nofia のすべての投稿

[新型コロナ清浄国ニュージーランドで感染者が増加…「封鎖措置・ワクチン義務化」に不安高まる]という報道

 

ニュージーランドの感染確認数の推移(11月から過去最大を更新中)

ourworldindata.org


「新型コロナ清浄国」ニュージーランドで感染者が増加…「封鎖措置・ワクチン義務化」に不安高まる

wowkorea.jp 2021/11/13

新型コロナウイルス感染症「清浄地域」と呼ばれていたニュージーランドでは最近、感染者増加している中、市民たちは「“封鎖措置”と “新型コロナワクチン義務化”政策を撤回してほしい」と要求している。

累積感染者数が8000人を記録しているニュージーランドは、全世界で最も少ない感染者数を自負しているが、ニュージーランド当局はさらなる拡散に備えて「封鎖措置」と「ワクチン接種の義務化」を命令した。

ことし8月に「デルタ変異株」が発見されたことで、当局は非常事態となった。そのことで、昨年まで厳格な封鎖措置と国境封鎖を通してウイルスの流入を遮断したニュージーランドは、全域を再び封鎖し始めた。そして12週間続いた封鎖令は今月から緩和された。

ニュージーランド当局は、封鎖措置を続けるかわりに「ワクチン接種率90%」という目標を掲げたのである。

しかし今月11日、ニュージーランドの首都ウェリントンの議会の前に市民たちが集まり、新型コロナワクチン義務化に反対するデモを行なった。彼らは「自由」を要求し、都心の通りを占領した。

ロイター通信によると、デモに参加した市民は「私の体が願わないことは強要されたくない」とし「自由を取り戻したい」として、ワクチン接種に対して強い抵抗感を示した。

同日ニュージーランドの最北端の地域であるノースランドでは、約50人のデモ隊が警察の検問所を1時間以上封鎖した。ある警察官がデモ隊を道路の外に追い払ったことで、デモ参加者が警察官に噛みつく騒動が発生したためである。

ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相はデモ隊について「デモ隊はニュージーランドの全国民を代表しているのではない」と批判した。実際12歳以上のニュージーランドの人口のうち90%が少なくとも1回以上ワクチン接種をしているほど、ワクチン接種政策の支持率は高い。

英国の日刊紙“ガーディアン”は「新型コロナから自国民を保護するために力を注いできたニュージーランドの “新たな挑戦”だ」と報道した。

日本で子宮頸がんワクチンの積極的勧奨が再開

 

(※ 参考グラフ)アメリカ食品医薬局によるメルクの子宮頸がんワクチンの臨床試験の検証データです。

indeep.jp


HPVワクチンの積極的勧奨再開へ。日本産科婦人科学会は決定を歓迎する声明を発表

buzzfeed.com 2021/11/12

厚生労働省の「副反応検討部会」「薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会」が11月12日に合同開催され、HPVワクチンの積極的勧奨の再開を了承した。

HPVワクチンは子宮頸がんを防ぐことが明らかとなっているワクチンで、日本国内では2013年6月から積極的勧奨が差し控えられていた。

日本産科婦人科学会が積極的推奨の再開を歓迎する声明を出した。

子宮頸がんなどを防ぐワクチン、接種率は1%未満に

HPVワクチンは2010年から公費による助成が始まり、2013年4月から小学校6年生から高校1年生の女子を対象に公費でうてる定期接種となった。

しかし、接種後び体調不良を訴える声をマスコミがセンセーショナルに報じたことなどから、安全性への不安の声が広がった。厚生労働省は同年6月に積極的勧奨を差し控えるよう自治体に通知を出した。これにより、対象者に個別のお知らせが届かなくなった。

それから日本国内では8年以上にわたって積極的勧奨が差し控えられ、多くの女性が無料接種のチャンスを逃してきた。

接種率は一時、1%未満にまで激減。世界各国で接種が進む中、異常事態が続いていた。

11月12日、審議会は「HPVワクチンの定期接種の積極的な勧奨を差し控えている状態を終了させることが妥当である」と判断。8年5ヶ月ぶりにHPVワクチンの積極的勧奨の再開が了承された。

この結論を受け、近く厚労省は積極的勧奨の再開を知らせる通知を出す見通しだ。

日本産科婦人科学会「効果と安全性が確立されたワクチンです」

厚労省の審議会の結論をうけ、日本産科婦人科学会は「HPVワクチン積極的勧奨再開について」と題した声明を発表した。

声明では積極的推奨の再開について「ご尽力いただいた関係者の皆様に深謝いたします」と評価。HPVワクチンについて「WHOが15歳までに90%以上の女子が接種することを目標としている国際的に効果と安全性が確立されたワクチンです」と紹介した。

「今後は、エビデンスの整理とともに、接種後に生じた症状に苦しんでおられる方々への支援策も含め、これらの問題を解決しながら、HPVワクチン接種体制をさらに充実させ、国民のワクチンへのご理解が得られるように関係者一同、努力して参ります」としている。

(参考報道)

