nofia のすべての投稿

北海道・鵡川(むかわ)でシシャモの漁獲高が過去最低に

北海道・鵡川(むかわ)でシシャモの漁獲高が過去最低に


ししゃも不漁 ことしも過去最低更新

STV 2021/10/29

「鵡川(むかわ)ししゃも」のブランドで知られる鵡川漁協のシシャモの漁獲量が、ことしも記録的な不漁です。

これまでの漁獲量は、過去最低だった去年の同時期を下回っています。

シシャモ漁は4日に解禁され、25日までに12日間出漁しました。

(漁師)「だめだね、全然ね」

鵡川漁協によりますと、漁期中盤の25日までのシシャモの漁獲量は1394キロ。

魚体は比較的大きいものの、記録が残る中で過去最低だった去年の同じ時期と比べて13%減少しているということです。

むかわのシシャモ漁は11月10日ごろまで続きます。

ウクライナも「レストラン、ジム、買い物・娯楽施設」に完全なワクチンパスポートを導入

 


ウクライナ、首都でコロナ規制強化へ 感染者が最多更新

ロイター 2021/10/29

ウクライナは28日、首都キエフで11月1日から新型コロナウイルスワクチンの接種証明か検査の陰性証明提示を義務付けると発表した。レストランやジム、公共輸送機関などの利用時に必要になる。

保健省によると、過去24時間に確認された新規感染者は過去最多の2万6071人で、10月22日に記録した2万3780人を上回った。死者は576人だった。

リャシュコ保健相はブリーフィングで、「ウクライナは1日当たり感染者数、入院、死亡など、全ての数字においてコロナ禍開始以来最悪となっている」と述べた。

累計感染者は285万人、死者は6万6204人。

キエフのクリチコ市長は、感染増加を受けて規制を強化すると発表。「人々の健康と命を救い、患者の大量収容による医療システム崩壊を防ぐためには他の選択肢がなく、厳しい規制導入に踏み切ることにした」と説明した。

政府の委員会は28日、キエフを最も厳格な規制対象となる「レッドゾーン」に指定。11月1日以降、レストラン、ジム、買い物・娯楽施設は従業員全員がワクチンを接種していなければ営業が認められないほか、ワクチン接種または陰性の証明書を提示しない来場者の受け入れが禁止される。

[ゲノム編集のトラフグ、流通へ]という報道

 

(※) 参考記事 「遺伝子編集を発端としたヒトを含めたあらゆる生物種の完全な絶滅への道筋が見えてしまった」 (In Deep)


ゲノム編集のトラフグ、流通へ 食欲旺盛になり早く成長

東京新聞 2021/10/30

厚生労働省の専門調査会は29日、京都大などがゲノム編集技術を使って早く成長するように改良したトラフグについて、届け出のみで販売と流通を認めることを了承した。同日、販売を担う企業が厚労省へ届け出て受理され、11月下旬から流通させる。トマト、マダイに次ぐ国内3例目のゲノム編集食品となる。

販売は京大発のベンチャー企業「リージョナルフィッシュ」(京都市)が行う。同社によると、食欲を調整する「レプチン受容体遺伝子」を取り除きエサをよく食べるようにしたことで、成長速度が平均して1・9倍になった。通常よりも早く出荷できるため、養殖の効率化が期待できる。

2014年10月26日のディーガルの文章より

 

Deagal

我々の国々の予測について、特にアメリカ合衆国の予測に関して多くの質問があった。それらに一つずつ答えられることはないが、以下の文章からいくつかの説明、考え、考察を見つけていただければと思う。

国家の予測データの作成に使用される経済データおよび人口統計データの大部分は、CIA(米中央情報局)、IMF (国際通貨基金)、UN (国連)、そして、USG (アメリカ合衆国連邦政府)などの機関のものは広く利用可能だ。最も関連性の高いデータは、それぞれのすべての国のページで確認できる。これらの情報源はすべてインターネットからのものであり、各国の公式ドメインからのものだ。

米国に関して言えば、数年前、中国の格付け機関であるダゴン(Dagong)は、米国の物理的経済を中国、ドイツ、日本の経済と比較し分析したレポートを発表した。結論として、米国の GDP は、合衆国連邦政府が公式に報告した 15兆ドルではなく、5兆ドルから10兆ドルの間であることが示された。米国政府が発表した公式データ、特に経済データは偽物であると想定されている。調整され、またはある程度歪んだ数値といえる。

