「戦争」カテゴリーアーカイブ

イスラエルの元首相、イスラエル国民に国外へ出国しないよう呼びかけ





ベネット元首相、経済苦境の中イスラエル国民に国を離れないよう呼びかけ

MEM 2024/06/27

Ex-PM Bennett urges Israelis not to leave as economy struggles


イスラエルのナフタリ・ベネット元首相。

イスラエルの元首相ナフタリ・ベネット氏は昨日、イスラエル国民に対し、「1948年以来最も困難な時期を迎えている」として、イスラエルを離れないよう呼びかけた。

「我々は独立戦争以来最も困難な時期にある。戦争の変化、国際的なボイコット、抑止力の損傷、捕虜となっているイスラエル人 120人、何千人もの遺族、荒廃したガリラヤ、何千人もの避難民、自分のことしか考えていない大臣たち、経済と財政赤字に対する制御の喪失」と彼は X への投稿で述べた。

その前に彼は、知り合いのソフトウェアエンジニアがヨーロッパに移住すると聞いて「とても悲しい」と述べた。

「国を離れるという話だ。そんなことがあってはならない」と彼は続け、こう付け加えた。「この窮地から抜け出してイスラエルを再建するためには、イスラエル国民の才能と献身のすべてが必要だ」

彼は人々にこう保証した。「しかし、間違いなく我々はこの窮地から抜け出す能力があり、抜け出すだろう」

2023年10月のガザ戦争開始以来、イスラエルから撤退した人数に関する公式データはないが、ヘブライ語ニュースサイト「タイムズ・オブ・イスラエル」は 6月23日、戦争開始から 6か月間で 50万人以上のイスラエル人が国を去り、戻っていないと報じた。

イスラエルがガザ地区への戦争を開始する前から、ベンヤミン・ネタニヤフ首相が提案した司法改革計画により、企業は占領国から資金を移し始めていた。

この改革により同国の民主主義が終焉し、企業が保護されない状態になるのではないかと多くの人が懸念していた。




イスラエル最高裁が「ユダヤ教超正統派に徴兵命令」を出したことに対して、超正統派メディアが激怒

イスラエルの建国以来、宗教的理由から兵役を免除されてきた超正統派ユダヤ教徒に対して、徴兵するよう政府に命じる判決を言い渡した(時事通信)ことに対してのリアクションです。

イスラエルはイスラエルで大荒れです。




徴兵に関する裁判所の判決にイスラエル超正統派メディアが激怒

Time of Israel 2023/06/26

‘A sword over the study hall’: Ultra-Orthodox media rages at court ruling on draft

超正統派ユダヤ教徒コミュニティを扱う新聞の一面は、6月26日の朝、数千人のユダヤ教徒コミュニティメンバーを直ちに軍隊に徴兵するよう国に命じた前日の高等法院の画期的な判決に激しく反発した。

主要紙は、「ハレディムとして知られる超正統派ユダヤ教コミュニティと、トーラー(ユダヤ教の律法)の学習を最重要活動とみなすその生き方に対して戦争が宣言されている」との報道を掲載した。

超正統派デゲル・ハトラー党のスポークスマンであるイェテッド・ニーマン氏は、「学習室の上に剣がぶら下がっている」という見出しを掲げた。

同紙は、コミュニティの指導者であるラビ・ドヴ・ランダウ氏の「親愛なる兄弟たちよ、私たちを救ってください」という発言を報じた。

ランドー氏はさらに、イスラエル当局と司法制度は「トーラーを学ぶ人々を憎み」、怒りと邪悪さと悪意を持って行動したと述べた。

アグダス・イスラエル党の機関紙とされるハモディアは、最高裁が「現状を打破し、トーラーの世界に宣戦布告している」と宣言した。

そこには、ビジニッツ・ハシディズム派の指導者、ラビ・イスロエル・ハガー氏の「宗教を憎む者たちがイスラエルからトーラーを一掃しようとしている」という発言が引用されていた。

同メディアの英語版ウェブページのトップには、徴兵忌避者をかくまっている機関への資金援助を国はやめなければならないとする裁判所の判決に対抗するため、ユダヤ教神学校に 1億ドルを集めることを目指して資金集めの旅で米国を訪れた上級ラビの代表団に関する記事が掲載されていた。