「接種再開、被害生むだけ」 HPVワクチン訴訟原告

時事 2021/11/12

HPVワクチンの勧奨再開決定を受け、接種で健康被害を受けたとして全国で損害賠償訴訟を起こした原告女性らが12日、厚生労働省で記者会見した。女性らは「再開は新たな被害者を生むだけだ」「元の健康な体を返して」と訴えた。

望月瑠菜さん(22)=山梨県=は小学6年の時に接種を受け、高校1年の夏に歩行困難になった。「立っていると足が震える。今は少しパートで働いているが、元気になってもっと働きたい。国は私たち被害者に向き合い話を聞いてほしい」と涙ぐみながら話した。

北関東に住む女性(20)は、倦怠(けんたい)感や足腰の痛みに苦しむ。女性は「決定には怒りすら湧かず、絶望だけだ。国には元の健康な体を返してほしい、それだけだ」と語った。

会見にオンラインで参加した梅本美有さん(23)=福岡県=は「ワクチンで人生がめちゃくちゃになった。再開で被害者が増えるのは火を見るより明らかだ。国は私たちの地獄の苦しみに向き合って」と訴えた。

会見には集団訴訟全国弁護団も参加。「子宮頸(けい)がん予防は、副反応がない検診を重視すべきだ。新たな被害者を生む勧奨再開に強く抗議する」との声明を出した。近く厚労省に提出するという。

「一酸化窒素の産生障害がCOPD(慢性閉塞性肺疾患)を引き起こす」ことを琉球大学の研究チームが発見

 
(※) ネイチャーに掲載された論文は以下だと思います。

Spontaneous pulmonary emphysema in mice lacking all three nitric oxide synthase isoforms

そして、この「一酸化窒素」についての参考記事は以下となります。

マスク社会の悪影響のメカニズムが出揃った感。鼻呼吸の不足による「一酸化窒素の消えた人体」の将来。特に子どもたちの (In Deep 2020/11/20)


世界初、肺気腫の発症原因の一つを発見 琉大筒井教授ら研究チーム 一酸化窒素が影響

琉球新報 2021/11/11

琉球大学大学院医学研究科薬理学講座の筒井正人教授らの研究チームは11日、一酸化窒素産生障害が肺気腫を引き起こすことを世界で初めて発見したと発表した。日本には肺気腫と、それに伴い発症しやすい慢性気管支炎の患者が約530万人いると推定され、日本人の死亡原因の第9位を占めている。

しかし肺気腫は発症の分子機構に不明な点が多く、有効な治療法の開発が進んでいない。今回、肺気腫の発症原因の一つを突き止めたことで、新しい治療法開発が期待できる。

肺気腫は、本来の肺構造が破壊されて肺に空気がたまり、うまく息を吐けなくなって息切れをきたす病態。慢性気管支炎を伴うことが多く、総称して慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼ばれている。

日本では高齢化のため、COPD患者が増加し続けていて、約10年後には死亡原因の第3位になると予想されている。

COPDの最大原因は喫煙と分かっているが、発症のメカニズムが明らかになっていないため、禁煙や気管支拡張薬などの対症療法にとどまっているのが現状だ。

筒井教授らはCOPD発症メカニズムの研究過程で一酸化窒素が影響していることを予想。一酸化窒素を合成する機能(一酸化窒素産生)を欠損させたマウスで、肺や肺機能にどのような影響が出るか検証した。

結果、肺気腫患者に特徴的な病態を確認できたため、一酸化窒素産生障害が肺気腫発症の原因の一つであると明らかにした。

研究は琉球大、産業医科大、東北大、鹿児島大の共同研究。研究成果は11日に、国際学術誌サイエンティフィックレポートに掲載された。

コロナ感染者過去最多のオランダで夏以降「世界初のロックダウン」

 


オランダ、部分的な都市封鎖を12日発表 コロナ感染者過去最多で

ロイター 2021/11/12

オランダ政府は11日、国内の新型コロナウイルス感染者が過去最多に達する中、部分的なロックダウン(都市封鎖)措置の導入を検討していると発表した。実施されれば、西欧諸国では夏以降、初のロックダウン導入となる。

国内メディアによると、政府のパンデミック諮問委員会は感染抑制に向け、劇場や映画館の閉鎖、大規模イベントの中止、レストランの営業時間短縮などを提言。政府は11日夜に開く緊急閣議で協議し、12日に発表する見通し。

オランダの新規感染者数は過去1週間でほぼ倍増し、過去24時間の新規感染者は約1万6300人と過去最多を記録した。

ドイツの新規感染者数が過去最多となり、1日5万人超えに

(※)ドイツ(ワクチン接種率70%)の感染者数の推移 (7日移動平均)

ourworldindata.org


ドイツの新規感染者数、5万人超える 過去最多

AFP 2021/11/11

ドイツの保健当局は11日、新たに5万196人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。

ドイツで1日当たりの感染者数が5万人を超えるのは、流行が始まってから初めて。国内では10月半ば以降、感染者数・死者数とも急増している。

企業物価が40年ぶり高い伸び

 