歴史的に、旧ソビエト連邦が崩壊する何年も前から偽の統計を作成していたことはよく知られている。西側諸国だけでなく他の国々も、彼らの実際の状況を隠すために、今日彼らの数値を作り上げている(調整している)。

多くの人々が自国の政府統計を見つけることができると確信しているが、その数値データの「量」がどうであれ、数値データに直接変換されない「品質」モデルがある。

たとえば、2014年のエボラ出血熱の死亡率は50〜60%だが、数十万または数百万のエボラウイルスに感染したパンデミックになった場合どうなるかを想像してみてほしい。パンデミックのシナリオでは、そのような医療は圧倒的な数の感染者には利用できず、適切な医療の欠如により死亡率が劇的に増加する。

「質」というものの要因は、たとえば、このパンデミックのシナリオでは、(エボラの)死亡率が、50〜60%の割合から 80〜90%に増加する可能性があることだ。

ここでは数自体は重要ではない。シナリオが初期条件を超えて 50%の死亡者数から 90%以上に進化する「可能性があるという事実」だ。ちなみに、我々の予測には、このパンデミックや核戦争は含まれていない。

米国が今後10年間に入るプロセスを理解するための重要な要素は「移住」だ。過去、特に 20世紀において、米国が巨額の地位に上がることを可能にした重要な要因は、信用拡大を支援する人口動態の拡大と、米国に利益をもたらす世界の他の地域からの頭脳流出の恩恵を受けた移民だった。

欧米の金融システムの崩壊は、証券取引所や年金基金などのポンジ・スキーム(出資詐欺のこと)を終わらせながら、アメリカ国民の生活水準を一掃するだろう。

人口は、バブルとポンジ・スキームの完全な配列によってひどく打撃を受けるので、移民エンジンは波及効果のためにそれ自体を逆加速して働き始め、それによって国の崩壊につながる。

米国にとってこの目に見えない状況は、経済に前例のない壊滅的な影響を与える破壊的なパターンで発展するだろう。

オフショアリングの仕事は、多くのアメリカ企業が海外に移転して外国企業になることで確実に終わる。

アメリカの人口のかなりの部分がラテンアメリカとアジアに移住しているのに対し、同様の経済病に苦しんでいるヨーロッパへの移住は関係しない。

死者数は恐ろしいものになるだろう。ソビエトは、1990年代の次の闘争の間に、重大な死者数と国民の誇りの喪失に苦しんだ。アメリカの生活水準は最も高いものの1つだ。金融システムに沿ったサービス経済を追加しながら、ソビエトの2倍をはるかに超えていく。

年金受給者が目の前で退職金(システム)が消えるのを見て、仕事もないとき、次に何が連続して起こるか想像することができるだろう。

少なくとも若い人たちは海外に移住することができるが、人類の歴史上、人口の中にこれほど多くの高齢者がいたことはない。アメリカの崩壊は、ソビエト連邦の崩壊よりもはるかに悪化するように設定されている。

人口動態の危機は近い将来世界を襲い、技術の進歩と環境問題に応じて、多かれ少なかれ 30年から 80年続くと予測されている。その後、(人口が極端に減少した後)人口数は非常に長い間同じままであるという凍結された状況となる可能性が高い。

各国の統計データは、人口の数の推移は「出生/死亡」だけでなく、海外への移住の増加も反映すると予測している。多くの国は、移民のために総人口を増やすだろうが、もともと住んでいた人たちの人口は減少する可能性がある。

過去 2000年以上にわたり、地中海を中心に構築された西洋文明が北ヨーロッパに移行し、20世紀半ばまでに大西洋軸に移行し、過去 30年間でようやく米国に集中するのを目の当たりにしてきた。

次の動きは、文明がアジアに集中し、ロシアと中国がトップになることだ。歴史的に、経済パラダイムの変化は、主流の歴史家によってめったに強調されない死者数をもたらした。

ヨーロッパで地方から大都市への移行が起こったとき、新しいパラダイムを受け入れることができない多くの人々が自殺した。彼らは心理的要因によって自殺している。

我々の予測で多くの人たちを失望させたことは申し訳なく感じている。しかし、2007年の(金融)危機前から状況は年々悪化している。

このウェブサイトは非営利であり、詳細な説明なしに情報とサービスを現状のまま提供している。重要なのは、私たちは、いかなる形態においても、いかなる特定の政府との関係を持っていないということだ。それは保証する。

