「ニュース」カテゴリーアーカイブ

ドイツの研究は、SARS-CoV-2からのNSP1タンパク質がヒト宿主遺伝子を抑制することを明らかにしており、長期的な健康への影響が予想される

 


 

German Study Reveals That NSP1 Protein From SARS-CoV-2 Suppresses Human Host Genes, Long Term Health Implications Expected
ドイツの研究は、SARS-CoV-2からのNSP1タンパク質がヒト宿主遺伝子を抑制することを明らかにしており、長期的な健康への影響が予想される
thailandmedical.news 2021/09/21

ベルリン医療システム生物学研究所と、ベルンにあるマックスデルブリュック分子医学センターとライプニッツ研究所のドイツ人科学者による新しい研究では、SARS-CoV-2 の NSP1 タンパク質がヒトの宿主遺伝子を抑制し、ウイルス RNA 発現を増強していることがわかった。この研究結果は、SARS-CoV-2 ウイルスに感染した人々の健康に長期的な影響を及ぼすことを意味する。

研究結果は、独自の複製と拡散を達成するために、SARS-CoV-2 が同時に細胞メカニズムに依存し、それを破壊することを示した。

感染の初期段階で、SARS-CoV-2 はウイルス非構造タンパク質1(NSP1)を発現し、リボソーム上の mRNA 侵入トンネルをブロックすることによって宿主の翻訳を阻害することがわかった。これは、細胞の mRNA のリボソームへの結合を妨害する。その一方で、ウイルスの mRNA は、この遮断を克服する。

[韓国のコロナ新規感染者、過去最多の3273人]という報道

 


韓国のコロナ新規感染者、過去最多の3273人

中央日報 2021/09/25

韓国の新型コロナ新規感染者数が連日急増し、初めて3000人を超えた。秋夕(中秋)連休明けに感染者が急増している。

中央防疫対策本部は25日0時を基準に一日の新規感染者数を3273人、累計29万8402人と発表した。前日(2434人)より839人も増え、一日で最多を更新した。1週間前(18日)の2087人と比較すると1186人も多い。50%以上も増えたということだ。

新規感染者数が3000人台となったのは、韓国国内で最初の感染者が確認された昨年1月20日から1年8カ月、正確には614日目だ。秋夕連休前から増えた移動・接触が実際に感染者数急増につながり、防疫当局は非常事態を迎えた。特に来週からは秋夕連休の人口移動の余波が本格的に表れると予想され、全国的な感染拡大が憂慮される。

中国恒大、社債利払いできず デフォルト猶予期間入り

 


中国恒大、社債利払いできず ドル建て、猶予期間入り 米報道

時事 2021/09/25

複数の米メディアは24日、経営危機に陥っている中国不動産開発大手の中国恒大集団が23日の期限までにドル建て債券の利払いをできなかったと報じた。

30日間の猶予期間内に支払えなければ、正式に債務不履行(デフォルト)となる。関係者の話として伝えた。

中国恒大は、23日までに8350万ドル(約92億円)の利払いをする予定だった。同日に期限を迎えた人民元建て社債の利払いは、保有者と交渉して履行したというが、現金で支払ったのかなど詳細は不明。29日には、別のドル建て社債で4750万ドルの利払いを控えている。 

中国 「ビットコイン」などの暗号資産を全面的に禁止

 


中国 「ビットコイン」などの暗号資産を全面的に禁止 刑事罰も

NHK 2021/09/24

中国政府は24日、「ビットコイン」などの暗号資産について、経済の秩序を混乱させるとともに犯罪行為にも使われているなどとして、関連したサービスを違法行為として全面的に禁止すると発表しました。

中国の中央銀行である中国人民銀行や公安省などは24日、「ビットコイン」などの暗号資産について、情報の提供や決済など関連したサービスを全面的に禁止すると発表しました。

この中では、インターネットを通じた海外の交換会社での取り引きについても禁止すると明示しています。

さらに、その理由については、暗号資産は経済や金融の秩序を混乱させるもので、マネーロンダリングや詐欺などの犯罪行為に使われているとしていて、違反した場合は、違法な金融活動にあたるとして、刑事責任を追及するとしています。

中国では、暗号資産の取り引きはすでに規制されていましたが、今回、さらに取締りを徹底する姿勢を示しました。

この発表直後には「ビットコイン」の価格が一時、大幅に下落するなど、暗号資産の価格にも影響を与えています。

中国政府としては、電子的な法定通貨、「デジタル人民元」の発行に向けて実証実験を進める中で、政府の管理がきかない暗号資産を締め出すねらいもあるとみられます。

シンガポール、再び行動制限強化

 


シンガポール、再び行動制限強化 コロナ感染急拡大で

共同 2021/09/24

シンガポール政府は24日、新型コロナウイルスの感染急拡大で3人以上の集まり禁止や原則在宅勤務などの措置を取り、行動制限を再び強化すると発表した。期間は9月27日から10月24日まで。

ワクチン2回接種率が8割を超えたが、1日当たりの新規感染者数が増え続けており、医療機関への負荷緩和を目指す。

(※)参考記事と参考グラフ

世界最高率の全国民80%のワクチン接種率を誇るシンガポールが、全パンデミック期間を通じて最大の感染確認数を記録


ourworldindata.org

中国、仮想通貨を全面禁止

 

 

中国、仮想通貨を全面禁止 金融リスク抑制が狙い

共同通信 2021/09/24

中国人民銀行(中央銀行)は24日、ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)の関連事業を全面的に禁止すると発表した。外国の取引所や交換業者がインターネットを通じて中国国内にサービス提供することも含め「違法な金融活動」として禁じる。金融リスクの発生を抑える狙い。

中国はこれまでも金融機関に対して仮想通貨の関連業務を禁じるなどしてきたが、不動産大手、中国恒大集団の経営危機などで金融市場が動揺する中、リスク防止の姿勢を強めたとみられる。

通知は、仮想通貨が「経済、金融秩序を乱し、賭博やマネーロンダリング(資金洗浄)など犯罪を引き起こしている」と指摘した。

[佐賀の定食店「かせ食堂」が閉店 52年の営業に幕]という報道

 

(※) > 電話してみたところ体調不良が続き先週から店自体やれていなかった様子
今後こういうお店は増えそうですね。


佐賀の定食店「かせ食堂」が閉店 52年の営業に幕、ネットには「お疲れ様」の声も

佐賀経済新聞 2021/09/24

国道207号線沿いの定食店「かせ食堂」(佐賀市嘉瀬町中原)が9月12日、閉店した。

店主の大石尚子さんが1969(昭和44)年に開いた店で、ちゃんぽんやラーメン、目玉焼きを乗せた「たかなめし」など幅広く提供。昭和の雰囲気を残す定食屋として客を集めていた。

閉店告知は「52年間お客様には長い間大変お世話に成りました。9月12日をもちまして『かせ食堂』を閉店いたします」と店の2カ所の入り口に掲示。

ツイッターには「目玉焼きがのったたかなめし、最高でした」「電話してみたところ体調不良が続き先週から店自体やれていなかった様子。逆にお礼言われてしまった。こちらこそ有難うございますでした!!最後に行けなかった後悔 52年間お疲れ様です!」(以上、原文ママ)と、長い間営業を続けた店主への感謝のコメントが寄せられた。佐賀県在住のシンガーソングライター・江頭勇哉さんは、感謝の気持ちを伝えに行った様子をブログに投稿した。