「食糧ニュース」カテゴリーアーカイブ

穀物の輸出を制限している国のリスト

 


穀物の輸出を制限している国のリスト

world-grain.com 2022/05/18

List of countries restricting grain exports growing

最近の注目の多くは、小麦の輸出を制限するというインドの決定に焦点を当てているが、食用穀物の出荷を大幅に増やす計画を宣言してからわずか数週間後、伝統的な純輸出国である他のいくつかの国も輸出を制限あるいは禁止している。

これらの決定は、ロシアの封鎖のためにウクライナが港から穀物を輸出できないことと相まって、穀物の輸入に依存している途上国にとって、記録的な高額の穀物価格と食料不安の増大をもたらしている。

国際食糧政策研究所によると、最近穀物の輸出を禁止した国のリストには、次のものが含まれる。

・アルゼンチン(2023年12月31日までの大豆油と大豆ミール)
・アルジェリア(パスタ、小麦誘導体、植物油、2022年12月31日まで)
・エジプト(2022年6月12日までの植物油、トウモロコシ、小麦、小麦粉、パスタ)
・ロシア(ヒマワリの種、小麦、メスリン、ライ麦、大麦、トウモロコシ、2022年6月30日まで)
・セルビア(小麦、トウモロコシ、小麦粉、2022年12月31日まで)
・クウェート(穀物、植物油、2022年12月31日まで)

世界の食糧供給に圧力をかけているもう一つの注目すべき禁止は、インドネシアのパーム油輸出の禁止だ。

他にも、禁止まではしていないが、穀物の輸出を制限している国がある。たとえば、カザフスタンは4月に、7月15日までに小麦と小麦粉の輸出をそれぞれ100万トンと30万トンに制限すると発表した。カザフスタンは中央アジア地域への小麦と小麦粉の主要な供給国だ。

小麦と小麦粉をカザフスタンに大きく依存しているキルギスタンは、3月に小麦と他の多くの食品の輸出を6か月間禁止すると発表した。

「戦争が続くにつれ、特に穀物や植物油の食糧不足が深刻化する可能性が高まり、より多くの国が貿易制限に目を向けるようになる」と国際食糧政策研究所は4月の報告書で述べた。

アルゼンチン中南部で5月としての観測史上最低の気温を記録。トウモロコシ栽培に深刻な懸念

 


アルゼンチンで史上最低の気温が記録される

electroverse.net 2022/05/27

MONTHLY LOW TEMP RECORDS FALL IN ARGENTINA

南米で記録的な寒さが長引いており、ブラジルとアルゼンチンの主要なトウモロコシ作物を脅かしている。

5月26日は、アルゼンチン中南部の一部で歴史的に極寒の日だった。

プエルトマドリンの気象観測所は、驚くべき -8.6℃を記録した。これは、1961年にさかのぼる観測史上で、5月の最低記録であり、1993年に設定された -6.8℃の記録を更新した。


SMN Argentina

南アメリカの極地の寒さは、今後数日間で北に拡大し、すぐに熱帯に到達すると見られる。

福井県の肥料価格が昨年比1.7倍に。「これ以上は体力持たない」と生産者の悲鳴

 

(※) 肥料価格の高騰はまだ序盤ですからね……。厳しい状況です。


ロシア侵攻で肥料高騰…価格改定で1.7倍の見通し 福井県の農家が苦悩「これ以上は体力持たない」

福井新聞 2022/05/29

JA福井県5連の冨田勇一会長は5月25日、6月に改定される肥料の価格が前年同期と比べ7割程度上昇するとの見通しを示した。

ウクライナ侵攻を受けたロシア産肥料の輸入停止などが高騰の要因となっており、冨田会長は「農業に与える影響は非常に大きい。国などへ高騰対策を求めていきたい」と話した。

福井市の福井県農業会館で開かれた定例会見で、冨田会長は「6月の価格改定で、肥料の価格が70%ぐらい上がると予測されている。円安がさらに追い打ちをかける可能性もある」と述べた。

農機具燃料や資材の高騰が続き、さらには肥料の大幅な価格上昇が目前に迫り、農業を取り巻く環境は厳しさを増す。県内の農家からは「いつまでこの状況が続くのか」「これ以上は体力が持たない」など苦悩の声が聞こえる。

約15ヘクタールで水稲栽培する坂井市内の男性は、今春の田植え用肥料が前年比で1袋約1千円ほど値上がりしたという。水稲だけで肥料に掛かるコストは35~40万円ほど増えた計算だ。10月には麦の種まきも控え、「肥料高騰のインパクトは大きい。

