NOFIA

旧クレアなひととき

終末ロック

終末カウントダウンロック5 – ゲイリー・ウィルソン(米国)『アイ・ワナ・ルーズ・コントロール』1977年

投稿日:

gary-wilsonhedecibeltolls.com

 

いい音楽とか、いい曲ってのは、つまりは「この曲が終わりませんように」とか、「何度も何度もずーっと聴いていたい」というような曲だと思うんですが、今回のゲイリー・ウィルソンという人の下の曲もそうなんですね。

Gary Wilson – I Wanna Lose Control (1977)

 

このアイ・ワナ・ルーズ・コントロールという曲は、比較的最近ラジオ(インターネットラジオ)で耳にして、

「ああ、なんていい曲だろう」

と思って、それ以来、繰り返し聞いているのですが、しかしその一方で、

「そもそも、ゲイリー・ウィルソンって誰よ」

ということになりまして、調べますと英語の Wikipedia とかもあるんですが、日本語で説明してくれているページがあったのですね。

Monchicon というサイトの「BeckやAriel Pinkらが敬愛するGary Wilsonの新作」という記事に書かれてありました。

それによりますと、

1977年にリリースされたまま人知れず埋もれていたアルバム『You Think You Really Know Me』がカルト的な再評価を受け(略)

9歳の頃から音楽を作り始め、(略)現代音楽からの影響を感じさせるストレンジなノイズとがGaryのあえぎ声の如きヴォーカリゼーションの下でくんずほぐれつするという唯一無比のサウンドを展開。

さらにライヴではセロハンやテープやヴィニールを頭にグルグル巻いてその上から曲がったグラサンを装着するという特異な風貌で奇行パフォーマンスを繰り広げ、しばしば警察沙汰になったりもしたそうです。

そんなこんなで当時は全く周囲から理解されることなく、1981年以降は完全に音楽活動から引退してしまいます。

しかし、1996年にBeckがセカンド・アルバム『Odelay』収録の「Where It’s At」の中で「Passin’ dutchie from coast to coast / like my man Gary Wilson rock the most」と彼の名前に言及したことがきっかけで再び注目されること

ということで、ベックなどにリスペクトされていた人なんですね。

上の記事にあるベックの「 Where It’s At 」という曲は、YouTube にあります。

この世のギリギリのところで、素敵な音楽を知りました。







-終末ロック
-, , , ,

執筆者:

関連記事

グランドキャニオンにかかった二重の虹

2017年5月22日 Tina Wright

[終末CDR22] 好きすぎるロックの名曲に重なる何かの彼岸… セバドゥー / ディサイド(1999年)

セバドゥー ・stereogum.com   好きな音楽は人それぞれですし、「好き嫌い」という概念にはあまり意味がないとは思っています。 そうは思っていますが、やはり「好き」というものはあり …

終末CDR6:眠れない夜に聴いてもっと眠れなくなって — ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ『スクリーム』(1962年)

ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ ・slovenly 日によってメンタルが不安定なときは当然ありまして、今日なども夜中にふと目覚めて、意味のない不安と恐怖にのしかかられアウトでありました。 手足 …

終末カウントダウンロック2 – ヴァセリンズ『エグジット・ザ・ヴァセリンズ』

・valyaboutenko.com 1980年代に良い曲を作っていた人たちは、21世紀にもやはり素敵な曲を作っているということがよくわかる名曲です。 ヴァセリンズは 1980年代に1枚のオリジナル・ …

終末CDR23:30年経っても色あせない悪魔ソング … トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)

トム・ウェイツ ・pulled-up.it   トム・ウェイツという人をどう表現していいのかわからないですが、Wikipediaの説明をお借りすれば、 1973年にレコード・デビュー。「酔い …

unchain





終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)