ドイツ、ワクチン未接種者対象にロックダウン。ワクチン接種義務化の法制化も

 

(※) 参考記事 ヨーロッパで「ワクチン強制化」が進行中 : ギリシャ、オーストリアでは罰金付きの義務化が実施。ドイツでも議会で義務化の是非を問う投票が始まる (地球の記録)


ドイツ、ワクチン未接種者対象に事実上「ロックダウン」へ

TBS NEWS 2021/12/04

新型コロナウイルスの感染再拡大が深刻なドイツでワクチンを接種していない人を対象とした事実上のロックダウンをする方針が決まりました。

ドイツの連邦政府と州の首相は2日、新型コロナに対する新たな規制について協議。ワクチンを接種していない人を対象に、生活必需品の買い物以外、あらゆる店の利用を認めないとすることで合意しました。

また、ワクチン接種の義務化を法制化することでも合意し、来年2月からの開始を目指し連邦議会で審議されることになりました。さらに大晦日と元日は全土で人の集まりを禁止するとしています。

ドイツでは、ワクチン接種率がおよそ69%と伸び悩む一方で、新規感染者が7万人を超える日もあり、メルケル首相は「状況はとても深刻だ」として懸念を示しました。