あぜの管理など人件費が掛かる一方で、コメの値段は上がらず、トラクターの燃料費も含めると、トリプルパンチだ」と嘆く。「肥料に頼らない有機栽培も選択肢として頭をよぎるが、手間などを考えると現実的ではない」と話す。

同市内で農園を営む別の男性は「これまでは規模拡大を目標にやってきたが、今はどれだけコストを抑えられるかが課題。粛々とやっていくしかない」と声を落とす。「農業の次代の担い手不足という課題の前に、今の農家が辞めていってしまう。国や県などには収入を補償するなどの支援をお願いしたい」

米国ネブラスカ州の老舗の製粉所が小麦粉の生産を停止

 


ワウネータ・ローラー・ミルズ社が小麦粉の生産を停止

world-grain.com 2022/05/27

Wauneta Roller Mills halts flour production

ネブラスカ州ワウネータで 100年近く営業しているワウネータ・ローラー・ミルズ社は、ワウネータの製粉所での小麦粉生産を停止すると発表した。この工場の小麦粉容量は 120 cwts、貯蔵容量は 9,207ブッシェルだ。

ワウネータ・ローラー・ミルズ社は、25日のFacebookページへの投稿で、以下のように述べた。

中小企業の経営に携わる者として、私たちは日常的に厳しい決断に直面しています。これらの決定は、私たちのビジネス、従業員、家族だけでなく、コミュニティにも影響を及ぼします。

1925年以来一貫して稼働している工場での小麦粉の生産を停止するという決定は、間違いなく、これまでで最も難しい決定です。この決定は軽くも迅速にも行われませんでしたが、現時点では必要なことです。

多くの人がなぜ生産を停止するのだろうと思うことは理解していますが、(生産を停止する)理由はたくさんあります。

それらの理由のうちのいくつかは、私たちの制御の及ばないものであり、他の理由については、対処するために取り組んでいます。私たちの望みは、永遠に生産を止めるのではなく、生産の一時的な停止です。

これまで以上に強く、より良く戻ってくるための休憩です。

ワウネータのベストフラワーを購入したことのある方々に感謝します。口コミを通じて私たちの小麦粉への愛を分かち合ってくれた方々に感謝します。良い時も悪い時も工場を見ていただきありがとうございます。

ありがとう、そして、別れの時となりました。

大豆の先物価格が史上最高値に迫る

 


tradingeconomics.com


大豆

tradingeconomics.com 2022/05/27

Soybeans

シカゴの大豆先物は、ブッシェルあたり17ドル近くで取引され、供給が逼迫する中の強い輸出需要に支えられて、4月下旬の過去最高値である17.5ドルから、それほど遠くない位置にある。

2022年から2023年のシーズンの最新の米国農務省の見通しでは、需要に対する大豆の供給は増加すると予測されており、引き続き需給はタイトだ。

中東が砂嵐に襲われ続けている。クウェートでは風景が「真っ赤」に

 


激しい砂嵐が終わり、クウェートは航空飛行を再開した

National News 2022/05/23

Kuwait resumes flights after severe dust storm

暴風がイラン、クウェート、サウジアラビア、アラブ首長国連邦を襲った後、クウェートの国の内務省は視界不良について警告した

砂嵐によって引き起こされた悪天候が収まった後、クウェート国際空港で飛行と航空交通が再開したと民間航空局は述べた。クウェートの民間航空当局は、3時間近くフライトを中断した後、現地時間の午後5時50分に航空交通の復帰を発表した。

5月23日の初め、激しい砂嵐がクウェートを覆ったためクウェートの空はオレンジ色に変わり、この気象現象のために空港当局は、今月2度目のすべてのフライト停止を余儀なくされた。

砂嵐はここ数週間、中東を襲っており、気候変動のために以前より頻繁になっており、人の健康を深刻なリスクにさらす可能性があると専門家は述べる。

2週間前にイラクで少なくとも 4,000人が砂嵐により呼吸器系の問題で病院に運ばれた。4月中旬から 9回の砂嵐がイラクを襲っている。

砂嵐はまた、イラン、クウェート、サウジアラビア、およびアラブ首長国連邦の一部を窒息させた。

そして、今後数日でさらに砂嵐が発生する可能性が高い。

国立気象センターは、サウジアラビアの多くの都市が砂嵐につながる可能性のある強風の影響を受けると警告を発している。

カンボジアで需給逼迫によりコメ価格が上昇の予想

 