記事は、現在進行中の出来事を「緊急事態の時」と表現した。



ロシアが、制裁への報復措置としてEUメディア81社の放送を禁止





ロシア、報復措置としてEUメディア81社を禁止

aljazeera.com 2023/06/25

Russia bans 81 EU media outlets in tit-for-tat move

ロシア政府は、EUがクレムリンのプロパガンダを流布していると非難したロシアの放送局4社に対する放送禁止措置に反応した。

ロシアは、先月、EU がロシア国営メディア数社に課した放送禁止措置に対抗し、欧州連合(EU)諸国のメディア 81社の放送を禁止した。

27カ国で構成する欧州連合は、ウクライナ戦争に関するプロパガンダを拡散したとして 5月にロシアのメディア 4社による放送を禁止していた。

ロシア外務省は、ロシアのウクライナ侵攻の進捗状況について「組織的に虚偽の情報を流布している」メディアへのアクセスを遮断していると述べた。

これらの報道機関は欧州 25カ国のもので、ポリティコのような汎欧州メディアも含まれる。フランスの報道機関は 9件の禁止措置で最も厳しく、世界的な通信社 AFP やル・モンド、リベラシオンなどの報道メディアにも影響が及んだ。

ドイツの「デア・シュピーゲル」、スペインの「エル・パイス」と「エル・ムンド」、フィンランドの「Yle」、アイルランドの国営放送局「RTE」、イタリアのテレビ局「RAI」と新聞「ラ・レプッブリカ」も禁止された主な報道メディアだ。

ロシアは、ロシアのメディアに対する規制が解除されれば、これらのメディアに対する禁止措置を撤回する用意があると述べた。

先月、EU はヴォイス・オブ・ヨーロッパ、RIA 通信社、イズベスチヤ紙、ロシースカヤ・ガゼータ紙を「クレムリンとつながりのあるプロパガンダ・ネットワーク」と認定し、EU 域内での放送権を剥奪した。




元国連兵器査察官がウクライナのクリミア攻撃について「これは米国によるロシアへの直接攻撃だ」と述べる

このクリミア半島でのウクライナによる攻撃については、「ミサイル破片がビーチに飛散、子ども含む5人死亡 クリミア半島 (CNN)」など日本語の記事になっています(負傷者は151人)。

この攻撃に対しての元国連兵器査察官スコット・リッター氏​​の書き込みの内容です。





スコット・リッター氏、ウクライナのセヴァストポリ砲撃について「これは米国とNATOによるロシアへの直接攻撃だ」

Sputnik 2024/06/24

Scott Ritter on Ukraine’s Shelling of Sevastopol: It’s Direct Attack on Russia by US and NATO

6月23日、ウクライナ軍はクラスター弾頭を搭載した米国製の ATACMS ミサイルを使用してロシアのセヴァストポリを攻撃し、そのうち 4発が撃墜され、1発が方向を変えて同市上空で爆発した。

元国連兵器査察官スコット・リッター氏​​は、ウクライナのセヴァストポリへのテロ攻撃についてコメントした

「ウクライナはクラスター弾を搭載した ATACMS ミサイルを民間都市に対して使用する決定を下した。これはテロ行為だ」とリッター氏​​は強調した。

「ウクライナは 2014年以来、ロシアの民間人に死と破壊をもたらすことだけを目的として、ロシアの民間施設、都市、村、町を爆撃している。これはテロ行為であり、ウクライナは米国の広範な情報支援なしに ATACMS ミサイルを配備することはできないため、これは米国によるロシアに対するテロ行為だ」とリッター氏​​はは述べた。

リッター氏​​はロシアのダゲスタン共和国でのテロ攻撃について、「ロシア連邦の市民生活を混乱させるために意図的に計画された」と述べた。(※ こちらのブログ記事でご紹介したテロ攻撃です)

同氏は、CIA は歴史的に「ロシア社会のイスラム教徒と非イスラム教徒の間に分裂を起こそうと」試みてきたが、失敗してきたと強調した。

「この取り組みは失敗し、ダゲスタンでの取り組みも失敗するだろうが、ロシア連邦への直接攻撃を開始した関係者の罪が免除されるわけではない」とリッター氏​​は主張した。




バチカンがヴィガノ大司教を「分裂」の容疑で告発

(参考記事)「私たちはディープステートに服従することをやめなければなりません」:バチカンのビガノ大司教がドイツのメディアに語った言葉のほぼ全文
In Deep 2021年3月14日





バチカンは「フランシスコ教皇の正当性を否定した」としてヴィガノ大司教を分裂の罪で告発

lifesitenews.com 2024/06/20

Vatican charges Archbishop Viganò with schism for ‘denial of the legitimacy of Pope Francis’

バチカンの教義局は、6月20日、フランシスコ教皇の正当性の否定、教皇との交わりの断絶、第二バチカン公会議の拒否による「分裂」の容疑で、ヴィガノ大司教を「超法規的刑事裁判」に出廷するよう召喚した。

バチカンの信仰教理省は、カルロ・マリア・ヴィガノ大司教を「分裂の罪」で告発し、「超法規的刑事裁判」を開始した。

ローマ教皇庁懲戒課のジョン・ケネディ司教の署名入りの電子メールが、2011年から2016年まで米国教皇大使を務めたイタリア人大司教に送られ、教皇庁は 6月20日にヴィガノ大司教をバチカンに召喚し、「分裂の罪に関する告発と証拠に留意する」よう命じた。

