self defence studio

Suram-in Deep

ワクチンニュース

インドの研究で、コロナワクチンが1回目接種から4カ月以内に抗体量が大幅に減少していることが見出される

投稿日:

 

コロナワクチン、1回目接種から4カ月以内に抗体量大幅減=印研究

ロイター 2021/09/15

インドの公的研究機関は、新型コロナウイルスワクチン接種を完了した国内の医療従事者614人を対象とする研究で、1回目の接種から4カ月以内に抗体量が「大幅に」減少する結果が示されたと発表した。

研究結果は、インド政府がワクチンの追加接種(ブースター接種)を行うかどうかを判断する際の材料となる可能性がある。

研究を実施したインド東部の都市、ブバネーシュワルを拠点とする「地域医学研究センター」のサンガミトラ・パティ所長は、抗体が弱まっても、記憶細胞が防御機能を働かせる可能性があるため、コロナ感染症への抵抗力を失うことを必ずしも意味しないと指摘。

パティ氏はロイターに「ブースターが必要かどうかや、いつ必要になるかについては、今から6カ月後により明確なことを言えるようになるだろう」と述べ、インド全域のデータを得るために異なる地域での研究を呼び掛けた。

-ワクチンニュース

Copyright© Suram-in Deep , 2021 All Rights Reserved.