【カンボジア】数カ月でコメが最大2割上昇、需給逼迫で

NNA 2022/05/26

カンボジアで、コメ価格が上昇しそうだ。肥料などの値上がりを背景にコメの生産と在庫が世界的に減少し、需給が逼迫すると見られていることが背景にある。業界団体によると、足元の価格から向こう数カ月で最大2割上がる見通しだ。クメール・タイムズが25日に伝えた。

カンボジア・コメ連盟(CRF)のルン・イェン事務局長が、1~2割ほどコメが値上がりすると予想した。このところの肥料や燃料価格の高騰でコメの生産が減少しているためだという。足元の価格は1トン840米ドル(約10万7,000円)。

コメの需給バランスについては、世界食糧計画(WFP)のビーズリー事務局長がこのほど、ロシアによるウクライナ侵攻が長期化すれば食糧危機が世界的に悪化するとして警鐘を鳴らしていた。

カンボジアはコメの輸出国で、今年1~4月に累計で22万トン超を海外に出荷。このうち約3割の6万8,555トンを欧州に販売した。農業省によれば、4月時点で乾期に収穫されたコメは290万トン超となっている

米Jifブランドのピーナッツバターでサルモネラの集団食中毒が発生

 

(※) この Jifブランドのピーナツバターは、日本でも販売されているようです

アメリカ FDA が公表した、自主開始佑された製品名の全リストはこちらのページにあります。


Jif ピーナッツバターに関連したサルモネラのアウトブレイク

tenki.jp 2022/05/23

Salmonella outbreak linked to Jif peanut butter

FDAとCDCは、人気のある Jifブランドのピーナッツバターに関連するサルモネラ病の発生を発表した。

これまでのところ、Jif ピーナッツバターのサルモネラのアウトブレイクでは14人が病気になっている。2人が入院したが、幸いなことに死者はいない。

FDAは、ケンタッキー州にある工場で収集された環境サンプルに対して全ゲノムシーケンス分析を実施した。この分析では、この環境サンプルが現在のアウトブレイクで病気を引き起こしている株と一致することを示した。

発生の発表の直後に、Jifの製造元である JM Smucker社は、発生に関連する可能性のある特定の製品のリコールを発行した。影響を受ける製品の製品コードと写真を含む完全なリストは、ここにある。

FDAの調査は進行中で、利用可能になり次第、より多くの情報が提供される。

[沖縄地方 降水量が平年の2~4倍 長雨と日照不足が続く]という報道

 


沖縄地方 降水量が平年の2~4倍 長雨と日照不足が続く 農作物の管理に注意

tenki.jp 2022/05/23

沖縄地方では、5月上旬頃から曇りや雨の日が多くなっています。降水量は平年の2倍から4倍、日照時間は平年の4割程度にとどまっている所があります。雨が多く、日照時間が少ない状態は、今後10日間程度は続く見込みです。

沖縄地方では、今年は5月4日ごろに梅雨入りしたとみられるとの発表がありました。(平年より6日早く、昨年より1日早い)

沖縄本島地方、宮古島地方、八重山地方では、5月上旬頃から梅雨前線や湿った空気の影響を受けて、曇りや雨の日が多くなっています。
降水量は平年の2倍から4倍にもなっている所があります。

5月1日から22日までの降水量は、与那国島では585.5ミリとなり、平年の4倍以上もの雨が降っています。
那覇でも平年の1.5倍以上の雨量となり、雨の多い状態となっています。

日照時間は、平年の4割程度にとどまっている所があります。
5月1日から22日までの日照時間は、石垣島で38.5時間となっていて、これは平年の34%です。
那覇でも50時間に届かず、平年の半分くらいしか日照がありません。

沖縄地方では、雨が多く、日照時間が少ない状態が続いています。

あす24日以降も、梅雨前線が停滞しやすく、雨の降る日が続くでしょう。
雨が多く、日照時間の少ない状態は、今後10日間程度は続く見込みです。

雨の情報に気を付けて、農作物の管理などに十分注意をしてください。

トルコのインフレ率が70%に達する

 


トルコの主任統計担当者が、インフレが70%に達した後、「健康上の理由」で辞任した

zerohedge.com 2022/05/23

Turkey’s Chief Statistician Quits For “Health Reasons” After Inflation Hits 70%

トルコのインフレ率が 36%に達した際に、エルドアン大統領は当時の統計局長を解任したが、その 3か月後、トルコのインフレ率は、その時のほぼ 2倍の70%になった。

