「食糧ニュース」カテゴリーアーカイブ

モロッコ政府が例外的な干ばつのために「穀物生産の半分を失った」と発表

 


世界の穀物価格が上昇する中で、モロッコは干ばつにより穀物生産の半分を失った

alaraby.co.uk 2022/04/18

Morocco set to lose half its grain production to drought as global cereal prices increase

モロッコは、例外的な干ばつのために年間穀物生産の53%を失うことになる見込みだと、農業大臣のモハメド・サディキ氏は 先週議会に警告した。

モロッコは今年、過去40年間で最悪の干ばつを経験した。3月末までに、貯水池には平均年の11%の水量しかない。同国では、作物の90%以上が天水で育てられているため、農業生産は深刻な影響を受けている。

昨年のモロッコは、過去最高の1,030万トンの生産があったが、今年は、穀物生産の半分以上が失われる可能性があるという

この大規模な作物の不作により、世界市場での小麦と大麦の価格の上昇にもかかわらず、モロッコは今年、国内のニーズをカバーするために穀物の輸入を増やす。

政府はまた、巨額の経済的損失に直面している農民たちを支援するために、100億ディルハム(10億米ドル)に相当する支援プログラムを開始した。農業はGDPの約14%を占めている。

モロッコは、将来の食糧主権を高めるために、穀物、砂糖、食用油などの基本的な商品の「戦略的在庫」を作ることを目指していると述べた。

干ばつは今後数年間で中東全体でより頻繁になり、より壊滅的なものになると予想される。

2021年の報告によると、20年以内に、7億人以上が6か月も続く干ばつにさらされる可能性がある。

昨年、シリア、イラク、ヨルダンでも非常に深刻な干ばつが記録されている。

プーチン大統領が「パレスチナへの小麦の提供」をパレスチナ解放機構のアッバス議長に確約

 


ウラジミール・プーチン氏がウクライナ戦争について話し、アルアクサ・モスクへのイスラエルによる襲撃について、アッバス議長と話す

alaraby.co.uk 2022/04/18/span>

Vladimir Putin talks Ukraine war, Al-Aqsa raids with Palestinian president Mahmoud Abbas

パレスチナの国営メディアによると、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は 4月18日、パレスチナ解放機構執行委員会議長マフムード・アッバスと電話会談をし、ロシアのウクライナ侵攻と アルアクサ・モスクへのイスラエルの襲撃について話し合った。

プーチン大統領は、「パレスチナの崇拝者たちがアルアクサ・モスクに自由にアクセスすることを妨げるイスラエルの慣行を拒否する」と述べた。

パレスチナ自治政府の通信社 WAFA が報じた。

大統領は、「パレスチナ人の権利を支持するというロシアの確固たる立場を強調し、ロシアはすべての国際フォーラムでパレスチナの大義に政治的支援を提供し続けるだろう」と述べた。

プーチン大統領は、ロシアのウクライナへの継続的な侵攻について、「ウクライナの危機に対する交渉による解決策に到達するためにあらゆる努力をする」とアッバス議長に語った。

アッバス議長は、ウクライナでの解決を求めることについて「プーチン大統領の立場を確認した」とパレスチナの通信社は述べた。

二人の指導者はまた、食料安全保障についても話し合った。

「プーチン大統領は、ロシア政府は、ロシアの小麦、作物の中東におけるパレスチナ人や他の輸入業者のすべてのニーズに提供することを強調した」とパレスチナの報道機関は述べた。

中東諸国は、小麦やひまわり油などの主要な食料をロシアとウクライナの輸出に大きく依存している。ロシアが2月24日にウクライナを侵略して以来、食料価格はこの地域全体で急騰した。

イスラエルとロシアの関係は、ロシアの侵略以来悪化しており、イスラエル政府はウクライナへの作戦と支援を公然と非難している。

カザフスタンの小麦粉製粉所の多くがロシア産の小麦不足のために操業停止

 


ロシア産小麦の不足で、カザフスタンの製粉所が閉鎖

world-grain.com 2022/04/22

Lack of Russian wheat shutters Kazakhstan flour mills

カザフスタン政府は国内市場に小麦を供給することを約束していたが、米国農務省(USDA)の外国農業局からの報告によると、ロシアからの小麦の輸入が不足しているため、多くの製粉業者が操業を停止した。

