[5人に1人の大学生が「ワクチン接種に圧力を感じている」]という報道

 

(※) それより驚いたのは、以下の数値でした。

> 大学生の80.3%が2回接種済み


5人に1人の大学生が「ワクチン接種に圧力を感じている」

PR TIMES 2021/12/12

「岡山・倉敷新型コロナウイルス感染対策市民審議会」は,2021年11月2日(火)~5日(金)にかけて全国の18~24歳の大学生,短大生,専門学校生の男女1,098人を対象に,インターネット上での調査「大学生・短大生・専門学校生の新型コロナワクチン接種に関するアンケート調査」を実施し,結果をまとめましたのでお知らせいたします。

■『大学生・短大生・専門学校生における新型コロナワクチン接種に関するアンケート調査』ポイント

●大学生の80.3%が2回接種済み,個別接種,職域接種も活用。

●92.3%の学生が重症化予防を目的として接種,8割以上の学生が自分,他者への感染予防を目的として接種。

●22.6%(5人に1人以上)の学生が新型コロナワクチン接種において圧力を感じている。

●圧力を感じている約半数は,大学の授業,実習,部活動,アルバイト,ボランティア活動など,生活全般。

●具体的に「接種をしないと実習に参加できず,単位がとれない」,「バイトのシフトに入れない」,「採用の取消しになる」,などの声が聞かれた。

●新型コロナワクチンや新型コロナウイルスに関する情報はテレビからが8割,次いでSNS,ブログやHP,新聞,論文,書籍。信頼するメディアについても,「テレビ」との回答が46.5%と最も高くなっている。

●新型コロナワクチン接種後,75.6%の学生が「症状があった」と回答,「かなりあった」と回答したのは27.5%。

●接種後に起こった副反応について,副反応疑い報告を行ったのは6.5%にとどまる。

●新型コロナワクチンを接種してない理由で最も多いのは「副反応が不安だから」(55.4%)。

●「副反応のリスクが明らかになり,不安がなくなれば接種したい」のは65.5%

調査概要
調査対象者:全国の18~24歳の大学生,短大生,専門学校生の男女
調査方法:インターネットパネル調査(楽天インサイトリサーチモニターに対するクローズド調査)
調査対象者:2021年11月2日(火)~2021年11月5日(金)
有効回答数:1,098サンプル