トルコのインフレ統計の編集を担当する現在の統計局長は、辞任することを決めた。

5月20日、トルコ統計研究所は、統計局長が「健康上の理由」のために価格統計部門の責任者を辞任したと述べた。

トルコのインフレ率は、消費者物価が 21世紀のはじめ以来最も速いペースで爆発しており、注目を浴びている。これは選挙まで 1年余りとなったエルドアン政権にとって重要な懸念事項だ。

さらに、ブルームバーグによれば、研究者たちの間では、トルコの政府機関の価格統計と、国民が実際に感じている生活費の急上昇との間の相違と呼ばれるものについて懸念が渦巻いている。

トルコ統計研究所は4月に年間 70%のインフレを報告したが、代替の消費者物価指数をまとめた独立した学者グループである ENA Group は、この数字を157%と計算した。

ブラジルで歴史的な低温。体感気温が氷点下の中で低体温症での死者も

 


《ブラジル》南極おろしで死者も=サンパウロ市で1990年以来の寒さ記録=体感気温は零下4度

ブラジル日報 2022/05/20

1990年以降で最も寒い5月となったサンパウロ市で18日朝、低体温症を起こした男性が死亡する事件が起きたと18、19日付現地紙、サイトが報じた。

低体温症による死者が出たのは市役所の認可を受け、民間団体が運営するモオッカ区の社会福祉施設で、死亡したのはイザイアス・デ・ファリア氏(66)だ。施設に近い路上で眠った同氏は、同施設で朝食をとろうと開場を待っていた。

だが朝食を受け取るために列に並んだ直後に発作を起こして倒れ、息絶えた。施設側は医療班による対応と救急車の手配を行ったが、蘇生できなかった。同氏は薄い上着しか着ておらず、倒れる前には歩行や発話が困難になる低体温症の症状を呈していたという。

同施設は路上生活者の収容施設ではないが、路上生活者にも食事を提供している。また、ファリア氏が亡くなってから数時間後には別の路上生活者が体調を崩して手当てを受けた。この男性も低体温症を起こしていた。

サンパウロ市保安局によると、ファリア氏の件は市警第8署が捜査中だ。

18日朝6時台のサンパウロ市の気温は北部サンタナ区の観測地点で6・8度とされている。この気温は5月としては1990年以降の最低気温だ。それまでの今年の最低気温は4月16日の13・1度だった。強風も吹き、市極南部などの体感気温は零下4度だった。

寒さの影響は公共交通機関にも出た。一例は同市を東西に走る地下鉄3号線で、空気圧で動くブレーキや扉が機能しなくなり、車庫に回収されたため、間引き、減速運転となったという。寒さによる死者は、サンパウロ大都市圏マウア市でも報告されている。

高波による浸水や強風による家屋損壊、停電などの被害が出ていたブラジル南部では、サイクロンがリオ州沖に抜け始め、寒さが少し緩み始めたが、山間部ではまだ1~2度台を記録している。

南極からの寒気団とサイクロンによる強風の影響は広がり、ミナス州ベロ・オリゾンテでは19日朝、1979年6月に記録した3・1度に次ぐ4・4度を記録。連邦直轄区ガマでは史上最低の1・4度を記録した。中西部を超えた寒波はアクレやアマゾニア、ロンドニアにも達し始めている。

[過去最長の黒潮大蛇行。夏の天候に影響するか?]という報道

 


過去最長の黒潮大蛇行。夏の天候に影響するか?

news.yahoo.co.jp 2022/05/19

2017年8月に黒潮の大蛇行が始まってから4年9ヶ月が経とうとしている。観測態勢が整って以来、最長の長さだ。この間、渦がちぎれて大蛇行が収まりそうに見えて、再び蛇行が大きくなるという状態が繰り返され、今後もすぐには収まりそうにない。

黒潮は、海水温の分布や海洋生態系に影響を与えるほか、天候との関係としては、東京の降雪への影響や、関東地方の夏がより蒸し暑くなるなどの研究がある。

黒潮の大蛇行が始まったのが2017年の夏。その後、豪雨がますます激しくなっている感じがしたので、試みに、太平洋側の主だった地点について、黒潮大蛇行が発生する前と後5年間平均の降水量を比較してみた。

エルニーニョやラニーニャ、顕著な台風の接近、さらに気候変動など、降水量を大きく左右する要素はたくさんあるので、黒潮の大蛇行の影響がどれほどあるのかは一概には言えない。しかし、黒潮大蛇行の発生後は、ほとんどの地点で年間降水量が大蛇行前の平均を上回り、7月だけで見ると2倍から3倍近くに達している所もあった。

