終末ロック

終末CDR19:消えていくロックを葬送するような… アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)

投稿日:

アート・ベアーズ
Art-Bears

 

ロックというのは、十数万年に及ぶと思われる現世人類の歴史の中で、ほんの数十年の「瞬間」の産物だったわけで(音楽そのものの歴史は長いでしょうけれど)、そして、「これから消えていく」ものでもあります。

というか、消えていかなければならない。

男性「性」の極致ともいえる表現形態のロックは、未来の音楽にはふさわしくはないです。

まあ、それでも、私などは、人類史の歴史の「この瞬間」に生まれたことによって、ロック時代を楽しむことができたわけで、恩義はあります。

そして、ロックの曲の中にも女性「性」と男性「性」が正面からぶつかるというものも多少なりともあって、それが成功した時にはとんでもなく奇跡の名ユニット、あるいは名曲として歴史の中に残ります。

Art Bears – Moeris Dancing (1978)

 

この男性2人(演奏)と女性1人(ボーカル)のアート・ベアーズというユニットは、まさにそんなバンドのひとつだったかもしれません。

消えていくロックの記憶の中に、いくつか残るこの男性性社会だった 2000年間の終わり頃の「融合の気配」というものを漂わせているような気もします。

ちなみに、この曲の収められたアルバムのタイトルは「Hopes and Fears (様々な希望と様々な恐れ)」というものでした。







-終末ロック
-,

執筆者:

関連記事

夏に聴きたいウキウキロック : ザ・トルネーズ – バスティン・サーフボーズ(1962年)

The Tornadoes – Bustin’ Surfboards – 1962 1994年の映画『パルプ・フィクション』でも使われていたサーフロックのナイス・ナ …

嘔吐中枢は世界の源 – 篠崎順子 (1981年頃)

篠崎順子さんという方は、1980年代初頭に、アンダーグラウンド音楽界のアイドルだった方で、「ロリータ順子」というステージ名で有名でした。 戸川純さんの人気があった時代ですが、同じような人気を持っていま …

終末CDR18:失われた生命へのラブレター … イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)

イールズ ・Eels_(band)   イールズというのはアメリカのロックバンドで、この「ゴーイング・フィータル」(Going Fetal / 胎児になっていく)という曲は、とても好きなポッ …

ドイツ・ラインラント=プファルツ州の空に現れたキノコ雲

vk.com   2017年5月30日 ドイツ・ラインラント=プファルツ州

終末CDR15:日本を代表する終末ガレージバンドといえば…。The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)

The 5.6.7.8’s   日本人のバンドなのに、アメリカやヨーロッパでは妙に有名なのだけれど、日本ではあまりよく知られることのないバンドというのはわりとあります。 この T …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)