米ニューヨーク州で医療従事者のブースター接種が義務化へ。カリフォルニア州、ニューメキシコ州も

 

[参考記事] ドイツ連邦政府の報告書で「オミクロン感染者のほとんど(約80%)がワクチンを接種した人たち」であることから予測できる今後のワクチンパンデミック (地球の記録)


医療従事者のブースター義務化へ コロナ入院急増 – NY州

時事 2022/01/08

米東部ニューヨーク州のホークル知事は7日、州内の医療従事者に対し、新型コロナウイルスワクチンの追加接種「ブースター」を義務付ける方針を明らかにした。

11日に開かれる州保健局の諮問会議で承認され次第、適用される見通し。

医療従事者は、医学的な理由で投与できない場合を除き、ブースターを受けられるようになってから2週間以内の接種が求められる。ホークル氏は記者会見で、変異株「オミクロン株」の影響で「職員も体調を崩しており、彼らには防備の強化が必要だ」と強調した。

米メディアによると、カリフォルニア、ニューメキシコ両州も医療従事者を対象にブースター接種を義務化している。

ニューヨーク州では新型コロナ感染者の急増に伴い、入院件数も増加。入院患者は今月に入り1万人を超え、昨年1月の感染拡大時のピークを上回った。