一方、日本海側の地点について比較してみると、同様の傾向は必ずしも見られない。たまたまなのかもしれないが、ひょっとすると黒潮に運ばれる暖かい海水や大蛇行に伴って現れる冷水塊、大気中の水蒸気量の変化に、太平洋側の降水を強める効果があるのかもしれない。今年も黒潮の大蛇行が続く中で、まもなく梅雨を迎えることになる。

黒潮の大蛇行と降水量の増加の不思議な一致を考えると、大雨に対しては十分な備えをしておいた方がよさそうだ。

[「田んぼが干上がる、もって2週間」…大規模漏水が田植え時期の農家を直撃]という報道

 


「田んぼが干上がる、もって2週間」…大規模漏水が田植え時期の農家を直撃

読売新聞 2022/05/19

愛知県豊田市の「明治用水頭首工」で17日発生した大規模漏水は、自動車産業だけでなく、農業にも大きな影響を与えた。復旧の見通しが立っていない現状に、農家などからは不安の声が上がった。

東海農政局などによると、豊田市や安城市など8市では、17日に農業用水の給水が停止された。農政局は18日の記者会見で、多数のポンプを使用して応急的に取水作業を行っているとし、「田植えを待っている方々もいる。できるだけ早く漏水箇所を復旧させたい」と述べた。しかし、復旧の見通しは立っていない。

JAあいち豊田によると、豊田市は県内有数の米どころ。平野部では「コシヒカリ」や「大地の風」、中山間地では「ミネアサヒ」などの品種を作付けしている。

コシヒカリはすでに大半の生産農家で田植えを終えているが、県が開発した「大地の風」は今週末から農家へ苗が渡される予定で、田植えはこれからだ。

約10ヘクタールを明治用水からの農業用水に頼る同市の農事組合法人代表理事・有我保さん(51)は「10ヘクタールはすべてコシヒカリで田植えは終えているが、水を入れることができずに好天が続けば、あっという間に田んぼは干上がってしまう」と不安な様子。「もっても10日から2週間。一日でも早く直してくれと願うしかない」と話した。

碧南市や安城市など5市に組合員約1万4000人を擁するJAあいち中央(本店・安城市)では、組合員約1万人が明治用水からの水を利用しているという。

田植えで今が一年で最も大量の水を必要とする時期で、17日早朝から水が止まったため管内の全域で影響が出ているという。同JAでは、すでに水を張った田んぼでは水を漏らさないよう厳重な管理を指導しているといい、営農指導の担当者は「早く復旧するよう祈るばかり」と話した。

カナダ・ブリティッシュコロンビア州の各地で同日の観測史上最低気温が更新される

 


季節外れの春:ビクトリア市で、2日連続で低温記録が更新される

CTV 2022/05/15

Unseasonable spring: Greater Victoria sets low temperature records 2 days in a row

ビクトリア市は5月12日、2日連続で低温記録を樹立した。

カナダ環境気候変動省によると、ビクトリア国際空港の気温はほぼ氷点下に達し、0.8℃まで下がった。これは、以前の記録である1964年5月13日の 1.7℃の記録を破るのに十分な低さだった。

翌日の5月13日の最低記録も連日で低温記録を更新した。これは前日よりはるかに高い気温だが、しかし、1914年以来記録が保持されているビクトリア地域では史上最低だった。 この日の最低気温は 10.6℃で、前の5月12日の記録である11.7℃よりも​​低かった。

州の他の2つの地域でも、5月13日に記録的な最低気温が報告された。マラハット地域では、2006年に設定された2.8℃の以前の記録を上回り、2℃の新記録が見られた。また、ベラベラ地域では、気温が -0.2℃に達し、以前の記録である2006年の 0.6℃を更新した。

最近の最低気温の記録は、ブリティッシュ・コロンビア州の進行中の季節外れの寒い春を反映しており、カナダ環境省の気象学者は、CTV ニュースに、カナダ南海岸では涼しい天候が続くと予想できると語った。

米ミネソタ州で記録上最も遅い時期の「湖の凍結」が示される

 


ミネソタ州北部の凍結は記録上最も遅い時期となる

mprnews.org 2022/0516

Ice-out up north is near latest on record

ミネソタ州北東部では、この春の遅い時期に氷の覆いがぶら下がっている

ミネソタの気が進まない春は、ミネソタ北部で記録されている最新の氷結日を生み出した。ミネソタ気象局によると、北東部のいくつかの湖での凍結の時期は、記録に近いか、記録的だ。

