「戦争」カテゴリーアーカイブ

日本政府が「フェイク情報に対抗する組織」を設立へ

 

まあ、来春ですが。


“偽情報”に対抗 政府が新組織を来春に立ち上げへ

テレ朝news 2023/01/25

政府は、ロシアや中国などによる偽の情報の拡散に対抗するため、来年春を目指して新たな組織を立ち上げる方向で調整しています。

松野官房長官:「偽情報の拡散は普遍的価値に対する脅威であるのみならず、安全保障上も悪影響をもたらし得るものです」

松野官房長官は、外国による偽情報の拡散への対処能力を強化するため、「政府全体で対応する」と強調しました。

去年8月には岸前防衛大臣を装ったツイートに、ウクライナを非難する偽の内容が書き込まれ、ロシア側に拡散されたという事案がありました。

こうした偽情報を分析し、正しい情報を速やかに対外発信するなど政府内外の連携を強める方針です。

新たな組織は、来年春をめどに内閣官房に立ち上げる方向で調整しています。

ウクライナの首都キエフ上空を「カラスの大群」が覆い尽くす

 

キエフではあまりないことだそうです。以下は、動画つきのツイッターの投稿です。

最近、中国でもありました。

[記事] 中国東北部の各都市が無数のカラスで覆い尽くされる
地球の記録 2023年1月14日

ウクライナ戦争勃発後も、実際には90%以上の西側企業がロシアに残り続けていることが判明

 


西側企業の90%以上がロシアに残っている

rmx.new 2023/01/23

Over 90% of western firms have remained in Russia

スイスのローザンヌにあるザンクト・ガレン大学と IMD ビジネス スクールの調査によると、ウクライナでの戦争にもかかわらず、EU と G7 の全企業のうち、実際にロシアを離れたのはわずか 8.5% にすぎないことがわかった。

戦争が勃発する前は、2,400を超える企業の支店と、EU および G7 からの 1,400の企業がロシアで活動していた。

そのうち、昨年 11月末までにロシアを離れたか、あるいはロシアで会社を売却した企業は 120社に過ぎなかった。

この研究は、西側企業がロシアから大量に流出したというニュースが、かなり誇張されていたことを示している。

ほとんどの企業は、ビジネスとスタッフを失うことを恐れてロシアを離れることに懐疑的であり、消極的だ。ルノーや日産の場合のように、ロシアを去った企業は、最終的に資産をロシアの手に渡してしまっただけだった。

フォーブスによると、最大の受益者はオリガルヒのウラジミール・ポタニン氏であり、彼のインターロス社はソシエテ・ジェネラルからロスバンクを買収し、その過程で約 500億ルーブル (約 930億円) を稼ぎ出した。

ロシア国営研究センター FSUE NAMI は、ルノーと日産が所有する工場を買収し、350億ルーブル (約 650億円)弱の資産を獲得した。

[小泉進次郎が突如トレンド入り]という報道

 

世界経済フォーラムの氏のページより

weforum.org


「小泉進次郎」が突如トレンド入り…次期首相にふさわしい人ランクイン、ダボス会議参加で「やめてくれ!」の声

FLASH 2023/01/24

1月21・22両日、産経新聞社とFNNがおこなった合同世論調査で、岸田文雄首相の次の首相にふさわしい人は誰かを尋ねたところ、上位3人は以下となった。

1位 河野太郎デジタル相 19.7%
2位 石破茂元自民党幹事長 15.1%
3位 小泉進次郎元環境相 10.9%

2021年秋の自民党総裁選で河野氏陣営の中心となった「小石河連合」が上位を独占したわけだ。

4位には8.7%で菅義偉前首相。菅氏も総裁選で「小石河連合」を支えた1人。菅氏は2023年に入ってから、岸田文雄政権の増税路線を批判しており、上位4人のさらなる「連合」の可能性も取りざたされている。

だが、上位3人の顔ぶれが報じられると、SNSでは批判的な声が多くあがった。

《申し訳ないけど、この3人は総理大臣どころか、内閣のメンバーにも入って欲しくないよ》

《絶対次の総理ではあり得ないメンバー》

《どいつもアカン人ばかりやないか》

1月24日には、小泉氏の名前がTwitterでトレンド入り。実は20日、元総務相で経済学者の竹中平蔵氏が自身のTwitterにこう書きこんでいた。

《ダボス会議3日目。昨日は日本の三大臣と小泉進次郎氏が参加。夜にはJapan Nightもあって、日本の存在感が示された》

ダボス会議とは世界経済フォーラムの年次総会。国際政治や経済のリーダー、有識者がスイス・ダボスに集まり、世界が抱える課題について議論する。

2023年は1月16~20日で開催され、50カ国以上の首脳と経営者、専門家など約2700人が集まった。