企業物価が40年ぶり高い伸び、前年比8.0%上昇 – 10月

Bloomberg 2021/11/11

日本銀行が11日発表した10月の国内企業物価指数は前年同月比8.0%上昇(市場予想7.0%上昇)と1981年1月以来、40年ぶりの伸び率となった。プラスは8カ月連続。

原油価格の上昇や円安の進行に伴い、石油・石炭製品や鉄鋼、化学製品を中心に幅広い品目の価格が上昇した。公表している744品目中、437品目が上昇。特に石油・石炭製品は44.5%上昇と前月の32.4%から伸び率を一段と高めた。

素材原料の上昇率が63%に達したのに対し、最終財は3.8%にとどまり、企業が原材料の仕入れコストの上昇を価格に転嫁できていない状況が浮き彫りとなった。

伊藤忠総研の武田淳チーフエコノミストは、いずれ景気が回復していく中で、企業物価の上昇は吸収していけると思うとしながらも、「当面は企業はコストアップに耐えないといけないだろう」と述べた。

日銀の調査統計局は、ワクチン接種の進展などによって世界経済の回復が続く中で、原油価格上昇が加速するなど企業物価に上昇圧力がかかりやすいと説明。今後も内外の実体経済の動向に注意を払いながら、国際商品市況と新型コロナウイルスが企業物価に与える影響を注視していきたいとしている。

全国消費者物価指数(生鮮食品を除くコアCPI)は9月に前年比0.1%上昇と1年半ぶりにプラスに転じたが、急速に伸び率を高める企業物価指数との格差が拡大している。

黒田東彦総裁は10月28日の会見で、日本の企業風土などを踏まえると原材料の上昇分が消費者物価に「完全に転嫁されるのはなかなか難しい」との認識を示した。

[思春期に砂糖を取りすぎると統合失調症などの精神疾患を発症するリスクの一つになる可能性]という報道

 

(※) サイエンスに掲載された論文は以下です。

High-sucrose diets contribute to brain angiopathy with impaired glucose uptake and psychosis-related higher brain dysfunctions in mice


砂糖の取りすぎ、精神疾患のリスクに 脳の毛細血管に炎症 都医総研

朝日新聞アピタル 2021/11/11

東京都医学総合研究所などの研究班は11日、思春期に砂糖を取りすぎると統合失調症などの精神疾患を発症するリスクの一つになる可能性があると発表した。マウスを使った実験でわかったという。同研究所の平井志伸主任研究員は「砂糖の過剰摂取に気を付けてスイーツを楽しんで」と呼びかけている。

統合失調症や双極性障害は若い世代で多く、遺伝的な要因と患者を取り巻く様々な環境要因が重なって発症すると考えられている。また、患者には清涼飲料水を1日2リットル飲むなど、多量の砂糖を取る傾向があることが知られている。

研究班が精神疾患の発症と関連がある遺伝子に変異があるマウスに餌として大量の砂糖を与えたところ、物体の位置を認識する機能が低下したほか、毛繕いが異常に増えたり、巣作り行動が減ったりすることが確認された。また、砂糖を過剰摂取したマウスの脳では毛細血管の炎症があり、脳内の神経細胞の栄養となるグルコース(ブドウ糖)の取り込みが低下していた。

亡くなった統合失調症や双極性障害の患者の脳を調べたところ、砂糖を過剰摂取したマウスと同様に、脳の毛細血管に炎症が起こっていたことが確認された。平井さんは、グルコースの取り込みが低下することで脳の神経細胞に栄養が行き渡らず、精神疾患を発症している可能性があるとみている。

これまで精神疾患と脳の毛細血管の炎症との関連はわかっておらず、研究成果は新しい治療薬の開発や予防に役立つと期待されている。

論文は米科学誌サイエンス・アドバンシスのオンライン版に掲載された。

[鈴木蘭々「ロシアンルーレット…」10代の親戚がワクチン接種後に救急搬送]という記事

 


鈴木蘭々「ロシアンルーレット…」10代の親戚がワクチン接種後に救急搬送

日刊スポーツ 2021/11/11

タレントの鈴木蘭々(46)が10日、ブログを更新。海外に住む10代の親戚が新型コロナウイルスワクチン接種後に救急搬送されたことを明かし、「ワクチンの副作用で心筋炎は報告されているみたいなのでもうロシアンルーレットのよう…」と複雑な思いを吐露した。

鈴木は、東京でのコロナ感染者は2桁台が続いている状況に触れるとともに、「ところで海外に住むうちの親戚に15歳くらいの子がいるんですけどワクチンの副作用で心臓麻痺を起こして 運が良いのか悪いのか救急車の到着に時間がかかったのにも関わらず無事に復活して今は通常の生活に戻ってると連絡が来ました でも本人はもう死ぬかと思ったって言ってたみたいです」と明かした。