エリー湖の東にあるホワイトアイアン湖は、5月10日に凍結を報告した。これは記録上最も遅い時期の凍結だ。ホワイトアイアン湖の凍結の記録は2003年にさかのぼる。したがって、少なくとも過去20年で記録的な時期となる。

ソービル湖は今年5月14日に凍結したと報告している。これは、2014年5月15日である記録上の凍結日とわずか1日異なるだけだ。ソービル湖の凍結記録は30年以上前の1990年にさかのぼりる。

深い雪

ミネソタ州北東部の多くは、昨年の冬に100インチ (250cm)を超える降雪を受けた。そして、今年は4月になっても雪がよく降った。

4月にはまだ1フィート以上の降雪が残されていたが、その後の最近の気温上昇と大雨により急速な雪解けがもたらされた。そのため、ミネソタ州北東部では洪水が急増している。

この洪水は多くの地域で記録的なレベルで流出する可能性がある。

米国の農業機械の世界的な製造販売企業がランサムウェア攻撃の標的となり、事業が一時停止

 

(参考記事) 食料施設への不可解な攻撃が「世界中で起きている」ことが各国報道で判明。アメリカでは畜産管理アプリ経由での大規模なサイバー攻撃が発生… (In Deep 2022/05/01)


ランサムウェア攻撃の標的となったAGCO社

world-grain.com 2022/05/09

AGCO targeted in ransomware attack

農業機械の世界的な製造・販売企業である AGCO社は、5月5日に、一部の生産施設に影響を与えたランサムウェア攻撃にさらされたと発表した。

AGCO社は、攻撃の範囲をまだ調査中であると述べたが、会社がシステムを修復できる速さによっては、事業運営に数日間悪影響があり、すべてのサービスを完全に再開するまでにさらに時間がかかる可能性がある。

AGCO社は、データが盗まれた施設の名前を挙げていない。米国イリノイ州に本拠を置く同社は、状況が進むにつれて最新情報を提供すると述べた。

今回の攻撃は、トラクターやその他の農機具の需要が高いトウモロコシや大豆の植え付けシーズンに発生した。

2021年の Crowd Strike 社のレポートによると、同社が追跡している160のコンピューターハッキンググループのうち、13が農業業界を標的としていると特定された。

米国連邦捜査局は、2021年に米国で少なくとも8回の農業会社のハッキングが発生したと報告した。これには、ランサムウェアのハッカーが7桁(数百万ドル)の支払いを要求し、アイオワ州とミネソタ州の穀物協同組合が数週間にわたって部分的に閉鎖された事例を含む。

米国のエネルギーと穀物など多数のセクターを所有する企業の工場で原因不明の大爆発

(参考記事) 食料施設への不可解な攻撃が「世界中で起きている」ことが各国報道で判明。アメリカでは畜産管理アプリ経由での大規模なサイバー攻撃が発生… (In Deep 2022/05/01)


Bio Urja社のエタノール工場の爆発による損害

world-grain.com 2022/05/12

Explosion damages BioUrja ethanol plant

ピオリア消防署によると、米国イリノイ州ピオリアの BioUrja社のエタノール工場での爆発により、200万ドル以上の被害が発生した。原因は調査中だ。

2つの150フィートの穀物サイロが崩壊し、工場の3番目のサイロで小さな火災が発生した。ABC によると、2人の従業員が煙吸入の治療を受けた。

「この事故の深刻さのために、消防員は完全に消火するために立ち入ることができませんでした」と、ペオリア消防署の大隊長であるスティーブ・ラダ氏は述べる。「消防隊は現在、構造上の問題と大気中の高レベルのCO2のために、遠くから状況を監視しています」

BioUrjaグループは、ヒューストンに本拠を置くエネルギーおよび農産物セクターの複数の事業の所有者および運営者だ。この工場は1億3500万ガロンのエタノール生産能力があり、約150人を雇用している。 この工場では、医療グレード(手指消毒剤および医療用途)、飲料グレード、および燃料グレードの3つのグレードのエタノールを生産している。

ブラジルで異例の寒波。農業被害の懸念

 


《ブラジル》寒波到来! 南部に降霜で農業被害懸念=寒波とサイクロンの二重攻撃

ブラジル日報 2022/05/18

16~22日は寒冷前線とサイクロンが重なり、南部や南東部を中心に寒波が訪れ、暴風雨が起こり得るとの予報が出ており、特に南部では17日に降雪や降霜も見たと17日現地サイトが報じた。

