韓国の「ワクチン伝道師」と呼ばれた専門家が「副作用を知りながら人々に接種を促した」として告発される

 

(※) 韓国では、ワクチンで死亡した人たちの遺族による抗議デモが繰り返されているようですので、そういう流れも関係しているかもしれないです。日本を含めて、どこの国にも「ワクチン伝道師」的な専門家たちはいらっしゃいますが。

[参考記事] コロナワクチン接種後に多数が死亡している韓国で、死亡した遺族たちによる抗議デモが勃発。国民世論も次第にワクチン懐疑の方向に (地球の記録)


「副作用を知っていながらコロナワクチン接種を促す」…ワクチン伝道師の千恩美教授が訴えられる=韓国

wowkorea.jp 2022/01/06

韓国で、感染病分野の専門家とされる大学病院所属の教授が”新型コロナウイルス感染症ワクチンの副作用を知っていながら接種を促したことで、多くのワクチン副作用の被害者が出るようになった”という理由で告発された。

自由大韓護国団と未来を開く青年弁護士会は6日、イファ(梨花)女子大学モクトン(木洞)病院呼吸器内科のチョン・ウンミ(千恩美)教授を傷害および業務上過失致死傷の嫌疑でソウル警察庁に告発した。

原告は「千教授本人はワクチンの副作用を経験しており、副作用の危険性を知りながらもワクチン接種を奨励し、国民が”危険だ”という認識なくワクチン接種を行い、副作用で被害を受けるよう尽力した嫌疑で告発する」と明らかにした。

続いて「千教授は医療人でありながらもワクチンの危険性を十分に説明しなければならない義務をきちんと果たさなかったという疑惑もある。医療人の義務と倫理を捨てて、国民の生命を軽視した千教授に対してその責任を厳重に問わないわけにはいかない」と主張した。

千教授はこれまで、メディアのインタビューなどを通じて、コロナワクチン接種の重要性を何度も強調してきた。千教授は最近、あるメディアとのインタビューで「ワクチンアレルギーのため、コロナワクチン1次接種だけした」と明らかにし、物議を醸したりもした。