NOFIA

旧クレアなひととき

終末ロック

終末CDR7:生きていること …… ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)

投稿日:2016年3月19日 更新日:

ZB3009_168262_0171

 

ヴァセリンズは、終末カウントダウンロック2でも 2010年の曲を掲げましたけれど、そんな彼らの 30年近く前のイケイケです。

やっぱりいいですね。

いい曲であればあるほど終末感が強くていいです。

The Vaselines – Dum-Dum(1989)

 

ヴァセリンズは、Wikipedia によれば、

> 1986年から1990年にかけて活動。ニルヴァーナのカート・コバーンがヴァセリンズのファンであったことから、解散後に再評価された。

とありますが、カート・コバーンは現世にはもう生きていません。

でも、ヴァセリンズは生きている。

文化の連なりと共に、生と死の連なりというようなものも何となく感じます。

もちろん、死ぬのが悪いという意味ではないです。

「生きている」ということは「生きていること」だと言いたいだけといいますか。







-終末ロック
-, ,

執筆者:

関連記事

ドイツ・ラインラント=プファルツ州の空に現れたキノコ雲

vk.com   2017年5月30日 ドイツ・ラインラント=プファルツ州

終末CDR18:失われた生命へのラブレター … イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)

イールズ ・Eels_(band)   イールズというのはアメリカのロックバンドで、この「ゴーイング・フィータル」(Going Fetal / 胎児になっていく)という曲は、とても好きなポッ …

終末CDR9:巨漢のモーゼかく語りき・・・リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)

リー・モージス (1941 – 1997年)   Lee Moses – How Much Longer Must I Wait(1967)   1960年代のアメリカ …

ザ・スターリン – 革命的日常 (1981年) 歌詞

革命的な一日 労働 学習 生殖 睡眠 革命的な日常

夏に聴きたいウキウキロック : ザ・ソニックス – サイコ(1965年)

The Sonics – Psycho a Go-Go 1965 夏になると、アメリカでは大人も子どももみんなこぞって、この曲を流して庭で踊り狂うといわれる伝説の曲であってほしいという幻想 …

unchain





終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)