NOFIA

旧クレアなひととき

終末ロック

終末CDR6:眠れない夜に聴いてもっと眠れなくなって — ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ『スクリーム』(1962年)

投稿日:

ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ
ralph-neilsenslovenly

日によってメンタルが不安定なときは当然ありまして、今日なども夜中にふと目覚めて、意味のない不安と恐怖にのしかかられアウトでありました。

手足の冷え具合と汗汗具合と動悸は、軽いパニックなんでしょうね。

私はこれからの春から初夏の季節がわりと鬼門なんです。

とにかく、いろいろ暖めて、お酒を少し飲んで、リラックスできる音楽などを聴いていましたけれど、ふと、「むちゃくちゃなロックが聴きたい」と思いました。

そんなわけで、知る限りでは、「世界最初のパンク」といってもいいのではないかと思われる 1962年の無軌道ロカビリーのラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズというバンドのスクリームという曲を聴いていたら、少し元気になりました。

Ralph Nielsen & The Chancellors – Scream (1962)

演奏しながら絶叫しまくりですが、外見的には冒頭にあるような人たちなんですけどね。

1962年は私の生まれる1年前ですが、太陽活動が真っ盛りの頃で、何もかも熱い時代であると同時に、みんな少し頭がおかしかったのだと思います。

そういう時だからこそできる曲。

素晴らしいです。

そして、もうこれからはこういうタイプの曲はおそらく永遠に出てきません。

-終末ロック
-, , , ,

執筆者:

関連記事

グランドキャニオンにかかった二重の虹

2017年5月22日 Tina Wright

ドイツ・ラインラント=プファルツ州の空に現れたキノコ雲

vk.com   2017年5月30日 ドイツ・ラインラント=プファルツ州

夏に聴きたいウキウキロック :ザ・リヴィエラス – Church Key (1965年 / チューニングがなぜか436Hzの曲)

リヴィエラス(The Rivieras)というのは、1960年代のバンドで、それほど有名ではないかもしれないですが、それほどマイナーでもないです。 この Church Key (教会の鍵)という曲を聞 …

ザ・スターリン – 革命的日常 (1981年) 歌詞

革命的な一日 労働 学習 生殖 睡眠 革命的な日常

終末CDR24:地球が変わる日に … キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)

キリング・ジョーク ・FLAMING PABLUM   最近は、好きだった曲の「歌詞を確かめてみる」というようなことをやっていて、こういうことは、以前はおこなうことがありませんでした。 でま …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)