「ワクチンの副作用で心筋炎は報告されているみたいなのでもうロシアンルーレットのよう…」と鈴木。「コロナに感染する確率とワクチンの副作用で何かが起きる確率 どっちも低いとは思いますけど 特に日本の今の現状ならコロナに感染する可能性も著しく低そうなので3回目のワクチン打つ必要あるのかなぁ…と私は思います」と、3回目接種の必要性に疑問を呈した。

中国 感染源情報の提供者に約180万円の謝礼金

 

(※)このニュースもあれですが、中国はまだ下みたいに街頭消毒してる。意味ない上に体に悪いから。


中国 感染源情報の提供者に約180万円の謝礼金

テレ朝news 2021/11/10

中国で新型コロナウイルスの感染者が多数確認され、市の当局が感染源に関する情報を提供した人に約180万円を支払うと発表しました。

中国北部・黒竜江省の黒河市では、先月27日からの2週間で合わせて251人の感染者が確認され、住宅地の封鎖やバスやタクシーの運行停止、また、市外への移動も禁止されています。

市当局は今月8日、「感染源に関する情報を提供すれば10万元、約180万円の謝礼金を支払う」と発表しました。

「早く感染源を見つけ出し、ウイルスの感染拡大ルートを探るため」と説明しています。

ファイザー社ワクチンのブースターショットを厚生労働省が特例承認

 

(※) 11月10日に出された厚生労働省部局の特例承認書は「特例承認に係る報告書」にあります。


3回目ワクチンを特例承認 18歳以上、ファイザー製―厚労省

時事通信 2021/11/10

厚生労働省は11日、新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチンについて、18歳以上を対象に、3回目の追加接種に使用することを薬事承認した。緊急時に審査を簡略化できる「特例承認」に基づく。

厚労省の専門部会が10日、承認を了承していた。ファイザー製ワクチンは12歳以上を対象としているが、追加接種分は18歳以上に限定する。ファイザー社から追加の臨床試験(治験)データが提出され次第、18歳未満の接種も検討する。

厚労省の分科会は、2回目接種から8カ月後を目安に、希望者全員へ追加接種を行う方針で一致。12月にも、医療従事者らへの3回目接種が始まる見通し。

サンマ水揚げ量が過去最低の去年を下回るペースで推移

 


秋の味覚に異変 サンマ水揚げ量が過去最低の去年を下回るペースで推移

HTB 北海道ニュース 2021/11/11

秋の味覚、サンマの水揚げ量が、過去最低を記録した去年を下回るペースで推移していることが分かりました。

全国さんま棒受網漁協のまとめによりますと、今年8月から先月末までのサンマの水揚げ量は9440トンで、去年の同じ時期の7割ほどと深刻な不漁となっています。

サンマ漁は去年、過去最低の水揚げ量を記録しましたが、それを下回るペースで推移していることについて、全さんまは「今年は漁期の中盤になってもサンマの群れが近づかず、量も少ない。燃料代も高く、経営が苦しい状況」としています。

今後の見通しも不透明だということです。

[米ファイザー、5~11歳向けワクチンを日本で申請]という報道

 

(参考記事医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルが多くの証拠と共に公式に掲載した「ファイザー社臨床試験の杜撰と改ざん」の告発より)

>10月26日にリリースされた FDA (アメリカ食品医薬品局)の承認についての 84ページの書類です。

Vaccines and Related Biological Products Advisory Committee October 26, 2021 Meeting Document

>ここには、有効率に関して、90.7%とありますが、この数値の算出方法も、最初の臨床試験後にファイザー社が出した「方法」と同じでした。

>すなわち、登録された約 2,250人の子どもたちのうち、

>・プラセボグループでは 16例がコロナ発症
>・実際のワクチンでは  3例がコロナ発症

>ということで、これをもとに「 90%有効だ」としています。


米ファイザー、5~11歳向けワクチンを日本で申請

朝日新聞 2021/11/10

米製薬大手ファイザーと独バイオ企業ビオンテックは10日、新型コロナウイルスのワクチンについて、5~11歳を対象とした製造販売の承認を日本の厚生労働省に申請した。米国では5~11歳への接種が今月から推奨されており、この世代に向けた製造販売を日本でもめざす。

5~11歳向けは、有効成分の量が従来のワクチンに比べて3分の1。米食品医薬品局(FDA)に示された臨床試験のデータでは、発症を防ぐ有効性が90・7%だった。接種後に感染した子どもたちは症状が軽くて済み、深刻な副反応は起きなかったという。

日本政府は医療従事者らへの3回目の接種を12月から始めることを想定している。5~11歳向けのワクチンが承認されて供給も順調にいけば、これらが並行して進むことになる。

ファイザーとビオンテックが共同で開発したワクチンの対象年齢について日本の厚労省は5月、「16歳以上」から「12歳以上」に引き下げている

[韓国、重篤患者425人で74日ぶりに最多…感染者の48%はブレイクスルー感染]という韓国報道

 

(参考) 韓国の過去半年の死者数の推移

ourworldindata.org


韓国、重篤患者425人で74日ぶりに最多…感染者の48%はブレイクスルー感染

中央日報 2021/11/10

韓国では新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新規感染者数が2日連続で1700人台を記録して減少傾向を示しているが重篤患者は425人で74日ぶりに最多を記録した。