カザフスタンの穀物産業は、ロシアからの小麦の輸入が大幅に不足しており、入手可能な小麦は非常に高価であると業者は述べた。小麦は1トンあたり355ドルに達しており、これは歴史的に高い水準だ。

現在、カザフスタンの製粉所の少なくとも50%が操業を停止しているか、非常に限られた能力で操業している。4月中旬の時点で、操業している製粉業者でも、持っている在庫は約2週間分だという。

過去数年間、ロシアからの低価格の小麦の輸入は、カザフスタンの小麦価格を安定させていた。

カザフスタン政府の Food Contracting Corp. は、国内の備蓄に50万トンの小麦があり、そのうち25万トンが恒久的な備蓄であると述べた。さらに、FCCは、2022年1月から8月にかけて、製粉所と養鶏場に供給するために275,000トンの小麦を確保したと述べた。

2022年から23年にかけて、カザフスタンの小麦の作付面積に大きな変化は見込まれず、2,310万ヘクタールと推定されている。

[仕入れ値が最大5割増しの肉も]というテレビ山梨の報道

 

(※) この報道には「円安の影響で」とありますが、問題はそれ以上に、世界的に飼育動物のエサとなるトウモロコシなどの飼料用穀物が異常に高騰していることがあり、もはや従来の価格での肉の販売自体が難しくなっている上に、世界中の飼育農家そのものに経営危機が近づいているので、「そもそも肉が手に入らない」という状況も、数ヶ月のうちには見られるかもしれません。


仕入れ値が最大5割増しの肉も 円安による価格高騰 精肉店にも打撃 山梨

テレビ山梨 2022/04/22

円安の影響で外国産の食肉の仕入れ値が高騰しています。

山梨県甲府市の精肉店では最大5割近くまで仕入れ値が上がり、需要が高まる大型連休を前に大きな打撃となっています。

浅川博仁記者:
県内でも輸入肉を多く扱う甲府市の精肉店です。今月に入り100グラム60円も値上がりした肉もあり、金額も書き換えられています。

食肉の卸や小売りを行う甲府市相生の牛奥商店では、扱う4割の食肉がブラジルやオーストラリアなどおよそ10か国からの輸入ものです。

牛奥商店 山田孝太専務:
今まで味わったことのないような状況に陥っている。

過去にない状況というのは仕入れ値です。

急激な円安で外国産の食肉の仕入れ値が全て上昇しているのです。
なかでもブラジル産の鶏肉やオーストラリア産の牛こま肉は2021年の同じ時期より5割近く高騰し、店は4月、輸入肉の値上げに踏み切りました。

山田専務:
最初は企業努力でやっていたが、ここまで上がると僕らの企業努力ではどうにもならないので、順次4月から(販売価格を)上げている。

さらに、上海のロックダウンによる物流の停滞で輸入肉の確保が困難になったことも追い打ちをかけます。

山田専務:
モノによってはゴールデンウィーク明けでないと入って来ないので、さらに1割~2割の高騰は覚悟している。輸入牛の比率を下げて国産牛を増やして乗り越えていきたい。

4月末からの大型連休は多くの需要が見込まれているだけに、店にとっても消費者にとっても大きな打撃となりそうです。

鳥取県の牛乳生産者たちが飼料高騰による経営危機で知事へ緊急の支援要請

 


白バラ牛乳ピンチ!飼料高騰で知事へ緊急要請 鳥取県

BSS山陰放送 2022/04/22

価格高騰が続く原材料費。その影響が学校給食にも迫りつつあります。
給食に欠かせない牛乳ですが、いま生産現場は大変な事態に…。

大山乳業 小前孝夫 組合長
「生活もままならんような状況に陥るんじゃないかという風に非常に危惧しているところ」

コロナ禍による貨物船の減便や原油高による燃料費の急騰で牛のエサとなる飼料の値段が高騰。

22日、大山乳業と生産者の代表が知事に対して緊急の支援要請を行いました。

大山乳業にはおよそ100の酪農家と事業者が加盟していますが、配合飼料でコロナ前と比べて、およそ31パーセント値上がりしていて、中には所得が半分以下になったところもあるということです。

