nofia のすべての投稿

岩手の秋サケ水揚げ量が震災前から99%の減少

 


サンマだけでなくサケも、岩手の水揚げが震災前から99%の超大幅減

朝日新聞デジタル 2022/08/23

秋の訪れを告げるサンマと、寒風とともに戻ってくるサケ。どちらもかつて何万トンもの水揚げを誇った岩手を代表する魚だったが、今年も期待を持てなさそうだ。

研究機関の予想では、サンマは数が増えたが小ぶりで、秋サケはついに東日本大震災前の約1%しか回帰しない見込みだという。

サンマは20日、大型船の棒受け網漁が解禁された。国立研究開発法人水産研究・教育機構が6、7月に漁場の北太平洋で調査した結果によると、サンマの分布量は前年の84・5万トンから198・9万トンと、2・4倍になった。ただ、成熟した1歳魚の体重は昨年より1割程度少ない80~90グラムが主体で、個体数も昨年より減ったという。

全国さんま棒受網漁業協同組合の集計では、全国の漁獲量はこの3年過去最低を更新し続けている。

昨年は前年比38%減の1万8291トン。今年は回復を期待したいが、同機構によると漁獲の主体は100~110グラムとの見通しで、加工用の小ぶりのサンマは増えても、家庭で塩焼きにして食べる大きさのサンマが取れるかどうかは不透明だ。

さらに、船の燃料費の高騰が追い打ちをかける。昨年、漁場から比較的近い北海道の水揚げ量は1万1945トンと前年比で微増したが、岩手は2852トンで同62%減。大船渡は水揚げ本州一の座を守ったが同60%減の2471トンだった。

同機構によると、利益が望めないとして出漁しない船が増える傾向にあるといい、資源の増加が水揚げに直結しない可能性もある。

同じく秋の味覚・サケの水揚げも一層、厳しそうだ。県水産技術センターの予想では、今年度の秋サケは11万匹・354トンで、過去最低の413トンだった前年度の86%となり、震災前5年間の平均のわずか1・3%まで落ち込む見通し。

中国の新疆ウイグル自治区で「夏の突然の大雪と氷点下」が観測される

 


夏の雪が新疆の山々を襲い、気温が氷点下まで冷え込む

CGTN 2022/08/21

Summer snow hits Xinjiang mountains, cools temperatures to below zero

8月20日、中国北西部の新疆ウイグル自治区にあるアルタイ県の複数の山岳地帯に突然の大雪が降り、気温は摂氏 0℃以下まで冷え込んだ。

県内の一部の地域では 10センチを超える積雪が見られ、この広大なアルタイ県の多くの地域では、夏や初秋に、このような天候はめったに見られない。

地元の気象当局によると、アルタイの山岳地帯では気温が再び上昇するため、8月21日には積雪が解けると予想されている。

ヨーロッパの天然ガス価格と電力価格が史上最高値をさらに大きく更新

 


ロシアがガス削減を計画しているため、ヨーロッパのエネルギー価格が新記録に急上昇

oilprice.com 2022/08/22

Europe’s Energy Prices Soar To New Records As Russia Plans Gas Cuts

ロシアのガスプロムが、ノルドストリーム経由でドイツへのすべてのガス配送を 8月末から臨時メンテナンスとして 3日間停止すると発表した後、ヨーロッパのエネルギー価格は 8月22日に新たな記録に急騰し、パイプライン経由の供給がさらに削減されるか、3日後に完全に停止される可能性があるという新たな懸念を引き起こした。

オランダの TTF ハブでのヨーロッパのガス価格は8月22日の朝にアムステルダムで取引が開始され、メガワット時あたり 10%上昇して 270ドル (269.50 ユーロ) になった。これは石油 1バレルあたり 450ドルに相当する。

日中、価格は 20%近く跳ね上がり、午後の早い時間に MWh あたり 289.20 ドル (289 ユーロ) の別の記録を達成した。

ロシアのガス大手からの最新の通信により、ヨーロッパはノルド ストリーム経由の供給 (現在はパイプライン容量のわずか 20%) がさらに削減されるか、完全に停止されるのではないかと懸念されている。

ドイツの経済相は、ロシアが、ガス供給をさらに削減する可能性を考えなければならないと言及した。

ロシアの供給がすでに低いレベルから減少するという懸念が高まった結果、電力価格も 8月22日に新たな高値を記録し、エネルギー危機を悪化させた。

アンソニー・ファウチ博士が退任とホワイトハウスが発表。勤続50年目

 

(※) ファウチ博士は、現在、回想録に取り組んでいると米ゼロヘッジは伝えています。


アンソニー・ファウチ博士の NIAIDからの退任の発表に関するジョー・バイデン大統領の声明

ホワイトハウス 2022/08/22

Statement from President Joe Biden on the announcement of Dr. Anthony Fauci’s Departure from NIAID

副大統領時代、私はジカ熱とエボラ出血熱に対する米国の対応について、アンソニー・ファウチ博士と緊密に協力しました。

私は彼を献身的な公務員として知り、最も危険で困難な公衆衛生危機の最前線で何十年にもわたって研ぎ澄まされた知恵と洞察力を備えた人格でした。

COVID-19 対応を主導するチームを編成するときが来たとき、実際、次期大統領としての最初の電話の 1つで、私はすぐにファウチ博士に、COVID-19 に対処するための、わが国が直面した危機と、私の主任医療顧問としてのサービスを延長するように依頼しました。