南部諸州での天候不順は、南極からの大寒気団到来と海上に生じたサイクロンの影響がより強く出たものだ。 

サイクロンは通常、温かい海上で発生し、湿った大気を送り込んでくるが、今回のサイクロンは寒冷前線が持ち込んだ冷たい空気と海上の温かい空気がぶつかって生じた。現在は亜熱帯低気圧に変化しており、強烈で強い風をもたらす。サイクロンによる風は大寒気団をより広い地域に広げるため、より広い範囲で強風と寒気の影響が出る見込みだ。

サンタカタリーナ州ではウルペマなどで降雪や降霜、氷雨がみられた。また、サンタカタリーナ州南部の海岸部やリオ・グランデ・ド・スル州の極南部と東部では時速100キロ超の風が吹き、3~4メートルの高波も起きている。

また、サイクロンが送り込む湿った空気と寒冷前線は強い雨ももたらし得るため、強風と大雨、洪水などという被害が起きる可能性もある。

寒冷前線とサイクロンの影響は、南部だけに止まらず、リオ州でも16~17日に、3メートル程の高波や集中豪雨、雹などが観測された。

また、南東部や中西部での寒波は18日以降に強まる見込みで、18日の最低気温はカンポ・グランデで7度、サンパウロで6度との予想も出ている。19日にはベロ・オリゾンテで7度、リオで12度、ブラジリアやゴイアニアでも5度と予想されている。

一部の専門家は、寒波や霜による農産物への被害を懸念。降霜が予想されているのは南部諸州とマット・グロッソ・ド・スル州、ミナス州南部、サンパウロ州西部などで、葉野菜類やトマト、ジャガイモ、サトウキビ、バナナなど、寒さに弱い野菜や果物の値上がりも予想されている。

今週に入り、グッと冷え込んでいるサンパウロ市。これは南部からの寒冷前線接近が原因だ。今回の寒気団はかなり強い気温の低下をもたらすようで、17日にはサンタカタリーナ州ウルペマで初雪を記録。氷雨が降った地域も出た。南部やサンパウロ州西部などでは降霜も見られ、17日朝のパラナ州クリチーバの気温は3度まで下がった。

サンパウロ市でも今日18日は最低気温6度、最高気温も14度までしか上がらないと予想されている。サンパウロ市の予想気温は19日も同じで、20日も最高16度、最低7度とか。かなり急な冷え込みで慣れるのに苦労しそうだが、着こむなどの寒さ対策と乾燥対策を忘れずに。

[イラク全土で砂嵐深刻 4000人が呼吸障害]という報道

 

(※) 砂嵐って農作にも良くないんです。1930年代のアメリカで頻繁に砂嵐が発生した「ダストボウル」と呼ばれる時代には、アメリカ中西部で農業の崩壊が起きました。

> 世界恐慌に加えてこの災害の被害を受けたことで、テキサス州、アーカンソー州、オクラホマ州などグレートプレーンズでは多くの土地で農業が崩壊し、農家は離農を余儀なくされた。 ダストボウル – Wikipedia


イラク全土で砂嵐深刻 4000人が呼吸障害

時事通信 2022/05/17

イラク全土が16日、大規模な砂嵐に見舞われ、AFP通信によると少なくとも4000人が呼吸困難を訴え病院に搬送された。首都バグダッドや南部バスラの空港では離着陸を取りやめたほか、政府関連施設や学校なども閉鎖。高温や降雨不足に伴う干ばつなどが主な原因とみられ、気候変動との関連も取り沙汰されている。

イラクでは4月中旬以降、砂嵐が頻発している。

この日はバグダッドに加え、中部のイスラム教シーア派聖地ナジャフや北部クルド人自治区のスレイマニヤなどでも観測。砂ぼこりで町全体がオレンジ色に包まれ、視界は数百メートルに限られたという。隣国クウェートでも国際空港と三つの港で稼働が一時停止した。

[アジアの小麦輸入業者、インド輸出停止で代替品確保に奔走]という報道

 


アジアの小麦輸入業者、インド輸出停止で代替品確保に奔走

ロイター 2022/05/17

インドが国内の価格高騰を抑える狙いで小麦輸出の停止を14日に決定したことを受け、アジアの小麦輸入業者は代替品の確保に奔走していると、貿易筋が明かした。週明け16日の米シカゴ穀物市場は小麦先物が値幅制限いっぱいまで上げた。

ロシアのウクライナ侵攻後に両国からの小麦輸出が急減したことから、輸入業者は世界第2位の小麦生産国であるインドに期待の目を向けていた。

商社で勤務する欧州拠点の小麦貿易業者は「アジアの輸入業者は非常に厳しい状況にあるはずだ。インドは特に飼料用小麦に関してウクライナ・ロシアの代替調達先だった」と述べた。