新規感染者の中ではワクチン接種を完了しても感染するブレイクスルー感染の比率が半分程度を占めていたことが明らかになった。初期接種者のワクチン接種効果が低下したためとみられる。

韓国中央防疫対策本部は9日0時基準で新型コロナ新規感染者が1715人で前日比45人減少したと明らかにした。検査件数が減少する週末の影響で2000人台以下の記録が出たものと分析される。

だが、重篤患者は前日比16人増えて425人を記録した。第4波がピークだった8月27日に427人を記録して以来、74日ぶり最多となった。

年齢別の重篤者比率を見ると、60代以上が79.2%(289人)、40~50代が15.9%(58人)、30代以下が4.9%(18人)を占めた。死亡者は18人増えて累積2998人(致命率0.78%)を記録した。

この日ブリーフィングを行った中央防疫対策本部疫学調査分析団のイ・サンウォン団長は、致命率と重症化率が高まった原因について「デルタ株の流行によって療養病院や療養施設における60代以上の高齢層感染者数が増加していて、基本接種後の時間経過によって接種効果が減少しているため」と説明した。

実際、8月以降、予防接種率が高い療養病院や療養施設での集団感染(クラスター)事例は合計101件で感染者は2535人となった。月別でみると、8月に344人、9月に458人、10月に1733人と急激に増えている。

ブレイクスルー感染(突破感染)の比率も高まっている。最近2週間(10月17日~10月30日)で陽性診断を受けた満18歳以上1万7325人のうち完全接種者は48.1%(8336人)と集計された。半分程度がワクチンを打っても感染しているということで、9月第2週のブレイクスルー感染の比率が全体の12%であったことと比較すると急増していることが分かる。

年齢帯別にみると50代が60.2%、60代が81%、70代が84.4%、80歳以上が74.6%を占め、高齢層でブレイクスルー感染が主に起きていることが明らかになった。

ただし、中央防疫対策本部はワクチン接種率が高まり、感染者の中でワクチン接種者の比重が高まるのは当然の現象だと説明した。イ団長は「明らかなことは未接種者の発生率が完全接種者などの発生率に比べてはるかに高い。

依然と感染予防効果はある」と話した。また「60歳以上の場合、その大部分が今年序盤~中盤に接種した人々であるため、時間の経過によってワクチン接種の効果が落ちた部分がある」と付け加えた。

一方、防疫当局はこの日公開が予定されていた防疫危険度評価を1週間先送りすると明らかにした。これに先立ち、韓国政府は段階的日常回復の施行とあわせて毎週火曜日に「週間危険度評価(管理指標)」ブリーフィングを開いて防疫対応方式を点検していくと予告した。イ団長は発表の延期について「管理指標が決まれば判断の基準になるので、これによる社会的影響が大きい」とし「十分に熟考されたか、抜けている部分はないかなど、もう少し判断する時間が必要ということで多少時間が延期になった」と話した。

[藤本美月さん、1週間健診でショックを受けたこと「中に血が溜まっている」]という記事

 

(※ 参考ブログ) 「今日産婦人科でコロナワクチン2回目を接種してきました」 (藤本美月Official ブログ 2021/09/16)


藤本美月さん、1週間健診でショックを受けたこと「中に血が溜まっている」

Abema News 2021/11/09

SKE48の元メンバーの藤本美月さんが8日に自身のアメブロを更新。1週間健診でショックを受けた出来事をつづった。

この日、藤本さんは「1週間検診行ってきました!!!」(原文ママ)と切り出し、1週間健診で母乳分泌量の測定を行ったことを説明。その結果「10mlしか飲めてなかったのです」と告白した。

続けて「今回はしっかりでてる」と明かすも「なのに10ml、、、 シンプルにショックでした」と肩を落とした様子でコメント。

しかし、気になる点として「授乳をしていると毎回首元においているガーゼがビッタビタにぬれるんです」と告白。これに対し「今日謎が解けました!!!」とつづり、原因として「きーくん飲むのが下手っぴでした」と息子が上手く飲めていない状況だったことを説明した。

また、自身の診察の結果について「子宮の収縮ができていないようで中に血が溜まっている」と報告。「思いっきり子宮をおされ、血が出てくるように産道のところを開かれました 叫びそうになるくらい痛かった」と振り返った。

さらに「子宮収縮の薬ももらい また金曜日にもう一度診察することになりました!」と説明し「なんか色々ショック」と心境を吐露。最後に「きーくん自体に何か問題があったわけじゃないからいいけども」と述べつつ「きーくんもうまく母乳を飲めるようになり私もしっかり子宮収縮しますように、、、、」と願いをつづった。

ソフトバンクG中間決算、最終益8割減…7~9月期は6四半期ぶり最終赤字に

 


ソフトバンクG中間決算、最終益8割減…7~9月期は6四半期ぶり最終赤字に

読売新聞 2021/11/08

ソフトバンクグループ(SBG)が8日発表した2021年9月中間連結決算(国際会計基準)は、最終利益が前年同期比80・7%減の3635億円だった。前年の1・8兆円から大きく落ち込んだ。