ナカムラファーム 中村兼三 社長
「不安です、すごく。何とか耐えるしかないというかたちだが、それがいつまで耐えないといけないのか…」

要請に対し、知事は県としても、対策をとっていきたいと応えました。

シカゴ大豆先物価格が史上最高値に迫る

 


Soybeans

tradingeconomics.com 2022/04/22

シカゴの大豆先物はブッシェルあたり17ドルを超えて取引され、米国の供給に対する強い需要と黒海地域からの出荷の混乱の見通しに支えられて、2012年9月以来の最高値に近づいた。

ブラジルとアルゼンチンの一部の悪天候により、穀物と油糧種子の生産が減少し、運賃の上昇と相まって、米国の出荷に対する需要の高まりへの期待が高った。しかし、中国は3月に米国から337万トン大豆を購入したが、家畜生産マージンの低さが購入を抑制し、前年の718万トンに比べて減少した。

[インドネシア、食用油・原材料の輸出を禁止]という報道

 


インドネシア、全ての食用油・原材料の輸出を禁止- 28日から

bloomberg.co.j 2022/04/22

インドネシアは全ての食用油とその原材料の輸出を禁止する。

国内の供給不足に対応するとし、ジョコ大統領が22日の記者会見で発表した。

大統領によれば、28日に始まる輸出停止は、国内での不足が解消されたと政府が見なすまで続けられる。世界最大のパーム油生産国であるインドネシアの食用油は大半がパーム油製品から作られる。

アブラナ(カノーラ油の原料)の国際価格が史上最高値に

 


カノーラ

tradingeconomics.com 2022/0422

カノーラ先物価格は、新記録のピークに急上昇し、2022年の初めから10%以上上昇した。

これは、生産と品質に影響を与えた豪ニューサウスウェールズ州北部での極度の春の雨と洪水による供給の混乱に起因している。

それに加えて、ウクライナでの戦争は世界の農業市場に衝撃波を送り、生産コストの上昇は価格にさらに上向きの圧力をかけている。

[肥料コスト高騰でアジアのコメ生産量が減少の可能性]という報道

 


食糧危機が深刻化へ、肥料コスト高騰でコメの生産量減少の可能性

bloomberg.co.jp 2022/04/19

肥料コストの高騰によりアジア全域でコメ農家が肥料の使用量を減らしている。価格上昇が抑制されない場合、人類の半数が主食とするコメの収穫を脅かし、本格的な食糧危機につながる可能性がある。

インドからベトナム、フィリピンに至るまで、食糧増産には欠かせない肥料原料の価格がこの1年だけで2倍あるいは3倍となっている。肥料の使用量減少は、作物の収穫量減少を意味する可能性がある。

国際稲作研究所(IRRI)は、次のシーズンに収穫量が10%減少し、コメ3600万トン、5億人分相当の供給が失われる恐れがあると予測している。

IRRIのシニア農業エコノミスト、フムナス・バンダリ氏は、これは「非常に控えめな予測」で、ウクライナでの戦争が続けば、その影響ははるかに深刻なものになる恐れがあると指摘した。

供給停滞や生産上の問題のほか、最近ではウクライナ侵攻で肥料原料の主要供給国であるロシアとの貿易が中断されたことを背景に、肥料価格が世界的に上昇している。

肥料コストの高騰で農家が使用量を減らし、作物の収穫量が減少すれば食料品のインフレを引き起こしかねない。そうなった場合、世界のサプライチェーンが大きな打撃を受ける公算が大きい。

コメ農家は特に影響を受けやすい。ウクライナでの戦争により世界の主要穀倉地帯が危機に見舞われる中で、小麦やトウモロコシなどの価格は高騰しているが、コメは十分な生産量や既存の備蓄により価格が抑えられている。

これはコメの生産者がコスト高に対応しなければならない一方で、より高い対価を得ることができないことを意味している。

ウクライナの港に停泊したままの商業船に残されている「100万トン以上の穀物が腐敗する」可能性

 


