終末CDR(カウントダウンロック)

終末CDR25:青春のきらめき。フレッド・フリス / ダンシング・イン・ザ・ストリート(1980年)

投稿日:

23歳の頃ですから、もう30年前ですが、演劇のような公演を2度おこなって、「もう思い残すことはない」と思っていた頃、何の偶然か覚えていませんが、このフレッド・フリスというイギリスのギタリストの曲「ダンシング・イン・ザ・ストリート」を聴いたのでした。

Fred Frith – Dancing in the Street

 

これを聴いた途端、あまりにも感激して、

「この曲を流すためだけの公演をやりたい」

と思ったのです。

そして、1987年だか1988年だかの冬に、本当にこの曲を「50分間延々と流し続ける」という公演を実行したのでした。

内容は、「死ぬまで食べ続ける集団自殺」を描いた1973年のイタリアのブラックコメディ映画『最後の晩餐』のコンセプトと、レニ・リーフェンシュタール監督が、1934年の国家社会主義ドイツ労働者党の第6回全国党大会の様子を撮影したドキュメンタリー映画『意志の勝利』を合わせたようなものでした(今思えば、どんな内容だよ)

そして、この「究極的な前衛馬鹿演劇」を観にきていた何人かの人たちと知り合ったことが、後の私の人生や交流関係に決定的な影響を与えて、結果的に楽しい20代を送ることができたのでした。

その人たちとは今でも付き合いが続いています。

そういう意味でとても思い出深い曲で、この曲と知り合ったことが私の人生を変えたといってもいいかと思います。今でもこの曲を聴くと、「青春」という言葉が思い浮かばれるのでした。

ちなみに、このダンシング・イン・ザ・ストリートはカバーで、このオリジナルは、1964年に、マーサ&ザ・ヴァンデラスという女性コーラスグルーブがリリースして大ヒットしたものです。

マーサ&ザ・ヴァンデラス/ダンシング・イン・ザ・ストリート(1964年)

 

それ以来、デヴィッド・ボウイなども含めて、多くの人たちがカバーし続けた名曲ですが、フレッド・フリスという前衛ギタリストによって、まったく違う正体不明の曲として世に出現したのでありました。

そして、そのわけのわからない曲を契機にして、私の人生の軌道は明確になっていたのでありました。その人生の軌道の指針は「なすがまま」でした。

 

-終末CDR(カウントダウンロック)
-, ,

執筆者:

関連記事

Fiona Apple on rooftop at Gramercy Park, NYC 1996

終末CDR12:繊細なパンドラ気配の中で。フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)

フィオナ・アップル(1996年) ・tmz.com メダカの水を替える作業をしながらラジオを聴いていた時に、ある曲が流れた時、ピピーンと作業が止まりました。 「何この曲? よすぎる」 と、思わず曲に集 …

water-vagitables

終末カウントダウンロック2 – ヴァセリンズ『エグジット・ザ・ヴァセリンズ』

・valyaboutenko.com 1980年代に良い曲を作っていた人たちは、21世紀にもやはり素敵な曲を作っているということがよくわかる名曲です。 ヴァセリンズは 1980年代に1枚のオリジナル・ …

tha-bags-2

終末CDR17:いろいろカルチャーは死にましたが…。ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)

ザ・バッグズ   「ディスコは死んで、ロックンロールは長く生きる (Disco’s dead, long live Rock ‘n’ Roll)」とリフレ …

gbv

終末CDR21:難解なラブソング … ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)

ガイデッド・バイ・ヴォイシズ ・robertpollard.net   好きな歌でも、かつては、ロックの場合は、特に英語の歌詞などは気にして聴いたこともないですが、最近は歌詞の内容も気になる …

sebadoh

[終末CDR22] 好きすぎるロックの名曲に重なる何かの彼岸… セバドゥー / ディサイド(1999年)

セバドゥー ・stereogum.com   好きな音楽は人それぞれですし、「好き嫌い」という概念にはあまり意味がないとは思っています。 そうは思っていますが、やはり「好き」というものはあり …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)