主要な投資先の一つである中国で政府が規制を強化していることを背景に、出資する中国や韓国企業の価値が下落した。

四半期ベースでは、4~6月期は7600億円の最終黒字だったが、7~9月期は6四半期ぶりの最終赤字に陥った。

[ANZEN漫才・あらぽんの妻、夜になると酷くなる娘の症状を心配「ホコリっぽいのかな」]という記事

(参考ブログ記事)昨日コロナワクチンの2回目を打ちました(ANZEN漫才 あらぽん オフィシャルブログ 2021/08/03)


ANZEN漫才・あらぽんの妻、夜になると酷くなる娘の症状を心配「ホコリっぽいのかな」

Abema News 2021/11/08

お笑いコンビ・ANZEN漫才のあらぽんの妻が8日に自身のアメブロを更新。夜になると酷くなる娘の症状を明かした。

この日、妻は娘について「とても元気なのですが、せき症状があって」と告白。「一日中ではなく、たまに咳をする程度」と述べつつ「夜に、寝ている時はむせたように咳が出て起きてしまいます」と症状を説明。「念のため小児科を予約して部屋の掃除をしたいと思います」とつづった。

続けて「ホコリっぽいのかなー」と理由を推測し「夜中は、加湿器をつけたり縦抱きして寝かせたり背中さすったり」と対処していることを説明。「これといって機嫌も悪くない」と述べるも「昨日は、お昼の離乳食食べずだった」といい、「なんだろうなー痰からみかな」と心配している様子でつづった。

最後に「鼻水吸い器を最近、気分的にやらせてくれなくて」「嫌がられちゃうので2日に1回にして気がついたら綿棒で取る感じにしていました」とコメント。「色々、小児科で聞いてみて今日の夜はゆっくりベビぽんが寝れるといいなー」と述べ、ブログを締めくくった。

[アメリカ、ワクチン完了者の入国再開 渡航規制を20カ月ぶり解除]という報道

 

(参考記事) ヨーロッパを過去最悪の感染状況に陥れている「アルファ変異株」と「デルタ変異株」のどちらが覇者になるかはわからなくとも、どちらにもワクチン中和抗体は効かない。つまりこれからが本番


アメリカ、ワクチン完了者の入国再開 渡航規制を20カ月ぶり解除

BBC 2021/11/08

アメリカは8日、新型コロナウイルスワクチンの接種完了を条件に、外国からの渡航者の入国を再開した。パンデミックの影響で約20カ月間にわたり続いてきた入国禁止措置が解除された。

新ルールでは、外国人旅行者は渡航前のワクチン接種証明書の提示のほか、出発までの3日以内に新型ウイルス検査を受け、陰性証明を提示することが義務付けられる。また、連絡先も提供する必要がある。アメリカ入国後の隔離は不要となる。

これまでの入国禁止措置は、新型ウイルス感染症COVID-19を理由にドナルド・トランプ前米大統領が導入した。2020年初頭に導入された当初は、COVID-19が世界で初めて確認された中国からの渡航者が対象だったが、その後対象国が拡大された。

この措置により、家族が引き離され、観光が停滞するなど、イギリスや欧州諸国、インド、南アフリカ、イラン、ブラジルを含む30カ国以上の非米市民が影響を受けてきた。

今回、ワクチン接種の完了と、ウイルス検査や接触者の追跡を条件に入国が認められるようになるため、航空会社は旅行者が殺到すると予想している。

フランス・パリを拠点とする旅行会社「Jetset Voyages」の代表ジェローム・トーマン氏は予約状況が「信じられないほど好転」していると、ロイター通信に語った。

イギリス人のアリソン・ヘンリーさん(63)は「ただ息子に会いたいだけなのに(会えず)、ずっとつらい思いをしてきた」と述べた。

英チェシャー州出身のヘンリーさんは8日、20カ月ぶりに息子と会うためニューヨークへ向かうという。

ビジネスや旅行業界の期待

カナダやメキシコとの陸路国境も、接種完了者を対象に再開される予定。

メキシコ国境沿いの街では、規制の影響で苦境に立たされていたビジネスの活性化が期待されている。

米ユナイテッド航空は国際線の利用者が50%増加すると見込んでいる。

米デルタ航空のエド・バスティアン最高経営責任者(CEO)は、旅行客の行列ができる恐れがあると警告。「初めは少し至らない点もあるだろう。残念だが、行列が発生することになると確信を持って言える」と述べた。

欧州連合(EU)は6月にアメリカ人のEU域内への渡航を認めるよう勧告した。一方、イギリスは7月28日から、アメリカからの入国を認めている。

[SJイトゥク「帯状疱疹…ワクチンのせいかも」]という韓国報道

 