その役割で、私はこの一世代に一度のパンデミックに取り組んでいる中で、いつでも彼に電話してアドバイスを求めることができました。彼の仕事へのコミットメントは揺るぎなく、比類のない精神、エネルギー、科学的誠実さをもってそれを行っています。

ファウチ博士は、ロナルド・レーガン氏をはじめ、7人の共和党と民主党の大統領の下で働いてきました。2008年には、ジョージ W. ブッシュ大統領の下で大統領自由勲章を授与されました。

ほぼ 40年間にわたり、彼は国立アレルギー感染症研究所の所長を務め、HIV / AIDS から COVID-19 に至るまで、我が国が健康危機を乗り切るのを支援してきました。

ファウチ博士の公衆衛生への多大な貢献により、ここ米国および世界中の命が救われました。

彼が米国政府での地位を離れるとき、彼が次に何をするにしても、アメリカ国民と全世界がファウチ博士の専門知識から恩恵を受け続けることを私は知っています。

彼は彼の作品ですべてのアメリカ人の生活に影響を与えてきました。彼の公共サービスに心から感謝します。

映画館運営の米国AMCの株価が1日で42%下落

 


米市場でミーム株が軒並み下落、AMC42%安

newsweekjapan.jp 2022/08/23

22日の米国株式市場では値動きの荒い展開となる中、個人投資家の間で人気の高い「ミーム株」(ネットの情報拡散で取引される銘柄)が軒並み下落した。

映画館運営で世界2位の英シネワールド・グループが米国での破産申請を含め複数の選択肢を検討していると伝わり、同業AMCエンターテインメント・ホールディングスは約42%の大幅安となった。

生活雑貨販売のベッド・バス・アンド・ビヨンドとゲーム販売ゲームストップも売られ、それぞれ16.2%、5.5%下落した。

ベッド・バスは第2位株主の投資家ライアン・コーエン氏が保有株を売却したことを受けて前週末19日には40.5%急落していた。

トリプルDトレーディングのヘッドトレーダーで市場構造アナリストのデニス・ディック氏は「多くの個人投資家がコーエン氏に追随していたので、株売却を受けて売りを出しているのだろう。ベッド・バス、ゲームストップ、AMCは同じような投資家を持つ」と指摘した。

「手足口病の恐ろしさを語る女優さん」の報道

 

(※) 普通は重い病気ではありません。

[参考記事] コロナワクチン後天性免疫不全症候群(VAIDSとも)への警告に関する論文からも、ストレートな曝露を受けた小さな子どもたちへの懸念がさらに
In Deep 2022年5月4日


平田薫、凄まじい感染力だった手足口病の恐ろしさに「ハードすぎません?」

ABEMA TIMES 2022/08/22

女優の平田薫が21日に自身のアメブロを更新。凄まじい感染力だった手足口病の恐ろしさについてつづった。

この日、平田は「手足口病って、子供の中で大流行していますが大人もかかる病気なんですね」と切り出し「大人もかかる事が稀にある。大人が罹ると重症化する場合も稀にある。くらいのニュアンスで捉えていたので、まぁ大丈夫かなと思っておりました」とコメント。一方で「全然大丈夫じゃありませんでした。慢性的な睡眠不足の身体に更に看病疲れとスーパー寝不足で免疫力落ちまくった」と明かし「この凄まじい感染力の手足口病から逃げ切るなんて無理だったのかも知れません」とつづった。

続けて、手足口病に感染した娘の体調が落ち着いた頃に「入れ替わりで私が発熱」と報告し「急激に具合が悪くなり身体が熱くなっていた」「娘の寝かしつけの頃には39.5を越えていて」と説明。「娘の嘔吐の原因はなんだ?と不安になっていました」と述べつつ「私も熱上がる時物凄い吐き気に襲われて、あ、娘のもこれだったのか…。と超納得」「小さな身体でこの発熱と吐き気とを経験したのかと思うと本当に可哀想で可哀想で泣けました…」と告白した。

さらに「2日目から本格的に喉が痛くなり始めました。鏡で喉を見てみると、喉にプツプツ。発熱の吐き気で食欲も湧かず、お粥とヨーグルトしか食べれませんでした」と明かし、発症から3日目には「プツプツも大きくなっているのがわかりました」「手の指に二つちょっと触ると痛い水疱が出来たくらいでした。首にも一つ」と説明。そして7日目に「顎の跡はまだ消えないが、足の痛みも引き、全快」と報告し「娘の発熱からなので、長い戦いでした、、」と振り返った。

また「薬ガッツリ飲まないと食事取れなかったので、娘が水分補給拒否になったのも本当に納得でした」と述べ、娘について「熱の上がる気持ち悪さも吐き気も、喉の痛みも小さい体で本当に頑張ったんだなぁ…」と推察。「熱は結構上がったけれど手足のプツプツが酷くでなかったのが不幸中の幸いですかね」とつづった。

最後に「手足口病、ハードすぎません?」と述べ「こんな恐ろしい病気がただの夏風邪なの…??名前は聞いたことあったけれど、こんなにハードなやつだとは思いませんでした」とコメント。「手足口以外にも子供の流行病沢山あるので、これからも気をつけねば…」とつづり、ブログを締めくくった。