ウクライナの穀物は封鎖された港の船の中で腐敗する危険性がある

world-grain.com 2022/04/19

Grain runs risk of spoiling in blocked ships

ウクライナの港で封鎖された商業船に取り残された100万トン以上の穀物と油糧種子が、近い将来劣化する可能性があるとウクライナの農務大臣が 4月15日にウクライナの新聞に語った。

ロシアのウクライナ侵攻が2月24日に始まって以来、ウクライナの港からの貨物はロシアによって阻止され、穀物輸出業者にとって実行可能な選択肢として東ヨーロッパへの鉄道ルートのみが残されている。ウクライナは通常、月に最大600万トンの穀物と油糧種子を輸出しているが、3月には約20万トンしか出荷していない。

「貨物は荷降ろしされておらず、まだ船上にあります」と農務大臣は語った。

「現在、穀物と油糧種子が 125万トン積まれている船舶がウクライナの港に57隻あります。それらの保持期間については、もともと、これらの穀物を長期間保管することを計画していなかったため、問題が出るかもしれません」

ウクライナはヒマワリ種子油の世界トップの輸出国であり、小麦とトウモロコシのトップ5の輸出国の1つだ。

トウモロコシ先物価格が「過去50年の最高値」に迫る

 


Corn

tradingeconomics.com 2022/04/19

トウモロコシ

シカゴ商品取引所のトウモロコシ先物価格はブッシェルあたり8ドルに上昇した。これはトウモロコシ生産の縮小の懸念とサプライチェーンの問題に対する需要の高まりが見込まれることからで、2012年7月以来の最高値となる。

原油価格の高騰と、今年の夏にエタノールの使用量が増えるというバイデン政権からのニュースは、新規購入を後押しした。

同時に、ブラジルの乾ばつ状態、米国の予想よりも狭い作付面積、およびロックダウン中の中国のトウモロコシ作付けの遅れは、重大な生産損失を引き起こす可能性を示している。

これらは、2つの主要な世界的なトウモロコシ輸出国であるロシアとウクライナからの供給混乱に対する既存の懸念に追加された新たな問題となりつつある。

ロシアがウクライナに侵攻したため、ウクライナは港での商業輸送を停止し、ロシアはモスクワに対する西側の貿易制裁を受けて穀物貿易を停止している。

[飼料高騰「もう限界」 福島県内の畜産関係者「数年前の1.5倍」]という報道

 

(※) トウモロコシは肥料を大変使い作物のようで、そのため、北米でも南米でも、「トウモロコシの栽培をやめて、肥料があまり必要ない大豆に変える」農家が増えていると報じられていまして、トウモロコシは今後さらに高騰すると思います。もちろん、ロシアの非友好国の日本へは、ロシアからのトウモロコシの輸入も完全に止まると見られます。


飼料高騰「もう限界」 福島県内の畜産関係者「数年前の1.5倍」

福島民友新聞 2022/04/18

畜産農家や業者が飼料の高騰に苦しんでいる。中国での需要増加や新型コロナウイルス感染拡大と原油高騰などによる輸送コスト増、さらにはロシアのウクライナ侵攻の影響から原材料のトウモロコシなどの価格が値上がりしている。価格の高止まりも予想され、県内の畜産関係者からは「もう限界」と嘆きの声が上がる。

「(飼料価格は)数年前の1.5倍ほどになっている。ダブルパンチだ」。田村市船引町の和牛繁殖農家鈴木新一さん(53)は顔をしかめる。原油高騰で牛舎の運営コストが増えたところに、飼料高騰が追い打ちをかける。

48歳で脱サラし、家業を継いだ。当時は牛の価格が全国的に好調だったこともあり、飼育頭数を10頭ほど増やした。今では約40頭を飼育する市内有数の大規模畜産農家となった。餌には、ロシアやウクライナ産トウモロコシなどを配合した飼料を使う。

経営規模が大きければ大きいほど牛舎の運営費用はかさむ。「地域の畜産農家は高齢化が進み、5~10年後に何人残っているかは見通せない。せめて現状維持していくためにも、状況が良くなってほしい」と鈴木さん。新型コロナ感染症の影響で外食産業が落ち込み、牛自体の価格も低調気味と経営環境は苦しい。それでも鈴木さんは「良い品質の牛を育てれば、高い価格を付けてもらえる。それを励みに頑張りたい」と話す。