具体的には、教皇庁は大司教に対し、「カトリック教会との交わりを維持するのに必要な要素を否定し、フランシスコ教皇の正当性を否定し、教皇との交わりを断絶し、第二バチカン公会議を拒否する結果となる公の発言」をしたとして告発されていると通知した。

これに対してヴィガノ大司教は次のように述べた。

教皇庁の非難に直面して、私は使徒の後継者として、ローマカトリック使徒教会、ローマ教皇の教導権、そして彼らが忠実に守ってきた途切れることのない教義、道徳、典礼の伝統と完全な交わりを持っていると主張します。

ヴィガノ氏は、自分に対する告発を「名誉として」受け止め、「教会の権威を正当化する目的に反して、絶対的に暴君的な権力管理を行っているホルヘ・マリオ・ベルゴリオのスキャンダル、誤り、異端を否認し、拒絶し、非難したい」という自分の意志を強調した。

教会の権威とは、 キリストの代理であり、キリストのみに従わなければならない権威である。

ヴィガノ氏は、「この『ベルゴリオ教会』は歴史上のすべての教皇およびキリスト教会と明らかにしているため、カトリックの名に値する者は誰もこの教会と交わりを持つことはできない」と主張した後、カトリック教徒に「主が教会を助け、信仰のために迫害されている人々に勇気を与えてくださるように祈ってください」と求めた。



韓国がロシア大使を召喚

(参考記事)プーチン氏と金正恩氏の蜜月に、微妙な対応をする中国
BDW 2024年6月21日





北朝鮮との緊張が高まる中、韓国はロシア大使を召喚

AP 2024/06/22

South Korea summons Russian ambassador as tensions rise with North Korea

Screenshot

北朝鮮軍による漠然とした脅迫や、一見偶発的な短時間の侵攻により国境での緊張が高まる中、韓国は 6月21日、ロシア大使を召喚し、北朝鮮との新たな防衛協定に抗議した。

6月21日早朝、北朝鮮の最高指導者、金正恩の妹で権力を持つ金正恩氏は、韓国の活動家らが反平壌の宣伝ビラを載せた風船を国境に飛ばしたことを受けて、漠然とした報復の脅しを発し、韓国軍は前日、今月 3度目となる敵国の陸上国境を短時間越えた北朝鮮兵士を撃退するため警告射撃を行ったと発表した。

これは、ロシアと北朝鮮が、どちらかが攻撃された場合に相互防衛援助を約束する協定を締結した 2日後、そして韓国がロシアの侵攻に対抗するためウクライナへの武器提供を検討すると回答した翌日のことである。

韓国のキム・ホンギュン外務次官はロシアのゲオルギー・ジノビエフ大使を召喚し、ロシアのプーチン大統領と金正恩委員長の合意に抗議し、ロシアに対して、北朝鮮との軍事協力疑惑を直ちに停止するよう求めた。

韓国のキム外交官は、北朝鮮の軍事力増強を直接的あるいは間接的に支援するいかなる協力も国連安全保障理事会の決議に違反し、韓国の安全保障に脅威を与えると強調し、韓国とロシアの関係に影響を及ぼすと警告した。

ロシア大使館はXアカウントに、ジノビエフ外相は韓国当局に対し、ロシアを「脅迫したり脅迫したりする」いかなる試みも容認できないとし、韓国と北朝鮮の合意は特定の第三国を対象としたものではないと述べたと伝えた。



イスラエル軍最高司令官がレバノン攻撃作戦計画を承認

 

また、著しいエスカレーションです。





イスラエル軍、最高司令官らがレバノン攻撃作戦計画を承認と発表

Times of Israel 2024/06/19

Top Israeli generals approve Lebanon offensive battle plans, army says

イスラエル国防軍北部軍司令官オリ・ゴーディン少将と作戦局長オデッド・バシウク少将は、ヒズボラとの国境を越えた戦闘が最近激化したことを受けて、 6月18日にレバノンの戦闘計画を承認したと軍が発表した。

イスラエル国防軍は声明で、将軍たちが評価会議を開き、「レバノンでの攻撃に向けた作戦計画が承認された」と述べた。

軍は、最高司令官たちが「地上部隊の準備態勢の加速」についても決定したと付け加えた。

この発表は、レバノンのヒズボラとそれに同盟するパレスチナのテロ組織がイスラエル北部に対して度重なる攻撃を行い、紛争の拡大が懸念される中で行われた。

イスラエル・カッツ外相は、「ヒズボラとレバノンに対するゲームのルールを変える決断を下す瞬間が近づいている」と述べた。

「全面戦争ではヒズボラは壊滅し、レバノンは大打撃を受けるだろう」と外相は付け加えた。