NOFIA

旧クレアなひととき

終末ロック

終末CDR9:巨漢のモーゼかく語りき・・・リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)

投稿日:

リー・モージス (1941 – 1997年)
Lee-Moses

 

Lee Moses – How Much Longer Must I Wait(1967)

 

1960年代のアメリカにリー・モージスというシンガーがいました。私は、この「ハウ・マッチ・ロンガー」という曲が大好きなんですけれど、なんといっても、この人の名前の「モージス(Moses)」は、ラテン文字では、旧約聖書に出てくるモーゼと同じですからね。

モーゼ
Rembrandt_Harmensz._van_Rijn_079

モーセ、あるいはモーゼは、旧約聖書の『出エジプト記』などに現れる紀元前13世紀ごろ活躍したとされる古代イスラエルの民族指導者である。

新約聖書の使徒言行録 によれば、神の目に適った美しい子で、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教およびバハーイー教など多くの宗教において、もっとも重要な預言者の一人。(Wikipedia

巨漢のモーゼが「どれだけ待てばいいんだ」と叫んでから 50年。

そろそろ待つのも終わりですかね。







-終末ロック
-, ,

執筆者:

関連記事

ドイツ・ラインラント=プファルツ州の空に現れたキノコ雲

vk.com   2017年5月30日 ドイツ・ラインラント=プファルツ州

終末CDR15:日本を代表する終末ガレージバンドといえば…。The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)

The 5.6.7.8’s   日本人のバンドなのに、アメリカやヨーロッパでは妙に有名なのだけれど、日本ではあまりよく知られることのないバンドというのはわりとあります。 この T …

夏に聴きたいウキウキロック :ザ・リヴィエラス – Church Key (1965年 / チューニングがなぜか436Hzの曲)

リヴィエラス(The Rivieras)というのは、1960年代のバンドで、それほど有名ではないかもしれないですが、それほどマイナーでもないです。 この Church Key (教会の鍵)という曲を聞 …

終末カウントダウンロック1 – ザ・ジャガーズ「イッツ・ゴナ・ビー・オーライト」(1966年)

・elakiri.com   今日から、クレアなひとときをこちらのブログに移すことにしました。 雑談ブログですが、基本的には、 ・終末カウントダウンロックラジオ ・神経症とパニック障害の方々 …

終末CDR14:自棄な20代前半を思い出し…。ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)

ダニエル・ダックス ・digitalvampire.net   20代の始め、神経症とかになって、でも対処も何もわかるでもなしの日々を送っていた頃、「昼から酒を飲んでボーッとする」というのが …

unchain





終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)