終末CDR(カウントダウンロック)

終末CDR12:繊細なパンドラ気配の中で。フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)

投稿日:

フィオナ・アップル(1996年)

Fiona Apple on rooftop at Gramercy Park, NYC 1996

tmz.com

メダカの水を替える作業をしながらラジオを聴いていた時に、ある曲が流れた時、ピピーンと作業が止まりました。

「何この曲? よすぎる」

と、思わず曲に集中して、その後、調べてみますと、フィオナ・アップルというアメリカのシンガーソングライターの方の歌らしいんですね。

瞬間的に本能的に曲に惚れました。

その日だけで 50回くらい繰り返して聞いたと思います。

Fiona Apple – Criminal (1996年)

 

ここまでいきなり心情的に入りこむ曲というのは、若い時ならそれなりにあったかもしれないですが、年をとった今ではあまりないですね。

しかし、私の好きになる曲は、あまり売れなかったようなものも多いので、やや不安になり、フィオナ・アップル – Wikipedia を見てみますと、この曲の入ったアルバムは、

1996年、アップルのデビューアルバム『タイダル』がソニー傘下のレーベルからリリースされた。このアルバムは270万枚を売り上げてアメリカではプラチナディスクとして認定され、3枚目のシングル「クリミナル(Criminal)」がアップルのブレイクを生んだ。この曲はアメリカのビルボードでトップ40にランクイン

ああ、良かった。
ヒットしてたんだ。

いい曲がヒットしているのは嬉しいことです。

まあ、この人の写真を見ていますと、私的なことなんでアレですが、私はかつて「吉祥寺のクリスチーネF」と(心の中で)呼んでいた女性と知り合いだったんですが、その人のことを思い出します。

あるいは、二十数年前に「下北沢のパティ・スミス」(本当に下北沢のロックバーなどで、そう言われていたのです)と言われていた女性ともよく飲みましたけれど、その人のことも思い出します。

おふたりとも、「元気でいるかなあ」と思うより、「生きていてほしいなあ」と思うことの多い、そんな女性たちです。

生きていてほしい気はするけれど、それはこちらが決めることではないかもしれないし。

フィオナさんからも同じような「繊細なパンドラ・エーテル」を受け取る私でした。

-終末CDR(カウントダウンロック)
-, ,

執筆者:

関連記事

the5678s

終末CDR15:日本を代表する終末ガレージバンドといえば…。The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)

The 5.6.7.8’s   日本人のバンドなのに、アメリカやヨーロッパでは妙に有名なのだけれど、日本ではあまりよく知られることのないバンドというのはわりとあります。 この T …

R-4790961-1375701716-3210.jpeg

終末CDR9:巨漢のモーゼかく語りき・・・リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)

リー・モージス (1941 – 1997年)   Lee Moses – How Much Longer Must I Wait(1967)   1960年代のアメリカ …

deviants

終末CDR10:本当の終末の日に聴くなら。ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)

ザ・ディヴィアンツ   下のような雲を見まして、何だかビックリな今日。 ・vk   そして、そんな今日、いい歌を見つけました。ディヴィアンツというイギリスのバンドの 1967年の下 …

kashmir-s1

終末CDR8:伝承された日がやって来る …… レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)

・pinterest.com   ラジオを聴いていたら、レッド・ツェッペリンの「カシミール」という曲が流れたんです。 「若い時はよく聴いていたなあ」と懐かしく思いましたけれど、最近は長く聴い …

rebel-trurh-band

終末CDR13:東京に出てきた年の気持ちは大事にしよう。レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)

レベル・トゥルース   北海道から東京に出てきた1982年という年は、たとえば、太陽活動などからいっても、すでに活動最大期は終わっていた頃でした。思い出してみても、全体として「興奮の時代」は …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)