農林水産省によると、配合飼料価格は2020(令和2)年4月に1トン当たり6万円台後半だったものが、昨年12月には8万円を超えるまでに上昇した。

「ここ2年間で飼料の価格が3割以上高くなっている。最悪な状況が続いている」と話すのは、県養豚協会長を務める泉崎村の養豚業木野内ファーム社長、木野内理さん(47)だ。

木野内さんによると、飼料価格の値上がりが始まったのは20年秋ごろ。小規模な養豚業者が多かった中国で、配合飼料を使う企業養豚が急成長した結果、原料となるトウモロコシなどの需要と供給のバランスが崩れ始めたという。また日本の飼料は輸入に依存し、原油価格高騰や円安の影響を受けやすい。新型コロナやウクライナ情勢など不安定な社会情勢も価格高騰の要因となっている。

木野内さんの元には「個人ではもう限界」「運転資金を借り入れするしかない」といった会員の声も届いている。「これまで、気候変動により価格が高騰することはあったが、今回は要因が違う。

米国が来季のトウモロコシの作付けを減らすという話もあり、より高騰することが考えられる」。協会は生産者の実質負担を軽減する行政の支援や、飼料価格が高止まりすると十分な支援が受けられなくなる国の配合飼料価格安定制度の見直しなどを求める要望活動なども始めている。

[大豆輸入が一層不安定に 戦火で高騰拍車、続く物流混乱]という日本農業新聞の報道

 


大豆輸入が一層不安定に 戦火で高騰拍車、続く物流混乱 国産引き合い期待

日本農業新聞 2022/04/18

輸入大豆が調達しにくい状況が一段と進んでいる。

国際相場は高騰し、新型コロナウイルス禍による海上輸送の混乱が続く。高騰の背景には中国の需要増に加え、ウクライナ情勢の悪化もある。国内は食用大豆の8割を輸入品が占める中、円安も進み輸入と国産の価格差が縮まる。今後、国産の引き合いが強まるとの見方が出ている。

世界の穀物価格の指標となる米シカゴ商品取引所(CBOT)の大豆相場は、コロナ感染拡大前の2019年までは1ブッシェル(約27キロ)当たり8~10ドル台で推移。だが、20年末から、中国の旺盛な需要などで16ドル台まで上昇した。ロシアによるウクライナ侵攻や南米産大豆の供給不安なども加わった。今年3月には17ドルを突破し、12年に記録した過去最高値に迫った。現在はやや落ち着いてきたが、依然、16ドル台と高値圏にある。

国際相場高騰に加え、コロナ禍のコンテナ不足による海上輸送の混乱も見られる。貿易統計によると、主に海上コンテナで輸入される食用大豆の今年2月の輸入量は、コロナ禍前の19年同月比28%減の3万7666トン。専門家は「輸送の混乱で計画的な調達ができていない」と指摘する。

加工業者に焦り

輸入品の延滞は大豆商品の流通にも影響を及ぼす可能性がある。卸関係者は「年末年始に届くはずの大豆が来ない。在庫も通常の半分程度という業者もいる」と話す。関東の豆腐店は「関西などから大豆をかき集めている。豆腐の需要が高まる夏までに解消できなければパニックになる」と警戒する。

国際物流に詳しい拓殖大学の松田琢磨教授は「コロナ禍による海上輸送の混乱は解消されず、世界中の港が混雑している。船が工面できず荷物がたまっており、改善は23年以降になる」と予想する。

加えて、ロシアによるウクライナ侵攻を受けて穀物全般の国際相場は高騰。日本が輸入する非遺伝子組み換えの世界的な需要に伴う調達競争も激化する。健康志向で需要が高まり、生産者に支払う奨励金(プレミアム)は上昇傾向だ。国内の業界関係者は「節約志向やスーパーの激しい販売競争下で豆腐製品への価格転嫁が進まない中、今後、輸入原料調達は苦戦が強いられる」と危機感を募らせる。

