終末ロック

終末カウントダウンロック2 – ヴァセリンズ『エグジット・ザ・ヴァセリンズ』

投稿日:

water-vagitablesvalyaboutenko.com

1980年代に良い曲を作っていた人たちは、21世紀にもやはり素敵な曲を作っているということがよくわかる名曲です。

ヴァセリンズは 1980年代に1枚のオリジナル・アルバムを発表して解散したバンドですが、20世紀の終わり頃から再ブレークしたバンドで、私もこの再ブレークで初めて知ったのですが、知って良かったです。

ヴァセリンズの曲はどれも「ああ、この世は終わっていくけど、何だか素敵だったのかもしれないなあ」と思わせるような情緒にあふれたものばかりです。

Vaselines – Exit the Vaselines (2010年)

これをお聞きいただきながら、昨日起きた印象的なことなど。

前日(2016年3月13日)の印象的な出来事

トルコ首都の中心部で大規模な爆発、34人死亡

ジンバブエで「ファン・ゴッホ雲」が出現

vangogh_strip

これは、ゴッホの絵に出てくる雲と似ているために、そのように命名されたようです。







-終末ロック
-, ,

執筆者:

関連記事

夏に聴きたいウキウキロック :ザ・リヴィエラス – Church Key (1965年 / チューニングがなぜか436Hzの曲)

リヴィエラス(The Rivieras)というのは、1960年代のバンドで、それほど有名ではないかもしれないですが、それほどマイナーでもないです。 この Church Key (教会の鍵)という曲を聞 …

20年目のヒップホップ – Public Enemy Megamix (1989年)

・パブリックエネミーのDJ、ターミネーターX   先日の記事で書きましたように、ミックス・マスター・マイクという人のターンテーブルプレイに大変な衝撃を受けまして、ターンテーブルやスクラッチ音 …

終末CDR8:伝承された日がやって来る …… レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)

・pinterest.com   ラジオを聴いていたら、レッド・ツェッペリンの「カシミール」という曲が流れたんです。 「若い時はよく聴いていたなあ」と懐かしく思いましたけれど、最近は長く聴い …

終末CDR25:青春のきらめき。フレッド・フリス / ダンシング・イン・ザ・ストリート(1980年)

23歳の頃ですから、もう30年前ですが、演劇のような公演を2度おこなって、「もう思い残すことはない」と思っていた頃、何の偶然か覚えていませんが、このフレッド・フリスというイギリスのギタリストの曲「ダン …

グランドキャニオンにかかった二重の虹

2017年5月22日 Tina Wright

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)