

この「Ha ha ha」という曲など、サビの「アハハハハ オホホホホ」というあたりのベースとギターの絡みは狂気的な混沌を生み出していて、たまにヘッドフォンなどで大音量で聞くと、沈んだ気分もすっきりとよみがえります(本当)。

音楽に「混沌」というジャンルがあることを知ったのは、1980年前後でしたかね。イギリスのポップ・グループというバンドの音(たとえばこのような曲)を知った時とか、日本のウルトラ・ビデというバンドの音(たとえばこのような曲)を聞いた時あたりです。

そして、「混沌の音楽」は好きな人は好きだけれど、普通の人は聴くに耐えないというものがほとんどですので、ポピュラーにはなりにくいですけれど、そのかわり、何十年経ってもその音はこの世から消えません。

フリッパーも含めて、それら混沌バンドの CD が今でも再販され続けて、あるいは、オンライン・ショップで売られ続けています。

ただし、「新しい混沌音楽」はあまり出てくることはないようです。

そういう意味で偉大で巨大な過去の遺物ですが、私の青春時代のミュージックライフそのものでもありました。







-終末ロック
-, ,

執筆者:

関連記事

嘔吐中枢は世界の源 – 篠崎順子 (1981年頃)

篠崎順子さんという方は、1980年代初頭に、アンダーグラウンド音楽界のアイドルだった方で、「ロリータ順子」というステージ名で有名でした。 戸川純さんの人気があった時代ですが、同じような人気を持っていま …

終末CDR19:消えていくロックを葬送するような… アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)

アート・ベアーズ   ロックというのは、十数万年に及ぶと思われる現世人類の歴史の中で、ほんの数十年の「瞬間」の産物だったわけで(音楽そのものの歴史は長いでしょうけれど)、そして、「これから消 …

ドイツ・ラインラント=プファルツ州の空に現れたキノコ雲

vk.com   2017年5月30日 ドイツ・ラインラント=プファルツ州

終末CDR10:本当の終末の日に聴くなら。ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)

ザ・ディヴィアンツ   下のような雲を見まして、何だかビックリな今日。 ・vk   そして、そんな今日、いい歌を見つけました。ディヴィアンツというイギリスのバンドの 1967年の下 …

終末カウントダウンロック2 – ヴァセリンズ『エグジット・ザ・ヴァセリンズ』

・valyaboutenko.com 1980年代に良い曲を作っていた人たちは、21世紀にもやはり素敵な曲を作っているということがよくわかる名曲です。 ヴァセリンズは 1980年代に1枚のオリジナル・ …

unchain

Sponsored Link



終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)