縮まる価格差

一方、国産の普通大豆は21年産の収穫後入札の平均落札価格が前年比で1割以上安く、60キロ当たり1万円台で推移。国産は輸入品の1・8倍とされてきたが、その価格差は縮まっている。業界関係者は「輸入量は補えないが国産への切り替えを検討するメーカーは増える」とみる。

[首相「食料自給率向上を」 世界の価格高騰踏まえ]という報道

 

(※) 今さらいい加減にしろ。どこの若者がこの状況で農業目指すよ。肥料価格とエネルギー価格見れば、もう既存の農家さんもみんなやめるレベルだぞ。ITとかマスコミとか医学部とかに若者が殺到して、みんな餓死という結末。


首相「食料自給率向上を」 世界の価格高騰踏まえ

共同 2022/04/17

岸田文雄首相は17日、石川県輪島市での車座集会で、ロシアによるウクライナ侵攻を受けた世界の食料価格高騰を踏まえ「日本の農業に関して言えば、食料自給率を上げないといけない」と強調した。同時に「農業の国際競争力強化にも取り組みたい」と語った。

対ロシア追加制裁の一環である一部の木材の輸入禁止に関連し「住宅業界が大騒ぎしており、改めて林業の大切が見直されている。農林水産業など命を支える産業が大切だ」と述べた。

ウクライナは有数の穀物生産国で知られる。

サツマイモが腐る「サツマイモ基腐病」が21都道県に拡大。「このままでは産地が消滅してしまう」

 

(※) 私は飲むお酒がほとんど芋焼酎ですので…。ちょっと心配です。


サツマイモ腐る病気が全国拡大…農家「このままでは産地が消滅してしまう」

読売新聞 2021/11/04

3年前に国内で初めて確認された芋が腐る病気「サツマイモ基腐病(もとぐされびょう)」が21都道県に広がっている。この影響でサツマイモの収穫量が減少し、卸売価格が上昇。収穫期を迎える中、農家や芋焼酎メーカー、焼き芋店などが被害の拡大に不安を抱えている。

「このままでは産地が消滅してしまう」。鹿児島県南九州市のサツマイモ農家、 尾曲おまがり宰つかさ さん(69)はこう危機感をあらわにする。

2018年に基腐病に感染したサツマイモが見つかり、昨年と今年は収穫した30トン余りのうち3割を廃棄せざるを得なかった。

鹿児島県は国内最大の生産地だが、県によると、1株でも感染が確認された農場は9月時点で約6600ヘクタールと全体(約1万ヘクタール)の7割に迫る。尾曲さんは「これまでもサツマイモの病気はあったが、基腐病は感染力が強く、抑え込みが難しい。採算がとれないので栽培をやめようと考えている農家もいる」と打ち明ける。

今年は13都道県に

腐病は18年に沖縄、鹿児島県、19年に宮崎県で見つかり、20年には高知や静岡など5県、今年は北海道や東京など13都道県で初確認された。

全国2位の生産量を誇る茨城県内でも今年6月に初めて見つかった。同県鉾田市や 行方なめがた 市でサツマイモを栽培する農家、米川睦美さん(51)は「うちの畑ではまだ見つかっていないが、いつ発生するか不安だ。未知の病気で情報が足りないので、国や自治体は、こまめに情報を発信してもらいたい」と注文を付ける。

農林水産省の調査では、20年産サツマイモの10アールあたりの収量は、基腐病や日照不足の影響で前年より5%減少した。主産地の鹿児島県では15%減と大きく落ち込んだ。全国の収穫量は前年比約6万トン減の約69万トンで、過去最少を更新した。

取引価格にも徐々に影響が出始めている。東京都中央卸売市場によると、今年1~9月の平均価格は1キロ・グラム当たり292円で、前年同期から25円上昇した。

戦々恐々

芋焼酎の原料として1日約400トンのサツマイモを使用する焼酎メーカー「霧島酒造」(宮崎県都城市)では9月下旬から鹿児島産が入手しづらくなったため、宮崎産を増やしてしのいでいる。担当者は「焼酎は3か月~1年程度の貯蔵期間を経て出荷するため、すぐに在庫や店頭価格に影響は出ないが、今後の不安はある。一刻も早く収束してほしい」と話す。