アジアの輸入業者はロシア産小麦の購入を増やすことも考えているという。ロシアの銀行に対する制裁に絡み決済の問題があり、海上輸送の保険料が高止まりしているにもかかわらずだ。

16日の米シカゴ商品取引所の小麦先物は中心限月が値幅制限いっぱいの6%上昇となった。インド政府が年間1000万トンの小麦を輸出する計画を一転させて輸出を突如として停止したことに相場が反応した。

輸出停止により13日より前に発行された信用状の裏付けがある輸出のみ許可される。業界筋によると、許可対象の小麦は約40万トンにとどまり、180万トンがインド国内の港で停滞している。

[スリランカ、ガソリンが枯渇]という報道

 


スリランカ、ガソリンが枯渇 現金不足で紙幣発行へ

AFP 2022/05/17

深刻な経済危機に陥っているスリランカのラニル・ウィクラマシンハ新首相は16日、国民に向けて演説し、国内のガソリン備蓄が枯渇しており、必需品を輸入する資金も調達できていないと述べた。

ウィクラマシンハ氏は「ガソリンが底をつきた」と述べ、残る備蓄は1日分のみだと説明。政府は輸入した石油の代金を工面できておらず、輸送船3隻が石油を載せたままコロンボ港の外で支払いを待っている状態だとした。

また、「今後数か月は最も困難な月となる」と警告。公務員140万人の5月分の給料を支払う現金が不足しているため、最後の手段として紙幣発行に踏み切ることを決めたとした。

スリランカは史上最悪の経済危機に陥っており、国民が食料や燃料、医薬品を確保できない状況が続いているほか、記録的な物価高騰と大規模な停電にも見舞われている。前首相のマヒンダ・ラジャパクサ氏は、数週間にわたる反政府デモが暴動に発展したことを受け辞任。ウィクラマシンハ氏は12日、新首相に就任していた。

小麦のウイルス「コムギ縞萎縮病」が、兵庫県で確認される

 


小麦のウイルスに注意 病害虫防除所が呼びかけ 「コムギ縞萎縮病」

丹波新聞 2022/05/16

兵庫県内では近年見られなかった「コムギ縞萎縮病」の発生が同県南部で確認され、同県病害虫防除所(加西市)は、今年度第1号となる病害虫発生予察特殊報を発表、生産者に注意を呼び掛けている。多発すれば減収の恐れがあるという。

同防除所が4月28日に丹波市内の3集落で調査したところ、病気の発生は確認できなかった。同防除所は、「病徴は日平均気温が5度前後ではっきりと現れるが、10度を超えると不鮮明になる。暖かくなるこれからの時期は分かりにくくなるが、(秋に種まきが始まる)次期栽培に向けて意識をしてもらえたら」と話している。

丹波農業改良普及センターや丹波篠山市農都政策課によると、コムギの作付面積は、丹波市は48・6ヘクタール(今年度)、丹波篠山市は1・4ヘクタール(昨年度)。

同防除所によると、3月上旬、県南部のコムギほ場の一部で、茎葉が細長いかすり状に黄化する症状が現れた。そこで検査を行ったところ、「コムギ縞萎縮ウイルス(WYMV)」を検出した。

同病は、WYMVがコムギの根に寄生することによって起こる。低温の続く年に発生する可能性が高いとされ、感染は5―15度で起こり、冬季に日平均気温10度以下が30―40日間あると発病すると考えられている。県内では1946年に多発した記録がある。北海道や九州などのコムギの一大産地では、よく知られた病気という。品種によって、同病に対する耐病性が異なる。

同病の特徴は、▽発病のひどい部分を中心に同心円状に広がる▽早春から茎葉が黄化し、黄緑色の細長いかすり状の条斑や、新葉に色が抜けたような斑点が生じる▽分げつが減って草丈が低くなり、根の伸びが悪くなる。下葉は黄変して葉先から淡褐色となり、次第に枯れる。症状のひどい株は、茎立ち後に黄化し、枯死する―。

防除対策は、農機具に付着した汚染土が伝染源となるため、▽発病していないほ場から作業を始める▽他のほ場へ移動する際は、農機具(ロータリーなど)の土を十分に落とす―ほか、感染リスクを下げるため、▽11月以降の適期播種もしくは晩播を行い、早播きを避ける▽多発ほ場では抵抗性のある品種への転換を検討する―などを挙げている。