self defence studio

Suram-in Deep

ワクチンニュース

ワクチンが義務化された場合、ワクチン未接種のアメリカ人の70%が「仕事を辞める」と回答

投稿日:

 

世論調査:ワクチン未接種のアメリカ人の70%は、免除のないワクチン義務を理由に仕事を辞めると回答

yahoo! news 2021/09/05

自営業ではないワクチン未接種のアメリカ人の約70%が、雇用主がCOVID-19ワクチンを義務付け、宗教的または医学的免除を認めなかった場合、仕事を辞める可能性が高いと述べたとワシントンポスト/ ABCニュースの新しい調査が発表した。

しかし、これらの数字は、ワクチンの義務が職場からの大規模な人材の流出につながることを示唆していはいない。なぜなら、義務をまだ実施していない場所で働いている健康な大多数の従業員たちはすでに接種を受けているからだ。しかし、そうでない30パーセント程度の人たちの間に重大な反対がある。

そのグループの16%だけがワクチン義務を遵守すると答え、35%は宗教的または医学的なワクチン免除を求め、42%は仕事を辞めると述べた。免除がない場合、調査対象者の72%が辞めると答えた。

それでも、全体的には、ワクチンを躊躇する人アメリカたちの数は減少し続けており、他の世論調査では、ますます多くの人々が彼らの接種を喜んで取得するか、すでにそうしていることを示す最新のデータセットがある。マスクとワクチンの要件も大多数のアメリカ人に支持されている。

世論調査は 8月20日- 9月の間に電話で実施した。

-ワクチンニュース

Copyright© Suram-in Deep , 2021 All Rights Reserved.