また、インターネットの一部では、我々が死の商人や悪魔的カルト、あるいは武器のディーラーなどという話も出回っている。そのようなことはない。

予測は、欠陥があるか正しいかにかかわらず、「単なるモデルにすぎない」ことを考慮に入れてほしい。未来を予見することを可能にするのは、神の言葉や魔法の装置ではない。

米CDCが「4回目のワクチン接種」に言及

 


免疫不全者は4回目のワクチン接種が必要になる可能性 米CDC

CNN 2021/10/27

米疾病対策センター(CDC)が新型コロナウイルスワクチンに関するガイドラインを改訂し、がん治療などで中程度から重度の免疫不全の症状がある人について、ファイザーやモデルナのmRNAワクチンの4回目の接種を受けることになるかもしれないと指摘した。

CDCは8月に、18歳以上の免疫不全者を対象とする3回目の接種を承認した。この層を対象とする3回目の接種は、免疫効果を持続させるためのブースター(追加)接種とは異なり、免疫不全者は2回の接種では完全な免疫反応を獲得できない可能性があることから必要になるとしていた。

米ジョンズ・ホプキンス大学がこの夏に実施した調査では、ワクチンを接種した免疫不全者は、それ以外の人と比べて入院や死亡の確率が485倍に上ることが判明。CDCによると、小規模な調査の結果、ワクチン接種完了後に感染するブレークスルー感染で入院を必要とした症例のうち、約44%を免疫不全者が占めることが分かった。免疫不全者は、濃厚接触者にウイルスを感染させる可能性も高いとされる。

米食品医薬品局(FDA)は3種類のワクチン全てについて、特定層を対象とするブースター接種を承認しており、この対象には免疫不全者も含まれる。

これまでの研究では、特定の免疫不全者はブースター接種によってワクチンに対する抗体反応が強まることが示されている。

このため4回目の接種は3回目のmRNAワクチン接種から半年以上経過した後に受ける必要がある。現時点でCDCは、4回目の接種を勧告するには至っておらず、必要かどうかは主治医に相談する必要があるとしている。

中程度から重度の免疫不全者は、がん治療中の人や臓器移植を受けた人、HIV(エイズウイルス)が進行したり治療を受けていない人などが該当する。CDCの推計では、米国の人口の約2%に当たるおよそ900万人がこれに当てはまる。

CDCによると、1回の接種で済むジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンを接種した免疫不全者は、最初の接種から2カ月以上経過した後にブースター接種を受ける必要がある。ブースター接種にモデルナのワクチンを選択した場合、2回目までに接種したのが違うワクチンだったとしても、モデルナ製ワクチンのブースター接種として承認された半量の接種を受けなければならない。

CDCは免疫不全者に対し、たとえワクチンを接種したとしても、人が集まる場所や換気の悪い場所を避け、屋内の公共の場ではマスクを着けるよう促している。

イギリスのコロナ死者が3月以来最多に

 


英のコロナ死者が3月以来最多に、26日は263人

ロイター 2021/10/27

英国で26日に確認された新型コロナウイルス感染による死者が263人となり、3月3日以来最多となった。感染者はここ1カ月、増加が続いている。

新規感染者は4万0954人で前日の3万6567人を上回った。ただ、過去7日間の平均は横ばいとなっている。

熊本大学が「酸化グラフェンによる新型コロナウイルス不活性化のメカニズム」を発見

 

(※) 論文のプレスリリースは以下です。

酸化グラフェンによる新型コロナウイルスの抑制」 (熊本大学)


新型コロナウイルス分解作用・熊大が発見

くまもと県民テレビ 2021/10/26

新型コロナウイルスを分解する効果を熊本大学が発見した。

発表したのは、熊本大学大学院先端科学研究部の速水真也教授らの研究グループ。

炭素を原料とする「酸化グラフェン」の抗菌作用に注目し、2020年8月頃から研究をスタート。

酸化グラフェンに、新型コロナウイルスに対する高い吸着力と分解作用を確認した。

■速水真也教授

「くっつきやすくて分解までしてくれる、スーパーマテリアル=超材料という、非常に活性が強い材料だ」

新型コロナウイルスを酸化グラフェンを混ぜた液に入れて1時間培養する実験で、ウイルスの感染性が98%減少したという。

電子顕微鏡で見ると、ウイルスに酸化グラフェンが付着すると、スパイクと呼ばれる突起がなくなることがわかった。

速水教授は、「酸化グラフェンの酸化作用がウイルスを構成するタンパク質を分解した」と説明する。

酸化グラフェンは毒性が低いことから、不織布マスクやコーティング剤への利用が期待されるという。