終末ロック

終末CDR19:消えていくロックを葬送するような… アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)

投稿日:

アート・ベアーズ
Art-Bears

 

ロックというのは、十数万年に及ぶと思われる現世人類の歴史の中で、ほんの数十年の「瞬間」の産物だったわけで(音楽そのものの歴史は長いでしょうけれど)、そして、「これから消えていく」ものでもあります。

というか、消えていかなければならない。

男性「性」の極致ともいえる表現形態のロックは、未来の音楽にはふさわしくはないです。

まあ、それでも、私などは、人類史の歴史の「この瞬間」に生まれたことによって、ロック時代を楽しむことができたわけで、恩義はあります。

そして、ロックの曲の中にも女性「性」と男性「性」が正面からぶつかるというものも多少なりともあって、それが成功した時にはとんでもなく奇跡の名ユニット、あるいは名曲として歴史の中に残ります。

Art Bears – Moeris Dancing (1978)

 

この男性2人(演奏)と女性1人(ボーカル)のアート・ベアーズというユニットは、まさにそんなバンドのひとつだったかもしれません。

消えていくロックの記憶の中に、いくつか残るこの男性性社会だった 2000年間の終わり頃の「融合の気配」というものを漂わせているような気もします。

ちなみに、この曲の収められたアルバムのタイトルは「Hopes and Fears (様々な希望と様々な恐れ)」というものでした。







-終末ロック
-,

執筆者:

関連記事

終末CDR16:「平和のために殺せ」… ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)

ザ・ファッグス   最近、ふと気づくと「知らぬ間に口ずさんでいることがある」という歌がありまして、それが今回ご紹介する「キル・フォー・ピース」という1966年の曲です。日本語にすれば、「平和 …

終末CDR10:本当の終末の日に聴くなら。ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)

ザ・ディヴィアンツ   下のような雲を見まして、何だかビックリな今日。 ・vk   そして、そんな今日、いい歌を見つけました。ディヴィアンツというイギリスのバンドの 1967年の下 …

ドイツ・ラインラント=プファルツ州の空に現れたキノコ雲

vk.com   2017年5月30日 ドイツ・ラインラント=プファルツ州

20年目のヒップホップ – Battle For The Mind (1998年)

思えば、もう 2017年もそんなに残りがなくなっていることに気づきまして、そして、音楽を聴いていて、ふと、 「そういえば、初めてヒップホップを聴いてから 20年になるのだなあ」 と気づきました。 その …

グランドキャニオンにかかった二重の虹

2017年5月22日 Tina Wright

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)