(※) どなたか存じ上げませんが、「僕の回りでも5人以上帯状疱疹に」とのことです。


SJイトゥク「帯状疱疹…ワクチンのせいかも」

朝鮮日報 2021/11/08

男性アイドルグループ「SUPER JUNIOR(スーパージュニア)」のメンバー、イトゥクが帯状疱疹にかかったことを告白、「新型コロナワクチンのためかもしれないという情報を聞いた」と明らかにした。

イトゥクは7日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に「高齢者に多い病気だとしてご存じだろうが、最近は若い層が多くかかるそうだ。僕も帯状疱疹になった」と書いた。

そして、「ところが、その理由がワクチンのためかもしれないという。医者が研究中だそうで、突然免疫層が壊れて帯状疱疹の患者が増えたそうだ」と説明した。

最後に、「体に気をつけてください。体調が良くなければ我慢しないで病院に行って注射をしてもらい、薬を飲んで健康でいてください。僕の回りでも5人以上帯状疱疹になって、流行病かと思ったけど、こういう情報を耳にした。 皆さんお元気でいてください」と書いた。

中米コスタリカが児童と青少年のmRNAコロナワクチン接種を義務化

 


コスタリカ、児童青少年コロナワクチンを義務化…「世界初」

中央日報 2021/11/08

コスタリカが5歳以上の児童青少年の新型コロナワクチンの接種義務化を決めた。

7日(現地時間)、ロイター通信や英国BBCなどによると、コスタリカ政府は児童の必須接種項目に小児まひや水痘のワクチンなどとあわせて新型コロナワクチンを追加する予定だ。

児童青少年に対する新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)予防接種は2022年3月から行われる予定だ。コスタリカはファイザーとワクチン追加契約を結んだ状態だ。

BBCは「コスタリカは児童に新型コロナ予防接種を義務化した世界で初めての国」と伝えた。

英国オックスフォード大学の統計によると、コスタリカの新型コロナワクチン完全接種率は55%で、世界平均の40%より高い。12~19歳の人口7割以上がワクチンをすでに1回以上接種したという。

コスタリカは今年2月、医療・保健従事者のワクチン接種を義務化したことがあり、9月にはすべての公共部門の勤労者に対象を拡大した。民間企業にも職員にワクチン接種を要求できる権限を付与した。

コスタリカ保健省は「親または法定代理人は未成年者が適切な時点にワクチン予防接種をできるようにする義務がある」と強調した。

韓国の首都ソウルの新規感染者の「半数近くがブレイクスルー感染」であることが判明

 

(※) 韓国の感染での主流株がどれなのかはわからないですが、すでに中和抗体は効かなくなっているようです。


ソウルの新規感染者の半数近くがブレイクスルー感染…「追加接種必要」

中央日報 2021/11/03

最近ソウルの新型コロナウイルス新規感染者のうち半数近くが「ブレイクスルー感染」であることがわかった。

ソウル市のパク・ユミ防疫統制官は2日の定例会見で、「10月31日のソウルの新規感染者646人のうち49.4%の319人がブレイクスルー感染事例。全国の割合より高く出ている」と明らかにした。

市によると、1日午前0時基準でブレイクスルー感染者数は1万2663人だ。

ワクチンの種類別ではアストラゼネカ製が5164人、ファイザー製が4818人、ヤンセン製が2030人、モデルナ製が85人、その他が566人だ。

この日午前0時基準でソウルのワクチン接種率は1回目が81.1%の770万6849人、2回目が76.7%の728万8535人だ。追加接種(ブースター接種)を受けた人は2万2095人だ。

パク統制官は「50代と基礎疾患者、優先接種職業群に対する追加接種の事前予約を受け付けている。医療機関の残余ワクチンを活用すればきょうでも接種は可能なのでもれなく追加接種を受けてほしい」と呼び掛けた。

[激痛を伴い顔に穴、潰瘍が広がる稀な疾患で苦しむ19歳女性に励ましの声「これを読んだ医師がいたら助けてあげて!」(英)]という報道

 

(※) 英国の以下の SUN に実際の写真が掲載されていますが、やや閲覧注意のレベルで、ちょっと写真は掲載できないものです。

NEVER ENDING PAIN Flesh-eating ulcers left me looking like I’ve been shot – I felt so ugly I dumped my boyfriend

ここまでくると、原因はわかりづらいながら、「免疫」という問題からは、あの注入が…。

まあ、はっきり言えば、ワクチンによる極端な全体的免疫喪失に至ったのかもしれないと思う部分もあります。


激痛を伴い顔に穴、潰瘍が広がる稀な疾患で苦しむ19歳女性に励ましの声「これを読んだ医師がいたら助けてあげて!」(英)

techinsight.jp 2021/11/06

英ウェールズに住む19歳の女性は、原因不明の痛みを伴う顔の潰瘍で苦しんでいる。外出もままならないという女性が英メディアのインタビューに応じ、つらい現状を訴えた。『Liverpool Echo』『The Sun』などが伝えている。

英ウェールズのアンマンフォードに住むカースティン・コーウェルさん(Kirsten Cowell、19)は今年8月、顔の皮膚に小さな赤い隆起がいくつかできていることに気付いた。「2、3週間もすれば治るだろう」と放っておいたが、10月半ばには隆起した箇所が破れ、強い痛みを伴う潰瘍になった。

