ワクチン義務化のニューヨークの病院で、数千人が職を辞めたことで人手不足に。緊急ではない手術など休止に

 


NYの病院、ワクチン義務化で人不足も 緊急でない手術など休止に

ロイター 2021/09/28

米ニューヨーク州で27日、医療従事者らに対する新型コロナウイルスワクチン接種義務が適用され、同義務を順守しない約数千人が解雇される見通しとなった。一部病院では人手不足に備え、緊急でない手術や医療措置の休止や延期、別病院から転院される重症患者の受け入れなどを停止する動きが出ている。

同州の医療従事者は27日までに少なくとも1回目接種を済ませることが義務付けられていた。現時点で同州で働く約45万人の病院職員の16%がワクチンを完全に接種していない。

同州のホークル州知事は週末、人員不足を補うために、州兵や州外の医療従事者の投入を検討していると発表した。

ニューヨーク市のデブラシオ市長は、市内の病院でワクチン接種義務に伴う大きな問題は見られないものの、州内のワクチン接種率が低い地域の状況を懸念していると述べた。