潰瘍は18か所にでき、どんどん大きく深くなると皮膚に穴が開いた。また時間の経過とともに患部が融合してより大きな潰瘍になり、皮膚が盛り上がって黒褐色になった。

母アリソンさん(Allison、47)は「娘の皮膚の傷の深さは2センチもあり、頬にある潰瘍は50ペンス硬貨(直径約27ミリ)ほどの大きさがあるのです。まるで銃で撃たれたようで、これほど酷い状態を見たことはありません」とうなだれる。

皮膚科医はカースティンさんが「壊疽性膿皮症(PG)」を患っているとみているが、カースティンさんが住むウェールズにはPGの専門医が2人しかおらず、まだ正式な診断は受けていない。

現在は母アリソンさんがつきっきりで世話をしており、カースティンさんは「2年半付き合っていたボーイフレンドには自分から別れを切り出したの」と明かすとこう続けた。

「彼とは一緒に暮らしていたけど、母の家に引っ越したわ。今の状態で彼にケアをしてもらうのはフェアではないし、自分の心の健康のためにもそのほうがいいと思ったの。」

「顔の状態が悪化してからは自分に自信が持てなくなってしまってね。自分に100%自信があったわけではないけど、今思えば以前の自分は十分に美しかったと思えるの。」

実はカースティンさん、ネイルテクニシャンになるためにカレッジで勉強する予定だったが、酷い痛みで外出することができず諦めている。また抗生物質とステロイドを処方されているものの、物を噛むと顔に激痛が走るため、スープやアイスクリーム、ヨーグルトなどしか口にできない状態だ。

アリソンさんは「娘は自信をなくし、自暴自棄になっています。シャワーをするのも怖がり、太陽光に晒されると悪化するため外出もできず、うつで生きていることが辛いようです」と述べており、精神状態についても心配しているという。

先月29日には広がった潰瘍を切除する手術を受け傷口の消毒もしたというカースティンさん。ただ傷口からは常に浸出液が出てくるためドレッシング材を当てており「私の顔はまるでナイフで刺されたようで、顔や頭を動かすだけで激痛が走ります。特に朝は痛みが酷いのです」と明かしている。

なおPGの本質的な原因は不明で、外傷や外的刺激がきっかけだったり、自己免疫の異常が関わっているとも言われている。

アリソンさんは「娘は怪我をした覚えはなく、免疫システムに異常があるわけでもありません。潰瘍の原因については全く見当もつきません」と溜息をつき、「この状態がいつまで続くのか…。娘が一刻も早く適切な治療が受けられるよう望んでいます」と切実な表情で語った。

台湾・台東の小学校にミミズの大群が出現

 


台湾・台東の小学校にミミズの大群が出現

フォーカス台湾 2021/11/06

東部・台東県台東市の豊里小学校の運動場にミミズの大群が出現した映像と写真がフェイスブック上に投稿され、話題になっている。同校関係者は、特段珍しいことではないとしながらも、この機会を通じて児童に命について学んでもらいたいと語っている。

撮影されたのは今月4日。運動場の陸上トラックを大量のミミズが埋め尽くす様子が記録されており、コメント欄には驚きの声が複数寄せられた。

同校に長年勤務する蘇俊栄さんは5日、中央社の取材に、ミミズを芝生に戻そうと試みたものの、トラックに舞い戻り、その後日差しを受けて見る見るうちに干からびたと話した。

蘇さんによると、同様の光景は毎年秋や冬に数回見られるという。同校ではサッカーが盛んなため、芝生や緑が多く、農薬を使っていないことから土の中には大量のミミズが生息していると語った。

またインターネット上では一部から地震の予兆ではないかとの不安の声が寄せられたが、ミミズに予知能力はないと否定した。

専門家によれば、土壌の温度や湿度、地中に含まれる二酸化硫黄や二酸化炭素の濃度が変化したり、電気が流れたりすると、ミミズが活発に動き回るという。

(※) 私が高校生くらいの時だったか、アメリカ映画で「スクワーム」という村がミミズに襲われる映画があってですね。それを思い出しました。


Squirm / 1976 (Jeff Lieberman)

感染状況が深刻なドイツで全国民を対象にブースターショットへ

 

参考 / ドイツの過去半年間の感染者数の推移

ourworldindata.org

> 同相は会見で「これは例外ではなく、標準になるべきだ」と述べた。


独、全国民対象にコロナワクチン追加接種へ 感染第4波が深刻化

ロイター 2021/11/06

ドイツのシュパーン保健相は5日、将来的に全国民を新型コロナウイルスワクチン追加接種の対象とすることで、各州の保健当局と合意したことを明らかにした。追加接種は前回接種から6カ月後に行う方針。

同相は会見で「これは例外ではなく、標準になるべきだ」と述べた。

ドイツでは感染第4波が深刻化しており、集中治療室の使用率が上昇するなど、厳しい状況になっている。